熊本 感染 者。 熊本県のコロナウイルスの感染者数の情報はここで確認できます!

【鹿児島】熊本ナンバーの車、卵投げつけ被害 感染者ない隣の市なのに→「そのうち被害者が出るぞ!」 : IDOBATA

熊本 感染 者

県境をまたいでも同じ生活圏の仲間。 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除された熊本・鹿児島県境の熊本県水俣市、鹿児島県出水市の両市長が15日、 そんな共同メッセージを発表した。 背景には新型コロナに絡む緊張した空気や、一部の心ない言動があるという。 高岡利治・水俣市長と椎木伸一・出水市長によるメッセージは「(宣言解除後も)引き続き、県境をまたいだ不要不急の移動を自粛するよう求められておりますが、私たちの生活に必要不可欠な通勤や通学、毎日の生活に欠かせない買い物などまで自粛を求められているものではないと理解している」と強調。 「同じ生活圏の仲間として、より一層理解し、協力し合い、手を取りあいながら、難局を乗り越えていける」と両市民の結束を呼びかけた。 両市の間では日頃から、通勤・通学や買い物のため県境を越え行き来する住民が多い。 いずれの市でも同日現在、新型コロナ感染者は確認されていない。 だが水俣市などによると、緊急事態宣言解除前の今月上旬、「出水市内のスーパー駐車場で熊本ナンバーの車に卵が投げつけられた」との情報を把握した。 水俣市幹部は朝日新聞の取材に、「出水市内の(別の)スーパーで、水俣からの買い物客が別の客から『水俣のもんは水俣で買い物しろ』と言われた話も聞いている。 熊本県より鹿児島県の感染者数が少なく、温度差があるのでは」と明かした。 「県境で分断されることなく、一緒に手を取って乗り越えていきたい」と、この幹部はメッセージの意義を語る。 両市は同日、メッセージをホームページに掲載した。 (奥正光) 朝日新聞社.

次の

熊本県内の感染者、3週間ゼロ 新型コロナ県内初確認から100日 | 熊本日日新聞

熊本 感染 者

新型コロナウイルスに感染し退院した熊本市の男性。 1カ月以上にも及ぶ治療の中で命の危機にも直面しました。 ウイルスの怖さ、そして命を救ってくれた 医療従事者への感謝の思いなど壮絶な1カ月余りを語ってくれました。 「半分夢、半分現実みたいな感じで、 自分の中ではダメなのかなと思いました」 (ダメというと命が?) 「はい、そうです」 新型コロナウイルスに感染した熊本市の男性。 1カ月以上にも及ぶ治療の末、無事退院しました。 命をも脅かした新型コロナウイルス。 その感染のきっかけとは。 「本当に見当が付かなかった。 病院でも色々考えたんですけど。 どこでどうもらったのか見当がつかなかったですね」 「人となるべく接触しないようにしてました。 普段から1日30回くらい手洗いしてましたからね」 これは、男性が体調に異変を感じてから熱や症状、服用した薬などを書き留めたメモです。 「仕事終了後、倦怠感 午後10時、37.2度。 少々の咳」 「最初は微熱があって、体がだるいなと思っていました」 「多分ちょっとした風邪かなと思って、漢方とか薬を飲んでしまった。 それで1日で治まったが2日後に39度くらい出た。 それでいかんなと思って病院に行った」 かかりつけの病院ではインフルエンザの検査を実施、解熱剤を服用し熱は下がりました。 しかしその翌日でした。 「朝から悪寒。 のどの痛み、頭痛。 午後3時、味覚・嗅覚なし。 激しい悪寒」 「オレンジを剥いていて匂いがしなかったんですよ。 あれこれおかしいなと思って。 家族に尋ねるとすごいするよって言われて、これは変だなと思った。 食べても味がしなくて」 「土曜日なので当番医に行って可能性があるからと病院の先生から保健所に電話してもらった。 すると病院じゃ危ないのでということで(病院駐車場の)車の中で保健所の人が来て PCR検査を受けるのを1時間くらい待ちました」 (車の中でPCR検査?) 「はい、車から一切出ることなく。 陽性ということが分かって」「陽性でしたので入院の準備を してくださいということでした」 「完全防備して防護服で迎えに来られて9時くらいでしたかね夜の。 で病院に連れていかれました」 「全て先生からは悪くなった時の対処法、 いろんなことに署名させられて。 今話題になっているアビガンも使用するかもしれないし、 人工呼吸器、ECMO(エクモ)も使用するかもということで署名にサインしました」 最悪の事態に備えアビガンの投与や重症化した肺炎患者の最終的な切り札とされるエクモの使用にも同意した男性。 しかし、この時はまだ命の危険が迫っていることなど予想もしていませんでした。 「最初は大したことないんじゃないかなって思っていました。 ただ2~3日後容体が急変して息が苦しくなったんで酸素濃度を上げてもらって、 もう多分危険な状態だった。 それで人工呼吸器をつけた」 入院から数日後、突如、呼吸困難に陥り集中治療室へと移されました。 「厳重警戒してあって何重にも扉があって」「24時間看護師さんが付いてくれていて、痰とか吸引してくれる」 「良くなったり悪くなったりという感じではなく、ずっと下であがいているような感じだった」 「やっぱり死がよぎりましたね、頭に。 相当きつかったので」 (Qアビガンなど特別な治療は) 「はい、されました。 入院して1日してされました」「自分は4回くらいですね」 (Q1回1錠) 「いえ、最初は9錠です。 1回目は9錠。 2回目も9錠。 それからあとは4錠づつ」 (Q変化は) 「1日目は(効果は)全く分からなくて、2日目から熱は下がったと思う」 (Q人工呼吸器は何日間装着) 「約2週間ほどですね」「人工呼吸器付けて痰がある程度出たら自分の中でも呼吸が楽になった。 CTも毎日取って影がだんだんなくなってきたからよくなってきているかなと思った」 (Q元の病室に戻った時は一安心) 「ちょっとホッとした」「3日後くらいからリハビリが始まりました。 もう歩けないので13キロやせたので、座ることもできなくて最初。 そこから始まって1週間くらいして歩行器で立つようになりました」「とにかく歩けるようにならないと退院できないので2週間で歩けるようにしましょうと。 症状的には日に日によくなってきた。 (Q退院の話がでたのは) 「(入院して)ちょうど1カ月ですね。 それでPCR検査を受けてみようとなった」 (Q結果は) 「陽性でした」「表現としては残骸がいると言われた。 毎日受けられるので次の日受けたらまた陽性でした。 そして土日はさんで月曜日に受けたら陰性が出ました」「1日置いて検査してまた陰性でした」 「退院になりますと」「人生で一番うれしかったですね。 あの日は忘れないですね」およそ1カ月の闘病生活、死の淵から救ってくれたのはたくさんの医療従事者たちでした。 「もう感謝しかないですね。 先生をはじめ看護師さん、ほとんど休みなく働いてくれてものすごいストレスだと思います。 感染者と直接関わるわけですから、 疲弊されている感じが分かりました」 「毎回毎回防護服来て、汗だくでやってくれるんですよ。 本当に申し訳ない気持ちだったし、もう感謝しかない。 それ以上ないです」 徐々に終息の兆しが見え始めた今、この男性が私たちに伝えたいこととは。 「車で帰ってきたときに見たが、マスクしている人が少ないかなと感じました。 3割くらいの人はしていなくて、 ちょっと気が緩んでいるんじゃないかなとは感じましたね」 「自分だけでなく人に移す可能性もあるし自分がもらう可能性もあるので1人はみんなのため、みんなは1人のためという気持ちで正しく行動してほしいですね。 緩んでり患したらこれまでの苦労がなくなるのでせっかく頑張ったので 不要不急の外出はやめてほしいなというのが一番の気持ちですね」.

次の

新型コロナウイルス 日本国内の最新感染状況マップ・感染者数(13日11時時点)

熊本 感染 者

ここ3週間は感染者ゼロの小康状態が続いている。 自治体の要請に応じた県民の外出自粛や、事業者の営業縮小が功を奏した格好だ。 県内での感染確認は男性24人、女性23人の計47人。 50代が10人で最も多く、20代と70代も8人と、年代に大きな偏りはみられない。 地域別では、熊本市が39人と8割超を占めた。 他は阿蘇郡市5人、玉名郡市・荒尾市2人、上益城郡1人。 14人の感染経路が不明だが、うち3人は国立感染症研究所のウイルス解析で、福岡や関西など県外ルートで持ち込まれた可能性が高いと判明した。 県内での感染は2月21日に初確認。 その後1カ月は比較的収まっていたが、3月25日から4月26日までほぼ連日、確認が相次いだ。 ただ、県内では、東京や福岡などで頻発したクラスター(5人以上の感染者集団)は発生していない。 一つの施設や病院での感染は最大4人。 1日当たりの感染確認も4月3、14、19日の各3人が最多で、じわじわと感染者が増えていった。 3月25日に感染の拡大が目立ち始めると、県と熊本市は不要不急の外出自粛を訴えた。 4月16日には政府も緊急事態宣言を県内に拡大。 市は翌17日、商業施設などに営業や事業の時間短縮を呼び掛けた。 県も遊興施設や飲食店などに22日~5月6日の休業・時短営業を要請した。 県や市の要請の効果も出始め、4月27日以降、感染は沈静化。 5月8日に熊本市で1人を確認しただけにとどまっている。 PCR検査も100件を超えたのは4月28日が最後。 5月下旬は5~8件の1桁の日が目立つ。 入院患者は4月下旬にピークの35人に達した後、減少。 30日現在、感染者47人のうち、42人が退院し、2人が入院中(無症状1人、中等症1人)。 熊本市の60~70代の男性3人が死亡した。 感染の沈静化を受け、蒲島郁夫知事は県民や事業者の協力に感謝した上で、「三つの密を避けるなど新しい生活様式を実践してほしい」と促す。 大西一史市長も、北九州市で発生した「第2波」を憂慮。 「どこで起きてもおかしくない。 落ち着いている今こそ危機感を持ち、検査体制の充実や病床の確保を急ぎたい」と強調する。 (潮崎知博).

次の