競輪g1 プロ予想。 23年ぶりのG1完全優勝94期脇本雄太選手,高松宮記念杯競輪│競輪プレス:競輪予想情報ブログ

当たる競輪(けいりん・KEIRIN)予想はエンジョイ|日刊プロスポーツ新聞社

競輪g1 プロ予想

ボート 坪井康晴3着発進、回転合わせて初白星狙う/江戸川 []• ボート [7月16日 19:30]• ボート [7月16日 18:46]• ボート [7月16日 18:45]• ボート [7月16日 16:41]• ボート [7月16日 7:24]• ボート [7月15日 22:50]• ボート [7月15日 20:03]• ボート [7月15日 18:31]• ボート [7月15日 17:39]• ボート [7月15日 17:33]• 競輪 野上竜太 地元で初の2班戦は同窓対決/玉野ミッド []• 競輪 [7月16日 17:26]• 競輪 [7月16日 17:09]• 競輪 [7月16日 16:01]• 競輪 [7月16日 15:27]• 競輪 [7月16日 15:24]• 競輪 [7月16日 14:15]• 競輪 [7月16日 11:33]• 競輪 [7月15日 18:11]• 競輪 [7月15日 17:50]• 競輪 [7月15日 17:12]• オートレース 丹村飛竜「自分のスタイル」で復活をアピール/飯塚 []• オート [7月15日 21:54]• オート [7月14日 21:33]• オート [7月13日 19:21]• オート [7月13日 8:30]• オート [7月12日 20:05]• オート [7月11日 20:48]• オート [7月11日 18:19]• オート [7月10日 20:56]• オート [7月10日 20:06]• オート [7月9日 19:12]•

次の

全プロ記念競輪・SPR賞予想・結果

競輪g1 プロ予想

弥彦競輪場 ふるさとカップ G3 の昨年の傾向 昨年の決勝では3連単オッズが600倍を超える荒れた決勝となった。 本命は 清水裕友だ。 唯一のS班で全て1着で上がってきているため、文句なしの1番人気だ。 番手の 山田庸平も密かに1着を狙っているはずだ。 ナショナルチームに所属している 松井宏佑が引っ張り続けることができれば、番手の 渡邉雄太の1着が濃厚となる。 新潟コンビの 諸橋愛・ 藤原憲征も侮れない。 打鐘で先行を取ったのは新潟コンビの前にいる 小林泰正だったが、残り一周で松井宏佑がぶん回す。 番手の渡邉雄太を諸橋愛が捌き新潟コンビのチャンスが到来する。 第3コーナー付近から諸橋愛が踏み込み青板で頭に出てそのまま1着。 2着は前残りの松井宏佑。 3着は諸橋愛についていた藤原憲征と新潟コンビに軍配が上がった。 今年の大会でも新潟コンビに期待したい。 S級S班は 佐藤慎太郎、 平原康多、 郡司浩平の3名が出場。 北日本の選手は、 大森慶一、 五日市誠、 櫻井正孝、 渡邉一成、 小松崎大地。 関東選手は、 河野通孝、 吉田拓矢、 金子哲大、 森田優弥、 諸橋愛、 藤原憲征。 南関東の選手は、 海老根恵太、 鈴木裕、 根田空史、 大塚玲、 堀内俊介、 土屋裕二。 注目のS級2班の選手は、 開坂英明、 坂本周作、 古川尚耶、 岡田泰地、 坂井洋、 片折亮太、 柴田洋輔、 内田玄希、 新田康仁、 大石剣士、 鈴木庸之など 今年も連覇を狙う諸橋愛の新潟県の選手は意気込みが入っているだろう。 鈴木庸之(34歳)S級2班 7月からS級2班に降格してしまったが6月は好調だった。 青森G3では初日は4着だったが、2日目は第3コーナー付近から捲り2着。 準決勝では混戦を上手く抜け出し1着。 決勝でも第2コーナー付近で頭に出て張り続けるが、惜しくも2着とグレードレースでも好成績を残した。 続く川崎F1では初日残り一周で頭に出て青板までキープしていたが、番手の宿口陽一に差されて2着。 2日目も残り一周で頭に出るがゴール前で別線の小原佑太に差され2着と惜しい結果が続いていた。 最終日は混戦を抜け出すが3着に終わった。 2場所続けて好成績を収めているため調子を維持できれば今大会でも好成績を残してくれることだろう。 去年はプレッシャーがあったけど、今年は赤パンツを脱いで、気持ち的に余裕がある開催でした。 ここまでの1カ月間、本当に練習が苦しくて、自信はなかったですけど準備はしてきていたので、結果が出て良かったです。 もう一回、グランプリに出たいんですよ。 ゴールできてないので。 上で戦えるのは、もう何年もないと思っているので、悔いのないように走りたい』.

次の

和歌山競輪 レース展望・推奨選手

競輪g1 プロ予想

弥彦競輪場 ふるさとカップ G3 の昨年の傾向 昨年の決勝では3連単オッズが600倍を超える荒れた決勝となった。 本命は 清水裕友だ。 唯一のS班で全て1着で上がってきているため、文句なしの1番人気だ。 番手の 山田庸平も密かに1着を狙っているはずだ。 ナショナルチームに所属している 松井宏佑が引っ張り続けることができれば、番手の 渡邉雄太の1着が濃厚となる。 新潟コンビの 諸橋愛・ 藤原憲征も侮れない。 打鐘で先行を取ったのは新潟コンビの前にいる 小林泰正だったが、残り一周で松井宏佑がぶん回す。 番手の渡邉雄太を諸橋愛が捌き新潟コンビのチャンスが到来する。 第3コーナー付近から諸橋愛が踏み込み青板で頭に出てそのまま1着。 2着は前残りの松井宏佑。 3着は諸橋愛についていた藤原憲征と新潟コンビに軍配が上がった。 今年の大会でも新潟コンビに期待したい。 S級S班は 佐藤慎太郎、 平原康多、 郡司浩平の3名が出場。 北日本の選手は、 大森慶一、 五日市誠、 櫻井正孝、 渡邉一成、 小松崎大地。 関東選手は、 河野通孝、 吉田拓矢、 金子哲大、 森田優弥、 諸橋愛、 藤原憲征。 南関東の選手は、 海老根恵太、 鈴木裕、 根田空史、 大塚玲、 堀内俊介、 土屋裕二。 注目のS級2班の選手は、 開坂英明、 坂本周作、 古川尚耶、 岡田泰地、 坂井洋、 片折亮太、 柴田洋輔、 内田玄希、 新田康仁、 大石剣士、 鈴木庸之など 今年も連覇を狙う諸橋愛の新潟県の選手は意気込みが入っているだろう。 鈴木庸之(34歳)S級2班 7月からS級2班に降格してしまったが6月は好調だった。 青森G3では初日は4着だったが、2日目は第3コーナー付近から捲り2着。 準決勝では混戦を上手く抜け出し1着。 決勝でも第2コーナー付近で頭に出て張り続けるが、惜しくも2着とグレードレースでも好成績を残した。 続く川崎F1では初日残り一周で頭に出て青板までキープしていたが、番手の宿口陽一に差されて2着。 2日目も残り一周で頭に出るがゴール前で別線の小原佑太に差され2着と惜しい結果が続いていた。 最終日は混戦を抜け出すが3着に終わった。 2場所続けて好成績を収めているため調子を維持できれば今大会でも好成績を残してくれることだろう。 去年はプレッシャーがあったけど、今年は赤パンツを脱いで、気持ち的に余裕がある開催でした。 ここまでの1カ月間、本当に練習が苦しくて、自信はなかったですけど準備はしてきていたので、結果が出て良かったです。 もう一回、グランプリに出たいんですよ。 ゴールできてないので。 上で戦えるのは、もう何年もないと思っているので、悔いのないように走りたい』.

次の