積立nisa ideco。 【比較】つみたてNISA(積立NISA)とiDeCo(イデコ)はどちらがおすすめ?選び方を解説

どちらを選ぶ?NISAとiDeCoの違いや特長を詳しく解説

積立nisa ideco

老後を迎える前に、たとえば以下のような目的でお金を貯めたい方は、つみたて NISAがおすすめです。 2016年以降、普通預金の金利は 0. 001%となりました。 001%ということは、月 1万円を 20年間(合計 240万円)積み立てた場合、 20年でもらえる利息はわずか 239円です。 学資保険の返戻率も悪化し、 18歳などの満期時に受け取るお金が、支払った掛金よりも低くなる事例も出ています。 月 1万円を普通預金に預けた場合、 5年後に約 60万円、 10年後に約 120万円、 15年後に約 180万円です。 もし、つみたて NISAで月 1万の掛金を投資信託に預け、年 3%の利回りで運用できたとすると、 5年後には約 65万円、 10年後には約 140万円、 15年後には約 227万円になり、効率良くお金を貯めることができます。 iDeCo、NISA、つみたてNISAは併用できる? やり方は? iDeCoや NISA、つみたて NISAは、運用益が非課税になる点で共通していますが、運用期間や掛金、途中引き出しの可否など多くの違いがあり、メリット・デメリットも異なります。 そのため、以下のように目的に応じて加入する制度を選ぶと良いでしょう。 未来の自分を楽しむためには、将来のお金の使い道を具体的に考えて制度を選ぶことが大切です。 もちろん、各制度のメリット・デメリットは頭に入れておきましょう。 iDeCo、 NISAいずれもまだ利用していないという方は、この機会に利用を検討してみてはいかがでしょうか。 今後、変更されることもありますのでご留意ください。 執筆:品木 彰(しなき あきら) FP、保険・金融専門webライター。 大手生命保険会社にて7年半勤務し、チームリーダーや管理職候補として個人営業、法人営業の両方を経験。 その後、人材会社で転職コンサルタントとしての勤務を経て、2019年1月よりWebライターとして独立。 保険、不動産、税金、貯蓄術など幅広いジャンルの記事の執筆や監修を行なっている。 ファイナンシャル・プランニング技能士2級。

次の

【比較】つみたてNISA(積立NISA)とiDeCo(イデコ)はどちらがおすすめ?選び方を解説

積立nisa ideco

もくじ• つみたてNISAとiDeCoを同じ証券会社にするメリット つみたてNISAとiDeCoを同じ証券会社にするメリットは特にないです。 生命保険と自動車保険を同じ保険会社にしようかと考える人はあまりいませんよね。 つみたてNISAとiDeCoも全く別物なので分けて考えるべきです。 しいてメリットを挙げるとすれば、 証券資産と年金資産をひとつのIDで管理できることくらいでしょうか。 とはいえ、つみたてNISAとiDeCoも長期の資産形成を目的としているため基本的にほったらかし運用になるはずです。 そんな頻繁にログインする必要がないためIDが1つだろうが2つだろうが大して変わりません。 ほぼ気にならないレベルです。 証券会社を別にすると負担する手数料が多くなるのでは? つみたてNISAとiDeCoの証券会社を使い分けると口座管理手数料などがダブルでかかるんじゃないか、と思うかもですが つみたてNISAには口座管理手数料はかかりません。 口座管理手数料はiDeCoを利用する場合に発生するだけなので、つみたてNISAと同じ証券会社だろうが使い分けようが手数料負担は変わりません。 なお、投資信託のランニングコストである信託報酬は別途かかりますが、信託報酬は運用会社への報酬のため証券会社による違いはありません。 つみたてNISAとiDeCoの証券会社を使い分けるべき理由 つみたてNISAとiDeCoの証券会社を使い分けるべき理由はそれぞれで最適な証券会社が異なるからです。 これだけでつみたてNISAがイージーモードになりますよね。 実際につみたてNISAを上限(毎年40万円を20年間積立)まで利用した際に得られる楽天ポイントは 8万ポイントに達します。 8万ポイントを多いと感じるか少ないと感じるかは人によりますが、楽天証券は楽天ポイントでも投資信託が買えます。 僕が2019年の1年間で貯めた楽天ポイントが約10万ポイントだったので、つみたてNISAを楽天証券で運用するだけで1年分以上の楽天ポイントがもらえるわけです。 さらに言うと、 楽天証券は投資残高10万円につき毎月4ポイントもらえる制度もあり上限まで積立てると20年で約38,000ポイントもらえます。 始めるのに必要なのは、の口座とのみです。 楽天会員なら口座開設も超カンタンなので早めに口座開設してイージーモードでつみたてNISAを始めてみてはどうでしょう。 これに運用益も乗っかると9万円は超えると思います。 これが会社員ではなく自営業やフリーランスの方だとiDeCoの拠出上限額が年816,000円になるので信託報酬の差は 247,394円まで広がります。 たった0. 元本確保型なら信託報酬はかからない iDeCoの本質はじぶん年金なので株式や債券といったリスク資産だけでなく、定期預金や年金保険の元本確保型の商品もあります。 元本確保型なら上記で懸念した信託報酬はかかりませんが、僕はiDeCoで元本確保型はおすすめしません。 むしろ、毎月かかる口座管理手数料を差し引くとマイナスになりますね。 先ほど登場した「主要インデックスのリターン」の図を見るとわかりますが、長期のインデックス投資なら高確率でプラスになることは過去のデータで明らかです。 暴落を食らっても基本的に世界経済は成長していくものなので、多少のリスクは背負いつつ低コストのインデックスファンドで非課税メリットを享受した方がいいですよね。 とはいえ、 元本確保型でも拠出した分は所得税&住民税の節税効果を得られるため何もしないよりはよっぽどマシだと思います。 信託報酬以外の違いは? eMAXSIS Slimシリーズによる信託報酬の差以外はSBI証券も楽天証券も変わりません。 ちなみに、iDeCoでは投信の信託報酬以外にも下記のコストがかかります。 ・加入時の手数料 ・口座管理手数料 ・給付時の手数料 具体的な金額を当てはめると、 手数料種類 SBI証券 楽天証券 備考 加入時の手数料 2,829円 2,829円 どの金融機関も同じ 口座管理手数料 171円 171円 171円が最安 給付時の手数料 440円 440円 どの金融機関も同じ SBI証券も楽天証券も変わりません。 とはいえ、SBI証券にはiDeCo以外の強みもたくさんあります。 ネット証券口座開設数ダントツトップ IPO(新規公開株)の取扱数ダントツトップ 米国ETFの定期買付が可能 ドル転の手数料が安い(住信SBIネット銀行経由) iDeCoだけで考えるとマネックス証券もeMAXSIS Slimシリーズがあって口座管理手数料が171円なのでSBI証券と互角ですが、上記を加味するとSBI証券の方が有利になります。 iDeCoを利用するついでに上記の恩恵も受けてみるのも面白いと思いますよ。 iDeCoでも楽天ポイントが貯まるならまた話は変わってくるんですけどね・・。 なお、楽天証券とSBI証券については以下の記事で詳しく比較しているのでよかったらご覧ください。 なぜなら、楽天証券の口座と楽天カードがあれば つみたてNISA以外の場面でも楽天ポイントが貯まりやすくなるからです。 なお、楽天ポイントの効率的な貯め方は以下の記事でも解説しているのでよかったらご覧ください。 まとめ:つみたてNISAとiDeCoは同じ証券会社じゃなくていい 今回は、つみたてNISAとiDeCoを同じ証券会社にするべきなのかについて解説しました。 最後に、記事の要点をおさらいします。 つみたてNISAはにすれば10万ポイント位はもらえる• iDeCoはにすれば信託報酬の総額が30年で約8万円おトクになる• 同じ証券会社にするならにすれば様々な場面で楽天ポイントが貯まりやすい とはいえ、楽天証券もSBI証券も取扱商品が多く手数料も最安水準の素晴らしい証券会社です。 この2社がネット証券業界を牽引していることは間違いありません。 また、つみたてNISAもiDeCoも節税メリットが大きく我々庶民の財布にやさしい制度です。 同じ証券会社だろうと別にしようと、思考停止して何もしていない人と比べたら20年後の資産には大きな差が開いてることと思います。 ただし、ちゃんと 低コストのインデックスファンドを選びましょう。 今回は以上です。 まだ始めていない方は以下のリンクから簡単にできますよ。

次の

積立NISA(つみたてNISA)と、NISA・iDeCoを徹底比較!|たあんと

積立nisa ideco

もくじ• つみたてNISAとiDeCoを同じ証券会社にするメリット つみたてNISAとiDeCoを同じ証券会社にするメリットは特にないです。 生命保険と自動車保険を同じ保険会社にしようかと考える人はあまりいませんよね。 つみたてNISAとiDeCoも全く別物なので分けて考えるべきです。 しいてメリットを挙げるとすれば、 証券資産と年金資産をひとつのIDで管理できることくらいでしょうか。 とはいえ、つみたてNISAとiDeCoも長期の資産形成を目的としているため基本的にほったらかし運用になるはずです。 そんな頻繁にログインする必要がないためIDが1つだろうが2つだろうが大して変わりません。 ほぼ気にならないレベルです。 証券会社を別にすると負担する手数料が多くなるのでは? つみたてNISAとiDeCoの証券会社を使い分けると口座管理手数料などがダブルでかかるんじゃないか、と思うかもですが つみたてNISAには口座管理手数料はかかりません。 口座管理手数料はiDeCoを利用する場合に発生するだけなので、つみたてNISAと同じ証券会社だろうが使い分けようが手数料負担は変わりません。 なお、投資信託のランニングコストである信託報酬は別途かかりますが、信託報酬は運用会社への報酬のため証券会社による違いはありません。 つみたてNISAとiDeCoの証券会社を使い分けるべき理由 つみたてNISAとiDeCoの証券会社を使い分けるべき理由はそれぞれで最適な証券会社が異なるからです。 これだけでつみたてNISAがイージーモードになりますよね。 実際につみたてNISAを上限(毎年40万円を20年間積立)まで利用した際に得られる楽天ポイントは 8万ポイントに達します。 8万ポイントを多いと感じるか少ないと感じるかは人によりますが、楽天証券は楽天ポイントでも投資信託が買えます。 僕が2019年の1年間で貯めた楽天ポイントが約10万ポイントだったので、つみたてNISAを楽天証券で運用するだけで1年分以上の楽天ポイントがもらえるわけです。 さらに言うと、 楽天証券は投資残高10万円につき毎月4ポイントもらえる制度もあり上限まで積立てると20年で約38,000ポイントもらえます。 始めるのに必要なのは、の口座とのみです。 楽天会員なら口座開設も超カンタンなので早めに口座開設してイージーモードでつみたてNISAを始めてみてはどうでしょう。 これに運用益も乗っかると9万円は超えると思います。 これが会社員ではなく自営業やフリーランスの方だとiDeCoの拠出上限額が年816,000円になるので信託報酬の差は 247,394円まで広がります。 たった0. 元本確保型なら信託報酬はかからない iDeCoの本質はじぶん年金なので株式や債券といったリスク資産だけでなく、定期預金や年金保険の元本確保型の商品もあります。 元本確保型なら上記で懸念した信託報酬はかかりませんが、僕はiDeCoで元本確保型はおすすめしません。 むしろ、毎月かかる口座管理手数料を差し引くとマイナスになりますね。 先ほど登場した「主要インデックスのリターン」の図を見るとわかりますが、長期のインデックス投資なら高確率でプラスになることは過去のデータで明らかです。 暴落を食らっても基本的に世界経済は成長していくものなので、多少のリスクは背負いつつ低コストのインデックスファンドで非課税メリットを享受した方がいいですよね。 とはいえ、 元本確保型でも拠出した分は所得税&住民税の節税効果を得られるため何もしないよりはよっぽどマシだと思います。 信託報酬以外の違いは? eMAXSIS Slimシリーズによる信託報酬の差以外はSBI証券も楽天証券も変わりません。 ちなみに、iDeCoでは投信の信託報酬以外にも下記のコストがかかります。 ・加入時の手数料 ・口座管理手数料 ・給付時の手数料 具体的な金額を当てはめると、 手数料種類 SBI証券 楽天証券 備考 加入時の手数料 2,829円 2,829円 どの金融機関も同じ 口座管理手数料 171円 171円 171円が最安 給付時の手数料 440円 440円 どの金融機関も同じ SBI証券も楽天証券も変わりません。 とはいえ、SBI証券にはiDeCo以外の強みもたくさんあります。 ネット証券口座開設数ダントツトップ IPO(新規公開株)の取扱数ダントツトップ 米国ETFの定期買付が可能 ドル転の手数料が安い(住信SBIネット銀行経由) iDeCoだけで考えるとマネックス証券もeMAXSIS Slimシリーズがあって口座管理手数料が171円なのでSBI証券と互角ですが、上記を加味するとSBI証券の方が有利になります。 iDeCoを利用するついでに上記の恩恵も受けてみるのも面白いと思いますよ。 iDeCoでも楽天ポイントが貯まるならまた話は変わってくるんですけどね・・。 なお、楽天証券とSBI証券については以下の記事で詳しく比較しているのでよかったらご覧ください。 なぜなら、楽天証券の口座と楽天カードがあれば つみたてNISA以外の場面でも楽天ポイントが貯まりやすくなるからです。 なお、楽天ポイントの効率的な貯め方は以下の記事でも解説しているのでよかったらご覧ください。 まとめ:つみたてNISAとiDeCoは同じ証券会社じゃなくていい 今回は、つみたてNISAとiDeCoを同じ証券会社にするべきなのかについて解説しました。 最後に、記事の要点をおさらいします。 つみたてNISAはにすれば10万ポイント位はもらえる• iDeCoはにすれば信託報酬の総額が30年で約8万円おトクになる• 同じ証券会社にするならにすれば様々な場面で楽天ポイントが貯まりやすい とはいえ、楽天証券もSBI証券も取扱商品が多く手数料も最安水準の素晴らしい証券会社です。 この2社がネット証券業界を牽引していることは間違いありません。 また、つみたてNISAもiDeCoも節税メリットが大きく我々庶民の財布にやさしい制度です。 同じ証券会社だろうと別にしようと、思考停止して何もしていない人と比べたら20年後の資産には大きな差が開いてることと思います。 ただし、ちゃんと 低コストのインデックスファンドを選びましょう。 今回は以上です。 まだ始めていない方は以下のリンクから簡単にできますよ。

次の