スマホ 拡大。 iPhoneの画面が拡大して戻らない時は

中古スマホ市場が拡大、サムスンなど人気

スマホ 拡大

ズームインや拡大操作によって Android デバイスの画面を見やすくすることができます。 ステップ 1: 拡大をオンにする• デバイスの設定アプリ を開きます。 [ ユーザー補助]、[拡大] を開きます。 [ トリプルタップで拡大] か [ショートカットで拡大] のいずれかを選択します。 以前のバージョンの Android をお使いの場合は、これらのオプションが表示されないことがあります。 [ 拡大] をオンにしてから、以下の手順に沿ってトリプルタップでの拡大を設定します。 ステップ 2: 拡大を使用する トリプルタップで拡大 ズームインですべてを拡大する• 画面(キーボードとナビゲーション バー以外の場所)をトリプルタップします。 パン操作を行ったり、ズームレベルを調整したりできるようになります。 パン操作を行うには、2 本以上の指で画面上をドラッグします。 ズームレベルを調整するには、2 本以上の指をつまむように近づけたり(ピンチイン)、離して広げたり(ズームアウト)します。 画面をトリプルタップすると、ズームアウトします。 画面を一時的に拡大する• 画面(キーボードとナビゲーション バー以外の場所)をトリプルタップして押し続けます。 拡大した領域を移動するには、指で画面上をドラッグします。 拡大を停止するには、指を離します。 ユーザー補助機能ボタンまたはユーザー補助ジェスチャーで拡大 上記のステップ 1 で [ショートカットで拡大] を選択すると、で拡大を開始できるようになります。 ズームインですべてを拡大する• 2 本の指(TalkBack がオンの場合は 3 本の指)で上にスワイプするか、ユーザー補助機能ボタン をタップすると、拡大を開始できます。 画面(キーボードとナビゲーション バー以外の場所)をタップします。 パン操作を行ったり、ズームレベルを調整したりできるようになります。 パン操作を行うには、2 本以上の指で画面上をドラッグします。 ズームレベルを調整するには、2 本以上の指をつまむように近づけたり(ピンチイン)、離して広げたり(ズームアウト)します。 ズームアウトするには、2 本の指(TalkBack がオンの場合は 3 本の指)で上にスワイプするか、ユーザー補助機能ボタン をタップします。 画面を一時的に拡大する• 2 本の指(TalkBack がオンの場合は 3 本の指)で上にスワイプするか、ユーザー補助機能ボタン をタップすると、拡大を開始できます。 画面(キーボードとナビゲーション バー以外の場所)を長押しします。 拡大した領域を移動するには、指で画面上をドラッグします。 拡大を停止するには、指を離します。 倍率は最大 8 倍です。 拡大を有効にした後のシングルタップは少し長めにします。 このわずかな遅延があることで、デバイスはそのタップがトリプルタップの一部かどうかを判断します。 ズームインしているときにアプリを開いたり閉じたりすると、自動的にズームアウトします。 トリプルタップすると、ズームインに戻ります。

次の

中古スマホ市場が拡大、サムスンなど人気

スマホ 拡大

写真は2019年11月に発売したライズに搭載されている9インチディスプレイオーディオ(写真:トヨタ自動車) トヨタ自動車の新たなカーナビゲーション戦略が揺れている。 昨秋からスマートフォンとの連携を前提とした「ディスプレイオーディオ DA 」の標準搭載に舵を切ったが、消費者や販売店から戸惑いの声が続出。 自動車そのものの販売にも悪影響を及ぼしかねないため、DAの標準搭載を取りやめ、車両購入者が搭載・非搭載を選べる選択制に移行することになった。 昨秋発売の新型カローラにDAを標準搭載 トヨタは2019年9月発売の新型「カローラ」から、新たなカーナビ戦略を打ち出した。 その核となるのが、液晶ディスプレーのDAだ。 普通のオーディオ一体型ナビのように見えるが、DA自体はタッチパネル式のディスプレーでしかなく、CDやDVDの挿入口もない。 あくまでスマホと接続しての使用が前提となる。 具体的にはUSBケーブルなどでスマホをつなぎ、スマホのアプリをDA画面上に表示して操作する。 トヨタのDAはスマート・デバイス・リンク SDL 規格に対応しており、LINEカーナビやLINE MUSICなどのアプリの使用が可能。 さらに追加料金 3. 3万円 を支払えば対応規格が拡充され、iPhoneやAndroidスマホのマップ ナビ や音楽再生、電話、メッセージどのアプリもDA画面上で表示・操作できる DA自体は今の時代、必ずしも珍しくない。 実際、ホンダや日産自動車、マツダなど他の国内自動車メーカーを見ると、従来型のカーナビに加え、オプションの1つとしてDAをすでに商品化済みだ。 一方、トヨタはこれまでDAの用意自体がなかった。 そのトヨタが一気にDAをナビ戦略の柱に据え、その第1弾として昨年秋発売の新型カローラで標準搭載した。 他社のようなオプションのナビとしてではなく、最初からDAを車体に組み込んだのである。 その後もマイナーチェンジした「アルファード・ヴェルファイア」や「C-HR」「カムリ」、さらには2020年2月10日発売の新型「ヤリス」とDA標準搭載の車種を広げた。 「車内でもスマホアプリを使いたいお客さんが増えている。 そうした昨今のニーズに対応した」と会社側は説明するが、それ以外にも重要な狙いがある。 「T-Connect」の利用者を一気に増やすためだ。 T-Connectはトヨタが提供するコネクテッドサービス。 車とトヨタスマートセンターを通信で結ぶことで、オペレーターサポートや事故・急病時の緊急通報、盗難時の車両位置追跡、車の状態確認など、自動車にかかわるさまざまなサービスを提供する。 基本的には有料サービスだが、会員登録すれば車の購入から5年間は無料での利用が可能だ。 ただし、こうしたサービスを利用するには、通信接続の環境条件を満たすことが大前提。 これまではトヨタが用意した純正のT-Connectナビを搭載するか、市販の通常ナビを使っている場合はDCM Data Communication Module と呼ばれる車専用通信機の追加装着が必要だった。 これではいくら有益なサービスでも利用条件のハードルが高く、加入者はおのずと限られてしまう。 そこで今回のDAの登場だ。 DAにはDCMが装着済みで、スマホと接続して使うので、DA搭載車種の購入者は、意図しなくても自然とT-Connectサービスを利用できる通信環境が整っている。 それこそがDAの標準搭載化の狙いだ。 一番の目的は「顧客の囲い込み」 では、トヨタがT-Connectの会員を増やすメリットはどこにあるのか。 一番の目的は顧客の囲い込みだろう。 T-Connectナビと同様、DAは車両に組み込まれた走行情報記録装置とつながっており、アクセルやブレーキの踏み込み方、速度などの走行情報や走行距離など、さまざまなデータがトヨタのサーバーに吸い上げられる仕組みだ。 こうしたデータをもとに、顧客に対して運転のアドバイスや最適なタイミングで整備の案内ができる。 「こうしたデータを活用することでお客さんとの関係をより密にして、将来の新車販売にもつなげてほしい」。 あるカローラ販売店の店長によると、トヨタがDA標準搭載を打ち出した際、販売店にはそんな趣旨の説明がメーカー側からあったという。 また、ある販社の幹部は、T-Connectの普及は未来への布石だと見る。 「まずはすべての車をコネクテッドにして膨大なデータを収集する。 次にトヨタはそうしたデータを使って、自動運転の高度化やスマートシティなど、ビッグデータを使ったサービスへつなげるつもりだろう」。 しかし、消費者からは戸惑いの声が相次いだ。 当然と言えば当然で、すべての消費者がDAを使いこなせるとは限らない。 あるカローラ販売店の店長によれば、「 DAについて スマホ世代の若い人たちはすんなり受け入れてくれるが、中高年のお客さんの多くが困惑する」。 DAを敬遠する消費者には、トヨタが用意したスマホ接続なしでも使える従来型カーナビに変更するナビキット・オプションが用意されている 必要な追加料金は6万6000円~11万円。 顧客の選択肢は、標準搭載のDAを受け入れるか、追加料金を払って、このナビキット・オプションを選ぶかのどちらかだ。 「どちらもいらない」の選択肢自体がないので、消費者が気に入った市販カーナビを使いたいと思っても装着できない。 ちなみに、トヨタのDAは一般的なカーナビとは規格が異なり、車両購入後にDAを取り外して市販のナビに付け替えるのも技術的に難しいという。 標準搭載の先陣を切った新型カローラの口コミサイトでは、車の性能などに関する話よりもDA関連の書き込みのほうが目立つ。 中には「今までもスマホをナビ代わりに使ってきたので、DAの標準装備は歓迎」といった好意的な書き込みもあるが、数的には否定的なコメントのほうが圧倒的に多い。 販売店にもくすぶる不満 DAの標準搭載化は販売店 ディーラー からも不評だ。 標準搭載を嫌がる客を説得するのが大変なうえ、対象車種はオプションで儲けづらくなっているからだ。 販売店にとって、新車販売時に客の希望に応じて販売店が装着するディーラーオプションのナビは収益の大きな柱だ。 安いもので10万円、高いものになると30万円近くするうえ、取り付けの工賃も得られる。 これがDA標準装備の車種になると、オプションのナビを売るチャンス自体が減る。 仮に消費者がナビキットを選んでくれても、儲けは限られる。 ディスプレーとして使用するDAの代金は車両価格に組み込まれていて、ナビキットはあくまで機能の追加にすぎないからだ。 ナビキットは2種類あり、高いものでも税込み11万円と、通常のディーラーオプションのナビより単価が安い。 「 DAの標準装備化は 最悪だ。 メーカーが全部原価に組み込んで、販売会社の利益を吸い上げている。 特に小さな販社にとっては、たまったもんじゃない」。 あるトヨタ系販社の社長は強い口調で不満をこぼす。 まずは法人向けから見直し 顧客のみならず、身内の販売店からも不評を買ったDAの標準搭載。 このままでは肝心の車両自体の販売にも支障が出かねないとトヨタは危惧し、早くも戦略の修正に向けて動き始めた。 複数の関係者によると、標準搭載を見直すことは確実だという。 早ければ今年夏までに、新型カローラなどでDAなしのモデルも用意する。 市販のナビが装着できるよう、配線等の構造も変更する。 まずはレンタカーや営業車用にまとまった台数を導入する法人顧客からスタートさせるが、個人顧客についても早期にDA搭載を選択制への変更を用意しているようだ。 「100年に1度の変革期」と言われる自動車業界。 DAの標準搭載を決断したトヨタだったが、結局は販売店や消費者を置き去りにしてしまった。 変革期だからこそ、より販売現場の声に耳を傾けたうえでのクルマ作りが求められる。

次の

iPhoneの画面が拡大して戻らない時は

スマホ 拡大

viewportを適切に設定するとどうなるのか まず、viewportを設定するとどうなるのかをご覧いただきます。 ご覧の通り、きちんと設定しないとPCビューをそのままスマホの小さい画面で見なくてはいけなくなってしまいます。 きちんと設定することで、いわゆるスマホサイトの見え方にすることができます。 スマホに最適化したデザインのサイトを作りたいのであれば、この設定自体が必須なのは分かっていただけたかと思います。 viewportの代表的な書き方2パターン 実際に使うソースはこちら。 これをheadタグ内に記述してください。 ピンチによる拡大・縮小ができない ピンチによる拡大・縮小ができる 「」という記事で紹介されてるパターン3とパターン4を引用させていただいたのが上記のソースです。 CSSは下記のようにbodyに一文追記します。 この記述をする理由は「」を参照してください。 アプリと同じで大きさは固定されていた方がいいんじゃないかなって。 ただ最近は、ユーザー視点に立ったときに、拡大縮小が出来た方が親切だと考えるようになりました。 実際に拡大できなくてイラッとしたことが何度かありまして。 その件に関してはこちらの記事で言及されてます。 当ブログでは 2014年11月3日から拡大縮小できるように設定変更しました。 それによるデメリットはいまのところ全く感じてません。 拡大したくなったときに拡大できるようになったというメリットしかないんじゃないですかね。 そして、一度この設定にしてしまうと、逆に拡大させないメリットってなんだろうかと思ってしまいます。 サイトを見てても邪魔になることがないんですよね。 うっかりピンチすることってなかなかないので。 よっぽど左右スワイプでなにかできるようにしてる方が事故が起こりやすいと思ってます。 最後に 拡大縮小できるようにしてもデメリットはないと判断しましたので、僕は今後サイトを作る際に拡大縮小が出来るようにしていこうと思ってます。 viewportの細かいプロパティや値に関して詳しくは「」を参照してください。 サイトのスマホ対応の話題ではこんな記事もあります。

次の