モバイル suica 定期。 iPhoneのモバイルSuicaで既存のSuicaに定期券を追加する方法 ≫ 使い方・方法まとめサイト

iPhoneのモバイルSuicaでJR西日本線の定期券を作りたい人必見!?ICOCAは使えるのか

モバイル suica 定期

情報を届けるメディアにおいて必要不可欠なのが「スピード」だ。 いかにすばやく読者に伝えられるか、1分1秒が勝負の分かれ道と言ってもいい。 大多数の人が知っている情報を数年後になって伝えるなんてことは、絶対にあってはいけない。 絶対にだ! …… と思っているのだが、最近使い始めたモバイルSuicaが便利すぎて、いてもたってもいられなくなった。 登録するのがメンドくさそうと使っていなかったが、一歩踏み出したら想像以上にスゴかった! モバイルSuicaを使うと世界は変わる……!! ・持ち物が減る 今さら説明するまでもないだろうが、モバイルSuicaとは交通系ICカードのSuicaをスマホで利用できるサービスだ。 カードでやっていたことを全てスマホ1つで完結できるようになるワケだが、何が素晴らしいって 持ち物が減ることである。 これまでだと財布にスマホ、そして定期券といったところが必携アイテム。 例に漏れず記者もそうで、定期券入れを持ち歩いていた。 しかし、一度モバイルSuicaを利用した今、定期券を使うことなんてもう考えられない。 何しろ、スマホ1つあればいい。 ただ、これだけだとイマイチ魅力を感じない人もいるはずだろう。 それもそのはず、たかだかカード1枚。 現に記者も、使ったこともなければ知ろうともせず、アレコレ理由をつけては避けていた。 そんなとき、背中を押したのが 「残高確認」だ。 ・残高がすぐに分かる SuicaをはじめとするICカードを利用している人ならば、真っ先に気になる残高確認が楽すぎたからコロッといった。 いくらくらい入っていたかな……タクシーのメーターが行きすぎたらどうしよう……的なことは、誰しも不安になったことがあるに違いない。 料金が足りず駅構内でチャージしたことだってあるだろう。 だがしかし! モバイルSuicaではそんな心配をする必要ナッシング。 通知をONにしておけば使うたびに 残高がスマホに通知されるから、すぐにチェックすることができるのだ。 もちろん、アプリを立ち上げても残高確認できる。 それでいてチャージも超楽チン……! スマホの操作1つでチャージできるため、乗り物に乗ってから残高不足に気づいても問題なしときたもんだ。 もはや券売機を使う必要はゼロになるし、行列に並ばなくてもいい。 何なら定期券だって買えるのだから、ICカード使ってる場合じゃない! ・登録も超カンタン で、不安要素と思われがちな登録も超カンタンだ。 いろいろメンドくさい手続きを踏まなくてはいけないと思いきや、なんと カードをスマホの背後にかざすだけ。 ものの数秒でデータを読み取ってくれ、すぐに使えるようになるから正直ぶったまげた。 しかも、カードを作る際のデポジット(500円)もチャージへ転送してくれるためカードの返却もしなくていい。 対応機種やチャージ方法など、詳しいことはで確認して欲しいが、記者はクレカ情報を紐づけて入金している。 利用しているのはアプリ「ウォレット」と「Suica」だ。 ・不安要素は基本的なこと もちろん、不安要素になると思われる点はいくつかある。 もっとも怖いのはスマホの紛失だが、普通に生活していたら失くすことはそうない。 命の次にスマホが大事な時代となってきている昨今、お酒を飲みすぎないなどの自己管理は徹底しよう。 また、電池にも気をつける必要がある。 JR東日本によると、 モバイルSuicaは端末の電源がOFFまたは電源が完全に消耗された状態になると利用できなくなるとのこと。 モバイルSuicaを利用する時は、電池ギリギリの綱渡りとならないようにするしかないのが難点か。 ・スマホ1つで出歩ける 世界に大きく遅れをとりながら、日本でもキャッシュレスの流れは急速に進んでいる。 最近始めたばかりの身で言うのも何だが、今のうちから始めておくといいかも。 ちなみに改札や支払い時、 モバイルSuicaはいちいちアプリを立ち上げる必要なし。 裏面をスッとかざせばスマートに事が運ぶ。 モバイルSuicaを使い始めてわずか数日、財布は万が一のために携帯しているが、もはや持ち歩かなくてもいいレベルで快適な毎日を過ごしている。 なお、Suicaは全国的に使えるエリアが拡大中。 近いうち……は言いすぎかもだが、いつの日か券売機は消滅することだろう。 参照元: 執筆: Photo:RocketNews24.

次の

SuicaとモバイルSuicaの違いとは?併用できるか移行するのか?

モバイル suica 定期

情報を届けるメディアにおいて必要不可欠なのが「スピード」だ。 いかにすばやく読者に伝えられるか、1分1秒が勝負の分かれ道と言ってもいい。 大多数の人が知っている情報を数年後になって伝えるなんてことは、絶対にあってはいけない。 絶対にだ! …… と思っているのだが、最近使い始めたモバイルSuicaが便利すぎて、いてもたってもいられなくなった。 登録するのがメンドくさそうと使っていなかったが、一歩踏み出したら想像以上にスゴかった! モバイルSuicaを使うと世界は変わる……!! ・持ち物が減る 今さら説明するまでもないだろうが、モバイルSuicaとは交通系ICカードのSuicaをスマホで利用できるサービスだ。 カードでやっていたことを全てスマホ1つで完結できるようになるワケだが、何が素晴らしいって 持ち物が減ることである。 これまでだと財布にスマホ、そして定期券といったところが必携アイテム。 例に漏れず記者もそうで、定期券入れを持ち歩いていた。 しかし、一度モバイルSuicaを利用した今、定期券を使うことなんてもう考えられない。 何しろ、スマホ1つあればいい。 ただ、これだけだとイマイチ魅力を感じない人もいるはずだろう。 それもそのはず、たかだかカード1枚。 現に記者も、使ったこともなければ知ろうともせず、アレコレ理由をつけては避けていた。 そんなとき、背中を押したのが 「残高確認」だ。 ・残高がすぐに分かる SuicaをはじめとするICカードを利用している人ならば、真っ先に気になる残高確認が楽すぎたからコロッといった。 いくらくらい入っていたかな……タクシーのメーターが行きすぎたらどうしよう……的なことは、誰しも不安になったことがあるに違いない。 料金が足りず駅構内でチャージしたことだってあるだろう。 だがしかし! モバイルSuicaではそんな心配をする必要ナッシング。 通知をONにしておけば使うたびに 残高がスマホに通知されるから、すぐにチェックすることができるのだ。 もちろん、アプリを立ち上げても残高確認できる。 それでいてチャージも超楽チン……! スマホの操作1つでチャージできるため、乗り物に乗ってから残高不足に気づいても問題なしときたもんだ。 もはや券売機を使う必要はゼロになるし、行列に並ばなくてもいい。 何なら定期券だって買えるのだから、ICカード使ってる場合じゃない! ・登録も超カンタン で、不安要素と思われがちな登録も超カンタンだ。 いろいろメンドくさい手続きを踏まなくてはいけないと思いきや、なんと カードをスマホの背後にかざすだけ。 ものの数秒でデータを読み取ってくれ、すぐに使えるようになるから正直ぶったまげた。 しかも、カードを作る際のデポジット(500円)もチャージへ転送してくれるためカードの返却もしなくていい。 対応機種やチャージ方法など、詳しいことはで確認して欲しいが、記者はクレカ情報を紐づけて入金している。 利用しているのはアプリ「ウォレット」と「Suica」だ。 ・不安要素は基本的なこと もちろん、不安要素になると思われる点はいくつかある。 もっとも怖いのはスマホの紛失だが、普通に生活していたら失くすことはそうない。 命の次にスマホが大事な時代となってきている昨今、お酒を飲みすぎないなどの自己管理は徹底しよう。 また、電池にも気をつける必要がある。 JR東日本によると、 モバイルSuicaは端末の電源がOFFまたは電源が完全に消耗された状態になると利用できなくなるとのこと。 モバイルSuicaを利用する時は、電池ギリギリの綱渡りとならないようにするしかないのが難点か。 ・スマホ1つで出歩ける 世界に大きく遅れをとりながら、日本でもキャッシュレスの流れは急速に進んでいる。 最近始めたばかりの身で言うのも何だが、今のうちから始めておくといいかも。 ちなみに改札や支払い時、 モバイルSuicaはいちいちアプリを立ち上げる必要なし。 裏面をスッとかざせばスマートに事が運ぶ。 モバイルSuicaを使い始めてわずか数日、財布は万が一のために携帯しているが、もはや持ち歩かなくてもいいレベルで快適な毎日を過ごしている。 なお、Suicaは全国的に使えるエリアが拡大中。 近いうち……は言いすぎかもだが、いつの日か券売機は消滅することだろう。 参照元: 執筆: Photo:RocketNews24.

次の

iPhoneのモバイルSuicaでJR西日本線の定期券を作りたい人必見!?ICOCAは使えるのか

モバイル suica 定期

現状の定期券を緑の窓口で払い戻してもらう• 新しい乗車区間で定期券を購入し直す 払い戻しとは、定期券を購入した日から日割り計算され、Suica定期券に残った日数分の金額分が返却されるイメージです。 手数料も発生します。 詳細はJR東日本のリンク先を参照ください。 払い戻しされるため、Suica定期券はそこで精算され完了となります。 それから新しい区間での定期券をさらに購入するということになります。 私が依然、会社で部署異動になった時はこのような流れで、Suica定期券の払い戻しをしました。 はてさて、iPhoneでのモバイルSuica定期券での解約と払い戻しはどうなるのでしょうか? SuicaアプリからモバイルSuica定期券の払い戻し モバイルSuica定期券の区間変更の払い戻しとは、異なりますのでご注意ください。 Suicaアプリを起動します。 iPhoneのTouchIDでログイン Suica定期券の一覧画面です。 いまSuica定期券の払い戻し作業がすべて終わってから思ったことです。 払い戻しの前でも、新しいSuica定期券の追加ってできるんだよなと。 Suica会員も払い戻しの際に退会しちゃったけど、本当はそのまま退会しなくても払い戻しや登録はできたんじゃね? アフターフェスティバル(後の祭り)ですか・・・(泣) 気を取り直して元気よくいきましょう! Suica定期券の詳細画面へ チャージ残高が生々しさを感じますね(汗)チャージ残額の右側にある「i」マークをタップします。 チケット購入・Suica管理へ Suicaの詳細画面です。 下にある「チケット購入・Suica管理」の緑のボタンをタプして進みます。 払戻しボタンをタップ さらに一番下にある「このSuicaを払戻す」の赤い文字をタップします。 払い戻し手続きの案内を確認する 払い戻し手続きの案内・方法が記載されている画面になります。 この払戻しの計算方法をタップすると下記の画面に。 手数料の220円がかかるようです(泣) 前の画面に戻ります。 この手続案内は下にスライドして進みます。 ちょっと長い案内ですね。 最後になって注意点になりました。 払戻し後の取り消しはできない。 カードタイプへ再発行はできない。 ということが理解できます。 払戻しの同意と内容確認 よければ「同意する」のテキストをタップします。 モバイルSuica定期券の払戻額の確認画面です。 「SF(電子マネー)」と記載があります。 一瞬なんだろう?と思いましたが、チャージ金額ですね。 想像ですが、チャージというのは名称でなくて行為に対する名称なのだなと。 だからチャージ金額でなくて、正式名称はSF(電子マネー)ということ、でしょうか。 手数料の220円もしっかりと記載がありました。 また払戻先は定期を購入した時に利用した、クレジットカードになっています。 よければ右上の「次へ」をタップします。 チャージ金額の振込口座の情報入力 チャージした電子マネーは銀行口座に振り込むようです。 銀行口座情報の入力画面を登録します。 電子マネーはそのまま引き継いでもらい、新しくするモバイルSuica定期券に引き継げればいいのに・・・と思ってしまいます。 いちいち面倒ですよね。。。 払戻額の確認 ま~こんなものですね。。。 えぇ~~〜手数料220円! Suicaを払戻す 内容に問題がなければ最下部にある「Suicaを払戻す」をタップします。 モバイルSuica定期券の払い戻し手続きの完了 これでモバイルSuica定期券を削除したことになるため、メインカードが登録してあったビックカメラSuicaカードに変更されたと案内がでました。 自分のメインクレジットカードである、ビックカメラSuicaカードを登録した日々が走馬灯のように・・・その時の詳細は下記リンク先を参照ください。 SuicaアプリからモバイルSuica定期券の払い戻しができました。 「OK」をタップします。 SuicaアプリでSuica一覧を確認すると、先程まであった Suica定期券は薄い影のようになっており、ご利用になれませんとC110という謎の番号のエラーコードが表示されています。 ここは要注意! まだWalletアプリ(ApplePay側)では、以前のSuica定期券が登録がされた状態です。 だから 「このSuicaはご利用になれません」とエラー表示になっているのです。 Wallet側で、モバイルSuica定期券の登録を削除すれば消えます。 WalletアプリでSuica定期の払い戻し確認 今度はWalletアプリを起動します。 Walletアプリにも、ビックカメラSuicaカードの裏に隠れて、モバイルSuica定期券が見えています。 しかもクッキリとした鮮やかな画像ですね。 WalletアプリからモバイルSuica定期券の削除 ただしWalletアプリでこのモバイルSuica定期券をタップすると、Suicaアプリで見たように薄い影のようなカードになって「Suicaがありません」とエラー表示のようになっています。 ここは先ほども伝えたとおり、要注意ポイントです! このWalletアプリ側でモバイルSuica定期券を削除しておかないと、 Suicaアプリ側でモバイルSuica定期券の更新ができない状態になります。 ここが今回一番ハマったポイントです。 ただ1時間くらい、色々といじくっていたら解決できたので良かったですが(汗) みんな気をつけなはれや〜ww 結論としてどうすれば良いか? 要注意!モバイルSuicaの払い戻しと新規定期券の発行 モバイルSuica定期券は、SuicaアプリとWalletアプリ(ApplePay)で連携しているので、Suicaアプリだけでなく、一所にWalletアプリでも(登録されているモバイルSuica定期券を)削除する必要がある。 下記のSuica一覧の右側にある「+」ボタンをタップして、遷移先ページの最下部に赤字で記載されている「カードを削除」から削除をしていきます。 Walletアプリではこのように、今まで使っていたモバイルSuica定期券をいったん削除してから、新しいモバイルSuica定期券を追加するようにしてください。 このようにモバイルSuica定期券カードが無くなっていれば問題ありません。 Suicaアプリで新規定期の登録手続き ここからはモバイルSuica定期を解約・払い戻し・登録の削除をした後の新規定期の登録手続きとなります。 あくまで参考までに掲載しています。 Suicaアプリから新しいモバイルSuica定期券の登録 Suica発行画面を右へスライドさせます。 Suica定期券の発行画面から、最下部にある緑のボタン「発行手続き」をタップします。 Suicaの会員登録 モバイルSuicaの会員登録からです。 またか〜という感じがしますが、これはやり方を失敗している気がします。。。 払い戻しをしたら会員も退会されちゃいましたが、退会しなくても大丈夫な方法がある気がします。 「同意する」をタップして進みます。 Suica会員のアカウント情報登録 モバイルSuicaの会員登録をしていきます。 登録は3画面あります。 最初はメールアドレスとパスワード、Suica定期券の名称になります。 ここではSuica会員のアカウント登録です。 次は名前や生年月日、性別や郵便番号です。 郵便番号は必須入力項目ですが、住所までは登録しません。 次は電話番号や秘密の質問、クレジットカードの登録有無です。 秘密の質問は思わず笑ってしまうので必見です。 Suicaらしいというか、鉄道関連にちなんだもの内容が入っているので、思わず笑ってしまいました。 モバイルSuicaの会員登録の確認画面です。 チャージ金額の選択 モバイルSuica定期券にチャージしたければ、チャージ金額を選択します。 私は今回、奮発して5,000円を選択しました。 以外にSuicaって使っちゃうんですよね。 次の画面では乗車駅や降車駅など、定期券の区間を入力します。 そのための注意事項の案内画面です。 定期券の利用駅を検索 定期券で利用したい駅の区間の乗車駅から降車駅を入力します。 経由する駅を入力すると、次の画面での利用経路の提案が少なくて済みます。 定期券で利用する経路を選びます。 該当の利用経路をタップしてください。 定期券の使用開始日と期間を選択 使用開始日が選べます。 期間も3種類選択が可能です。 前回同様に6ヶ月を選択しました。 会社の規定なので・・・ 10駅以上も通過する駅が増えているのに、6ヶ月トータルの定期費用は以前のよりも減っていました。 地下鉄を利用していたからでしょうか。 少し不思議でした。 モバイルSuica定期券の購入内容の確認 定期券の購入内容を確認します。 内容に問題がなければ、クレジットカード支払いなのでApplePayではなく、VIEWボタンをタップします。 Suica定期券カードの追加 カードを追加する内容の確認画面です。 よければ「次へ」ボタンをタップします。 モバイルSuica定期券カードを追加してるようです。 「カード会社に問い合わせ中…」とのこと 東日本旅客鉄道株式会社ICカード乗車券取扱規則(長いな)を確認のうえ(できるか!)左下の同意ボタンをタップします。 ApplePayのカードを設定しているようです。 モバイルSuica定期券カードを追加中。 ApplePayに、モバイルSuica定期券カードの追加が完了したようです。 モバイルSuica定期券の発行完了 エクスプレスカードに設定完了の意味がわかりませんが、改札機で素早く通過するための設定なのかなと、浅はかな理解。。。 終わったー。 モバイルSuica定期券を払い戻して、違う区間のモバイルSuica定期券にできました。 ペンギンがいい顔してますね。 ようやく終わった、お疲れ様〜と言ってくれる感じです。 好感度アップですね。 てかこのペンギンの名前なんだっけ? Suicaアプリのトップ画面で確認 きちんとチャージ金額も5,000円になっているし、区間もOKでした。 Walletアプリで新規定期の発行確認 Walletアプリからも確認します。 モバイルSuica定期券は、きちんとチャージ金額も5,000円になっているし、乗車・降車駅の区間もちろんOKでした。 登録メールでの払い戻しや定期発行の確認 メールでも払戻しの完了メールがキチンと来ておりました。 同様に、モバイルSuicaの会員登録完了のメールも来ています。 モバイルSuicaにするならクレジットカードも選びたい クレジットカードって何を選ぶかが重要だったりします。 わたしの経験としてモバイルSuicaに相性がよいのは「」です。 電車通勤の方には、かなり重宝するクレジットカードです。 Suicaアプリで払い戻し手続き• WalletアプリでSuica定期券の削除• Suica会員登録• モバイルSuica定期券の新規発行手続き アナログのSuica定期よりも、iPhoneですべて完結するため苦労はありませんでした。 緑の窓口にいかなくても、払い戻しや新規の定期券が発行できるのは、ものすごく便利だなと思います。 ただ前回のiPhoneのモバイルSuica定期券化の時もそうですが、一度わからない部分が出てくると、本当にハマります。 スマホに記載されている窓口に電話やメールすれば良いという話でもありませんよね。 だって急いでいるのに「電話がつながらない」「メールの返答が無い・遅い」ということも想定されます。 モバイルSuica定期を解約して払い戻ししたいという方には参考になります。

次の