年賀状 切り 絵。 【神業】切り絵作家まとめ|みんなの切り絵展

年賀状を折り紙で簡単手作り!切り絵にしても貼るだけでも素敵に☆

年賀状 切り 絵

100均にもたくさんの種類が売られていますよね!子供が使うときにも惜しみなく渡すことができるので、思いがけない素敵なオリジナルデザインの年賀状ができたりします。 大人が使うときには和紙の折り紙がおすすめです。 そのほうがむしろ目立って素敵に見えるような気もします。 ただ、ハガキに紙などを貼るなら「全面を密着させなければならない」という決まりがあるため、折った状態の折り紙など立体のものや、ある程度厚みのあるものは貼ることができません。 折り紙はたくさんの色が揃っているので、クレヨンでお絵かきをするように色が選べるのもおすすめポイントです。 モチーフはなるべくシンプルなものがおすすめです。 子供と一緒に作る場合、ママが折り紙の裏に下書きをして、その線どおりに切り取るところから任せてもいいですし、ママがパーツを切り取って、「ここに貼ってね」と指示したところに順番に貼っていってもらってもいいですね。 子供に任せる部分は年齢やできることによって決めるといいですよ。 普通の折り紙ならくっきりしてポップな雰囲気に、色和紙なら柔らかく落ち着いた雰囲気になりますね。 スポンサーリンク 年賀状に折り紙を貼るだけでも素敵! 年賀はがきの角や縁に華やかな友禅和紙を貼るのも素敵です。 私はこれがとても好きで、ちぎり絵のときも切り絵のときもスタンプを押して作るときも友禅和紙をワンポイントに組み合わせることが多いです。 色が少なくてちょっとさみしい雰囲気の年賀状も一気に華やかで素敵になるので、黒一色で印刷した年賀状にプラスするのもおすすめですよ。 明るい色ならどんな色でも年賀状に合うと思いますが、迷ったらやっぱり赤が間違いなくおすすめです。 私が昔から好きでよくやるのは、赤と白の色和紙を組み合わせて貼り、上からスタンプを押すデザインです。 干支やお正月モチーフを切り絵にして貼っても楽しいですし、華やかな友禅和紙の色柄を生かしてワンポイントとして貼ったり、無地の色和紙を小さく切って貼るだけでもパッと雰囲気が変わりますよ。

次の

年賀状を手作りしよう酉年編 折り紙による簡単切り絵をご紹介!

年賀状 切り 絵

でも大丈夫!絵がヘタな私のような人でもちぎり絵ならむしろ味になりますし、下準備さえしっかりしておけば数十枚でもスイスイ作ることができます。 作り始めるとあまりに楽しくて没頭してしまい、家事がおろそかになったり夜更かししてしまったりする恐れはあるので、そこだけは注意しましょう 笑。 年賀はがきに紙をちぎって貼っていくので、「重くなりすぎないかな」「料金は大丈夫?」といったことも気になりますよね。 はがきをそのままの料金で郵送できるのは「1枚につき6グラムまで」です。 年賀はがきの重さは3グラムほどなので、だいたい倍以上の重さにならないようにすれば大丈夫ということですね。 ハガキよりも薄い紙を使い、全面ではなくワンポイントで貼っていくデザインにすればそんなに気にしなくても大丈夫ですよ。 ちぎり絵の方法としては、「色紙を小さくちぎったもので図案を埋めていく」やり方と、「図案どおりの形にちぎって貼る」やり方があります。 どちらの方法で作るかは好みですが、たくさん作るときにより手軽にサクサク作り進めていけるのは「図案どおりの形にちぎって貼る」やり方です。 あらかじめ必要なパーツを必要な枚数ちぎって用意しておき、そのあとでパーツをハガキに貼っていくようにするととっても効率が良く、作業がはかどります。 「今日はこのパーツを必要枚数分用意しよう」「今日は〇枚分貼っていこう」と計画もしやすいですし、パーツごとに分けて糊やハガキと一緒に空き箱などに入れておけば、散らかりにくいので隙間時間にもちょこちょこ作ることができて便利ですよ。 逆に「小さくちぎったもので図案を埋めていく」やり方は小さい子供と一緒に作るときにはおすすめの方法です。 形通りにちぎる作業って、子供には意外と難しいものですよね。 でも形を気にせずビリビリ細かくちぎっていく作業は意外に熱中してできます。 特に、ちぎって埋めていくやり方の時はざっくり大きめのデザインじゃないと貼りにくいので、「これ何だろう?」ということにならないように気をつけましょう。 図案どおりの形にちぎって貼る場合もあんまり凝った形にしてしまうとちぎるのが大変ですし、素人ならなおさらヘタさが目立ってしまうかもしれません。 形はできるだけデフォルメしたほうが、かえって上手に見えるようです。 干支をちぎるときのおすすめの形は「卵型」です。 「どんな干支でも」というわけにはいきませんが、卵型で表現できる干支って意外と多いと思います。 年末が近づくと来年の干支の土鈴が売られたりしますよね。 コロンとした土鈴も干支をデフォルメして作られていますので、デザインの参考になりますよ。 私はいつも、この一番大きなアウトラインの卵型だけをちぎって作り、顔などの細かいパーツはハサミで切ったりペンで書きこんだりして作っています。 ちぎり絵作家さんの作品を見てもハサミで切っているパーツはありますよね。 最初に申し上げた通り私はド素人ですので、ちぎり絵作家さんなどの正式な方法とは違うかもしれません。 1.ハガキに簡単な図案を描きます。 大人や小学生くらいの子がやるなら貼ったあとで目立たないように鉛筆でうすくザッと描いてもいいですが、小さな子供が貼る場合は分かりやすいように色鉛筆やカラーペンなどで色別にはっきり描くのもおすすめです。 ママが描いてあげてももちろんOKですよ。 2.色別に紙をちぎっておきます。 特に小さな子供が貼る場合、使う色は1~2色くらいがおすすめです。 ちぎる大きさは、あんまり小さすぎると貼るのが大変ですし、大きすぎても雑な感じの仕上がりになってしまいます。 小さな子どもなら、一枚ずつつまんでペタッと貼れる程度の大きさがちょうどいいですよ。 2色以上使う場合は、色が混ざらないように小さな箱などに入れて分けておくと便利ですよ。 3.図案に貼っていきます。 ビリビリした色紙がたまってきたら、図案に少しずつ糊を塗ってあげて、そこに隙間なく貼っていきましょう。 アウトラインは、あまりはみ出しすぎてしまうと何の形かわからなくなってしまう恐れもあるので、難しいようなら大人の方が手伝ってあげるといいかもしれません。 また、小さな子供は集中するとどんどん上に貼っていってしまうこともあるので、気づいたらそこだけ分厚くなってしまうことも……。 はがきの重さがオーバーしたら困るので、なるべく同じところに貼らないように、隙間を埋めるように声掛けをしてみてください。 はがきの端ギリギリのところははみ出してOK! 糊が乾いてから、はみ出した部分だけハサミで切り取ります。 賀詞を入れると、また雰囲気が変わりますよ。 1・図案を決めます。 なるべくシンプルな形がおすすめです。 干支ならデフォルメして卵型などのコロンとした形にすると、簡単な上にあたたかく可愛い雰囲気になりますよ。 2・図案に合わせ、パーツを作ります。 思った通りの大きさや形にちぎるのは意外と難しいです。 私はいつも、裏に鉛筆でうすく下書きをしてからその線に沿ってちぎっています。 一気にビリビリーッとやろうとすると必ず失敗しますので、缶きりで缶を開けるようなイメージでちょこちょこちぎっていくといいですよ。 ちぎったあと、縁をつまんでやさしく外側に毛羽立つようにすると、よりふんわりしたイメージになります。 顔などの細かいパーツは、ちぎってもいいのですが難しくて大変です。 私はハサミや穴あけパンチで切ったものを使ったり、ペンで書きこんだりしています。 3・パーツを組み合わせて貼り付けます。 直接ハガキに貼り付けながら組み立てていってもいいですし、パーツを全部組み立てて貼り合わせたり表情を書き込んだりしてモチーフを完成させてからハガキに貼ってもいいです。 私はいつも、パーツを全部組み立ててまずモチーフだけを完成させてしまいます。 たくさんモチーフを作ったあとでハガキに貼っていくのですが、ハガキの上にのせて配置のバランスを調整しやすいというメリットがあります。 隙間時間を使って作る場合にも、このほうが散らかりにくくサッと片づけられるのでおすすめですよ。 たくさん色が入って折り紙のようにパックになっているものも一つあるとけっこう長くいろいろ使えて便利です。 そういう時には全判で一色だけ買うのもいいかもしれません。 など専門店のほか、大きな文房具屋さんなどで扱っていることもありますし、実際の色や質感は分かりにくいですがネットでも一枚から購入できますよ。 ただ、和紙に比べるとちぎった部分の毛羽立ちが少なく、あたたかな風合いも出しにくいかも……。 小さな子供には、和紙より普通の折り紙の方がちぎりやすいかもしれません。 裏が白いので、ちぎると縁が白く出てしまいますがそれはそれで味になりますよ。 糊はスティック糊よりもでんぷん糊の方がはがれにくくておすすめです。 受け取った方も「手が込んでいる!」と思うらしく、「すごく素敵だった!作るの大変だったでしょう?」とよく言われました。 作り始めると楽しくて没頭してしまうかもしれませんが、隙間時間を利用してちょこちょこ作ることもできます。 子供が作る場合は「おじいちゃんおばあちゃんの分だけ」など、1~2枚程度にとどめておくほうが楽しく作れていいですよ。

次の

年賀状の切り絵で簡単なネズミを手作り!子供もOK折り紙で!

年賀状 切り 絵

長屋明 長屋明さんは切り絵をやっている人であれば知らない人はいないほど有名な切り絵作家です。 様々なテレビに出演しており、最近では『有吉くんの 正直さんぽ』や フジテレビ めざましテレビ 「キラビト!」 で出演しました。 作品はわずか0. 1㎜の線ほどのものを切り絵にしており、その素晴らしさから、奇跡の切り絵や和、洋などの作品を作っています。 奇跡の切り絵は糸のように細かいため、持っただけでも切れてしまうんじゃないか というぐらい細いです。 立体切り絵作家 SouMa 立体切り絵作家 SouMaさんは数々のテレビに出演されており、かなり注目されている 切り絵作家さんです。 芸能人の切り絵も作ったことがあり、林修さんの切り絵やハリセンボンの近藤春菜さんの人物切り絵など作成しています。 作品はどれも美しく、ほんとうに紙からできているのだろうかと、思うようなもの ばかりです。 ぜひとも、作品を生で見ていただきたいですね。 大橋忍 大橋忍さんは人気アニメ【夏目友人帳】の劇場版にて作品が登場したことにより 知っている人はかなり多い作家さんです。 夏目友人帳展で作品も出展しており、アニメファンの方は作品を目にしてことあるのではないでしょうか? 夏目友人帳の作品以外にもとにかく美しい作品を手掛けているおり 図案も出版しております。 展覧会などで機会があれば生で1度は見ておきたいですね。 蒼山日菜 蒼山日菜さんはレース切り絵を手掛けており、切り絵をやっていて知らないという方が いないほど有名な作家さんです。 海外の展覧会でアジア人初のグランプを獲得した実績があることも有名です。 作品は非常に細かいレース切り絵をしており、デザインナイフではなく ハサミで手掛けています。 切り絵の図案も出版しております。 ホームページ: Twitter: 濱直史 濱直史さんは折紙を使って立体切り絵を作るアーティストです。 鶴から立体切り絵を作っているので知っている人は相当多いと思います。 どの作品も美しく魅了する作品ばかりです。 時折、個展を開いているのであったことがある人も多いかと思います。 また図案の書籍なども手掛けており、折り紙を使った立体切り絵を作ることもできます。 福井利佐 福井利佐さんはデザインを生かし独特な切り絵を描く作家さんです。 などコラボし手掛けています。 また、数多くの個展を開いており、国内にとどまらず海外でも個展を開いております。 柳沢京子 柳沢京子さんは長野県の美しい風土を題材にした作品で有名で、 日本だけでなく、ドイツやニューヨークでも個展を開いています。 また、1977年から切り絵を作り続けています。 福田理代 福田理代さん(切り剣)は切り絵界では知らない人はいないんじゃないかって程有名な切り絵作家です。 数々のテレビに出演したり、様々な展覧会に出展しています。 どの作品も度肝を抜く作品ばかりで、たった1枚からできていると思うと ほんとに驚く作品ばかりです。 かなりの頻度で展覧会や個展を開いているので、繊細で美しい作品をぜひを見てほしいです。 下村優介 下村優介さんはもともと切り絵とは無縁だった作家さんです。 大学時代ラグビー部で活躍していました。 小さいころから絵を描くことが好きで、それを生かし2012年に自分の描いた 手描きの線を生かし独学で切り絵を始めた作家さんです。 国内だけでなく、世界中で展覧会を開いています。 また、アメリカ・スペイン・ニュージーランドなどに足を運び、切り絵教室を開き 切り絵を世界中に広めています。 パリ・ルーブル美術館で開催されたアートフェアには2016年まで三年連続出展 していた実績もあります。 碧輝うろこ 碧輝うろこさんはアトリエキプリスを経営している切り絵作家です。 とくに、蝶の作品が本物じゃないの?ってぐらい繊細で美しい作品を 手掛けています。 テレビにも出演しています。 アトリエキプリスは切り絵の登竜門とよばれている展覧会 濃黒切り絵展を開催しており、数々の切り絵作家さんを世に送り出しています。

次の