八 十 二 銀行 ネット バンキング。 【口座開設】フリーランスおすすめ銀行口座「住信SBIネット銀行」

インターネットバンキング(SMBCダイレクト) : 三井住友銀行

八 十 二 銀行 ネット バンキング

どうも、エスケーです。 フリーランスかどうかに関わらず、お金に関心のある人には、 賢く利用できる銀行口座として知っている人も多い「住信 SBI ネット銀行」。 実は、フリーランスとして活動していく上で、非常に心強い銀行です。 この記事では、過去フリーランスとして活動していた私の経験から、住信 SBI ネット銀行の銀行口座がどのようにメリットがあるか、ご紹介します。 振込手数料が圧倒的に安い 住信 SBI 銀行のメリットは、なんと入っても 振込手数料が圧倒的に安い!ということです。 なんと、 月に 1 回は必ず無料です。 大手メガバンクだと、窓口で 400 円とか 800 円とか取られる(金額による)のですが、それが 1 回は無料! 太っ腹です。 以下のうち1つがあてはまる場合、ランク2• 30 歳未満• 月末残高が 30 万円以上• ロボアドバイザー資産運用月末残高が 10 万円以上• カードローン月末残高 50 万円以上あり• VISA デビットカード 月末確定金額 3 万円以上• クレジットカード「ミライノカード(JCB)一般」当月確定金額 3 万円以上 以下のうち2つがあてはまる場合、ランク2• 外貨預金 月末残高有り• 仕組預金 月末残高有り• 純金積立 月末時点で契約有り• 給与、賞与、年金受取り 月内に有り• 目的、不動産担保ローン 月末残高有り• BIG・toto 購入と公営競技入金 月内合計 2 万円以上• VISA デビットカード 月末確定金額 1 万円以上• クレジットカード「ミライノカード(JCB)一般」当月確定金額 1 万円以上 現実的な路線で行くと、(借り入れやギャンブルはスルーするとして…)、 月末残高 30 万か、 外貨預金、仕組預金、VISA デビットカードのうちから2つを組み合わせるのが現実的かな、と思います。 そうそう、 30 歳未満の人は無条件でランク 2なので、20 代の人は早いうちに口座作っておいたほうがお得ですね。 ちなみに、ランク 3 以上を目指そうとすると、上記のような条件のハードルがさらに上がるんですね。 詳しく知りたい方は、を御覧ください。 3 万円未満 3 万円以上 三井住友銀行 216 円 432 円 三菱 UFJ 銀行 216 円 324 円 みずほ銀行 216 円 432 円 りそな銀行 216 円 216 円 楽天銀行 165 円 258 円 ソニー銀行 216 円 216 円 ジャパンネットバンク銀行 172 円 270 円 住信 SBI ネット銀行 154 円 154 円 すべて税込み、ネットバンキングによる他行宛振込手数料です。 ソニー銀行も月 1 回は無料ですが、2 回目以降は 216 円かかります。 こうして見ると、メガバンクよりはネットバンキングのほうが、ネットバンキングの中では、住信 SBI ネット銀行の振込手数料が圧倒的に安いことが分かりますよね。 フリーランスは振込することが増える ここまでずっと振込手数料の話をしてきたんですが、これには訳があります。 「普段振込なんてそんなにしないよ」っていう方もいらっしゃるかもしれません。 でもちょっと待ってください。 フリーランスになると、振込する機会が増えます。 それは 外注です。 自分が受けきれない案件を他のフリーランスに依頼したり、自分が出来ない領域、例えばサイト制作を受注して、ディレクター、デザイナー、コーダーが 分業する場合などです。 この場合、誰が受注するかにもよりますが、一般的には、ディレクターが受注して、デザイナーとコーダーに外注するという形が一般的でしょう。 そうすると、 プロジェクトが完了した後、ディレクターはデザイナーとコーダーに 2 件の振込をしないといけないことになります。 外注ありきの受注の場合、会社員をしているときよりも、 ぐっと振込の回数が増えるので要注意です。 また、 事業用の口座と生活用の口座を分ける場合で、口座が別の銀行になる場合も振込手数料が必要となってきます。 (同行間振込は無料、っていうところは多いです)そのため、口座の数が増えるごとに 振込の回数も増えるので、これもまた、普通の会社員のときよりは振込手数料が増えてしまいます。 そういうわけで、 フリーランスになると、何かと振込の機会が増えるので、 振込手数料が安い銀行の口座を持っておくということは、 節約の上でも非常に大切なことなんですね。 住信 SBI ネット銀行の口座にもありますよ、デビットカード機能。 事業用メインの口座にすると、Adobe CreativeCloud の支払いとか、ストックフォトの支払いとか、モリサワパスポートの支払いとか、そういう諸々はクレジットカードで支払いたいと思います。 ただ、いちいち個人のクレジットカードで振り替えて払うのが会計上めんどくさい、って人もいると思うんですよね。 住信 SBI ネット銀行のデビットカードには、0. あえてデメリットを挙げるとすれば… この記事はあくまでフリーランスとして使い勝手の良い銀行口座をおすすめする記事なので、おすすめでない部分についても触れておかないとですね。 法人(企業)口座とは別ですが、個人事業主向けの口座というのも、作れなくはないんですね。 実はネットバンキングだと、他行では出来るところもあります。 楽天銀行と、ジャパンネットバンク銀行です。 でも、住信 SBI ネット銀行はダメなんですね。 とても残念なのですが、この屋号口座が出来ないのが、フリーランス向け銀行口座としては、唯一のデメリットかなぁ、と思います。 とはいえ、屋号口座じゃないとフリーランス出来ない!ってわけでは全くないので、気にしない方にはオススメの口座であることには代わりありません….

次の

【口座開設】フリーランスおすすめ銀行口座「住信SBIネット銀行」

八 十 二 銀行 ネット バンキング

315%(国税15. 315%(復興所得税含む)、地方税5%)の税金がかかります。 ただし、金融情勢などの変化により、1日と15日以外にも見直す場合があります。 利用できる方 国内に在住するeダイレクト預金口座をお持ちの個人 預入金額 スーパー定期 100万円以上300万円未満 1円単位 スーパー定期300 300万円以上1,000万円未満 1円単位 大口定期 1,000万円以上 1円単位 預入期間 期間指定方式:6カ月、1年、2年、3年、5年 利息 適用金利 預入日(自動継続の場合は、満期日(継続日))における、金利一覧に表示する「」を預入期間および預入金額に応じて満期日まで適用します。 計算方法• 6カ月・1年・2年(単利型) 付利単位:1円 1年を365日とする単利の日割り計算で行います。 端数は切り捨てます。 3年・5年(半年複利型) 付利単位:1円 1年を365日とする日割り計算で6カ月ごとの複利計算で行います。 端数は切り捨てます。 税金 利息には20. 315%(国税15. 315%(復興所得税含む)、地方税5%)の税金がかかります(源泉分離課税)。 満期時の取り扱い 預入時に、以下のいずれかからお選びください。 元利自動継続 元金に税引後の利息を加え、前回と同一の預入期間で自動継続します。 元金自動継続 元金:前回と同一の預入期間、預入金額で自動継続します。 利息(税引後):「eダイレクト普通預金」へ入金します。 自動解約 元金及び税引後の利息は「eダイレクト普通預金」へ入金します。 中間利払いの取り扱い 中間利払いはありません。 満期日以降金利 元利自動継続 継続後の元利金には、満期日(継続日)当日の「eダイレクト定期預金」金利を適用します。 元金自動継続 元金:満期日(継続日)当日の「eダイレクト定期預金」金利を適用します。 利息(税引後):「eダイレクト普通預金」金利を適用します。 自動解約 満期日以降は「eダイレクト普通預金」金利を適用します。 中途解約時の取り扱い 満期日前に解約する場合には、その利息は、預入日(自動継続の場合は、最後の満期日(継続日))から解約日の前日までの日数および預入期間に応じた利率(以下「中途解約利率」、小数点第4位以下は切り捨てます)で計算し、利息から税金を差し引いた金額と元金を「eダイレクト普通預金」へ振り替えます。 証書 証書の発行はありません。 預金保険 の対象です。 定期預金や利息付きの普通預金などは、預金者1人当たり1金融機関ごとに合算し、元本1,000万円までとその利息などを保護します。 その他• 「eダイレクト預金取引規定」および「eダイレクト定期預金規定」を適用します。 この預金は「eダイレクト普通預金」を使用して入出金を行う定期預金です。 あわせて「eダイレクト普通預金商品説明書」もご覧ください。 通帳および取引明細の発行はありません。 残高および入出金明細などは、「お客さま専用ページ」でご確認ください。 「eダイレクト定期預金」は、当座貸越の担保としてはご利用できません。 マル優の取り扱いはありません。 ご利用にあたり、反社会的勢力ではないことの表明・確約に関して、当社ウェブサイトの「eダイレクト預金取引規定第3条」を確認し、同意のうえ、お申し込みください。

次の

eダイレクト預金

八 十 二 銀行 ネット バンキング

略称 はちに、82 本店所在地 〒380-8682 178番地8 設立 (6年) 0143 HABKJPJT 事業内容 預金業務、貸出業務、有価証券売買業務・投資業務、為替業務など 代表者 代表取締役副頭取 資本金 522億43百万円 (2019年3月31日現在) 発行済株式総数 511,103,411株 (2019年3月31日現在) 純利益 224億92百万円(連結) 218億30百万円(単体) (2019年3月期) 純資産 7,655億9百万円(連結) 7,078億37百万円(単体) (2019年3月31日現在) 総資産 10兆4,515億33百万円(連結) 10兆3,946億21百万円(単体) (2019年3月31日現在) 従業員数 3,713人(連結) 3,129人(単体) (2019年3月31日現在) 決算期 3月31日 主要株主 (信託口)3. )は、に本店を置く、。 概要 地銀界では比較的財務体質が良好であるため、有力地銀に挙げられることが多い。 長野県及び長野市等35市町村(2013年時点)がとしている。 県内の他、、、、、、、に営業拠点を持つ。 また海外ではに支店を置くほか、、、、に駐在員事務所を置く。 沿革 前身行の沿革• (10年) - 設立。 本店は上田町(現 )に置く。 (明治11年) - 設立。 本店は(現 )に置く。 (明治26年) - 第六十三国立銀行が等で経営危機に陥り、(現 )に本店を置く稲荷山銀行の支援を得て同行と合併。 本店を稲荷山町に移転。 (明治30年)• - 第十九国立銀行が普通銀行に転換し、 第十九銀行と改称。 - 第六十三国立銀行が普通銀行に転換し、 六十三銀行と改称。 八十二銀行の沿革• (6年) - それまで県下最大の金融機関であったが整理されることになった。 初代頭取に(多額納税者議員)が就任。 (昭和18年)• 3月 - 上伊那銀行、佐久銀行、信州銀行の営業譲渡を受ける。 9月 - 長野貯蓄銀行の営業譲渡を受ける。 11月 - 上田殖産銀行の営業譲渡を受ける。 12月 - 飯田銀行を合併• (昭和28年) - によりでが発生。 新町支店が埋没。 (昭和44年) - 本店を長野市の現在地に移転。 (昭和57年) - と共同でを設立。 (3年)8月1日 - 行名ロゴ変更、四角形4個のシンボルマーク制定。 (平成13年) - 破綻したの長野県内店舗および支店()の営業を譲受。 (平成14年)• - システム稼働開始。 - 破綻したの一部店舗の営業を譲受。 (平成17年)8月1日 - 長野県内のATMにおいて、八十二銀行預金口座の引き出しが有料化された。 (平成18年)4月 - アルプス証券を化。 9月には八十二証券に商号変更。 (平成22年) - 長野県下6金庫と提携し、個人カードでのATM相互間出金手数料無料提携「」を開始。 (平成25年)• - 湯本昭一常務が頭取に昇格。 山浦愛幸 よしゆき 頭取は代表権のある会長に退く。 - とATM相互無料開放を開始(・による長野県内避難者支援)。 (平成26年) - 地域再生や活性化を目的に全国8つの地銀との広域連携を発表。 (平成27年)• 8月3日 - とATM提携を開始。 10月27日 - によって八十二信用保証を化。 (元年) - 八十二リース、八十二カードの完全子会社化方針を発表。 店舗 高田支店(新潟県上越市) 全国地銀との連携 2014年(平成26年)、八十二銀行は、()、()、()、()、()、()、()、()との間で、連携および協力することを発表した。 この連携は各行が有する情報・ネットワークを活用し、新たな価値を共創することで地域経済の再生および活性化を目的としており、具体的な連携策として、各行による協調融資や取引先企業の(合併・買収)での協力などが想定されている。 一部報道では、この連携が地銀再編のきっかけになる可能性が指摘されている。 情報処理システム 八十二銀におけるは、を基礎に、貸出金、、日計などを統合したを自行で開発し、(昭和46年)4月、長野、大町支店において稼働が開始され、(昭和50年)3月、全店でのオンライン化が完了した。 さらに(昭和54年)4月には、システムを開発したほか、(昭和58年)4月にはの窓口販売及び、金地金の販売業務をオンライン化している。 その後、銀行のオンラインシステムが社会として安定運行を求められたことや、等の稼働延長も強く求められた状況に鑑み、(昭和59年)5月、行内に次期オンライン推進委員会が設置された。 (昭和61年)3月には、次期システムの共同開発でとの間で調印に至り 、1月の稼働を目指し構築に入るが、稼働直前の最終確認テスト時に予期せぬ不安定要因が見つかった為、稼働を約4か月遅らせるなどの曲折を経て、(平成元年)5月8日、、情報系、対外接続系の3システムから成る「新総合オンラインシステム」が稼働を開始した。 琉球銀と開発にあたった新システムは、効率的なシステムの開発や運用を求める界の動きを背景に、(平成5年)10月に、翌年5月に、(平成12年)5月には、(平成13年)1月にと次々に採用された。 これらシステム導入行の頭取会の席上、システムの共同開発や運用による経費・投資の削減は前向きに取り組まなければならない経営課題であるとの認識が共有され、「六行システム研究会」が発足した。 この六行会では、システム共同化で基本合意に至ったほか 、基幹システムにのみならず、広範囲なシステムについても共同で開発にあたる方針が打ち出された。 なおこの会は、2000年7月の関東銀の加盟を期に当時の八十二銀頭取の発案でと命名された。 じゅうだん会による共同版システムは、八十二銀の基幹システムをベースとし同行が開発にあたり、システムの運用管理及びアプリケーションの保守作業はが担い、勘定系、情報系のほか営業店端末、ATMシステム、本部業務システム、などが対象とされた。 (平成14年)3月には、八十二銀で稼働が開始され、その後加盟各行において順次稼働が開始された。 5月、営業活動の支援を目的に、を使ったモバイルシステムの稼働を開始している。 ATM提携 詳細は「」を参照 ATMでは、()、長野県下信用金庫6金庫(・・・・・の各信金)のキャッシュカード()による出金については自行扱いとなる。 東邦銀行との相互間は法人カードも対象。 は・と提携しているほか、のショッピングセンター等設置のとも提携している。 残高照会は曜日や時間帯に関係なく無料だが、セブン銀行での入出金及びイオン銀行での出金では利用手数料が必ず課金される。 ローソンATMについては、(23年)付けで利用される地域によって手数料が改定され、 県内及び 県外に分かれて異なる手数料(長野 県内での利用:終日有料、長野 県外での利用:これまで通り、入金は終日無料・出金は平日日中のみ無料)が適用される。 関連会社 連結子会社• 八十二ビジネスサービス株式会社• 八十二信用保証株式会社• 八十二オートリース株式会社 注・出典 [] 注• 『長野県の歴史』、1974年5月、273ページ• 全国銀行協会 銀行図書館. 2018年3月25日閲覧。 赤羽篤外編『長野県歴史人物大事典』郷土出版社、1989年、296頁。 「各地の被害」『朝日新聞』昭和28年9月26日夕刊1面• 2013年4月19日. 2014年8月31日閲覧。 2015年8月31日. 2015年9月5日閲覧。 日本経済新聞ニュースサイト(2019年11月15日)2019年11月17日閲覧。 日本経済新聞. 2014年1月28日. 2014年8月31日閲覧。 , 八十二銀行ニュースリリース:2014年1月28日発表• 2014年1月28日. 2014年8月31日閲覧。 2014年2月17日. 2014年8月31日閲覧。 『八十二銀行八十年史』P. 459• 『八十二銀行八十年史』P. 460• 『八十二銀行八十年史』P. 463• 「地銀6行とシステム共同化 八十二銀開発担当」『』2001年4月19日• 『八十二銀行八十年史』P. 466• 『八十二銀行八十年史』P. 467• 日経コンピュータ. 2003年6月4日. 2014年8月31日閲覧。 プレスリリース , 八十二銀行, 2015年5月25日 , 2015年9月5日閲覧。 日経コンピュータ. 2015年8月20日. 2015年9月5日閲覧。 , 八十二銀行ニュースリリース:2011年2月10日発表 参考文献• 八十二銀行編『八十二銀行八十年史』八十二銀行、2013年。 関連項目• - 資本・融資関係が近い。 - 第十九国立銀行と第六十三国立銀行の他に、長野県内の国立銀行としては第十四国立銀行(松本)、第二十四国立銀行(飯山)、第百十七国立銀行(飯田)が存在した。 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の