りんご を 英語 で。 りんごあめを英語で説明すると?

「りんご」にまつわる英語のことわざをご紹介します|コラム・お知らせ|関西福祉科学大学が発信するレシピと栄養情報サイト

りんご を 英語 で

「鉛筆」は可算名詞(数えられる名詞) 一方、「不可算名詞(数えられない名詞)」は、「目に見えないもの」「具体的な形を持たないもの」などが特徴で、「1つ、2つ……」と数えられない名詞のことです。 不可算名詞は「数を数えられない」ので、 複数形がありません。 「可算名詞」は、目で見て「1つ、2つ……」と数えられるはずなのですが、実は、 「可算名詞」が「不可算名詞」に変化することもあるんです。 オオカミ I see some apple s. (いくつかのリンゴが見える) と言ったりしますが、この場合の「apple」は「可算名詞」ですよね? リンゴまるごとの場合は、数えられるので「apples」 丸ごとのリンゴは、「1つ、2つ…」と数えますから、「an apple、2 two apples…」なのですが、切ってしまうと「不可算名詞」に大変身するのです。 リンゴを切ると不可算名詞に?! 例えば、ホームパーティーなどで、カットフルーツがあるとしますよね。 このときに「 リンゴを何切れか持ってきてくれない? 」というときにはどう言えばいいのでしょうか? 不可算名詞になる「カットされたリンゴ」 もしここで、こんなふうに言うとどうなるでしょうか? ウサギ Can you get me some pieces of apple? (リンゴ、何切れか取ってきてくれない? ) 「1切れ」を表す「piece」という言葉 ここでのポイントは、こちらの表現です。 some pieces of apple 「piece」は「1切れ」という意味です。 上では「some(いくつかの)」が付いているので「piece s」と、複数形になっていますが。 この「piece」ですが、日本語で言うときの「 パズルの1ピース」の元になっている英語ですね。 出典: Amazon『Ingooood-ジグソーパズル - 絵画シリーズ - カラフルな猫 '私はあなたと一緒にすべての9人の人生を過ごすだろう' - ディーン・ルッソ - 成人繁殖のための1000個の木製のパズルの装飾のおもちゃ』 この「piece」が、 数えられない不可算名詞になった「apple」の代わりに、「 2 pieces」のように数えられてくれる役目です。 ほかの例も見てみましょう。 たとえば、切られていない状態のホールケーキ(whole cake)だと「可算名詞」ですが、切られて小さくなると、その物(名詞)は「不可算名詞」になるのです。 「cake(ケーキ)」が可算名詞と不可算名詞になる例 可算名詞の「cake」 2 cake s (ケーキ2個) 不可算名詞の「cake」 2 piece s of cake (ケーキ2切れ) このような形で「piece」を使うことで、「小さくなった部分」を表すことができます!

次の

紅玉 (リンゴ)

りんご を 英語 で

歴史 [ ] 紅玉の起源には二つの異なる説がある。 ひとつはレイチェル・ネグス・ヒグレイが育てたという説である。 この説によれば、一族が1796年にオハイオ州の荒野へ入植する際に、ヒグレイはコチカネット州の地元のリンゴ圧搾所で種を集めて、その種を植えた。 彼女は慎重に自身の果樹園を運営し、そこから育ったリンゴに夫の名「ジョナサン・ヒグレイ」から名付けた。 [ ] もう一つの説は1826年にのフィリップ・リックの農場のエソパス・スピッツェンバーグの苗から生じたというものである。 元々は「リック」と呼ばれていた可能性もあるが、オールバニ園芸協会会長ジャッジ・ビュエルによって、そのリンゴを発見しビュエルの注目を引きつけたジョナサン・ハズブルックの名から取って改名された。 派生種 [ ]• - 紅玉とを掛け合わせたリンゴ• ウンディーネ• 腐敗病に対する耐性を持つ 罹病性 [ ]• 腐敗病: 高い• うどんこ病: 高い• ビャクシン-リンゴ赤星病: 高い• 火傷病: 高い 脚注 [ ].

次の

「りんご」にまつわる英語のことわざをご紹介します|コラム・お知らせ|関西福祉科学大学が発信するレシピと栄養情報サイト

りんご を 英語 で

歴史 [ ] 紅玉の起源には二つの異なる説がある。 ひとつはレイチェル・ネグス・ヒグレイが育てたという説である。 この説によれば、一族が1796年にオハイオ州の荒野へ入植する際に、ヒグレイはコチカネット州の地元のリンゴ圧搾所で種を集めて、その種を植えた。 彼女は慎重に自身の果樹園を運営し、そこから育ったリンゴに夫の名「ジョナサン・ヒグレイ」から名付けた。 [ ] もう一つの説は1826年にのフィリップ・リックの農場のエソパス・スピッツェンバーグの苗から生じたというものである。 元々は「リック」と呼ばれていた可能性もあるが、オールバニ園芸協会会長ジャッジ・ビュエルによって、そのリンゴを発見しビュエルの注目を引きつけたジョナサン・ハズブルックの名から取って改名された。 派生種 [ ]• - 紅玉とを掛け合わせたリンゴ• ウンディーネ• 腐敗病に対する耐性を持つ 罹病性 [ ]• 腐敗病: 高い• うどんこ病: 高い• ビャクシン-リンゴ赤星病: 高い• 火傷病: 高い 脚注 [ ].

次の