ブレア ウィッチ。 ブレア・ウィッチ 日本語版

『ブレア・ウィッチ 日本語版』PS4&Nintendo Switchで2020年夏に発売決定!

ブレア ウィッチ

本記事は、 Steamで2019年8月30日に配信開始したホラーゲーム「Blair Witch」について、 2つのエンディング(バッドエンド・トゥルーエンド)まで見た限りのネタバレあり考察記事です。 未プレイの方、ネタバレはアウトな方、プレイ予定のある方は閲覧要注意です。 前提 【Blair Witchとは】 1999年に異例の大ヒットを飛ばしたホラー映画 『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(The Blair Witch Project)及び、その続編『ブレア・ウィッチ』(原題: Blair Witch)のゲーム版。 主なあらすじ(Steam版ブレアウィッチ) 保安官「エリス」は、失踪した少年「ピーター」の行方を捜査するためにパートナーの犬「バレット」と共に 『ブレアの魔女』が棲む「ブラック・ヒルズ」の森へと足を踏み入れる。 森の中、偶然発見した「ビデオカメラ」と「ビデオテープ」を元に、捜査を進めるエリスだったが・・・。 あと攻略ヒントもちょっとあります。 その実、 「カーヴァー」のことと思われる。 儀式的な目的で子どもの血を欲して自宅へ誘い込もうとしたことで、「魔女」と称され、極寒の真冬に木に縛られて森へと放逐された。 その後の消息は不明。 作中では死亡したものと見なされていた。 エリーを放逐した翌年、町民の大半が消息を絶つ。 「ブレアの呪い」だと恐れた人々は逃げ出して、以後「エリー・ケドワード」は 「名前を言ってはいけないあの人」扱いとなる。 10歳の 「アイリーン・トリークル」が川に引きずり込まれる。 遺体は発見されなかったがアイリーンが引きずり込まれてから13日間、川はド汚くなりその水を飲んだ牛がお亡くなりになる。 ロビンは無事に保護されたものの、捜索に参加していた一部隊が行方をくらました。 数週間後、行方不明だった捜索隊員が変わり果てた姿で「ひつぎ岩」(コフィン・ロック)で発見される。 遺体の身体には奇妙な模様が刻まれており、その後遺体は消失する。 いずれも行方不明となっていた子どもで、ラスティンは「老婆の霊のために自分がやった」と自白。 唯一生き残っていた「カイル・ブロディ」の証言によりラスティンは絞首刑に処され、住処も村民により焼失する。 過酷な戦場、そして罪のない市民を殺害してしまったことがきっかけでPTSDを発症した模様。 ゲーム中にたびたび女性の目元がフラッシュバックしているが、 この時にエリスが殺害した女性と思われる。 精神状態が非常に不安定で、「バレット」を与えられたのも「動物セラピー」的な意味がある模様。 「ジェス」は恋人か、夫婦か……どちらにせよ、あまり上手くいっていない様子。 バッドエンドでもトゥルーエンドでも、2人の仲が良好になることはなかった。 最後に「カーヴァー」を殺害することで「儀式は完成」し、「エリス」自身が「カーヴァー」=魔女(ブレア)のしもべとなってしまうEND。 =ループが確定するEND。 「魔女」の正体については作中で明確に説明も登場もしないが、これは1作目の「~プロジェクト」を踏襲したスタイルとなっている。 本作では、「カーヴァー」=「エリス」による「ループ」となっているが、「カーヴァー」という人物は、もともと「別人」であり、「エリス」が森に来るずっと以前から「魔女」によって何人もの人間が魅入られて「カーヴァー」化していたと思われる。 当ブログの考察も正確ではないと思う。 本作はグラフィックも綺麗だし、操作も比較的単純なため難易度はそこまで高くない。 ただし、ループ世界ゆえの分かりづらさというか、ヒントの気づきにくさで評価が大変低い。 あと配信直後に「日本語パッチ」が消滅するというトラブル?のせいでSteam内でもそのことについて激しく批判されていた。 ビデオカメラで謎を解く、というギミックが個人的に面白かった。 ビデオカメラを使うという要素自体は元ネタの映画でも使われてるので、そういったところでも原作ファンには楽しめたと思う。 あと何よりバレットかわいい。 ずっとモフりたい。 かわいい。 大好き。 わんわん。 敵が出現するところは決まっているようで、 いつどこからワー!ってくるか分からないゲームに比べたら、心臓の弱い方でも安心してプレイできると思う。 なお投稿主は実況する気満々だったけどあまりに喋れず断念したのでプレイ動画はない。 ので、おすすめ実況者さんの動画を後述しておくことにするので見たい方はぜひ。 元ネタの映画を見てからプレイすると、映画の中に入り込んだように感じられて断然楽しくなると思うので、ぜひ映画のほうも見てみてほしい。 伝説の初代は特に、「この映画で人生変わった」というレビューが散見されるほど面白いので、ぜひ。 サクサク進めれば平均5時間前後でクリア可能なので、(多分トゥルーエンドを合わせても10時間以下で終われるボリューム) ホラーゲーム怖いけど・・・という初心者さんのかたでも気軽に遊べるかもしれない。 わからない。 実際にやってみてちょ。 しかし久々にまじめにレビュー考察書いてしまった。 あまりに勘が鈍すぎて考察するの恥ずかしいのだが(だいたい見当違いなこと言いだす)、やはり楽しい。 ループ物は途中で恐怖より面倒くささが勝るから、そこだけ注意が必要かもなぁ…… おすすめ実況者 癒しのあいろん雑学ゲーム実況さん とりあえず、イケボ。 あと、冷静プレイ。 解説字幕がめっちゃ親切。 正直トゥルーエンドへの行き方悩んでたんですが教えていただけました。 ありがたい・・・。 【全エンディング集:BLAIR WITCH】グッド&バッドエンディングとクリア後要素の無線機イベント【ブレアウィッチ】 関連記事 flowiron.

次の

ゲーム版『ブレア・ウィッチ』発売延期が決定 ─ 新型コロナウイルスの影響で

ブレア ウィッチ

皆様こんばんは! 如何お過ごしでしょうか。 今回は、 BLAIRWITCHを、初見で一気に攻略しました! 無事に全クリ達成!というわけで今回は、BLAIRWITCHをプレイした感想について、語ってみたいと思います。 よろしくお願いします。 BLAIRWITCHってどんなゲーム? この森で身の毛もよだつ恐怖が目覚める。 時は、1996年。 メリーランド州バーキッツビル近郊にあるブラック・ヒルズの森で、一人の少年が消息を絶った。 過去に心の傷を負った元警官のエリスとして、あなたは森の捜索を始める。 いつもと変わらぬ捜査から始まった出来事は、己の恐怖とブレアの魔女にかけられた森の呪いが立ちはだかり、終わりのない悪夢へと変わっていく。 「Blair Witch」は1人称視点で語られる、ホラー映画「Blair Witch」をベースにしたストーリー主体のサイコロジカルホラーゲーム。 人間を暗闇に引き込むストーリー。 高い評価を得た「Layers of Fear」の製作陣から生み出された新作ゲーム。 映画「Blair Witch」に触発されたオリジナルストーリーで展開。 恐怖が精神に異常をもたらす様を直に体験せよ。 という感じです。 スチームからそのまま抜粋。 ネタバレを防ぐために、ストーリーのご紹介はこのくらいにしておきたいと思います。 気になる方は記事の一番下の動画をご視聴ください。 どのくらいでクリアできるの? 私は初回約6時間30分ほどで全クリすることができました。 平均5~7 時間ほどでクリアできると思います。 難易度はどうなの?難しい? 難易度は普通ですね。 謎解きも特に難しくはなく、ヒントも多いので、進めやすいです。 失敗しても直前のチェックポイントからやり直せるのもとても親切です。 チャプターセレクトはあるの? チャプターセレクトはありません。 実際どうなの?面白いの? ぶっちゃけかなり面白かったです! 演出がとてもよくできており、物語に引き込まれます。 ストーリーもよかったです。 また、相棒のBulletがとてもかわいい。 癒されます。 Bulletと一緒に行動するためだけにでも買う価値があります。 犬はかわいい笑 ホラーゲームやミステリー好きの方にはお勧めです。 ただ、残念な点もあります。 日本語字幕や音声に対応していない 今現在、 日本語字幕や音声には対応していないのです。 もともと日本語字幕は実装されていたのですが、文字化けがひどくて、字幕がついているのにストーリーの内容が全く分かりませんでした。 レビューで酷評が相次いだため、日本語字幕ありの表記を消して、日本語字幕をゲーム内から除外しました。 このせいで私は英語ができないのに英語音声英語字幕でプレイするという、ホラーな状態に陥りました。 結局クリアできたからよかったものの、返品されても文句は言えないと思います。 ここの対応はひどかった。 日本語字幕でプレイしたいという方は、日本語字幕が実装されるまで待ってから購入することをお勧めします。 かなり完成度の高い作品になっています。 いくらくらいで購入できるの? スチームで税込3090円です(デラックス版は3600円)。 値段の割に内容がすごくよくできていて、コスパはよいと感じます。 日本語字幕はある? 今現在は日本語字幕はあります。 が、日本語音声はありません。 エンディングはいくつあるの? エンディングは4つあります。 グッドエンド2つ、バッドエンド2つです。 内容はネタバレになるので避けますが、ちゃんと4つあります。 グッドエンドの条件は以下の通りです。 木の人形(シンボル?)みたいな変な奴のこと。 敵を光で照らして消滅させない。 電波が通ったら即Call。 以上です。 内容や攻略法が気になる方は、記事の一番下に参考動画を記載しておきますので、よければ参考になさってください。 総括 いかがだったでしょうか。 今回は、BLAIRWITCHをプレイした感想を、ご紹介してみました。 値段の割にクオリティが高く、コスパはよいなと感じました。 ホラーゲーム好きの方にはお勧めの作品です。 あとワンちゃん大好きな方にもおすすめです。 よければ下記の動画をご視聴ください。 BLAIRWITCHを、初見ですがクリアまで一気に攻略しています。 今回の記事及び下記の動画が、少しでも参考になりましたら幸いです。 動画投稿、ブログ運営の励みになります!.

次の

ブレア・ウィッチ 日本語版

ブレア ウィッチ

やりすぎー いきなり、「わっ!」っと脅かされることがほとんどでした。 なんかいるかも!? まさかあれは!? でた!!! というステップを踏まない驚かせ方が多かったです。 前作もそうだったかも。 いつも通りかも。。 途中の退屈さも前作同様かも。 90分の短めですが中盤眠くなります。。 と考えると、 前作を観てない人、観ても忘れてる人にお勧めです。 20年前にブレアの森で失踪した「姉」を探しに主人公の青年が同じ場所に行くので、結局同じことをします。 前作(1999年)のおどろかせ手法を忘れている方がおどろきます。 そして、心臓の強い方でお願いします。 しかし彼女の失踪から20年後、弟のジェームズはYouTubeで姉らしき人物が映った映像を見つける。 (引用元:109シネマズのサイトより) 1999年に6万ドルという超低予算で製作されながら、世界興行収入2億4,800万ドルという記録的なヒットをたたき出し、世界中でブームを巻き起こしたホラー映画『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』。 全員帰れません! ですので今回も ブレアの森で「見つかったビデオを編集した」という体裁です。 6名で森へ入り、2名は死んだと思います。 残りの4名は、生霊?みたいな存在に連れていかれます。 登場人物6名 ・主人公(男)とヒロイン ・友達の黒人カップル ・ユーチューバーの男女カップル 流れ・ストーリー構成 主人公が、 YouTubeで「ブレアの森」の建物内の動画を発見し「姉の姿が一瞬映ってる!」と言い出し、ユーチューバーへ連絡を取り、会いに行いくことになる。 (主人公は、普段から20年前に失踪した姉の情報を探していた。 ) 同行のヒロインは、ドキュメンタリー映像を撮影するとして、「手持ちカメラ」と4名分の「耳に付ける目線カメラ」「ドローンカメラ」など多くのカメラを用意。 黒人カップルは、親友で一緒に参加。 ユーチューバーに会いに行き、「この動画を撮影した森の場所を教えてほしい」と言うと「僕たちも同行してよければ教えてやる」ということで、6名で森へいくことになる。 初日、ブレアの森を歩き進む。 夜になり予定通り野宿キャンプ。 朝起きると 「木の枝で作られた人型のオブジェ」(スティックメン)がたくさん周りの木にぶら下がっていた。 怖くて、怖くて、引き返すことに。 だが、これは、「主人公たちを目的の建物に行かせないないように」ユーチューバー男が仕組んだことが判明。 ケンカし、主人公たちと、ユーチューバーカップルは別行動で、それぞれ帰ることにする。 だが、森を抜け出せない! GPSを頼りに進んでいるが、その通りに進めない。 ついには、 元のキャンプの場所に戻ってしまう! 夜になり再度同じ場所でキャンプすることを選択。 夜中、黒人男性がトイレに行く。 帰り道、猛獣のような気配に追われ、走り逃げて、道に迷いキャンプ場には帰れず。 黒人男性失踪。 主人公とヒロインが、黒人男性が帰って来ていない!と気付く。 すると、 大量のスティックメンが!! そんな恐怖の中、ユーチューバーカップルが林の中から出てくる。 彼らも森を抜けようとするが迷ってここに戻ってきてしまった。 さらに不思議なことに、 ユーチューバーカップルはもうすでに「5日間が経過」していると言う。 そのため疲労と空腹と恐怖でおかしくなり、カップルは口論になり、男は一人で行くことになり、女は主人公たちのところにとどまる。 そこに、黒人女性が起きてくる。 彼女は、ケガして具合の悪いことと、黒人男性がいなくなって精神状態がおかしくなっていて、ユーチューバー女に当たり散らす。 女二人のもみくちゃのケンカ。 その中、 ユーチューバー女が、スティックメンに自分の特徴的な色の髪の毛が組み込まれていることに気付き「何でどうなっているの!」と発狂。 それをみた黒人女性もさらに様子がおかしくなり「これ(スティックメン)がなんなの!」という勢いで、そのスティックメンを折る。 すると、 ユーチューバー女の体も折れ、死亡。 そんな修羅場になったところに、突然 ・獣の鳴き声!? ・テントがいきなり上空に吹き飛ぶ! ・巨大な生物の足音!? が起きて、恐ろしさからみんな逃げる!!バラバラに! 黒人女性は逃げれず。 呆然としていると何かに襲われ連れていかれる。 黒人女性失踪。 主人公とヒロインはなんとか合流でき、黒人女性を探し歩く。 すると、 例の建物が見つかる!!「お姉さんがいる!」と主人公は黒人女性のことより姉のことが大事だとなり一人建物へ。 ヒロインは外に残る。 建物内、遠くに人影を見た主人公は追いかけていく。 追いかけ、追いかけて、最上階へ。 部屋に人が入るのを見て部屋に入る、手が届きそうな距離まで近づく。 だが忽然と人が消える。 そして突然、部屋の扉が閉まり、鍵がしまり、でられなくなる。 一方、外のヒロインは、なにか獣の気配がして、近づいてきている物音が聞こえ、恐怖から建物内へ逃げる。 地下階段へ逃げ進む。 ヒロインが、地下でユーチューバー男に出くわす。 男は狂っていて、まともに会話できる状態でなく、ヒロインに襲い掛かり地下の穴に突き落とし閉じ込める。 だが、ヒロインは自力で狭い横穴へ進み抜け出し、また出くわしてしまった ユーチューバー男の首にナイフを刺す。 死亡したと思われる。 ヒロインは最上階へいき主人公と合流。 すると二人を何かが追ってくる。 逃げるが、行き止まり。 逃げれない! 追ってくる存在に背中を向ける二人。 すると追ってこない!「こうすれば襲われないようだ!」と主人公。 だが、 主人公は背後から「お姉さんの声がした!」として振り返ると、一瞬にして体を持ってかれていなくなる。 ヒロインは恐怖に泣きながらでも「ハンディカメラで背後を撮影して液晶画面ごしに人影を見る」方法を思いつく。 恐る恐る覗くヒロイン。 ゾンビのような人がはっきり液晶画面に映っている。 襲ってこない! そこでヒロインはゆっくり後ずさりして扉の方へ進む。 だが、「 主人公の声が聞こえた!」とヒロインは振り返る。 すると、 がっ!と一瞬にして体を持っていかれていなくなる。 カメラは床に落ち、誰もいなくなった部屋を映す。 おしまい。 ラストに、ゾンビのような生霊が映されます。 始まって8割ほどは、わっ!と驚かされいることばかりで退屈でしたが、クライマックスからのラストでの盛り上げてくれて楽しかったですが、 主人公もヒロインも同じ方法でいなくなったのは、残念。 結局、この「ブレアの森の謎」や「建物の謎」はそのまま残りました。 今回興行収入がよければ次回作も作れるようにしてるのかな^^ 映画公式サイト: おまけ 毎年の六本木ヒルズのクリスマスの装飾がきれいでした。 平日にさくっとデートもいいね^^.

次の