モンサント 株価。 ドイツ製薬会社バイエル、モンサント買収で訴訟リスク。株価は大幅下落

遺伝子組み換え作物と除草剤、「実はセット」という深い闇 バイエルとモンサントのビジネスモデルとは|ビジネス+IT

モンサント 株価

三菱系の総合化学会社。 1934年三菱系の化学工業部門を担当する日本タール工業として設立。 36年工業と,42年朝鮮化学工業,新興窒素工業,新興人絹を。 44年三菱化成工業と改称しを合併,の事業のをになっていた。 第2次世界大戦後の 50年企業再建整備計画により化学工業部門を継承し,新光レイヨン 現 ,旭硝子とともに日本化成工業ので新発足,52年三菱化成工業と改称。 53年東邦化成工業,69年アルミニウム部門の化成,74年化成を合併,三菱系化学会社のとなった。 76年アルミニウム精錬部門を分離して三菱軽金属工業を設立。 88年三菱化成に変更。 ,,水島,,,直江津,,に工場をもち,石油化学製品,医薬品,合成繊維原料,,電子材料などを生産していた。 94年 10月1日と合併,となった。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 三菱系の元総合化学会社。 量産品を中心に売上高業界第1位であったが、1994年(平成6)三菱油化と合併し、三菱化学となり、2017年(平成29)に、三菱レイヨンと統合して三菱ケミカルとなった。 前身の日本タール工業は三菱系の化学部門として、1934年(昭和9)三菱鉱業(現、三菱マテリアル)と旭硝子 あさひガラス の折半出資により設立された。 1936年に日本化成工業と改称し、1942年に新興 しんこう 人絹を合併。 1944年には旭硝子を合併して三菱化成工業となった。 第二次世界大戦後は、財閥解体による旧三菱化成工業の3社分割により、1950年(昭和25)に日本化成工業として新発足。 財閥商号使用禁止令の廃止に伴い、1952年にはふたたび三菱化成工業となった。 戦前以来のコークス、染料、肥料、薬品に加えて、戦後は、合成樹脂、合成繊維原料など事業をさらに多角化し、1964年以降、岡山県水島地区で石油化学事業にも進出した。 関係会社には関西熱化学、三菱モンサント化成、三菱軽金属工業などがあった。 ブラジルをはじめ海外にも進出。 1988年三菱化成と社名変更。 三菱油化との合併時には福岡県黒崎、岡山県水島などに工場をもっていた。 [橘川武郎] 『三菱化成工業株式会社総務部臨時社史編集室編『三菱化成社史』(1981・三菱化成工業株式会社)』.

次の

バイエルのモンサント買収承認、農薬「ビッグ4」時代へ :日本経済新聞

モンサント 株価

867 billion FY 2010 従業員数 21,400 2010年8月 関係する人物 (創業者) 外部リンク モンサント(: Monsanto Company)は、かつて存在した、の に本社のあったバイオ化学メーカー。 2018年6月、による買収・吸収が完了し、モンサントの企業名は消滅した。 食用作物に噴霧されるモンサントの除草剤。 2004年早春。 、に、により創業。 『モンサント』という社名は、妻のオルガ・モンサントに由来する。 頃から、)などのの製造で業績を上げ、からはやのメーカーとしても著名となった。 本社の存在するセントルイスには世界屈指の規模を誇るがあるが、モンサント社はここの(植物保存施設)の建設に多額のをしていることでも知られている。 同社を有名にした商品の一つはポリ塩化ビフェニルであり、アロクロールの商品名で独占的に製造販売した。 では、三菱化成(現)との合弁子会社であった(現在はへ統合)がポリ塩化ビフェニル製造メーカーの一つであった。 また、のメーカーとしても著名で、で使われたの製造メーカーでもある。 この枯葉剤には不純物としてが含まれており、後に問題となった。 をし、近年ではラウンドアップにをもつ様々な()を育種して、セットで販売している。 その他、雄性不稔や病害虫抵抗性やストレス抵抗性や成分改変の様々な組換えも開発している。 モンサント社の遺伝子組換え作物の強引なシェア確保商法に対してを中心に問題となっている。 そのため、農業分野における米国の世界支配を支える企業という批判の的となることがある。 費などでの援助を受けていた。 バイオ化学メーカーとしては世界屈指の規模と成長性を誇り、誌が選ぶ2008年の世界で最も影響力がある10社にも選ばれた。 年表 [ ] 出典 モンサントのと、2000年-2010年。 、ミズーリ州セントルイスに、により創業。 モンサントという社名は妻のオルガ・モンサントに由来する。 オルガ・モンサントの父エマニュエル・メンデス・デ・モンサントは、 (現)の会社のであった。 会社最初の製品はであり、に販売した。 、の村と村に所在したGraesser's Chemical Worksと共同して、、(商品名)、の製造を開始。 、、ポリ塩化ビフェニルなどのを製造。 、ジョン・クイーニイの息子、が経営を引き継ぐ。 、他の15社と共同で、 の製造を開始。 、が除草剤グリホサート発明 後に商品名ラウンドアップとして流通。 、ポリ塩化ビフェニル製造中止。 - 、従軍中のが使用するを製造。 、を買収し、部門として、設立、同名商品を扱う(3月、により買収)。 、を発表(商品名Posilac)。 後にに売却。 、を買収。 1996年、の40%を買収。 、の部門を買収。 、・のを扱う企業 を買収。 、包括予算割当法(H. 933)成立:この法律は同年9月30日までの暫定的なものである。 遺伝子組換え作物反対派からは、消費者の健康への影響があるかも知れないのにもかかわらず遺伝子組み換え種子を訴訟から守るためのものといわれ、そのためモンサント保護法と称されることもある。 モンサント保護法と称される原因となったのはこの法律の735条であるが、その内容は、一度許可された遺伝子組換え作物の栽培中に許認可の過程に瑕疵を裁判所が見つけたとしても栽培者は最終決定が出るまで利用できるという、栽培している農民を保護するささやかなものであり、「新しいモンサント法案に対するを無視せよ」と同年4月9日のにおいてRamesh Ponnuruは主張している。 、バイエルによる買収完了。 遺伝子組換え作物とモンサント [ ] 上述のように遺伝子組換え作物に力を入れている企業である。 多くの種苗会社の他、新たな遺伝子組換え品種や技術を開発した企業を吸収したり、それらの企業に資本参加している。 自社の開発した遺伝子組換え作物の種子を販売するに当たり、次回作には自家採種したものを利用しないとのを栽培農家との間で結んでいることが多い。 そのため、その契約に違反して遺伝子組換え作物の種子を自家採種し以後の作付けに利用した農家に対して、侵害として多くの訴訟を起こしたことから注目を集め、一定の批判を受ける事態が生じた。 また、いわゆる「ターミネーター遺伝子」を組み込んだ組換え品種を開発した企業を買収した。 「ターミネーター遺伝子」及び「」とは、遺伝子組換え作物に結実した種子を発芽できなくするものであり、農家による遺伝子組換え作物の自家採種を無効にしたり、遺伝子組換え作物による遺伝子の拡散や遺伝子汚染を防ぐために開発されたものである。 しかし、この技術の倫理性に疑問が投げかけられたために、これを用いた種子の流通はまだ行われていない。 の農民が同社の遺伝子組換え作物の種子に頼りきりになった場合、品種特性の多様性の低さによる病虫害や品種と栽培地帯とのミスマッチ、種子の値段の高さからかえって農民が困窮する場合がありうる。 に世界第3位の生産国に進出したモンサントは、に強く、収穫量と利益を増やすという宣伝文句で、のを販売し、2002年よりインドで遺伝子組換え(殺虫タンパク質生成遺伝子の名から「Btワタ」と称せられる )が一般圃場で栽培されるようになった。 ところがこの種子に組み込まれていた害虫駆除のは、インドにいる害虫にはほとんど効果がなく、加えてはの影響もあって綿花栽培農家は打撃を受けた。 インドに限らず干ばつや環境変化により世界中で被害が出ているという非難もある。 しかし、一方では実際には害虫抵抗性ワタ(Btワタ)の方が経済的な利益が多いという報告もある。 2009年には560万人の小農がBtワタをインドで栽培している。 ラウンドアップと遺伝子組換え作物 [ ] ラウンドアップの風船広告。 2010年6月、・。 の主成分であるグリホサート は非選択性除草剤であり、農作物も雑草も無差別に枯らす性質を持っている。 遺伝子操作によりラウンドアップに耐性を有する遺伝子組み換え作物の種子(ラウンドアップレディーと総称される)の、、、ワタ、、等をセットで販売している。 のは、ラウンドアップの過剰な散布により世界中で少なくとも383種類の雑草がラウンドアップに耐性を持つように進化しており、除草剤耐性遺伝子組換え作物の採用の際に農民は毒性の強い除草剤から安全性の高いラウンドアップに切り替えたが、ラウンドアップ耐性雑草の広がりによってはラウンドアップより強い毒性を持つ除草剤が必要となり、そのためにラウンドアップを使用している世界中の現代農業が利得を損なう状況が予測され、このような事態の防止に努めなければならないという研究を発表した。 2012年現在、アメリカでは多剤耐性雑草の出現と蔓延が危惧されるなか、ラウンドアップにくわえて複数の除草剤を同時使用する農家が増えており、種子もそれに合わせて多剤に耐性を持つ遺伝子組み換え作物が開発されてきている。 2012年1月、。 有害と考えられているGM食品や発癌性の疑われているラウンドアップに対し、環境活動家たちは「モンサタン(悪魔のモンサント)」、「ミュータント(突然変異)」などと批判している。 とを強力に推奨し、遺伝子組換え作物を拒否している団体であったは、モンサント社の遺伝子組換え作物やラウンドアップなどが人間の健康と環境の両方を脅かすとし、モンサント社を2011年最悪の企業に認定した。 虚偽広告の判決 [ ] 1996年、ニューヨークで、モンサントのグリホサート製品のラウンドアップ除草剤に関し、「ラウンドアップが生分解性で土壌に蓄積されません」「安全で人や環境への有害な影響を引き起こすことはありません」といった一連の安全性に関する広告が、虚偽かつ誤解を招く広告と判決された。 フランスの最高裁は、ラウンドアップの主な成分のグリホサートは、欧州連合(EU)が環境に危険だと分類しているため争われていた裁判で、生分解性できれいな土壌を残すという広告を虚偽広告と判決した。 モンサントが扱われる作品 [ ] 映画:• 『』ロバート・ケナー監督、 2008年• 『』2008年、監督、2009年受賞• 『』 著、1962年• 『』著、2001年• 『遺伝子組み換え企業の脅威:モンサント・ファイル』編、日本消費者連盟訳 1999年12月、• 『遺伝子組み換え食品の真実』著、白井和宏訳 2013年、• 『モンサント 世界の農業を支配する遺伝子組み換え企業』著、村澤真保呂・上尾真道訳、戸田清監修、2015年1月、 脚注 [ ] []• Wednesday 12 August 2009. Retrieved on 19 August 2009. United States Securities and Exchange Commission. 2012年2月26日閲覧。 Wednesday 12 August 2009. Retrieved on 19 August 2009. ロイター 2018年6月4日. 2018年6月21日閲覧。 ほとんどの製品が農薬登録されていないため、『非農耕地用』の表示がなされている。 コトバンク• Organicconsumers. org. 2011年10月28日閲覧。 , Agency for Toxic Substances and Disease Registry, at 467. Retrieved 26 August 2012. Monsanto 2007年. 2008年1月1日時点のよりアーカイブ。 2008年1月16日閲覧。 2012年7月14日, at the. Louis Business Journal, 23 March 2005. WebDice• 日本経済新聞 2018年6月8日. 2019年1月18日閲覧。 , "GMO情報: 組換えBtワタ、インド生産者の経済的利益", 独立行政法人• ISAAA Series of Biotech Crop Profiles: , Bhagirath Choudhary and Kadambini Gaur著, July 2010,. 名ではイソプロピルアンモニウム N-(ホスホノメチル)グリシナート isopropylammonium N- phosphonomethyl glycinate• フランス通信社公式サイト• Attorney General of the State of New York. Consumer Frauds and Protection Bureau. Environmental Protection Burea 1996-11 pdf. Report. New York. 2012年9月1日閲覧。. bbc. 2009年10月15日. 2012年9月1日閲覧。 関連項目 [ ]• - モンサントと組み、遺伝子組み換え作物の販売拡大を行っている。 - モンサントが推進勢力の中核にある。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• (英語)•

次の

お金の使い道 若者と高齢者の比較 世代別資産分布と消費行動の違い

モンサント 株価

GMO種子に反対するデモ。 photo by Rosalee Yagihara via flickr(CC BY 2. 0) 9月14日に世界の主要紙はドイツのバイエル(BAYER)が米国のモンサント(MONSANTO)を買収したことを報じた。 買収金額は660億ドル(6兆6600億円)。 前者はアスピリンで有名な医薬品と農業化学品の世界企業で、後者は遺伝子組み換え種子(GMO)のパイオニアで世界シェア90%の企業である。 2015年度の両社の年商はバイエル413億ドル(4兆1700億円)、モンサント150億ドル(1兆5100億ドル)となっている。 (参照:「」) この買収が注目を集める理由は、両社が農業化学分野において世界規模の企業であるということと、その買収額の高さにある。 1998年にダイムラーがクライスラーを買収した時の380億ドル(3兆8400億円)を遥かに上回る金額である。 しかし、この買収はヨーロッパでは必ずしも良い意味で受け取られていない。 というのも、モンサントという企業がこれまで環境を汚染し、そして人体に有害な製品を生産して来たという前歴を持っているからである。 ヨーロッパでは評判の悪い企業なのである。

次の