宗像 乳腺 外科。 宗像乳腺外科 乳腺外科の診療内容・診察時間

外科

宗像 乳腺 外科

メンバー紹介 部長大賀 丈史 医長石田 真弓、辻田 英司 医員信藤 由成、笠木 勇太、中山 湧貴 当科の特徴・取り扱い疾患 消化器疾患(食道、胃、小腸、大腸、肝臓、胆嚢、膵臓など) 乳腺疾患全般、一般外科(ヘルニアなど) 手術件数(2018年度) 消化管:242件(食道:5件、胃:32件、腸:187件、虫唾:18件) 肝胆膵:133件(膵臓:25件、胆嚢・胆管:93件、膵臓:15件)、乳腺:37件、その他48件 全460件(内 腹腔鏡下手術:143件) 地域の皆様へ 粕屋、宗像地区の皆様に質の高い外科診療を提供します。 日本外科学会、日本消化器外科学会、日本乳癌学会などの専門医の資格を有するスタッフが診療に従事しています。 消化器外科領域では食道、胃、大腸、肝臓、胆嚢、膵臓などがありますが、そのすべての領域を扱っています。 その他、乳腺、ヘルニアなどの一般外科も経験豊富な専門医が常勤しており、手術体制を整備しています。 患者さんの病態や全身状態に応じた治療方針を検討し、十分なインフォームドコンセントを心がけています。 患者さんおよびご家族が納得のいく治療を目指すため、外科治療後の定期的な検査や経過観察、術後の補助治療などをかかりつけ医とも連携しています。 その他、外科診療に関して疑問点、ご質問がありましたらいつでもご連絡ください。 地域の先生方へ 安全で、堅実な外科医療を提供し、皆様方との病診連携を一層意識しながらスタッフ一同鋭意努力していきたいと考えております。 対象疾患• 消化器科(内科)と連携した消化器疾患全般(食道、胃、小腸、大腸、肝臓、胆嚢、膵臓など)および腹部内臓疾患• 乳腺疾患全般• 一般外科(ヘルニア、皮膚表在疾患など)• 一般外傷 診療内容 外科で扱う消化器疾患は、胃・十二指腸潰瘍や胆嚢炎、胆石症などの良性疾患から食道癌、胃癌、大腸癌、肝臓癌、膵臓癌などの腹部臓器の悪性腫瘍まで多岐にわたっています。 胆嚢炎、胆石症に対しても腹腔鏡下胆嚢摘出手術を症例に応じて行っています。 とくに悪性腫瘍は日本人の死因の第1位を占めており、当科の入院患者さんの半数以上は悪性腫瘍に関連した入院といっても過言ではありません。 悪性腫瘍の治療法としては一般的には外科手術が優先しますが、ごく早期のものであれば、消化器科と連携して内視鏡的治療を選択することもあります。 内視鏡的治療の適応外であれば外科的な手術、それも縮小手術から標準的な手術で、患者さんの病状、体力に応じて開腹下から腹腔鏡下のアプローチの手術かを検討し選択します。 進行再発症例の化学療法(抗癌剤治療)は、近隣の腫瘍内科の専門医のいる医療機関とも連携しています。 最近増加傾向とされる乳癌にも力を入れており、最新の知見・エビデンスを取り入れた治療を心がけています。 手術では胸筋、神経を極力温存した手術、さらには乳房温存手術も約50%の患者さんに行っています。 術前に治療を行った後に乳房温存手術を施行する場合もあります。 術後の補助療法(抗癌剤や放射線治療)もガイドラインに沿って適応を検討します。 高齢化社会を迎え、食生活も欧米化した現代では動脈硬化症もよく遭遇する疾患です。 破裂すると命に関わる腹部大動脈瘤、放置すると下肢切断にもなりかねない閉塞性動脈硬化症や急性動脈閉塞などの動脈疾患、さらには経産婦や立ち仕事の多い方に多発する下肢静脈瘤などの血管外科も対応していますのでご相談ください。 その他、ヘルニア(俗に言う脱腸)や外傷などの一般外科も扱っています。 救急疾患に対しても迅速な対応と的確な判断を心がけています。 ご意見、ご希望などありましたら、遠慮なくお伝えください。 外科スタッフは診療第一をモットーに業務に励んでいます。 当院は、一般社団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース事業に参加しています。 この事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。 認定・指定施設 日本外科学会専門医制度指定施設 日本消化器外科学会専門医制度認定施設 日本乳癌学会関連施設 日本肝胆膵外科学会(高度技能修練施設)B 乳癌検診精密検査実施医療機関 乳がん検診を受けましょう• 乳がんの原因とは• 早期発見の重要性について• 早期に発見するには? そのまま放置しないで! 詳しくはこちらをご確認ください。

次の

医療機関一覧|一般社団法人 宗像医師会

宗像 乳腺 外科

福岡県 内の 乳腺外科• 朝倉市 0• 飯塚市 0• うきは市 0• 大牟田市 0• 小郡市 0• 嘉麻市 0• 北九州市若松区 0• 古賀市 0• 田川市 0• 太宰府市 0• 筑後市 0• 筑紫野市 0• 那珂川市 0• 中間市 0• 直方市 0• 豊前市 0• みやま市 0• 宮若市 0• 宗像市 0• 柳川市 0• 八女市 0• 朝倉郡 0• 嘉穂郡 0• 田川郡 0• 築上郡 0• 三井郡 0• 京都郡 0• 八女郡 0.

次の

外科

宗像 乳腺 外科

メンバー紹介 部長大賀 丈史 医長石田 真弓、辻田 英司 医員信藤 由成、笠木 勇太、中山 湧貴 当科の特徴・取り扱い疾患 消化器疾患(食道、胃、小腸、大腸、肝臓、胆嚢、膵臓など) 乳腺疾患全般、一般外科(ヘルニアなど) 手術件数(2018年度) 消化管:242件(食道:5件、胃:32件、腸:187件、虫唾:18件) 肝胆膵:133件(膵臓:25件、胆嚢・胆管:93件、膵臓:15件)、乳腺:37件、その他48件 全460件(内 腹腔鏡下手術:143件) 地域の皆様へ 粕屋、宗像地区の皆様に質の高い外科診療を提供します。 日本外科学会、日本消化器外科学会、日本乳癌学会などの専門医の資格を有するスタッフが診療に従事しています。 消化器外科領域では食道、胃、大腸、肝臓、胆嚢、膵臓などがありますが、そのすべての領域を扱っています。 その他、乳腺、ヘルニアなどの一般外科も経験豊富な専門医が常勤しており、手術体制を整備しています。 患者さんの病態や全身状態に応じた治療方針を検討し、十分なインフォームドコンセントを心がけています。 患者さんおよびご家族が納得のいく治療を目指すため、外科治療後の定期的な検査や経過観察、術後の補助治療などをかかりつけ医とも連携しています。 その他、外科診療に関して疑問点、ご質問がありましたらいつでもご連絡ください。 地域の先生方へ 安全で、堅実な外科医療を提供し、皆様方との病診連携を一層意識しながらスタッフ一同鋭意努力していきたいと考えております。 対象疾患• 消化器科(内科)と連携した消化器疾患全般(食道、胃、小腸、大腸、肝臓、胆嚢、膵臓など)および腹部内臓疾患• 乳腺疾患全般• 一般外科(ヘルニア、皮膚表在疾患など)• 一般外傷 診療内容 外科で扱う消化器疾患は、胃・十二指腸潰瘍や胆嚢炎、胆石症などの良性疾患から食道癌、胃癌、大腸癌、肝臓癌、膵臓癌などの腹部臓器の悪性腫瘍まで多岐にわたっています。 胆嚢炎、胆石症に対しても腹腔鏡下胆嚢摘出手術を症例に応じて行っています。 とくに悪性腫瘍は日本人の死因の第1位を占めており、当科の入院患者さんの半数以上は悪性腫瘍に関連した入院といっても過言ではありません。 悪性腫瘍の治療法としては一般的には外科手術が優先しますが、ごく早期のものであれば、消化器科と連携して内視鏡的治療を選択することもあります。 内視鏡的治療の適応外であれば外科的な手術、それも縮小手術から標準的な手術で、患者さんの病状、体力に応じて開腹下から腹腔鏡下のアプローチの手術かを検討し選択します。 進行再発症例の化学療法(抗癌剤治療)は、近隣の腫瘍内科の専門医のいる医療機関とも連携しています。 最近増加傾向とされる乳癌にも力を入れており、最新の知見・エビデンスを取り入れた治療を心がけています。 手術では胸筋、神経を極力温存した手術、さらには乳房温存手術も約50%の患者さんに行っています。 術前に治療を行った後に乳房温存手術を施行する場合もあります。 術後の補助療法(抗癌剤や放射線治療)もガイドラインに沿って適応を検討します。 高齢化社会を迎え、食生活も欧米化した現代では動脈硬化症もよく遭遇する疾患です。 破裂すると命に関わる腹部大動脈瘤、放置すると下肢切断にもなりかねない閉塞性動脈硬化症や急性動脈閉塞などの動脈疾患、さらには経産婦や立ち仕事の多い方に多発する下肢静脈瘤などの血管外科も対応していますのでご相談ください。 その他、ヘルニア(俗に言う脱腸)や外傷などの一般外科も扱っています。 救急疾患に対しても迅速な対応と的確な判断を心がけています。 ご意見、ご希望などありましたら、遠慮なくお伝えください。 外科スタッフは診療第一をモットーに業務に励んでいます。 当院は、一般社団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース事業に参加しています。 この事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。 認定・指定施設 日本外科学会専門医制度指定施設 日本消化器外科学会専門医制度認定施設 日本乳癌学会関連施設 日本肝胆膵外科学会(高度技能修練施設)B 乳癌検診精密検査実施医療機関 乳がん検診を受けましょう• 乳がんの原因とは• 早期発見の重要性について• 早期に発見するには? そのまま放置しないで! 詳しくはこちらをご確認ください。

次の