きくらげ レシピ 人気。 きくらげのピリ辛炒め

きくらげを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

きくらげ レシピ 人気

長期保存に向く乾燥きくらげと違い、生きくらげは放っておくと傷みます。 生野菜同様、保存は新鮮さを保つためにも 冷蔵庫がおすすめ。 生きくらげの保存は だいたい1週間程度です。 季節や条件によっても若干の変動はありますので、使うときには生きくらげの様子を確認してからにしましょう。 また、冷蔵庫の中は意外に乾燥しやすいです。 きちんとビニールで包んで保存していても、いざ使おうと思ったときにはしわが寄っていたり、元気がなかったりします。 そんなときには、生きくらげをそのままドボンとお水に漬けてしまうのがおすすめです。 お水に漬けた生きくらげを冷蔵庫でひと晩、保存するだけ。 しおれた生きくらげがお水を吸ってふくらみ、プリッとハリのある姿に戻ります。 もちろん、お水に漬ける前とは、食感も段違いです。

次の

きくらげを使った人気レシピ【調理法:焼く編】おすすめ10選

きくらげ レシピ 人気

長期保存に向く乾燥きくらげと違い、生きくらげは放っておくと傷みます。 生野菜同様、保存は新鮮さを保つためにも 冷蔵庫がおすすめ。 生きくらげの保存は だいたい1週間程度です。 季節や条件によっても若干の変動はありますので、使うときには生きくらげの様子を確認してからにしましょう。 また、冷蔵庫の中は意外に乾燥しやすいです。 きちんとビニールで包んで保存していても、いざ使おうと思ったときにはしわが寄っていたり、元気がなかったりします。 そんなときには、生きくらげをそのままドボンとお水に漬けてしまうのがおすすめです。 お水に漬けた生きくらげを冷蔵庫でひと晩、保存するだけ。 しおれた生きくらげがお水を吸ってふくらみ、プリッとハリのある姿に戻ります。 もちろん、お水に漬ける前とは、食感も段違いです。

次の

きくらげの人気レシピBest10!ランキング1位は定番のあの料理♪

きくらげ レシピ 人気

乾燥きくらげの戻し方 まず初めにスーパーで買ってきた乾燥のものを美味しく戻す方法をご紹介ます。 材料 乾燥キクラゲ 冷水 作り方 1、ボウルに冷水ときくらげを入れ、6時間つけておく。 以前他の番組では氷水につけるとよりよいと紹介されていたので、氷水につけておくのもいいと思います。 その方が栄養素が残るためです。 熱湯で戻してしまうと細胞壁が壊れて栄養素が失われてしまうので、注意してください。 ちなみに熱湯で戻しても、氷水で戻しても実は戻る時間がほとんど変わらないんですよ。 戻したものは冷凍すれば約1カ月保存が可能です。 多めに戻しておき、料理に使うことができます。 また戻し汁はレモンとはちみつを加えてお茶風に楽しむこともできるので捨てないでくださいね。 食べるきくらげふりかけ 材料 戻したきくらげ 60g ネギ 1本 干し海老 20g ごま油 適量 しょうゆ・みりん 各大さじ1 作り方 1、戻したきくらげを細かく刻む。 ネギ、干し海老も同様に細かく刻む。 2、フライパンにサラダ油を熱し、刻んだ具材を加えて炒め合わせる。 3、しょうゆ、みりんを加えて2分間炒め合わせたら完成です。 おすすめの食べ方・アレンジレシピ このふりかけは、ごはんにかけるほか様々な料理にも使うことができます。 おすすめをいくつかご紹介しますね。 おにぎりの具材に 汁気がないので、おにぎりの具材にもよく合います。 食物繊維とタンパク質がバランスよく摂れますし、食感もアップしますよ。 パスタに パスタのソースにして使う食べ方もおすすめです。 +にんにくとオリーブオイルで香りを出してから食べるふりかけを加えてさっと合わせ、茹でたパスタの麺を加えて絡めます。 ペペロンチーノ風に赤唐辛子を入れても美味しいですよ。 卵焼き 卵焼きを焼く際に卵液の中に入れて焼けば、きくらげ入りの卵焼きに。 干しエビの風味もプラスされて美味しい卵焼きに仕上がります。 上の画像は卵2個に出来上がり分量の半分のふりかけを混ぜて焼きました。 きくらげのコリコリした食感が楽しい卵焼きになります。 以上『 食べるきくらげふりかけの作り方とアレンジレシピ』のご紹介でした。 是非試してみてくださいね。 おすすめ関連記事 その他にもきくらげを使ったレシピをご紹介しています。 また、ダイエット効果や梅ズバで紹介されたレシピについてはこちらの記事にまとめています。 是非併せてご覧ください。

次の