ウェブ 面接 と は。 就活のWeb面接はスマホでもOK?Web面接のマナーと注意点まとめ

就活のWeb面接はスマホでもOK?Web面接のマナーと注意点まとめ

ウェブ 面接 と は

Web面接を受けることになった場合、忘れてはいけないのが場所選びです。 友達との通話や英会話なら普段使っているカフェでもいいですが、その場所が面接に使えるとは限りません。 面接にはどのような場所が適しているでしょうか? 就活のWeb面接を受ける場所の条件とは まずは、Web面接にのぞむ就活生が知っておくべき場所の選び方を確認しましょう。 必要な環境条件をチェック Web面接を受けるのに必要な環境的条件は、 ・静かでプライバシーが保てる場所 ・ネット接続が安定している場所 ・照明が明るい場所 の3点です。 なかでもネット接続環境を整えることが最優先です。 例えばSkypeの場合、ビデオ通話(HD)の推奨ダウンロード/アップロードともに1. 5Mbps以上が推奨されています。 音声通話だけならスマートフォンの中速回線(500Kbpsくらいから)で対応できますが、ビデオ通話の場合は回線が切れてしまう恐れもあります。 ケーブル接続や、Wi-Fi常時接続ができる場所を選びましょう。 パソコンに内蔵マイクがついていれば、通常のイヤホンのみで面接を受けることができます。 パソコンにマイクが内蔵されていない場合は、マイク付きイヤホンを用意するのもいいでしょう。 大学の施設は静かで、ビジネスイメージにふさわしい雰囲気であることがメリットです。 自習・グループ学習室 学内で「ラーニングコモンズ」などと呼ばれる自習やグループ学習用の会議室は、個室のためプライバシーが保てる、Web面接向きの場所です。 面接時に合わせていつでも予約が取れるとは限りませんが、使える時期・時間帯には積極的に利用しましょう。 パソコン室 自習や課題制作のためのパソコンブースがあったり、CALL教室などを授業のない時間に開放してくれたりする大学もあります。 ネット接続だけでなく、ヘッドセットなどの音声環境も整っていることが多く、Web面接に便利です。 ほとんどが予約不要ですが、授業ごとのグループ学習やゼミでの利用など、学業での利用が優先です。 使用予定など教室の掲示をよく確認の上、利用しましょう。 就活のWeb面接におすすめの場所(2)ホテル 社会人同士でも、カフェで打ち合わせできないような大事なお客様と会う場所としてホテルが選ばれています。 面接場所に選ぶと、センスの良さやプライバシー意識が高いのだと感じてもらえる可能性も。 Web面接には、デイユースまたはラウンジの利用がちょうど良いでしょう。 デイユース Web面接の時間帯だけ利用するため、宿泊を伴わないデイユースが利用できます。 多くの宿泊予約サイトからも検索や予約が可能です。 「デイユース」または「日帰りプラン」を選んで検索してみましょう。 なお、デイユースは昼間に利用するためのサービスです。 面接が夕方に設定されている場合は、あらかじめホテルにチェックアウト時間を確認しておきましょう。 場合によっては延長料金が発生することもあります。 ラウンジ ホテルのラウンジは商談にも活用される場なので、Web面接をしても差し支えありません。 多くのラウンジは、他の席と適度な距離が保たれていますが、あくまでもオープンスペースのため、周囲に聞かれる可能性もあることを留意しておきましょう。 就活のWeb面接におすすめの場所(3)自宅 これまで外の場所について紹介しましたが、自宅に高速のネット回線があるなら、Web面接は自宅で行うのがおすすめです。 面接の内容は、企業にとっては機密情報にあたります。 外で行う場合、個室やパーティションなどを確保しない限り、どうしても他人に会話を聞かれる、つまり情報漏えいのリスクがつきまとうためです。 ただし、注意点はあります。 周囲を片付けておく 生活感がありすぎる空間はジネスにふさわしくありません。 カメラに写る背景が薄い色の壁やカーテンになるように、パソコンの置き場所を慎重に選びましょう。 雑音に対処する 自宅の周囲は電車や車の音、通学路や商店街、工事の音、ペットの声など意外と生活音がするものです。 できれば通話の声だけを拾ってくれる集音マイクやヘッドセットを用意しましょう。 せっかく自宅の環境を整え、情報漏えいに注意しても、家族が聞いていたのでは意味がありません。 面接を受ける部屋に、途中で家族が入って来ないように伝えておきましょう。 就活のWeb面接におすすめの場所(4)コワーキングスペースや自習室 コワーキングスペースや自習室はネット環境が揃っており、オープンスペースでも会話ぐらいは可能な場合もあります。 街中のカフェよりも静かに利用できるのがメリットです。 利用方法 コワーキングスペースや自習室は、会員になって継続利用するのが原則になっています。 施設のホームページを見たり、直接問い合わせたりして、単発でも利用可能かどうか確認しておきましょう。 利用時の注意点 利用予定の施設は、事前に下見をしておくのがおすすめです。 なかには、会員同士の交流(おしゃべり)が活発、語学レッスンなどが実施されているなど、PCのマイクが周囲の声を拾ってしまいそうな施設もあります。 逆に、個別ブース型の施設であれば音を立てないのが原則であり、面接で何十分も話し続けるのはマナー違反かもしれません。 このような施設の場合、個室がないか問い合わせてみましょう。 別途料金追加で個室が利用できる場合もあります。 就活のWeb面接におすすめの場所(5)レンタル会議室 最後に、大学も自宅も使えずに困ったときに、個室を見つける方法を紹介します。 それは、民間のレンタル会議室を個人で借りるという方法です。 レンタル会議室は、企業が面接会場としても利用しているほどで、プライバシーなど環境面でも優れています。 また、会社やスクールなどが会議室を使わない時間に格安で個室を貸し出すというwebを介した会議室仲介サービスが増えています。 登録されている会議室が、大都市に限らず全国にあることもメリットです。 小規模な個室なら、喫茶店並みの手頃な値段で借りることもできます。 地域によっては自治体が遊休地を貸し出し、民間の予約サイトで利用申し込みができるといった官民連携のサービスもあります。 予約サイトでの会議室の借り方 1. 希望エリアと利用人数を入力します。 利用目的を選択できるサイトでは、会議や研修を選択します。 検索結果が表示されたら、アイコンや写真を参考に候補を絞り込みます。 個室、Wi-Fiありで、蛍光灯で十分な照明のある会議室が適しています。 空き状況を調べ、希望する時間帯に空いている会議室に予約を入れましょう。 会議室予約サイトのシステム 検索だけなら会員登録は不要ですが、予約の際には通常、サイトへの会員登録が必要です。 また、会員登録時にお支払い方法も選択します。 クレジットカードが必要となることが多いですが、コンビニ払いなどが可能なサイトもあります。 あらかじめ条件を確認してから登録しましょう。 料金の支払いは前払いが原則です。 面接日時が変更になっても、会議室の予約変更やキャンセルには手数料が発生する場合もあるので注意しましょう。 就活のWeb面接はどこで受けるか早目に決めておこう Web面接は周囲の環境も大切なので、早目にどこにするか考えておくことが大切です。 静かでプライバシーが保てる場所、ネット接続が安定している場所、照明が明るい場所が適しています。 大学の施設や自宅はもちろん、ビジネスホテルやコワーキングスペース、貸会議室など、ビジネス用の施設も検討してみましょう。 関連リンク.

次の

Web面接に必要な準備と、ありがちな失敗とは?

ウェブ 面接 と は

面接の評価グラフ 画像提供:タレントアンドアセスメント 【AIは「だませない」】 運営するタレントアンドアセスメントの山崎俊明社長は、「AIはだませない」と話す。 「人が行う面接では、どうしても面接官のバイアスがはたらきます。 例えば『スタバ効果』 スターバックスでのアルバイト経験が面接やESで好印象につながるという俗説 なんて言われますが、どこかでバイトしていたから有利になるなんてことはAIでは起こらない。 経験をもとに何ができるかを問われるので、過去の自分をしっかり見つめ直すことが大切です」 【スマホで録画】 ほかにも、多くの企業で利用されているのがアメリカ発の「ハイアービュー」。 世界ではアップルやアマゾン、コカ・コーラなどのグローバル企業で採用され、日本でも東京海上日動や旭化成など、採用人数の多い企業を中心に利用されている。 日本ではスマホやパソコンのカメラを使って、質問に答える様子を録画する方式が主流で、エントリーした企業からメールを受け取り、そこに記載されたURLから用意された回答サイトにアクセスし受験する。 録画したものを提出すると、それを企業の採用担当者らが見て合否を判定する。 採用担当者が閲覧する画面イメージ 画像提供:タレンタ 日本の代理店タレンタによると、企業からの引き合いは強く、2019年末の時点で累計100社以上が利用。 2020年卒の学生向けには、20万件以上が実施されたという。 【ウェブであっても「面接」】 本格化するウェブ面接。 学生はどうしたらいいのか両社に聞いてみると、「大切なのはふだんの面接と同じ感覚で臨むこと」で、以下の点に気をつけてほしいという。 【学生には警戒感も】 冒頭に紹介したマイナビの調査では、ウェブ面接を受けたという学生から「交通費がかからなくてよい」、「移動時間がかからなくてよい」と、肯定的な意見が半数ほどから寄せられた。 一方で、「通信環境で影響される」といったスマホを使う面接ならではの不満や、「正しく評価してもらえるのか不安」、「相手の表情や反応がわかりにくい」など、人と直接会わないまま選考されることへの懸念もみられた。 【さらに広がるか】 ウェブ面接は企業にとっては面接官を務める社員のスケジュールを調整する必要がなく、効率化を進められるメリットがある。 ウェブ面接のサービスを運営する企業によると、一次選考に使う企業もいれば、より段階が進んだ面接に使う企業もあり、拡大傾向にあるという。 学生が最新技術を使った選考を受ける機会は今後も増えそうで、自宅にいるまま内定を受けるような未来も遠くないかもしれない。

次の

Web面接の注意点・コツ| 服装・姿勢・目線・スマホ・カンペ・発声など合否に影響するポイント

ウェブ 面接 と は

WEB面接をおこなう企業は増えている 選考方法としてWEB面接を採用する企業は増えており、今日では一般的な選考のひとつとなっています。 面接は対人でおこなうものという常識は崩れつつあり、新卒の就活でもWEB面接を経験する可能性はあるため、通常の面接との違いの把握が大切です。 WEB面接をスムーズにおこない上手に攻略するためには、WEB面接ならではの特徴やポイントを把握する必要があります。 同じ面接とは言え、対人形式とWEB面接ではさまざまな違いがあるため、それらを正しく理解しておかなければなりません。 従来の対策方法だけでは乗り切ることが難しいのも、WEB面接ならではの特徴です。 WEB面接について正しく理解し、適切な対策を取って攻略を目指しましょう。 WEB面接の特徴 WEB面接の対策をするためには、まずは特徴の理解が大切です。 WEB面接を実施する企業は増えているものの、まだまだ対人面接が主流であるため、WEB面接がどのような面接方式なのか把握できていない人も多いでしょう。 WEB面接を実施する企業は今後さらに増える可能性は高いため、どのような特徴を持った選考方法であるかを知り、就活に備えましょう。 自宅で受けられる WEB面接の特徴は、自宅で簡単に面接が受けられる点にあります。 必ずしも自宅で受けなければならないわけではなく、ネット環境さえあればどこでも選考をおこなえるのも特徴のひとつでしょう。 自宅以外でも選考を受けることは可能ですが、選考を進めるにあたってさまざまな準備があるため、自宅で環境を整えたほうが無難です。 自宅で受けられることで、企業まで出向くコストを大幅に削減できます。 選考のために企業に行くだけでも、交通費や移動の時間などさまざまなコストがかかるでしょう。 これらは就活全体で考えればかなり大きくなるため、削減できるのはメリットです。 また、地方在住の学生の場合、莫大な交通費をかけずに済むため、移動に不便な地域に住んでいる学生にも、WEB面接は魅力的だといいえます。 面接の流れは通常と同じ WEB面接は特別視されやすいですが、実際の面接の流れは通常のものと同じです。 面接開始のあいさつからはじまり、面接官からの質疑応答を経て、退室のあいさつをして終了です。 違っているのは入退室がすべてログインとログオフでおこなえること、生身の人間が目の前にいないことだけであり、その他の流れはすべて同じと考えましょう。 そのため、面接における注意点やポイントも対人面接と同じです。 WEB面接だからといって特別な振る舞いが求められるわけではなく、通常の選考と同じマナーを守ることは意識しておきましょう。 通常どおりの正しい振る舞いができていなければ、WEB面接でもマイナスの印象を与えてしまい、評価も下げられるため注意しなければなりません。 WEB面接に必要な準備 WEB面接を実施するためにはネット環境が必要であるため、事前にネット機器を用意し、回線を繋がなければなりません。 ネット環境が揃えば、最低限の条件は満たしていることいなりますが、ここからさらに準備が必要なことは理解しておきましょう。 ネット環境を整えることは、WEB面接をおこなうための土台に過ぎず、他にもやるべきことは数多くあります。 事前準備を怠ってしまうと、面接で失敗するどころか、そもそも面接がスタートできない可能性もあるため注意しましょう。 スカイプのアカウント作成 どのような形式でWEBをおこなうかは企業ごとに異なりますが、基本的にはスカイプを使用することが多いです。 スカイプは登録無料のビデオ通話アプリであり、ビジネスの現場でも頻繁に使用されています。 WEB面接の通知を受けた場合は、まずはスカイプをダウンロードとして、アカウントを作成しておきましょう。 すでにアカウントを持っている場合はそれを使用しても構いません。 アカウントがないことには、WEB面接はスタートできないため、事前に作成することが大切です。 アカウントを持っていない=面接に臨む意欲がないと判断されるため、WEB面接の通知を受けた後すぐにアカウントを作成しておきましょう。 企業によっては別のアプリを使用する可能性もあるため、指定されたアプリのアカウントを用意することが大切です。 携帯ではなくPCを用意する WEB面接をする際は、携帯ではなくPCを用意してください。 携帯の場合、途中で電話がかかってきたり、不安定さから面接中に画面から顔が消えてしまったりと、面接を中断させてしまう可能性が高くなります。 PCの場合、電話がきて中断されるケースも稀であり、土台が不安定ということもありません。 そのため、WEB面接をするツールは携帯ではなくPCを使用するようにしてください。 カメラとマイク環境の準備 WEB面接はスカイプのアカウントだけでおこなえるわけではなく、別途カメラとマイクも必要です。 パソコンによってはカメラとマイクの両方がすでに搭載されていることもありますが、なければ別売りのものを購入して取り付けておきましょう。 また、スカイプはスマートフォンでも使用できるため、スマートフォンを使ってWEB面接を受けることも可能です。 しかし、画面が小さく見づらいため、可能ならパソコンを使用しましょう。 パソコンにマイクが搭載されている場合でも、初期装備のものでは音質が悪い可能性もあります。 一度試しに通話して、きれいに音が聞こえるか、相手にもクリアな音質で伝わっているかを確認し、必要であればマイクを買い足しましょう。 部屋を片付ける WEB面接は自宅でおこなうことがほとんどであるため、周辺環境もきちんと整えなければなりません。 カメラ越しに部屋の背景がしっかり見えてしまうため、部屋をきれいに片づけましょう。 部屋が汚いとだらしない、細部まで気を配れないなどマイナスの印象を与えてしまい、評価を下げられてしまう可能性が高いです。 部屋を片付けることはもちろん、カメラの背景には何も映らないよう、面接に最適な場所も確保しておきましょう。 壁だけが映っている状態がベターであるため、余計なものが映らない場所を探して、そこに機器を設置することが大切です。 スーツを着る WEB面接は自宅でおこなうため、リラックスして取り組めますが、通常の選考と同じマナーで臨まなければならないことは覚えておきましょう。 そのため、自宅といってもスーツ着用は必須であり、部屋着で臨んでしまうとマナー違反で評価を下げられてしまうため注意が必要です。 リラックスできる環境にいるだけに、服装は油断しがちなポイントであるため、特に意識して整えなければなりません。 カメラ越しでも身だしなみは注意深く見られているため、通常の選考と同じく事前にしっかり整えてから面接に臨みましょう。 また、WEB面接ではカメラに映るのは上半身だけですが、上はスーツ、下は部屋着を着るのは避けなければなりません。 全身見られる可能性はあることを意識して、身だしなみをきちんと整え、気持ちを引き締めることが大切です。 自己分析を万全にしておく Web面接では、応答にラグがあるため、双方向の会話で進む通常の面接に比べて、一問一答のような形式で進む場合が多いです。 だから、自分自身について、どんなことを聞かれても万全に回答できるように、自己分析をしっかりやっておく必要があるのです。 特に、「自分の強み・弱み」「何がやりたいか」は必ず聞かれる内容なので、自己分析を終わらせておきましょう。 自己分析ツールを活用して準備しよう WEB面接では、自己分析が大事とはいっても、本番を控えて、そこまで時間がない人も多いかもしれません。 そんな時は、自己分析ツール「」を活用してみましょう。 My analyticsを活用して、自己分析を万全にして、WEB面接を突破しましょう。 WEB面接でやりがちな失敗 WEB面接は通常の面接とは勝手が違っているため、思わぬところで失敗する可能性があります。 WEB面接ならではの失敗ポイントを知ることも、スムーズな攻略を目指すために重要です。 どのような点で失敗が多いのかを知ることで、マイナスのポイントを避けてスムーズに選考を進めることができます。 やりがちな失敗を知り、同じミスを犯さないよう事前に対策を考えておきましょう。 アカウント名やプロフィール写真 WEB面接ではスカイプなどのビデオ通話アプリを使用するため、事前にアカウントを作成しなければなりません。 アカウント作成時には名前やプロフィール写真を設定しますが、就活にふさわしくないものを設定してしまい、マイナスの評価を受けてしまう人も多いため注意が必要です。 WEB面接はただ通話ができればOKなわけではなく、アカウント名やプロフィール写真など、細部まで見られているため、印象を悪くする設定になっていないか確認しましょう。 すでにアカウントを持っている場合でも、就活用を別に作成したほうが無難です。 面接時の周辺環境が悪い WEB面接では周辺環境まで含めて準備が必要であり、環境をしっかり整えていないために失敗することも多いです。 周辺環境を整えるとは、部屋をきれいに片づけることはもちろん、騒音がしないよう気を配る、ネット環境が安定しているか確認するなども挙げられます。 特に実家に住んでいる場合は、面接中はできるだけ音がしないよう家族に配慮してもらうことが大切です。 また、ネット環境の事前チェックは必須であり、電波が入りづらい場合は別の場所で選考を受けることを考えたほうがいいでしょう。 通信環境が悪いと相手の声が聞き取りづらく、自分の声も相手に伝わりづらくなります。 環境が整っていないために、面接中にトラブルが起き、焦りで失敗することも多いため、環境を整えることは特に重要視しましょう。 カメラの取り付け位置が悪い カメラの取り付け位置による失敗も多いため、事前に通話して位置を確認しておくのがおすすめです。 ビデオ通話の場合はカメラを通して自分の姿が映っているため、画面を見ながら話していても、相手にはカメラに映った映像として見られています。 そのため、カメラの位置によっては目線が合わない、あごが上がって偉そうに見えるなど、見た目の印象が悪くなる可能性もあるため注意しなければなりません。 面接官と目線を合わせるためにはカメラを見て話す必要がありますが、取り付け位置がおかしいと、上から目線、あるいは極端な上目遣いになってまいます。 目線によって与える印象は大きく違ってくるため、不自然にならない位置を事前に確認して高さを調整しておきましょう。 面接力診断で、苦手な分野を見つけよう 今年の就活は、 web面接で選考を行う企業も増え対策法がわからず、戸惑っている方も多いはず。 そんな時は、を活用してみましょう。 面接力診断は、24の質問に答えるだけで、 自分の面接力をグラフで見える化し、どこを伸ばせば面接力が高くなるのかが一目で分かります。 web面接も、通常の面接と押さえるべきポイントは同じです。 面接力診断で弱点を把握し、効率的に対策することで、選考の突破しましょう。 WEB面接の流れ WEB面接中の基本的な流れは通常の対人面接と同じですが、開始までの流れは少々異なります。 通常の面接の場合は、企業を訪ねて担当者に呼ばれてから入出、面接スタートとなりますが、WEB面接ではこれらの一連の流れをすべてネット上でおこないます。 そのため、お互いのタイミングを合わせてネットに接続しなければならず、面接を開始するためにもそれぞれで準備をしておかなければなりません。 スムーズに面接を始めるためには、どのような準備をすべきなのか、WEB面接の流れを確認して考えてみましょう。 開始10分前にはログインしておく 就活では10分前行動が基本ですが、これはWEB面接でも同じです。 WEB面接の場合でも、企業から指定されたビデオ通話アプリを面接時間の10分前には起動し、ログインしておくことが大切です。 ログイン状況は相手にも分かるため、ぎりぎりにログインすると時間にルーズな印象を与えてしまう可能性があります。 早めに準備することで、面接の臨む意欲の高さや時間を守ろうとする誠実さも伝えられるでしょう。 相手を不快にさせずに時間を守るためにも、10分前のログインがベストです。 開始時間に企業にメッセージを送る 事前に通知された面接開始時間を迎えると選考がスタートしますが、こちらから通話をするのは避けましょう。 面接開始時間になれば企業に準備が整った旨をメッセージで送り、企業からの応答を待ちます。 面接時間は決められているものの、事情によっては時間ぴったりにおこなえない可能性もあります。 いきなり電話をかけると、迷惑をかける可能性があります。 また、ログインしているだけで開始時間を迎えても何のアクションも起こさなければ、遅刻しているとみなされる可能性があるため注意しなければなりません。 時間通りにログインし、準備が整っていることをアピールするためにもメッセージを送りましょう。 着信を受けて面接スタート 準備が整った旨をメッセージで送り、しばらくすると企業から着信があります。 着信を受けた時点から選考はスタートとなるため、しっかり気持ちを整えてから着信を受けることが大切です。 通話を開始した時点ですぐにカメラが起動するため、表情や第一声には十分注意しましょう。 WEB面接は対人面接のようにノックをして入室ということがないため、第一印象は通話を開始した瞬間に決定します。 ぱっと画面に映った瞬間に不愛想な表情をしていたり、第一声が暗いと印象も悪くなりやすいため、通話を受ける瞬間から明るい表情を意識しましょう。 また、マイクとの距離を考えて声の大きさも調節し、適切なボリュームであいさつすることが大切です。 通話開始の瞬間から面接がスタートすることを意識し、第一印象で好印象を与えましょう。 WEB面接の攻略は事前準備がカギ WEB面接は通常の対人面接とは様相が違っているため、どのように対策をすべきなのか分からず、悩む人も多いでしょう。 WEB面接ならではのポイントも数多くありますが、基本的には通常の面接と同じで、事前準備を徹底することが選考の攻略に繋がります。 面接での受け答えの内容を考えるだけではなく、通信時の周辺環境を整える、選考の流れを知るなど、事前にしておくべきことは多いです。 やるべきことは多いものの、準備が万全に整っていることで、スムーズに進めやすいのは確かです。 念入りな事前準備をしているほど、選考を攻略できる可能性は高まります。 選考の特徴や全体の流れを正しく把握し、事前準備を徹底しましょう。 36の質問で、あなたの強み・適職を診断 就活は自己分析が必須!…ただ、やり方がわからず、悩んでいる人も多いはず。 そんな時は、自己分析ツール「My anaytics」を活用しましょう。 36の質問に答えるだけであなたの強み・適職が診断できます。 My analyticsを活用して、サクッと自己分析を終わらせ、内定を勝ち取りましょう。 監修者プロフィール.

次の