糖尿病 足 壊死 初期 症状。 足の血栓による症状とは?この2つが出たら要注意!

足の潰瘍(かいよう)・足の壊疽(えそ)

糖尿病 足 壊死 初期 症状

糖尿病の合併症には、「糖尿病神経障害」「糖尿病網膜症」「糖尿病腎症」の3つの合併症があります。 特に糖尿病神経障害は3つの中で一番早く症状が現れ、血糖値が高い人では、早くて3年、5年もたたないうちに症状が出てくることがあります。 糖尿病特有の注意すべき合併症に、糖尿病足病変があり、これは糖尿病神経障害が進み、足に潰瘍ができたり壊疽を引き起こす場合もあります。 糖尿病神経障害には初期、中期、末期があり、ここではこれらの症状について解説します。 糖尿病神経障害の初期症状 糖尿病神経障害は軽度のうちには自覚症状が全くないことが多く、症状が出始めるのはもう少し障害が進んでからです。 その時の症状としては、手足がしびれたり、痛みが出たり、足の裏に違和感が走ったりし、特徴として、必ず両側にしびれが来ること、手や足の先端からしびれが始まるということ。 それに足がつるという症状もこれに当てはまります。 音叉を手首や足の指に当てるだけの簡単な検査で、反応や程度を調べ正確に把握する必要がありますが、この検査では自覚症状の軽い神経障害でも簡単に見つかります。 糖尿病神経障害の中期におこる症状 神経障害が進むと、しびれや違和感などの症状がだいぶひどく現れてきます。 しびれの悪化は想像異常につらいものがあり、夜眠れないほどの痛みが伴うほどです。 また、糖尿病も喫煙も動脈硬化の促進因子ですが、糖尿病の人がタバコを吸っていると2つが重なり合うことで相乗効果が生まれ、神経障害だけでなく動脈が詰まって壊疽を引き起こす危険性もあります。 糖尿病の人でタバコを吸っている方は、いますぐやめた方がよさそうです。 糖尿病神経障害の末期になると症状はどう変化する 糖尿病神経障害が進行し末期に達すると、不思議なことに、しびれや痛み、違和感などのつらい症状はすべて消えるようになります。 実は、これは治ったわけではなく、神経が機能しなくなったことにあります。 この段階で、検査をしても、視神経が完全に機能しなくなっているために、温度を感じることもなく、振動を感じることもなく、痛みを感じることもなくなります。 この末期の状態では、たとえば沸騰した熱湯に指をつっこんでも温度や痛みを感じなくなるといいます。 壊疽になる人は、神経障害が末期の人です。 壊疽はなぜおこるか 糖尿病神経障害は、初期であれば血糖値を下げる血糖コントロールや薬で症状を改善できます。 ただし放置していると、足の間隔が麻痺して傷に気づかず、足の壊疽をおこして切断を余儀なくされることもあります。 「壊疽(えそ)とは、体のある一部分の組織が、やけどや凍傷などを引き起こすことにより、細胞が腐敗した状態なることで、 「壊死(えし)」は体の一部への血流が遮断され、その組織している細胞が死滅することです。 糖尿病による壊疽の多くは足に負った傷がきっかけになっています。 糖尿病神経障害が進行していると、痛みを感じないために負傷しても気づかず、潰瘍や壊疽が知らないうちに起こってしまう危険性があります。 糖尿病では、血行障害や免疫力の低下もみられます。 最悪の場、たとえば、足が壊死をおこすと切断を余儀なくされるので、糖尿病の人は足を清潔に保ちながら、水虫や小さな傷がないかどうか、こまめにチェックすることが大切です。 自分の足の異常を意識する習慣を身につけ、気になることがあったらお医者さんに相談してみて下さい。 糖尿病神経障害の検査方法 糖尿病神経障害の検査には2つの方法があり、糖尿病神経障害の有無を調べる検査としては、「アキレス腱反射」と「振動覚」の検査が一般的の行われます。 アキレス腱反射は、ゴムのハンマーでアキレス腱を軽く叩き、足が裏側方向に曲がるかその反応を調べる検査です。 振動覚検査は、弱い音波を出す音叉をくるぶしなどに当てて、患者が振動を感じている時間の長さを測定する検査です。 糖尿病神経障害による足の痛みやしびれの対処法 糖尿病神経障害によって足のしびれや痛みがおこる場合があります。 マッサージをしたり、温めたりすることで症状が良くなる場合もありますが、糖尿病神経障害の原因は高血糖にあるので、血糖コントロールが一番大切です。 人によっては、つらい症状が心理的なストレスを呼び、さらに症状が重くなることがあり、そのような場合には、抗うつ薬などが処方されることもあります。 糖尿病神経障害だけでなく全ての合併症に言えることですが、血糖コントロールを十分に行うことです。 足は神経障害が最もおこりやすい場所なので、靴ずれなどに気づかないでいた場合、壊疽を引き起こす可能性もありますので、足のチェックとケアを十分に行う必要があります。 味覚の変化にも注意が必要で、たとえば以前と同じ味付けなのに味がしなかったり、濃いのにもかかわらず薄く感じたりするなどの違和感を感じたりする場合には、神経障害が進んでいる恐れもあります。

次の

【放置厳禁】糖尿病末期の症状・対策まとめ

糖尿病 足 壊死 初期 症状

国民病と言われるほど患者数の多い「糖尿病」ですが、自覚症状が乏しく、気づいたときにはかなり進行しているケースも少なくありません。 前兆となるサインを知り、早期発見に役立てましょう。 糖尿病の前兆となる症状って? 糖尿病は初期段階では目立った自覚症状はなく、そのまま進行しやすい病気です。 しかし、前兆として下記の症状が出ることがあります。 ・多尿・頻尿 血糖値が高い状態が続くと、腎臓は血中のブドウ糖を尿として排出しようとするため、多尿や頻尿になります。 ・のどの渇き 多尿や頻尿になると体内の水分は足りなくなるため、のどの渇きを感じやすくなります。 そして水分をたくさんとることで、再び多尿の状態を招くことになります。 ・疲労感 高血糖の状態が続くと体内のインスリンの働きが悪くなり、炭水化物などの糖質をエネルギー源として吸収できなくなっていきます。 そして代わりに脂肪や筋肉をエネルギー源として使うようになるため、異様に疲れやすくなります。 また、このメカニズムで体重が減少したり、食欲が異常に増えたりすることもあります。 足のしびれは糖尿病の前兆!? 糖尿病になると、足のしびれや冷え、火照り、痛み、こむら返りなど、感覚・運動障がいが出ることがあります。 これは糖尿病の合併症の一つ「糖尿病性神経障がい」の可能性のある症状で、すでに初期段階ではなく、糖尿病がある程度進行しているサインです。 糖尿病になると血中のブドウ糖が増え、血液がドロドロになり、足先まで酸素が行き渡らなくなります。 すると末梢神経に異常が出て、足の感覚が麻痺し、上記の症状が出るようになるのです。 足の爪や皮膚にも異変が 糖尿病性神経障がいが進行すると、血流の悪化や免疫機能の低下によって、足の爪や皮膚に以下の異変が見られることがあります。 ・巻き爪 ・爪が分厚くなる ・爪白癬になる ・タコや魚の目ができる ・皮膚が乾燥し、ひび割れが起こる ・むくみ 糖尿病性神経障がいが進行すると、もっと足の感覚は鈍くなり、皮膚のひび割れやタコができても気付きにくくなります。 するとそういった傷から細菌が侵入し、感染症を起こして皮膚の細胞が壊死し、腐敗部分が変色して、足の切断を余儀なくされることもあります。 糖尿病の前兆で皮膚がかゆくなる? あまり知られていませんが、血中のブドウ糖を排出するために多尿になると、皮膚の水分も不足して乾燥し、かゆみが引き起こされることがあります。 また、高血糖状態が続くと末梢血管が傷つき、顔や手足の皮膚が赤くなることがあります。 その他にも、糖尿病になると感染症にかかりやすくなるため、カンジダなどの真菌に感染して陰部がかゆくなることがあります。 足壊疽にもつながる糖尿病。 前兆症状を見逃さないで 糖尿病は進行するとともに、上記のような症状が現れやすくなっていきます。 足の症状が出たときにはすでに症状が進んでいる段階なので、血糖値が高めの方は、のどの渇きや多尿などの前兆症状の段階で一度病院を受診してください。 株式会社SPLENDID在籍 医師 山本 康博 提供元:株式会社SPLENDID、株式会社ライフケアパートナーズ.

次の

糖尿病の合併症で足を壊死しないため!初期症状のチェックとは?

糖尿病 足 壊死 初期 症状

壊疽を発症する要因の1つは、足や手などの「末梢神経障害」です。 神経に栄養を届けていく毛細血管の血行が高血糖によって悪くなり、神経が部分的に死滅して「足のしびれ」「足がつる」「こむら返り」などの症状が出て、症状が悪化すると感覚が麻痺し、靴ずれやたこ、イボなどができるなどして、壊疽を起こす原因となります。 これにはソルビトールという物質も関わっています。 この物質は食品添加物として最近では多く使われています。 実は、このソルビトールは私たちの体の中でも作られるものです。 体内に入ったぶどう糖の一部はソルビトールに変化し、体外に排泄されます。 しかし高血糖が続いてしまうと、ソルビトールが多く産生されてしまいますが、排泄に追いつかなくなり血管内に残ってしまいます。 これが細胞内に残り神経を侵すことになります。 こうしてその神経が支配する部分に障害が起きてしまうというメカニズムになります。 またソルビトールが生成されやすい部分が、足、網膜、腎臓の神経部分となります。 動脈硬化というのは 血管内に脂肪が肥厚することで内腔が狭くなって血液循環を悪くしてしまいます。 これが原因となって梗塞や出血を起こすというもの。 では、糖分がどうして動脈硬化に力添えしているかということが疑問になります。 糖は血管内に高血糖状態で停滞していると、活性酵素という物質が発生します。 この活性酵素こそが血管壁を傷つけていきます。 ギザギザになった血管壁では脂肪を主とした物質が引っかかりやすくなり、塊となって蓄積されていくのです。 また活性酵素を異物と判断し闘った白血球の残骸もその場に残ってしまい、塊となって血管内に付着するため、血管内がどんどん細くなってしまいます。 これにより手足の先へ栄養や酸素を十分に送り届けることができなくなって、冷えやしびれ、また傷が化膿しやすいといった症状が現れます。 さらに悪化すると、大きな血管が慢性的に閉塞してしまうという閉塞性動脈硬化症になり、主に足の部分の血流が遮断され、足の先端から徐々に細胞が壊死し、感染による壊疽を起こすということになります。

次の