淡路島 グラン ピング。 関西で人気のグランピング施設おすすめ24選!豪華な週末を過ごそう!

大注目!グランピングスポット16選【関西・中国・四国】今こそ憧れを現実に…♪

淡路島 グラン ピング

話題のグランピング。 自分たちでキャンプをするよりも圧倒的に豪華でオシャレですね。 でも「グランピング=魅力的なキャンプ」というだけあってちょっと高い。 しかも宿泊の為の予約は、争奪戦になるほどすぐに埋まってしまいます。 そこで 日帰りでグランピング気分を味わえるバーベキューをしに行きませんか? 日帰りで行けるなら友達家族とも一緒に行きやすいですね。 みんなを誘って、いつもの公園バーベキューとは違う日常から離れた ラグジュアリーな空間でのバーベキューに行ってみましょう。 大型リゾート施設「ネスタリゾート神戸」内の「GLAMP BBQ PARK」にてグランピングできます。 グランピング雑誌「Glamp」の編集部がプロデュースしていて、細部までこだわりが感じられますよ。 三木の 大自然の中で、四季を感じながらグランピングとBBQを堪能しましょう。 広大な「グランピングエリア」を空から一望できる動画。 と~っても広いのにコレ全部日帰りBBQの為の「バーベキューフィールド」です。 周囲の緑が気持ちいいです。 スケールが違います。 「プレミアムテント」や「グランプキャビン」などの 厳選された家具は、海外から輸入していてまるでラグジュアリーなホテルのよう。 BBQ後に部屋でごろごろ出来る快適空間ですよ。 日帰りでは、大きくて豪華な「パーティーテント」もしくは、ラグジュアリーな空間「グランプキャビン」、VIPなグランピング「プレミアムテント」にてバーベキューを楽しめます。 BBQフィールドの 開放的なデッキテラスにてBBQだけでも利用できるのが嬉しい。 グランピング気分を味わいながらのBBQができて利用しやすいですね。 となりにはアスレチック施設もあり、アクティブに遊べます。 張られたワイヤーを滑車で滑り降りる「ジップライン」など、子供達だけでなくパパも夢中になってしまうかも。 岩盤浴や露天風呂が楽しめる、森の中の温泉「天然温泉 延羽の湯」があるので、日帰りグランピング後に利用したいです。 テント泊か? 再びグランピングか? 波音が心地よい「ビーチエリア」と、高台に位置し、海を眺めながら過ごせる「シービューエリア」の2タイプから選べます。 10:00〜17:00までの「デイキャンプ」で日帰りBBQも可能ですよ。 まるで大人の秘密基地。 潮風を感じながらのグランピングができます。 タイプも数種類あり、どれも個性的でフォトジェニックな建物ばかり。 「キャビンタイプ」もあって冷蔵庫付きキッチン完備も。 すこし離れたところに「テント」も「キャビン」もあるので、騒がしさを感じにくいのが良いですね。 「PREMIUM BBQ DECK」は10:00〜17:00まで 各デッキ1日1組貸し切り可能な、デイキャンプ専用BBQ付きウッドデッキ。 「ビーチエリア」にも「シービューエリア」にもあるので好きなエリアでバーベキューできますよ。 オシャレでユニークな家具や小物でコーディネイトされた、スタイリッシュなウッドデッキはインスタ映え間違いなし。 BBQセットがついているので、手ぶらで訪れてもいいし、 さらにフード・ドリンクを持ち込んでもOKなのがうれしいですね。 目の前の海は海水浴もできます。 子供たちは食事をした後、海で遊ぶことができますよ。 大きなボードで海上散歩「SUP」も体験できるので、大人もウズウズするかもしれませんね。 11月5日より冬季休業に入っており、去年と同様なら3月10日頃にゴールデン・ウィーク以降の日程の予約開始となりそうです。 「ワンポンドステーキ」などの本格的なアメリカンBBQが味わえる施設。 「デイキャンプ」で日帰りBBQも可能です。 アメリカンな園内で過ごしながらのBBQは、まるでアメリカ人になったかのよう。 BBQ機材が付属しているので、道具をわざわざ持っていく必要はありません。 食材は「持ち込み」もしくはフードメニュー「American BBQ」を予約できます。 手ぶらで行けるのは楽ちんですね。 食後には「焚き火」でのスイーツ体験もできます。 キャンプ時のスイーツと言えば「スモア」。 焼いたマシュマロとチョコレートの層を2枚のクラッカーで挟んで作ります。 食べた後に子供が「Give me some more! 」と言うほどのおいしさだとか。 やっぱりエバーグレイズに来たからには「カナディアンカヌー」にも乗らなくちゃ。 見ていると難しそうなカヌーもすぐにコツを掴むことができますよ! 迷路のような「1. 2マイル」のコースを、子供と一緒に冒険に出かけましょう。 もちろん乗り方は教えてくれるので安心ですよ。 残念ながら「デイキャンプ」は17:00までですが、キャンプ、グランピングの宿泊時には「夜・朝」の素晴らしい時間を過ごせます。 夜の湖に映る「美しい月・焚き火の炎・キャビン」、カヌーに乗って眺める「朝日」はとても美しいです。 「デイキャンプ」をした後には必ず「次回は泊まりたい!」となるハズです。 グランピングしたみんなの声 スモアを覚えたのはグランピングのエバーグレイズについてたから エバーグレイズ行って焚き火の良さにハマって、また行きたくてしゃあない 楽しかったなぁ… — 市川Oゆきあ mononokedance さん joe. 夏に1階のプールに訪れた人も多いのでは!?プールサイドにあるBBQではなく 「4階のテラス」でBBQできるんです。 もちろん日帰り可能。 都心にも近く、気軽に「本格的なバーベキュー」を楽しむことができます。 甲子園駅から無料のシャトルバスも出ていてアクセスも抜群。 海を眺めながらのバーベキューは、海沿いのヤシの木と美しい夕日で、南国リゾートの雰囲気バツグン。 心地よい海風に吹かれて優雅な時間を過ごせますよ。 食材の持ち込みも可能なので、自分達だけの「グランピング」を作ることもできます。 せっかくリゾ鳴尾浜に来たので、やっぱり 1階のプールに行きたいですね。 プールの途中で「MAAK」での食事はできないので「入館前・退館後」に訪れる必要があります。 5時間の時間制となっているのであらかじめ計画しておきましょう! 子供と一緒だとやっぱり先にプールに行ったほうが良いですね。 後でプールにするとずっとソワソワしてそうですし。 最高かよ。 ホテルのプライベートビーチの近くでグランピングできます。 繁忙期以外は日帰りでのBBQ「デイユース」も可能です。 イギリス製の「ロータスベルテント」はたまねぎ型でとっても可愛いですよ。 内装も5種類あるので選ぶだけでも楽しい。 どれもコンセプトがはっきりしていて豪華な雰囲気を醸し出しています。 びわ湖を眺めながらハンモックでコーヒーを飲んだり、散歩をしたりと充実した時間を過ごせますよ。 デイユースは「12:00〜18:00、15:00〜21:00」と6時間コースになっていて、サンセットの時間が含まれているのがポイントです。 日が暮れてテント内に「ランタン」を灯したら是非外からテントを見てみて! たまねぎ型テントが光っている様子はとっても幻想的ですよ。 釣り竿のレンタルがあるので子供に体験させてみるのも良いですね。 日帰りだと時間の確保が難しいかもしれませんがカヤック体験も小学生からできるので面白そう。 「11月25日〜冬季」は営業してませんので、4月1日以降に利用できます。 室内テント泊なので「虫が苦手」という人を誘いやすいキャンプスポットになっています。 食事だけの利用も可能なので、日帰りでBBQを楽しむことも可能。 お肉から道具まで、すべて用意してくれているので、手ぶらで訪れることができますよ。 大阪発アウトドアブランド「LOGOS」製品がいっぱい。 自宅で揃えるBBQ道具の参考になりますね。 もともと公園だったこの土地。 140mのローラースライダーや、フィールドアスレチックはロゴスランドになっても健在。 さらに 巨大トランポリン「ふわふわドーム」も登場し、子どもが思い切り遊べるようになっていますよ。 これから続々と施設がオープンしていく予定なので、楽しみが広がりますね。 プラムイン城陽がリニューアルし、室内でテントが楽しめるホテルに!また、公園内に新たな遊具も登場!みなさんこの週末はぜひ『LOGOS LAND』へ! — 城陽市役所PR cityjoyoPR 日帰りでグランピングしたら、次は泊まりで! 日帰りでグランピングを体験すれば、 今度は「泊まりで来たい!」となると思います。 関西にも増えてきたグランピング施設の中で、おすすめのスポットを紹介しているのはこちら。 家族の一員「ワンちゃんも一緒に泊まれる」グランピングスポットはこちらに。 よそに預ける必要がないので計画も立てやすいですよ。

次の

淡路島グランデシア 第1期グランピングエリアオープン!

淡路島 グラン ピング

- 2019年 4月月14日午前1時02分PDT 2018年から2019年にかけて、淡路島のグランピング施設オープンラッシュが続いています。 また、 2019年秋には別荘をシェアするメンバーシップクラブ「GFC淡路島GRANDESIA グランデシア」にグランピングエリアが登場予定です。 新しい施設のオープンが続いていることで、淡路島はグランピングスポットとして人気が高まっています。 高級リゾート施設から、カジュアルなキャンプ場までそろっているので、予算やコンセプトに合わせてお気に入りの場所を選べるでしょう。 アクセス良好で自然たっぷりな淡路島はグランピングにぴったり! 淡路島は神戸から大橋を渡っていけば約1時間、大阪からは車に乗って約2時間で到着します。 関西国際空港からはリムジンバスも出ているので、実はかなりアクセスが良好なのです。 明石港からフェリーに乗れば約15分で到着!ちょっとした旅行気分を味わえます。 海に囲まれている淡路島ではリゾート気分に浸りながら、グランピングを楽しめるでしょう。 自然も食べ物も豊富で、海の幸や山の幸に舌鼓を打てます。 帰りには島内に湧き出ている温泉で入浴…なんてこともできるでしょう。 雨の少ない温暖な気候で過ごしやすい! 淡路島は瀬戸内海気候に属しているため冬は温暖で、雪もほとんど降りません。 年間の平均気温は約15度。 夏は気温が上がりますがヒートアイランド現象を受けにくいため、極端に暑いという日は少ないのです。 また、降水量も少ないと言われています。 アウトドアで行うグランピングは天気によって、モチベーションもかなり違ってきます。 それも安定した気候の淡路島で行うのであれば、快適にグランピングを満喫できそうです。 1ヶ月で利用できる日は限られていて、予約したときに初めて住所が教えられるのだそう。 まさに知る人ぞ知るグランピング施設なのです! 宿泊施設は1LDK+浴室+ロフト付きのロッジ、トレイラー、そしてグランピングテントの3種類。 施設内には広々としたプレイルームもあります! BBQの食材は自分たちで用意する必要がありますが、朝食はついてくるようです。 貸別荘スタイルの宿泊施設で、のどかなグランピングを楽しみたい人は問い合わせてみましょう。 一部レンタルできるアイテムがあったり、売店があったりするので便利です。 ドルフィンファームでイルカと遊べるところやペット同伴OKなところは、動物好きにはうれしいポイントですね。 淡路島多賀の浜海水浴場から歩いてすぐの場所にある「GREENてらす」には、複数のトレイラーハウスがそろっていてグランピングができます。 トレイラーハウスの利用料はレギュラーシーズンの場合大人一人3,500~4,000円と、とってもリーズナブル! トレイラーのなかにはトイレやシャワー、リモコンがついているので真夏も快適に過ごせるでしょう。 海水浴をしながら、ぜひ利用してみたい施設ですね。 BBQプランでは淡路牛を用意してもらうことができます。 施設名:GREENてらす 住所:兵庫県淡路市多賀2237番地 電話番号:0799-70-6078 費用:トレイラーハウス利用料金大人1人:3,500~6,000円(税別) テントの持込み5,000円(税別).

次の

おしゃれにBBQ!日帰り利用可能な関西のグランピング施設

淡路島 グラン ピング

30 いまグランピングが新たなキャンプのスタイルとして注目され、男性だけでなく女性にも大人気ですよね。 今回は憧れてはいるけどまだ行ったことがない、そんなビギナーさんにもおすすめの16選をご紹介。 実際の予約方法から宿泊プラン、滞在についてまで、まるごとガイドいたします。 リゾート気分たっぷり、遊び・サービスが充実、自然が近い絶好ロケーションなど…そんな憧れを現実に。 この夏こそグランピングをはじめてみませんか? 記事配信: 1. STAGEX高島【滋賀県高島市】 琵琶湖の畔に広がる、ラグジュアリーな空間。 テント内にエアコンが設置され夏でも快適 \ 2018年7月25日OPEN / グランピングキャビン・テントによる宿泊と、ワンランク上のデイBBQが楽しめるリゾート施設。 夕食はプライベートデッキでBBQが楽しめる(別料金)。 センターハウスには綺麗な温浴施設もある。 GLAMP ELEMENT【滋賀県米原市】 伊吹山の自然と優雅なステイで心が満ちる極上オアシス。 ロータステントは計3棟 別荘のようなキャビンは計5棟 日本初上陸という北欧製テントが計2棟。 天井も高くて広々 天窓と天体望遠鏡があるので星空観察も楽しんで パエリア、ポトフなど内容は季節替わり。 カラフルセッティングが可愛い(写真はイメージ) 食後はメイン棟のバーでイケメンバーテンダーによるカクテルを 朝食は体に優しい和食。 近江米の炊き立てご飯、和食一筋の料理長による小鉢がいろいろ 本格グルメにときめく注目のNEW施設! 伊吹山が目の前にそびえる緑豊かな場所。 今年6月にオープンしたこちらは、元ゴルフ場ならではのふかふかの天然芝が心地よく、大きな池の畔にはテントやドーム、キャビンが贅沢な距離感で佇む。 各サイトのデッキで味わう夕食と朝食は、アウトドア料理研究家による、パーティさながらの本格料理。 スタッフが約7割仕上げてくれるので、優雅に味わえるのも嬉しい。 食後はメイン棟のバーやテラスで焚火を眺めながら更けゆく夜を過ごす。 何もしない贅沢に、心が満ち足りていく。 伊吹山の大地から連想する、火・風・水・土の4元素がテーマで、名前の由来。 部屋やバーでの飲み物代も料金に含まれるオールインクルーシブ制なので、優雅な気分に。 施設内には清潔なシャワー棟も完備。 3カ月前の0時より公式HP予約開始(電話は8時30分~)。 週末は予約開始後すぐ満室に!平日か、キャンセル待ち(電話でのみ受付可)を狙おう。 奥琵琶湖マキノ グランドパークホテル【滋賀県高島市】 プライベートビーチの絶景に浸る。 温かなログハウスをイメージした「ヒュッテ」はセミダブルベッドが2台 ビーチリゾート風「コーラル」はエアベッドを利用 玉ねぎ型のテントが計5棟揃う。 雄大な琵琶湖を眺めながら季節替わりのBBQを堪能したら、夜は静寂の中でぐっすり。 翌朝は、目の前に昇る朝日を浴びてパワーチャージ。 朝食のバスケットを持ち出し、湖畔で朝ピクニックを。 5棟のテントそれぞれにテーマが異なり、すべてから朝日を一望できる。 テント横には5m四方のBBQサイトもあり、夜の時間もお楽しみ。 「快水浴場100選」に選出されたビーチは水質の良さも格別。 予約は随時公式HPで予約時期を告知。 予約開始日は比較的空室が多い。 特に平日は狙い目。 電話は混みあうのでnet予約がおすすめ。 伊勢志摩エバーグレイズ【三重県志摩市】 圧倒的シチュエーションのラグジュアリーな時間。 水辺に佇むグランピングヴィラ「カリブ」。 カヌーから望むサンセットは幻想的 アンティーク風のレトロなシャンデリア 水辺を望むアウトドアバス。 室内にはシャワーも BBQをふたりで調理。 ステーキや大アサリ、フレンチブレッドなど 非日常の別世界に心ゆくまで浸る。 伊勢志摩の雄大な空と水辺の風景を独占し、ちょっぴり優越感に浸れる極上グランピング。 天蓋ベッド付の上質なリビングルームは、女性なら心ときめくこと請け合い。 伊勢志摩国立公園内にあるアウトドアリゾート。 グランピングヴィラ4棟のほか、ベッドやバスを備えたキャビンが豊富に揃う。 敷地内は看板も海外仕様で、ここが日本であることを忘れさせてくれる。 水上デッキでは豪華ステーキや海の幸のBBQを楽しみ、開放的なバスタイムやハンモックでのお昼寝で心を解きほぐして。 美しい水辺をカヌーで散歩もでき、まるで海外にいるかのような錯覚に。 すべてがワンランク上の、まさにグラマラスな世界に酔いしれて。 3カ月前の0時より公式HP予約開始(電話は9時~)。 露天風呂(女湯) チェックイン後は、山荘から約1. 5km離れたグランピングサイトへ車で移動。 静かな大自然の中で焚き火をしたり、ハンモックチェアでくつろいだり。 お好みで選べる夕食と朝食もお楽しみ。 予約は3カ月前より可(8月は夏季営業試験期間のためクローズ)。 週末は混雑するも、木・金は比較的空きがあるので要チェック。 天然温泉&プライベートSPA 瑠璃浜【京都府宮津市】 別荘気分の贅沢バケーション。 浜辺をイメージした中庭。 ヴィラ1区画の敷地は約346㎡~368㎡と広大! 丸鶏のビア缶チキン1羽、但馬牛ステーキ2枚、厚切りタンなどゴージャスなグルメ揃い 部屋は4. 天橋立エリアに誕生した「貸別荘」がコンセプトの高級リゾート。 全6棟のヴィラには直径8mのプールと、天然温泉風呂が全室に完備され、贅沢な時間を過ごせる。 丹後の食材を使ったBBQは、宮津産アマダイのアクアパッツァなど豪華で目にも美しい。 テント宿泊に抵抗のある人やシニア層でも気軽にグランピングを楽しんでもらいたいとオープン。 逆にテント希望の人には、日帰り限定でテント利用のプランもあるのでチェックしてみて。 予約可能な日程はすべて公式HPで公開中なので早めに予約を。 キャンセルが発生した場合も即座に公開されるので小まめに要チェック。 心と体の癒しの温泉 るり渓温泉 GRAX【京都府南丹市】 高原リゾートで愉しむ極上のリラックス三昧。 食後のお楽しみスイーツ。 マシュマロとチョコレート入りの「スモアタルト」 お籠もりしたくなる新エリアが誕生! 高原の澄んだ空気の中で豪華BBQや温泉を気軽に楽しめる。 無料のレシピブックがあるからBBQ初心者でも安心。 火の起こし方から写真付で書かれているので本格的メニューも作れちゃう。 食後には焚火台に火をつけて瞬く炎にうっとり。 さらに、今年4月には、室内グランピングをイメージした「ランタンテラス」がオープンしたので楽しさ倍増。 通常より最大4時間早く入れるプリチェックインを利用すれば10時から楽しめるので断然お得!標高約550mに広がる高原リゾート。 男女別の湯船やバーデゾーンを備えた温泉施設、ベーカリーカフェ、芝生広場、天体観測もできる遊星館(土日祝のみ)まで揃い、一日中遊んで過ごせる。 約3カ月前より公式HPで先行予約を開始。 休前日は人気なので、約3カ月前から公式HPをこまめにチェックして予約を。 ネスタリゾート神戸 GLAMP BBQ PARK【兵庫県三木市】 大人の女心をくすぐるリュクスなテーマパーク。 ボタニカル柄の枕が心地よい夢の中へ誘ってくれそう 肌ざわりのいいベロア調のソファ。 定員10名、1棟8万円~(電話予約限定) グランピングは宿泊だけでなく、日帰り専用も充実。 VIP気分を味わえるプレミアムテントや、異国風のグランプキャビン、定番のグランプテントなど。 スケジュールの都合に合わせて気軽に体験あれ。 朝食は「GLAMP朝食」大人1800円で想定(ただし小学生1260円、幼児(3歳以上)900円)。 FBI AWAJI FBI DAISEN First Class Backpackers Inn. 【兵庫県洲本市】 波音が響く島のビーチリゾート! 地元食材中心の「手ぶらBBQセット」。 前菜、ステーキ、パエリアなど 淡路島の刻々と変わる海の情景や手つかずの大自然を満喫できるキャンプ場。 ウッドデッキ付テント「JERRY」のほか、海が間近に迫るテント「TIPI」、豪華キャビンなどバリエーション豊か。 毎月1日に翌々月分を予約開始(公式HPは0時~、電話は10時~)。 9・10月の平日は比較的予約が取りやすいので狙い目。 (エフビーアイ アワジ ファーストクラス バックパッカーズ イン) TEL/0799-34-0900 住所/洲本市五色町鳥飼浦2359 定休日/5・6・10月の木、11~4月 アクセス/神戸淡路鳴門道北淡ICより30分 駐車場/約60台(乗用車1000円) 10. なんと秋以降には、来場者が利用できるグランピング施設もオープン予定! ニジゲンノモリ グランピング施設 TEL/0799-72-3161 ニジゲンノモリ運営事務局 住所/淡路市楠本2425-2(兵庫県立淡路島公園内) 11. 森の中に佇む隠れ家テント。 国産和牛(バラ、モモ、ロースなど)、国産豚バラ、国産鶏モモ、能勢産などの焼き野菜、おにぎり1個付き 管理棟のカフェ「杜のキッチン」で和or洋朝食。 敷地内には7棟のテントや、管理棟を兼ねたカフェなど最小限の施設のみ。 より自然に近いスタイルで楽しめるのが魅力。 6カ月前より公式HP予約開始(電話も可)。 11月の紅葉シーズンはハイシーズンで予約殺到も予想されるので外すのが狙い目。 日差しが強い日でも安心の屋根付きウッドデッキの下にコットンテントとリビングスペースがあり、BBQコンロやタオル等のアメニティも備わる。 高いと思いがちですが飲み物代や体験付きなどお得な内容も沢山あるので要チェックです。 食材持込不可の施設もあるため確認を。 持込する時は下ごしらえを済ませておくと楽ちん。

次の