アルベール カミュ。 異邦人 (小説)

『ペスト』アルベール・カミュ 僕らは不条理の世界を生きている

アルベール カミュ

アルベール・カミュは1913年、当時フランス領だったアルジェリアに、葡萄園で働いていた父と、スペイン系の母の間に生まれます。 カミュが生まれた翌年、父親が第一次世界大戦中の本国フランスで命を落とし、カミュは幼年期を貧困と沈黙のなかで過ごしました。 青年期にはジャーナリストとして様々な発言や支援を行い、第二次世界大戦でドイツ軍がフランスを占領したときもレジスタンスに加わりました。 1942年に発表した『異邦人』によって、カミュは一躍スターとなります。 理不尽な世界と自己を凝視しながら耐えて生きる姿勢を描いた作風が注目されたのです。 『シーシュポスの神話』という、同じく「不条理」についてカミュが考察したエッセイも同年に発表されています。 疫病とたたかう人間の反抗と連帯を主題に描いた『ペスト』では、不条理と反抗の作家というイメージが決定的なものとなりました。 その後、『反抗的人間』の発表を皮切りに、サルトルとの論争が勃発していくことになります。 1957年にはノーベル文学賞を受賞。 当時カミュは43歳、戦後最年少の受賞となりました。 『異邦人』は1942年に発表されました。 理不尽な世界と自己とのかかわりに耐えながら生きる「不条理」を追求したこの作品で、カミュは一躍有名人になります。 後に決別することになる哲学者サルトルや、恩師グルニエなど、当時の知識人たちにも絶賛された作品でした。 人間は物事に何らかの意味づけをする生き物ですが、ムルソーはこうした意味づけの行為を一切拒否しています。 愛する人の死というのは、説明しがたい不可避な現実です。 このような現実を、それ以上でもそれ以下でもなく、ただ「現実そのもの」としてムルソーは受け入れます。 ムルソーは、決してニヒリズムに陥っているのではなく、人間の存在を真に見つめようとしているのです。 これがムルソーの不条理の世界であり、影を残さないアルジェの「太陽」のような世界、存在することと感じることの真理の世界でした。 ムルソーが殺人の動機を「太陽」のせいだというのは、このような理由からだったのです。 悪と闘う人間たちを克明に描いた、カミュの出世作 「転落」は1956年、「追放と王国」は1957年に発表されました。 「カミュ・サルトル論争」で、新ソ反米思想に傾いていたフランス知識人たちに敗北したカミュが、4年間の沈黙を破って発表された作品が「転落」です。 小説のスタイルは従来の形式とは大きく異なり、内容も一部の人からはカミュがキリスト教へ改宗したのではないかとの声も出たほどでした。 初めて読む方には、とっつきにくい作品世界かもしれませんが、『異邦人』は『シーシュポスの神話』を、『ペスト』は『反抗的人間』をそれぞれの作品に照らし合わせながら読むと、カミュの描こうとした不条理世界をより理解できるでしょう。

次の

アルベール・カミュ名言まとめ(日本語、英語)

アルベール カミュ

もくじ• 異邦人? ペスト? アルベール・カミュ 1913-1960 は戦中から戦後を代表するフランスの作家です。 母がスペイン系であり、アルジェリア生まれであることから、いわゆる生粋のフランス人作家という人じゃありませんが、そもそもパリという街が代表するように、フランスは異種交配が盛んであり、フランスが芸術の国だというのはそこに理由がありますから、たとえばユダヤ人文学ほど、出生についてあれこれ偏見を持つ必要はないです。 カミュは1957年にノーベル文学賞を受賞しています。 一躍有名したのは、初期作品である『異邦人』 1942 でしょう。 アラブ人を殺すムルソーという青年が主人公で、捕えられた彼は理由を「太陽のせいだ」という有名な台詞があります。 カミュを読むとき、『異邦人』がいいのかな? と思われる方も多いと思うので、個人的な意見を述べると、『異邦人』のほうがよいです! 結局『異邦人』が彼の最高傑作であったのかな、と思いますし、彼の文学的業績もここにすでに凝縮している、といっていいと思います。 『シーシュポスの神話』 1942 などの哲学的エッセイも多いことから、作家というよりは思想家と見なされることも多いですし、戯曲も多く手掛けていることから、戯曲的側面を強調されることもあります。 フランスのアーティストというのは、いわゆるこういう多面的活躍をするルネサンス的な人が多いのが特徴です。 先にあげたサルトルも哲学者ですが、小説を書いています。 ボリス・ヴィアン 1920-1959 など、作家であり、ジャズトランぺッターでした。 実存主義って、なに? サルトルやカミュらが提唱した実存主義とは、後に構造主義の思想家たちらが「差異」と呼んだものと同じです。 それをもっと人間の内側から表現した言葉という感じでしょうか。 裸の人間像といったようなものです。 ここには2つの悲惨極まりない大戦を潜り抜けた果てに見つめた、フランスだけでなく、ヨーロッパ全土を覆った人間の存在の根源を抉りだそうとする体験が反映されています。 この実存主義思想はフランスから、全世界に波及します。 カミュは戦後日本でもよく読まれた作家の1人です。 最近は実存主義思想自体が論じられなくなりましたが、現代の作家では中村文則さんなんかが、カミュの影響を受け継いでいるんじゃないでしょうか? その実存主義ですが、それを最初に提唱したのは、デンマークの哲学者であるキルケゴール 1813-1855 といわれています。 小説家ではチェコの作家であるフランツ・カフカ 1883-1924 だといわれます。 カフカは「不条理文学」の名前で語られますが、不条理と実存主義とは切っても切り離せません。 つまり、不条理を前にすると、本当の人間の姿、つまり実存的人間が明確に表れる、というわけです。 ここら辺りを前提にして、カミュの小説を読んでいくと、テーマの輪郭がくっきりと浮かび上がってくると思います。 『ペスト』を読む あらすじは単純で、1940年代にアルジェリアのとある港町で、ペストが猛威を振るいます。 最初はネズミの死骸からはじまるのですが、1日百人を超える死者がではじめて、町は隔離されることになります。 カミュはこれを「追放された」と表現しています。 主人公はリウーという医者で、彼は患者たちを救うために、町を奔走するわけですが、この小説には重要な論点がいくつかありますので、解説します。 ポイント1 この小説は「私」の一人称で語られてありますが、この人物は実は最後に明かされますが、いっちゃいますけど、主人公のリウーにほかなりません。 これは最後に明かされるようになっているのですが、なぜこんな仕掛けを施しているのか? ポイント2 この作品はパニック小説ではありません。 また、次の点が非常に重要な箇所です。 この作品は、ペストに覆われた町の住民たちの人間ドラマなのですが、ハリウッド映画などでよくあるような、たとえば、こういう極限状況に置かれた人物たちが非道徳性を表して残忍なことをしたり、2つのグループに分れて敵対し合って互いのどちらが「救済」の正しい道を示しているのか? と論争したり、神の存在を問う、とか、そんな内容でもありません。 この小説が問うているのは、極限状況において表れる、あくまで人間たちの実存性であり、徹底したドラマツルギー性の否定が貫徹しています。 ポイント3 カミュの思想として、よくいわれることに「連帯」というものがあります。 『反抗的人間』 1951 と言うエッセイをカミュは書いているのですが、この連帯は権威に対する革命家たちのそれであり、カミュはそれらの思想は後に自らも権威を欲する、として批判しています。 カミュのいう「連帯」感覚は、もっと実存主義思想に根差したものです。 この感性は、同時代のサルトルと袂を分かつ最大の論争となったものなのですが、実はこの両者の意見はすれ違っています。 サルトルの共産主義への情熱は、実存主義の延長線上に位置する「行動」「情熱」としてとらえるべきものであり、いわゆる「全体主義」なるものとは意を異にします。 サルトルも一貫して実存主義者でした。 一方カミュのいっていることは、徹底して実存主義を貫く姿勢を賛美するものであり、つまるところそれはいわゆる「連帯」を否定するものではあり、「革命家」たちを、直接否定するものではありません。 彼は「反抗する人間」を賛美しているんです。 ポイント4 『ペスト』の最大の特徴は、この小説は突如ペストに町が襲われ、大量の死者をだし、その後ペストがやってきたのと同じように突如町から去っていくという筋立てなのですが、実はその後もこの不条理劇は続いている、という暗示的な幕の下し方です。 悲劇は終わった。 なぜ、ハッピーエンドではないのか…? ぼくは『ペスト』をこう読んだ この小説はフィクションでありながら、記録文学的衣装を纏っています。 さらに、先に述べたように、主人公のわたしが誰であるのかを曖昧にして、物語は語られていきます。 主人公のリウーは医師という役柄もありますが、作品中徹底した傍観者的役回りを担っています。 しかし、この小説は「傍観者」から語られることを不可能としています。 要は、カミュが述べているのは、「傍観者」という存在を否定しているわけです。 この物語の「意味」の不確定性は、人物像にも表れていて、彼らはこの苛烈な状況を潜り抜けるために、それぞれに役回りを持ち、連帯しますが、誰ひとり同じ思想、同じ行動、同じ運命を辿る者はいません。 ペストは「抽象」と訳されていますが、この直訳は正しく、そこから波及していくそれぞれの主要人物たちは、実に具体的感傷を抱き、脱走を試み、中にはペストに犯された今の状況を楽しむ者までいます。 たとえば、パヌルー神父は「これは神が与えた試練であり、受け止めなければならない」といい、実際ペストで死に至るわけですが、この点をとりあげて、カミュがここでキリスト教批判を描いている、というのは、的を射ていません。 カミュが描いているのは、人物たちの極めて具体的な実存性です。 そこに一切の意味はないんです。 死んでいくものは死んでいくし、生き残るものは生き残る、ただそれだけの話です。 一切のドラマチックな構造を否定したこの記録風文学は、すべての人物の表面を剥して、代わりに、生々しいそれぞれの実存性を露にしていきます。 この「記録風文学」は、カミュの明確な意図の元で描かれたものなわけです。 最も残酷な死に方をするのは、ジャン・タルーなる人物です。 彼は町からペストがいなくなり、交通の便も元通りになった後、皆はなればなれになった妻子たちと抱擁しているそのとき、この町の最後の犠牲者となって死んでいくわけです。 『ペスト』の最大のテーマがここにあります。 カミュはリウーに「記憶は残る」と語らせていますが、ペストが過ぎ去ったあと、幸福感に酔いしれる者もいれば、その危機意識を相変わらず持ち続けたまま生きる者もまたいるわけです。 アルベール・カミュと『ペスト』 カミュはノーベル賞受賞後の3年後、46歳の若さで自動車事故で亡くなりました。 運転していたのはカミュではなかったわけで、自殺ではありません。 まさしく彼が描き続けてきた不条理以外何ものでもない人生の終わり方だったといえます。 『ペスト』は『異邦人』に次ぐ彼の代表作といわれていて、彼の思想が具現化した傑出した作品です。 刊行された当時は、フランスでは大ベストセラーになったといわれます。 カミュはこの小説を完成させるのに、相当苦労をしたみたいです。 実際に、この小説の完成度は目を見張るものがあり、非の打ち所がないです。 構成、人物造形、心理描写、外面描写、テーマすべてにおいて完璧な作品でしょう。 ただし…人物のエモーショナルやドラマを小説に期待する読者にははっきり言って物足らないと思います。 頭で精巧に作り上げた小説、といった感じです。 ただし、衒学的というのはあたりません。 普通に文学している作品なので、文学作品を読む人には、とてもよく理解できる作品です。 新潮文庫にひとこと ぼくは新潮文庫版で読んでいるのですが これまで3回くらい読んでいます 、役者は宮崎嶺雄さん、という方で、もう亡くなられています。 たぶん直訳に近い形で訳されたんだと思うのですが、文体があまりに生硬です。 思弁的な小説であり、ストーリーを楽しむ小説ではないので、観念的な叙述が長くつづくのは構成上仕方ないのですが、読んでいて、明らかに誤訳だと思われる箇所もありますし、すでに、最初の描写の文章において、イメージが湧かず、リズム感がないです。 読書慣れしている方は普通に読める翻訳だと思いますが、翻訳ものに慣れていない人は、ちょっと読むのがキツイかもしれませんので、ご注意を。 『異邦人』を読んで、なんかおもしれー、と思ったら、『ペスト』読んだら、カミュにはまります。 『異邦人』でぼんやりしていた部分も、くっきりしてきます。

次の

ペスト (小説)

アルベール カミュ

今の新型コロナウイルスを巡る混乱を彷彿とさせるとSNSでも話題の小説「ペスト」が話題になっている(写真:ロイター/Ahhit Perawongmetha) 新型コロナウイルスの影響でいまだ十分な供給の目処が立たないマスク、SNS上の誤った情報をもとに買い占めが発生したトイレットペーパーと同じように、全国の書店で品切れが続出している本がある。 フランスのノーベル文学賞作家、アルベール・カミュ(1913~1960年)が1947年に発表した『』(宮崎嶺雄:訳)だ。 舞台は1940年代のアルジェリア・オラン市。 高い致死率を持つ伝染病ペストの発生が確認され、感染拡大を防ぐために街が封鎖される。 外部と遮断された孤立状態の中で、猛威を振るうペストにより、突如直面する「死」の恐怖、愛する人との別れや、見えない敵と闘う市民を描いた作品だ。 新型コロナが話題になる前の13倍に 発売元の新潮社によると、1月下旬から売り上げが急増。 営業担当者がその理由を探してTwitterでタイトルを検索すると、「武漢の状況を見ると『ペスト』を思い出す」という投稿を大量に発見した。 その後、書店からの注文が相次ぎ、2月中旬~3月で1万4000部の増刷を決めた。 直近の売り上げは、新型コロナウイルスが話題になる前の13倍を超える。 50年前に邦訳版が刊行された書籍が、ここまで大きな反響を得ることは極めて異例だ。 なぜ、いまここまで『ペスト』が読まれているのか。 本文の一部を引用すると、 「徹底的な措置をとらなきゃ、なんのかんのいってるだけじゃだめだって。 病疫に対してそれこそ完全な防壁を築くか、さもなきゃ全然なんにもしないのもおんなじだって、いったんです」(p. 92より)、「世間に存在する悪は、ほとんど常に無知に由来するものであり、善き意志も、豊かな知識がなければ、悪意と同じくらい多くの被害を与えることがありうる」(p. 感染が拡大し、街に疫病の脅威が襲い掛かる描写はとても70年前に描かれたとは思えないリアリティがある。 そこで本稿では、『ペスト』本文より、街にペスト流行の前兆が現れた冒頭の一部を掲載する。

次の