ちょん ちょん リフティング。 ちょん(チョン)とは

リフティングのコツと練習方法!初心者がマスターしたい技術とは?

ちょん ちょん リフティング

サッカーを始めたばかりの子供にとって、リフティング100回を達成するのは至難の業です。 一般的な子供であれば、練習し始めてから1年後、2年後に達成するというのも珍しくありません。 その練習は途方もない時間でありながら、サッカーが上手くなるためにリフティングは必要ないという人もいます。 カピタンでは、リフティングを『サッカーをより楽しめる技術』と考えています。 リフティングができなくてもサッカーはできるけど、できるようになるとサッカーがもっと楽しくなります。 「とにかくあきらめずにやり続けることが一番の近道」と言われているリフティング。 サッカー経験のない保護者にもできる範囲で、リフティング100回を効率よく達成する方法を考えてみました。 ボール選び 100回を達成するのが目的なので、最初はサッカーボールにこだわらなくてもOKです。 長時間練習しても足が痛くならないように、なるべく柔らかいボールを選びましょう。 バレーボールやリフティングボールなどの軽いボールを使って、徐々に慣れていくのも良いと思います。 空気圧の調整 空気圧が高すぎるとボールが跳ねてコントロールしにくくなります。 気持ち空気を少なくして、蹴った時にボールの芯を捉えやすくするとボールが安定します。 慣れて来たら徐々に空気圧を高くしていきます。 片足か両足か 100回程度であれば、利き足のみで練習した方が効率的です。 ただ、100回を超えてくると両足を使った方が体力的に楽になります。 片足の場合、1回ごとに足を上げたり下ろしたりを繰り返さないといけませんが、両足なら歩くように交互にリフティングができるからです。 フラフラしていないか リフティングをしている間は、片足立ちをずっとしている状態になります。 蹴り足だけでなく、軸足で立った時にフラフラしないかがとても重要です。 リフティングをする前に、軸足のみで安定して立てるかどうかを確認します。 片足で立って、利き足でリフティングの素振りをしてみましょう。 足のどこで蹴るか リフティングは一般的に足の甲ですることが多いですが、足のももを使うと回数を稼ぐことができます。 足のももの方が足の甲よりも平らなところが大きいので、ボールが安定するという訳です。 リフティング100回を目標にするのであれば、足の甲だけでなく、太ももと合わせた回数にすると達成しやすくなります。 (ただし、一般的なリフティングの回数は、足先だけのタッチで数えることが多いです) 慣れない時期は当てる場所を具体的にするため、シューズの甲にシールを貼ってあげると良いと思います。 足の指をグーにする 安定してボールを蹴るには、足首をグラグラさせないことが大切ですが、子供にはその意味が分かりません。 そこで「足の指をグーにして蹴る」と伝えると、足をピンと伸ばした状態で蹴るようになります。 ボールの中心を、愛情を込めて蹴る ボールの中心を狙い、なるべく回転させないように蹴ります。 つま先でちょんちょんと蹴るリフティング(ちょんリフ)もありますが、初心者には難しいです。 最初は地面と平行になるくらいの位置まで足を上げて蹴りましょう。 愛情を込めてそっと蹴り上げると、まっすぐに上がります。   平らで周りに何もないところを選ぶ リフティングをしていると、視界に入るものすべてが気になります。 立っている人が動いたり、足元に草が生えていたり、地面の色が変わったり、鳥が飛んだりすると気になってボールを落としてしまいます。 なるべく平らで何もない広い場所を選んで練習しましょう。 拾いに行く時間を少なくする 練習中は、ボールを拾いに行く時間が一番無駄な時間です。 体力を使うと同時に、集中が切れてしまいます。 ボールを2球用意しておくか、周りで拾ってあげると良いと思います。 泣くと回数が伸びない 失敗が続くと、イライラした子供が泣き出すというのはリフティング練習でよくある光景です。 八つ当たりするのは当然と思ってすべて受け流していきましょう。 近くで見ていると八つ当たりの対象になるので、少し遠くから見守るようにしましょう。 ゾーンに入ったらじっと見守る 何かのタイミングで子供のやる気スイッチがオンになり、記録がどんどん伸びる時があります。 子供はゾーンに入っているので、集中を切らさないように気分が盛り上がる声掛けをしてサポートしましょう。 このまま続けたいとなったら、ゾーンが終わるまで邪魔をしないことが大切です。 今日行けるかも!という気持ちは突然現れます。 体力と休憩 リフティング100回をするには、想像以上に体力が必要です。 疲れてくると集中が切れてきますし、足が上がらなくなります。 なるべく体力を消耗しないように、省エネ練習を心がけましょう。 疲れて来たら、アメを食べると糖分補給と気分転換が一度に行えます。 リフティング100回がもたらしてくれるもの リフティング100回の壁は、多くの子供たちが経験するサッカーの登竜門です。 達成するまでの道のりは険しく、とても忍耐力が必要なので、ある意味修行のような感覚です。 もちろん、この登竜門を通らなくてもサッカーを楽しむことはできますが、クリアすることで違った世界が見えてきます。 不思議なことにリフティングが100回を超えると、その後は自然に回数が伸びていきます。 なぜ100回なのかは謎ですが、とにかく100回を超えると周りからすごいねと言ってもらえるから不思議です。 リフティング100回達成は、世界中のどこに行っても通用するステータス。 かけっこやゲームの競争と違って、努力すればだれでも獲得できる素敵なステータスです。 できれば、子供だけでなく家族みんなで楽しみながら、リフティング100回達成にチャレンジしていきましょう。 もし、リフティング100回できるママやパパ、おじいちゃんやおばあちゃんがいたら、自慢の家族になると思いませんか? Post navigation.

次の

リフティング コツを動画付きでご紹介!初心者におすすめの練習方法も!

ちょん ちょん リフティング

サッカーを始めたばかりの子供にとって、リフティング100回を達成するのは至難の業です。 一般的な子供であれば、練習し始めてから1年後、2年後に達成するというのも珍しくありません。 その練習は途方もない時間でありながら、サッカーが上手くなるためにリフティングは必要ないという人もいます。 カピタンでは、リフティングを『サッカーをより楽しめる技術』と考えています。 リフティングができなくてもサッカーはできるけど、できるようになるとサッカーがもっと楽しくなります。 「とにかくあきらめずにやり続けることが一番の近道」と言われているリフティング。 サッカー経験のない保護者にもできる範囲で、リフティング100回を効率よく達成する方法を考えてみました。 ボール選び 100回を達成するのが目的なので、最初はサッカーボールにこだわらなくてもOKです。 長時間練習しても足が痛くならないように、なるべく柔らかいボールを選びましょう。 バレーボールやリフティングボールなどの軽いボールを使って、徐々に慣れていくのも良いと思います。 空気圧の調整 空気圧が高すぎるとボールが跳ねてコントロールしにくくなります。 気持ち空気を少なくして、蹴った時にボールの芯を捉えやすくするとボールが安定します。 慣れて来たら徐々に空気圧を高くしていきます。 片足か両足か 100回程度であれば、利き足のみで練習した方が効率的です。 ただ、100回を超えてくると両足を使った方が体力的に楽になります。 片足の場合、1回ごとに足を上げたり下ろしたりを繰り返さないといけませんが、両足なら歩くように交互にリフティングができるからです。 フラフラしていないか リフティングをしている間は、片足立ちをずっとしている状態になります。 蹴り足だけでなく、軸足で立った時にフラフラしないかがとても重要です。 リフティングをする前に、軸足のみで安定して立てるかどうかを確認します。 片足で立って、利き足でリフティングの素振りをしてみましょう。 足のどこで蹴るか リフティングは一般的に足の甲ですることが多いですが、足のももを使うと回数を稼ぐことができます。 足のももの方が足の甲よりも平らなところが大きいので、ボールが安定するという訳です。 リフティング100回を目標にするのであれば、足の甲だけでなく、太ももと合わせた回数にすると達成しやすくなります。 (ただし、一般的なリフティングの回数は、足先だけのタッチで数えることが多いです) 慣れない時期は当てる場所を具体的にするため、シューズの甲にシールを貼ってあげると良いと思います。 足の指をグーにする 安定してボールを蹴るには、足首をグラグラさせないことが大切ですが、子供にはその意味が分かりません。 そこで「足の指をグーにして蹴る」と伝えると、足をピンと伸ばした状態で蹴るようになります。 ボールの中心を、愛情を込めて蹴る ボールの中心を狙い、なるべく回転させないように蹴ります。 つま先でちょんちょんと蹴るリフティング(ちょんリフ)もありますが、初心者には難しいです。 最初は地面と平行になるくらいの位置まで足を上げて蹴りましょう。 愛情を込めてそっと蹴り上げると、まっすぐに上がります。   平らで周りに何もないところを選ぶ リフティングをしていると、視界に入るものすべてが気になります。 立っている人が動いたり、足元に草が生えていたり、地面の色が変わったり、鳥が飛んだりすると気になってボールを落としてしまいます。 なるべく平らで何もない広い場所を選んで練習しましょう。 拾いに行く時間を少なくする 練習中は、ボールを拾いに行く時間が一番無駄な時間です。 体力を使うと同時に、集中が切れてしまいます。 ボールを2球用意しておくか、周りで拾ってあげると良いと思います。 泣くと回数が伸びない 失敗が続くと、イライラした子供が泣き出すというのはリフティング練習でよくある光景です。 八つ当たりするのは当然と思ってすべて受け流していきましょう。 近くで見ていると八つ当たりの対象になるので、少し遠くから見守るようにしましょう。 ゾーンに入ったらじっと見守る 何かのタイミングで子供のやる気スイッチがオンになり、記録がどんどん伸びる時があります。 子供はゾーンに入っているので、集中を切らさないように気分が盛り上がる声掛けをしてサポートしましょう。 このまま続けたいとなったら、ゾーンが終わるまで邪魔をしないことが大切です。 今日行けるかも!という気持ちは突然現れます。 体力と休憩 リフティング100回をするには、想像以上に体力が必要です。 疲れてくると集中が切れてきますし、足が上がらなくなります。 なるべく体力を消耗しないように、省エネ練習を心がけましょう。 疲れて来たら、アメを食べると糖分補給と気分転換が一度に行えます。 リフティング100回がもたらしてくれるもの リフティング100回の壁は、多くの子供たちが経験するサッカーの登竜門です。 達成するまでの道のりは険しく、とても忍耐力が必要なので、ある意味修行のような感覚です。 もちろん、この登竜門を通らなくてもサッカーを楽しむことはできますが、クリアすることで違った世界が見えてきます。 不思議なことにリフティングが100回を超えると、その後は自然に回数が伸びていきます。 なぜ100回なのかは謎ですが、とにかく100回を超えると周りからすごいねと言ってもらえるから不思議です。 リフティング100回達成は、世界中のどこに行っても通用するステータス。 かけっこやゲームの競争と違って、努力すればだれでも獲得できる素敵なステータスです。 できれば、子供だけでなく家族みんなで楽しみながら、リフティング100回達成にチャレンジしていきましょう。 もし、リフティング100回できるママやパパ、おじいちゃんやおばあちゃんがいたら、自慢の家族になると思いませんか? Post navigation.

次の

Schiek シーク リフティングベルト モデル3004 硬質ナイロン :001020:だっちょん先生

ちょん ちょん リフティング

まずはちょんちょんリフティングの目標設定から ちょんちょんリフティングを上手くなりたい!できるようになりたい!といってもまずはマスターしたと言えるレベルはどこなのか明確にしておきましょう。 これは自分の経験談と周りの人の話を聞いた中での独自のレベル設定ですが、下記3つクリアしたらマスターしたと言えるでしょう。 参考までに、カッコ書きで自分が習得した時の年次を紹介しておきます。 通常リフティングで100回できたのはたしか小3くらいで、ちょんちょんは練習し始めたのが小5くらいだったと思いますがなんだかんだで難しかった記憶があります。 利き足だけで100回(小6)• 両足交互で100回(中1)• 337拍子を2往復(中1) 利き足だけで100回はわかりやすいですね。 これが一番簡単なはずです。 (慣れてくると両足交互の方が簡単ですが)個人差はあると思いますが、 まずは利き足100回を目指しましょう。 利き足のちょんちょんリフティング100回ができたら、今度は両足交互で100回を目指します。 これが難易度が高い。。 ! 最初から両足を交互のルールを絶対に守る必要はないので、5-6回に1回ずつ逆足を入れるとかでいいので両足でちょんちょんリフティングをやるコツを掴んでいきましょう。 ここは辛抱強く、時間かけてトライしてみてください。 そして最後におまけみたいなものですが、337拍子(右足3回、左足3回、右足7回、左足3回、右足3回、左足7回)でやるリフティングを、2往復しましょう。 両足100回ができていたらそこまで難しくは無いと思いますが、利き足でないほうだけで10回くらいはパーフェクトでできないとやりずらいので、いい練習になると思います。 ちょんちょんリフティングの目標設定はできたので、ここに向けて反復練習するのが一番ですが、自分からコツを3つ紹介したいと思います。 ちょんちょんリフティングの3つのコツ ちょんちょんリフティングのコツは下記3つです。 できるだけ移動しないで同じところでコントロールする• 軸足の膝を小刻みに曲げる力でリフティングをする• 蹴り足は足首と膝を固めて固定する 順に説明していきます。 できるだけ移動しないで同じところでコントロールする 通常の足の甲(インステップ)をつかったリフティングでも同じことがいえますが、足の甲でやる場合はある程度高くボールをリフティングしているので移動してもリフティングが続けやすいです。 実際にリフティングをやっていると最初にいた位置からかなり動いてしまっていることはありませんか?ちょんちょんリフティングの場合は移動した分だけ落としやすいのでできるだけ移動しないで同じところでボールをコントロールすることを意識しましょう。 ボールタッチも小さく、膝下くらいの高さに抑えるもので大丈夫です。 軸足の膝を小刻みに曲げる力でリフティングをする 蹴り足を動かさずに、軸足の膝をほんの少しだけ曲げることで、蹴り足を動かしてリフティングをします。 動画でみた方がわかりやすいので、これは僕のちょんちょんリフティングをみていただければと。 蹴り足は足首と膝を固めて固定する 蹴り足は固定します。 ほとんど動かさないです。 足首と膝を固めて、テニスラケットやゴルフボールでのリフティングと同じような感覚でやります。 (両足でやる場合は、もう少し固めるのをゆるくしてもいいです) ただし、固める場合もあまり力まずに足はあんまり動かさないでやるんだなーくらいの意識でリラックスしてやりましょう。 ちょんちょんリフティングのコツについてまとめ 色々と紹介しましたが、自分が小学生時代にちょんちょんリフティングをすることの1番のモチベーションになったのはリフティングの技が色々できるようになって、上手くなれそう!という好奇心でした。 やらされたりめんどくさいなと思っているのであればやる必要はないです。 ちょんちょんリフティングをマスターしたら色んなことができそうだ!という気持ちがある人はぜひこの記事で紹介したコツをベースに練習してみてください。

次の