テオテスカトル 歴戦 王。 『モンハン:ワールド』8月10日より“歴戦王”テオ・テスカトルが登場!防具「カイザーγシリーズ」と重ね着「【ダンテ】衣装」を入手しよう

今週のMHW 歴戦王テオ・テスカトルは強い?

テオテスカトル 歴戦 王

イベントクエスト「Code: Red」は、8月17日(金)AM9:00~8月24日(金)AM8:59にて配信予定となっております。 1テオテスカトル近接の炎粉塵が多め。 近接武器はキツイかも 歴戦王の粉塵纏いが普通よりも多めになっており、近接武器には少々つらい仕様になっていました。 ダメージも少しだけ大きくなっている気がします。 2爆破粉塵多め 爆破粉塵攻撃を多めにしてきます。 3体力約2倍。 火力大。 ただし、その他に大きな変更なし 弾弾きや肉質・弱点に関しては変更が無かった気がします。 ただ、体力多めなので、 広域ヒーラーがいるとマルチは楽かもしれません。 4歴戦王クシャルダオラが途中でギミックとして乱入。 なんと歴戦王クシャルダオラがさらにメタリックに輝いて、登場します。 かっこいいです! ただ、これはギミック扱いで、歴戦王テオと縄張り争いをしてお互いに4000~6000ダメージを入れたらさっさと立ち去ります。 ちなみに閃光で落とせないか試しましたが、ダメでした! まさかのナナ仕様! これは今回だけなのか、実際もそうなのか不明ですが、歴戦王クシャルダオラは結構な強敵になりそうな予感。 ちなみに討伐も可能とのこと。 歴戦王クシャ討伐 倒せるっぼいです — アクセル MHW👣痕跡 siniku0623 閃光では落とせないが、スタンはかなり入る、というのが歴戦王クシャルダオラの特徴の様子。 ただ、実際の歴戦王クシャと同じ仕様かは分かりません。 スポンサーリンク 5閃光耐性はあるが、スーパーノヴァも閃光で落とせる 歴戦王テオテスカトルは、閃光耐性はついていますが、 実際3回ほど閃光が効きました。 スーパーノヴァが閃光で落とせないと思っていましたが、普通に落ちます。 ただし、火力大なので、ブレスなどをまともに喰らうと一撃で終わります。 ただ、地上ブレスもそのままなので、常に側面に回る立ち回りをしていれば怖くないかと。 以下にテオテスカトルの弱点や肉質、特性などの倒し方や おすすめ装備をまとめておきます。 スポンサーリンク 1クーラードリンクが必須。 おすすめは耐熱の装衣! テオテスカトル戦ではあらかじめク-ラードリンクの準備が必須。 または 耐熱の装衣を用意しておきましょう。 テオテスカトルの火属性や爆破やられは、全て耐熱の装衣で防ぐことができます。 さらに火山地帯の熱ダメージも無効にできるので、ぜひ入手しておきたいところです。 歴戦王テオテスカトルは、転身の装衣+耐熱または不動+癒しを持っていくのがよさそうです。 2弱点と肉質について復習してみる 以下、テオテスカトル攻略を復習してみます。 胴体は固いので、頭か尻尾、翼を狙います 画像参考。 また、咆哮と風圧大なので注意。 歴戦王テオテスカトルは火力に加えて体力も2倍になっているため、まずはダメージを喰らわない立ち回りが求められます。 3熱ダメージや爆破やられ対策も! 「龍炎纏い」状態のとき、テオテスカトルに近づくと熱ダメージを受けることになります。 熱ダメージは、「熱ダメージ無効」スキルで完全に防げます。 さらに龍封力ありの武器でこの纏いを一時的に解除することも可能です。 また、この粉塵纏い中の攻撃は「爆破やられ」を伴うので、即解除するようにします。 4スーパーノヴァ対策!体力増強をつけておこう! テオテスカトルで一番やっかいなのが、スーパーノヴァ! 龍炎+粉塵纏い状態でしばらくすると空中に飛び上がって大爆発を起こします。 耐えても火属性やられになり、歴戦テオでもそのまま乙してしまいがちです。 とにかく、纏い状態になったら、いつでもスーパーノヴァが来る準備をしておきましょう。 スーパーノヴァはガード強化で防ぐことができますが、ガード武器ではない場合は回避でとにかく遠くに離れましょう。 また、 纏い状態 になったら、耐熱の装衣または転身の装衣をはおるのもよいです。 そして、火耐性と 体力増強を最大に積んでおくのが最も安全です。 攻撃を削って、体力増強や耐火・耐爆を入れるのがおすすめ。 装填拡張レベル2では散弾レベル3の装填数が増えないので、足をマムガイラにしてフルチャつけるのもあり。 ノヴァをガード強化でガードできるという大きなメリットがあります。 ) カスタム強化には、安全重視のシールドヘビィの場合は、シールド1近距離2、 ダメージが気になるようであればさらにシールドを増やすのがおすすめです。 (または回復カスタムシールドでも可) ちなみにナナテスカトリ世界最速のヘビィ装備は以下になっています。 さらにどうしても勝てない場合に備えて、以下の熱ダメージ無効の安全装備も検討してみてください。 安全重視装備 安全重視の場合の攻撃装備も以下にシェアします。 テオテスカトルの嫌な攻撃をほぼカバーして、体力マックスに回復力も高いため、 火力はいまいちですが、安全だと思います。 気絶耐性などもつけたらさらに良さげです。 スリップダメージが大として、回復カスタム&回復スキルでカバー。 またベヒーモスではないですが、 ヒーラー役としてマルチで参戦する場合、以下のように広域化装備を作ってもよさそうです。 広域ヒーラー装備(マルチ用) 以下、一例としてご覧ください。 こちらは気絶耐性を載せています。 これは早食を減らし て耐火を上げたり、キノコ大好きを入れたり応用できます。 私の(女性の)転職体験も載せていけたらと思います。 その他PCやPS5など基本的に管理人の好みをメインに自由に投稿してます。 自由にコメントできますので、皆様の考察やご意見お待ちしております。 152• 256• 236• 1 スポンサーリンク.

次の

歴戦王テオのカイザーγ(ガンマ)装備、蒼カラーがちょっとオシャレかも【MHW】

テオテスカトル 歴戦 王

歴戦王テオ・テスカトルの特徴 早速クエスト「太陽が燃え盛る時」に挑戦してみたところ、いくつか通常のクエストとの違いがありました。 歴戦王なので、攻撃力・体力が高い• 新モーションは テオの顔の回りに粉塵をばらまき、そのまますぐに爆破させるというもの。 近接でガードがない場合は危ないかも。 スリンガー閃光弾は 有効• スーパーノヴァの発動が通常個体より早い?(気がしました)• 途中から 歴戦王クシャルダオラが乱入してくるが、縄張り争いが終わるとすぐに立ち去る 対策用の装備でちゃんと挑めば、普通の歴戦個体と比べても、そこまで大きな差はないように感じました。 ちなみに、乱入してくる歴戦王のクシャルダオラは閃光耐性がついており、ナナのように落ちてこなくなっているようです…こっちの方が厄介かもしれません。 歴戦王テオ・テスカトル対策のポイント 歴戦王テオ・テスカトルを倒しやすくするためには、装備を組む際に耐性や対策用のスキルを入れていきます。 火耐性は20以上推奨! 防具を選ぶ際は、できるだけ火耐性の高い防具を選びましょう。 テオ・テスカトルの攻撃には、火属性と爆破属性がついてきます。 火耐性を上げることで、被ダメージを軽減し、さらに 耐性が20以上あれば「火属性やられ」にならなくなるので、かなり立ち回りが楽になるはず。 最近出てきた防具では、ナナ・テスカトリのエンプレスシリーズや、マム・タロトのマムガイラシリーズが火耐性が高く、性能も良いですね。 対策用スキル スキルは以下のものを入れるのがおすすめ。 火耐性レベル3• 爆破やられ耐性レベル3• 熱ダメージ無効• 耳栓レベル5• 体力増強レベル3 火耐性スキルは、防具の火耐性が高ければそこまで必要ないかもしれませんが、前述のとおり、できれば 20以上を確保したいところ。 爆破やられについては、レベル3で無効にしておくと、回避行動で解除する必要がなくなるので便利です。 熱ダメージ無効は、テオに近づいた時のスリップダメージを無効にするものですが、ずっと張り付く立ち回りでなければ、無理につける必要はないかもしれません。 実際に私も歴戦個体にはつけていませんでした。 耳栓はガードのない武器には特に推奨したいですね。 毎回、安定して咆哮を回避するのは難しいので。 体力増強レベル3はとりあえず付けておけば、一撃でやられるといったことは無くなると思います。 (スーパーノヴァは知らない) 個人的には 火耐性と爆破やられ耐性は必須レベル、あとは自身のプレイスキルや立ち回り方と相談といった感じですね。 装備紹介(ガンランス) まずはお馴染みのガンランス装備から。 今回も ガイラバスター水先生にお越しいただきました!先生、最近出番多すぎやしませんか…?• 武器:ガイラバスター・水 防具のバルノスマントは、熱ダメージ無効のスキルが発動するので、今回採用してみました。 防具だけで火耐性16ありますので、スキルで火耐性レベル1を発動させれば20超えますね。 発動スキル・装飾品 剛刃研磨、体力増強レベル3、ガード性能レベル3、ガード強化、属性解放レベル3、火耐性レベル1、爆破やられ耐性レベル3、砲術レベル3、挑戦者レベル1、匠レベル1、熱ダメージ無効、広域化レベル2が発動しています。 レア珠は剛刃珠、強壁珠、鉄壁珠です。 鉄壁珠3つが少し難しいかもしれません。 推奨スキルのうち、耳栓はつけていませんが、ガンランスはガードで咆哮を防ぐことができるため、他の耐性スキルに回しています。 テオ・テスカトル戦で厄介な、 火属性やられ、爆破やられ、熱ダメージをすべてスキルで無効にしているので、かなり安全に立ち回ることが可能。 また、武器のガイラバスター水は、テオ・テスカトルの弱点である 水属性を解放させているほか、 拡散レベル4の砲撃力で確実にダメージを与えていくことができます。 ただし、今回は業物を切っているので、斬れ味の消耗がかなり激しい点は注意が必要。 スキル剛刃研磨でカバーはしていますが、研ぐのは極力戦闘に入る前の方が良いでしょう。 ちなみに、戦闘中でも研ぎたい場合は、アイテム「 キレアジのヒレ」を使うか、必要ないスキルを切って、 砥石高速化レベル3を入れると良いですね。 装備紹介(操虫棍) 次に操虫棍装備の紹介です。 なぜ今回操虫棍かというと、ベヒーモスの素材から作れる新武器「ゲイボルグ・真」を使ってみたかったからですw この武器には 龍封力大がついているため、テオ・テスカトルの強化状態を抑えながら戦うことが可能。 組んでみたのがこちらです。 武器:ゲイボルグ・真 ドラケン防具のシリーズスキル竜騎士の証「飛燕【属性】」も使いたかったので、防具も二か所使っています。 火耐性低いんですけどね…w 発動スキル・装飾品 剛刃研磨、砥石高速化レベル3、耳栓レベル5、体力増強レベル3、爆破やられ耐性レベル3、火耐性レベル1、熱ダメージ無効、攻撃レベル1、見切りレベル2、超会心レベル1、飛燕、広域化レベル2ジャンプ鉄人、竜騎士の証「飛燕【属性】」が発動しています。 レア珠は剛刃珠のみです。 テオ対策として、 耳栓、爆破やられ耐性、熱ダメージ無効をつけています。 火耐性については、防具の3と火耐性レベル1を合わせて9になるため、できれば猫飯の野菜定食を食べて、 属性耐性UP【大】を発動させるのがおすすめ。 これにより、火耐性が24まで上がります。 猫飯で耐性を上げない場合は、最低でも 耐熱の装衣を持っていくことをおすすめします。 また、操虫棍はガンランスと同じく、斬れ味の消耗が激しい武器なので、 剛刃研磨と 砥石高速化でカバー。 戦闘中にも隙を見つけて研いでいきたいところですね。 ジャンプ攻撃で乗りを狙いつつ、龍封力を使ってテオ・テスカトルの強化状態を弱体化させていきましょう。

次の

【MHWアイスボーン】歴戦王テオテスカトル弱点クエスト対策装備攻略【モンハンワールドアイスボーン(MHWI)初心者攻略Wiki】|ゲームなう!

テオテスカトル 歴戦 王

剥ぎ取り・落し物で入手できる素材 部位 回数 下位 上位 G級 本体 4• 落し物• 部位破壊報酬で入手できる素材 部位 下位 上位 G級 頭• 歴戦テオ・テスカトルの調査クエストの報酬で入手できる素材 危険度3歴戦テオ・テスカトルの報酬• 下位 上位 G級• 下位 上位 G級• 歴戦王テオ・テスカトル攻略のポイント エリア9で歴戦王クシャルダオラが乱入 クエスト中に歴戦王テオ・テスカトルがエリア9に移動した時に必ず歴戦王クシャルダオラが乱入します。 この時の縄張り争いで、歴戦王テオに約1950ダメージ与えることができます。 転身の装衣を過信しすぎないこと ほとんどの攻撃は転身の装衣の効果で無効化できますが、接近時によく使うネコパンチは転身の装衣を着ていても普通にダメージを受けます。 2発も喰らえばガッツリ体力を削られてしまうので、転身の装衣を着ている時でもネコパンチは回避かガードで対処する必要があります。 気絶対策に気絶耐性Lv3のスキルがオススメ 歴戦王テオ・テスカトルは攻撃力&威力が上がっているので、受けるダメージも大きい上に気絶状態になりやすい特徴があります。 体力増強Lv3のスキルと食事で体力を200にしていても、ソロで気絶状態になってしまうとキャンプ送りになる可能性が高いので、事故防止用に気絶耐性Lv3のスキルを付けておくことをオススメします。 火耐性を20以上に上げておくのがオススメ 火耐性を20以上に上げておけば、炎ブレス系のダメージを軽減できるだけでなく、火属性やられの状態異常も無効化できるので、火耐性が高い防具&火耐性のスキルを組み合わせて20以上に上げておくのがオススメです。 爆破耐性Lv3のスキルもオススメ 歴戦王テオ・テスカトルは粉塵をばら撒く頻度も高くなっているので、爆破耐性Lv3のスキルを付けて無効化しておくと事故防止に役立ちます。 よく爆破やられになってしまう人には、なおさら爆破耐性Lv3のスキルをオススメします。 スーパーノヴァの処理に注意 スーパーノヴァはスリンガー閃光弾で撃ち落とすことができますが、耐性が上がって最終的には効かなくなってしまうので、序盤の回避しやすい時は納刀からの緊急回避で避けてしまうのがオススメです。 序盤で閃光落下を温存しておけば、最終エリアで撃ち落とし失敗の心配をする必要がなくなります。 慣れたハンターさんであれば、戦闘前にスリンガー閃光弾をセットしておき、問題なく撃ち落とせると思いますが、撃ち落としに不安が残る人は納刀からの緊急回避の方が安定すると思われます。

次の