ケース面接 pwc。 Big 4(ビッグ4)内定者が教える!ボスキャリでのPwC、Deloitte、KPMG、EYの採用プロセス | ボストンキャリアフォーラムの歩き方|ホテル予約から内定獲得までの準備を支援

PwCコンサルティングへ転職の難易度は?中途でも内定確率を上げるコツ!

ケース面接 pwc

Accenture(アクセンチュア)について 先日、Accenture(アクセンチュア)の一次面接がありました。 私の応募・採用ポジションはメディア・通信・ハイテク部門(CMTユニット)の経営コンサルタント(MC でした。 Accenture(アクセンチュア)って、知り合いでも働いてる方がいるんですが、デジタルに強みを持っているイメージです。 デジタル以外でも、ITコンサルというイメージが強く、システム関連のコンサルとかをやってるっぽいです。 でも、ITコンサルって言われると尚更なにやってるかイメージがつきずらかったです。 Japanの社員数だけでも、7000人を超えているらしいので、Sierとかも含まれているのでしょうか? 面接が決まってから色々調べていたのですが、Accenture(アクセンチュア)の中にはポジションが複数あるらしいのです。 まず大きく2つに大別されるっぽいです。 それがMCとTCという2ポジションらしく、• MC=マネジメントコンサルタント=経営コンサルタント• んで、私の場合はMCでの面接です。 私も一度参加しまして、1時間ほどAccentureについて説明を受けたり、質問をすることができました。 私はほとんどAccentureについて知識が無かったので有意義な時間になりましたが、かなり初歩的な内容なので既に転職活動をゴリゴリやっている方には不向きかもしれません。 尚、マッチング会はAccentureに友人がいる場合のみの参加に限られるっぽいのでご注意を。 面接の状況 場所:赤坂インターシティ@溜池山王 時間:20時~21時 面接官:1名 内容:通常面接(の、はずだった) 年収:500~550万 難易度:BIG4と同じくらい 赤坂の本社で20時~でした。 受付はけっこう広々としていてきれいでした。 デロイトやPwCやら他コンサルよりも広かった気がします。 また、面接官はマネジャー?の方が1名で、結構狭いMTGルームで行いました。 面接の内容 部屋に通されて待っていると、髭もじゃの男性が入ってきました。 服装もかなりカジュアルです。 これでコンサルかよ・・ ってネガティブな意味ではなく、驚きました。 面接官の方から、簡単な自己紹介を受けました。 経歴としては、新卒でアクセンチュアに入り、 そのあとStrategyにいて、今はメディアハイテク部門とのこと。 なかなかのつわものですな。 こちらの自己紹介も軽くして、いきなりこちらからの質問をどうぞ!タイム突入です。 いきなり質問? 一応用意してきたテンプレの質問を5つほどしました。 そのあと面接官から、「面接をはじめましょう」と言われたのですが、 まさかのいきなりケース面接でした。 面「僕ね、ケース面接しかやらないんですよね」 知らねー・・ エージェントには、AccentureのCMT部門はケース無いって言われたぞ・・ まあ・・・いいや。 ケースの練習はしてあります。 (PwCの教訓を受けて) そこは多少の自信があります。 ケース面接のお題は、 「通信キャリアA社の2020年のデジタルマーケティングのあるべき姿を考えよ」でした。 その上で、以下の設問に答えられるようにしてくださいと言われました。 どうあるべきかの仮説• 仮説を導きだすために自分がどういったアプローチ方法を取ったのか デジタルマーケティング、通信キャリアともに私に関連のあるキーワードです。 ってか未来像ってなんだよ!売り上げを2倍にするには?とかじゃないの? まあ・・・いいや。 そのあと、ケース面接の進め方について質問ある?って言われて、「無いです」と答え、スタートです。 本当はすごい質問したかったんですよ。 あるべき姿の定義とか、何年にするかとかって、すり合わせたいじゃないですか。 でも、多分そういう定義づけも含めて自分でやれってことなんだなと思ってそのままスタートしました。 コンサルって大変だなー。 今回は、僕が20分ほどでケースに対する回答を紙にまとめて(その間面接官は消えてた)、残り30分でディスカッションするみたいな形式でした。 んで、いろいろ考えたんですけど、浮かばないもんですね~。 だってやったことないもん、こんなの。 そんなこと思ってたらあっという間にタイムリミット終了。 そのあとのディスカッションでは案の定質問攻めにされましたが、 私は、以下のようにまとめました。 アプローチ方法を大きく分けると以下です。 A社がアプローチするターゲットを設定する• AIDMA(フレームワーク)に沿って、A社の顧客になってもらう(魅力を知ってもらううえで、ボトルネックになりうる要因の仮説を抽出する)• 4P(フレームワーク)を活用して、考えられるデジタルマーケティング施策を立案 一応、実際に私が面接の時に使ったまとめペーパーの画像を載せます。 字が汚くて恐縮です。。 面接官からもらったフィードバックとしては、• ケース面接では、初期設定を自分でしていく必要がある。 長めの説明をするときにはホワイトボードなどを使うべし。 といったものでした。 そのため今回のケースの場合、まさに「あるべき姿」とかをもっと自分で具体化していく必要があったということですね。 例えば、通信会社の10年後ってどうなってるんだろう?みたいなことを考えて、 その10年後にありたい姿を鮮明にイメージすることで、その時のターゲットとか主力商品とかが見えてくるということです。 僕の場合は、その定義づけが甘い部分があったので、終始ふわふわした状態の説明や議論になっていたんだと思います。 最後に面接官から「まあ、ロジカルシンキングってのは鍛えられるんで。 入ってからなんとでもなりますよ。 あとは体力とかやる気とかそっちのほうが大事です。 」 と言われたんですが、どういう意味ですかね? 「どんまい、今回は残念だけどこれからもがんばれよ」の慰めなのか、次進めるよって意味なのかわかんないけど。 とりあえず次に進める可能性があるとしたら、上記のポジティブにとらえた方のパターンかと思います。 面接結果 1週間後、通過の連絡! らきー! 次は最終らしいので頑張ります。 最近思ったのは、面接を自己評価するとすごい過小評価しがちだなと。 なので、結果が来るまですごく心臓に悪い。 まあ、過大評価して落ちた時のショックが大きくなるよりいいかなとは思いますが。

次の

ケース面接対策

ケース面接 pwc

今回は、PwCコンサルティング・PwCアドバイザリー(以下、PwC)のコンサルタント職のインターン選考のポイントをお伝えします。 エントリーシート(ES)、Webテスト、グループディスカッション(GD)、面接それぞれのポイントを解説します。 選考前の確認にご一読ください。 他の総合コンサルティングファームと同様、戦略・IT・会計・業務改善など広範囲なサービスを展開しています。 また、多様な人材の育成の一環として、グローバル人材の育成にも力を入れており、ある内定者の話では、「 社内案件の約7割がグローバル案件。 若手のうちから数カ月海外支社に駐在して海外スタッフとチームを組んで案件を扱うという挑戦機会もある。 」とのことです ( より)。 実際にある内定者が座談会時に聞いたスタッフの情報によると、「定時は9時~17時、昼休憩別の7時間。 コンサルでは朝までオフィスにいることも少なくないみたいだが、自分含めこの会社では0時過ぎてもオフィスにいる人を見たことも聞いたこともない。 海外案件で遅くにテレカンをする場合は自宅で行う」とのことです。 コンサル企業は一般的にブラックなイメージがありますが、自分次第で働き方をコントロールすることができ、給与も高いことは大きな魅力となるでしょう。 産休・育休後に復帰する女性が多いとスタッフが話していたことからも、 男女ともに働きやすい企業といえます ( より)。 他総合系コンサルとの違い 以下に、複数総合系コンサルの内定者の声をまとめた社風の比較を掲載しますので参考にしてください。 PwCのインターン選考のポイント:「主体性に加えて協調性のある人材」に一致させよう GDやワークはしゃべった者勝ちではない。 主体的かつ協調的な議論ができるか? PwCのスタッフは説明会時に繰り返し「コンサルはサービス業である。 喜ばせることが使命であり、お客さんが言語化できていない自社の課題を代わりに言語化・翻訳してあげることがわれわれの仕事。 利害当事者だからこそ分からないことを、客観的に考えるパートナーシップを結ぶ仕事である」と明言しています。 このことからPwCは、多くのコンサルで求められる 主体性に加えて協調性のある人材を求めていると考えられます。 特に 「パートナーシップ」というキーワードには重点を置いているようで、実際にある内定者は「しっかりと業務を遂行する主体性と、相手の意見も尊重する協調性のバランスが非常によく、パートナーシップを結ぶ能力がある点を高く評価した」と伝えられたそうです。 「目指すコンサルタント像」と「PwCの求めるコンサルタント像」を一致させられるか 最終面接のパートナー面接では、すべての学生が「あなたにとって良いコンサルタントとは?」という問いを投げかけられたと言います。 これは、「PwCの求めるコンサルタントとあまりにもかけ離れている回答をして落とされている人もいた」という内定者情報があることからも、上述と同様の 「パートナーシップ」を結ぶ能力があるかどうかを確かめるための質問だと思われます。 そのため、「PwCの求めるコンサルタント像」と「自身の経験や生い立ち」を絡めて問いへの答えを用意しましょう。 PwCのインターン選考フロー PwCの選考フローは大きく分けて2つあります。 ・21卒採用から通年採用が始まりました 1. それでは各選考のポイントについて見ていきましょう。 2020年卒のPwCインターン選考のESは以下の通りです。 <ESの質問内容>(いずれも、文字数自由) (1)あなたのこれまでの人生の中で、最大のチャレンジについて教えてください。 (2)PwCコンサルティング合同会社/PwCアドバイザリー合同会社を志望する理由を教えてください。 以下に具体的なアドバイスを記載しますので参考にしてください。 設問(1):数字や過去の経験を用いて説得力のある内容に 設問(1)で問われる「人生最大のチャレンジ」では、チャレンジしたかどうかが見ている点だと人事が話していたそうです。 そのため、 企業が好む内容や書くべき系統の話などはありませんが、説得力があるかどうかは重要です。 記入の際には「具体的な数字」や「自分にとってどの程度大きなチャレンジだったかを、過去の経験と比較すること」を意識して説明しましょう。 設問(2):「なぜコンサルか」と「なぜPwCか」の2段階に分けて記載 設問(2)で問われる志望動機については、「なぜコンサルか」と「なぜPwCか」の2段階に分けて記載すると良いでしょう。 「なぜコンサルか」という志望動機では、他コンサル企業でも書いているようなオーソドックスな内容にてコンサルへの興味・関心を示しましょう。 「なぜPwCか」という志望動機については、社風に言及することが無難です。 どのような人と働きたいかを明確にしたうえで、そのような人がPwCにたくさんいると示せると良いでしょう。 所要時間は1時間半程度で、 外資系コンサルティングファームと比べるとWebテストのボーダーはそこまで高いものではないようです。 ある内定者が「MARCH以上の学生であれば通ることは容易いのではないか」と話していますが、早慶クラスの学生でもこのステップで落ちている人も多数存在することから、油断は禁物でしょう。 玉手箱の対策本を解いておくなどして形式や問題に慣れておいた方が良いでしょう。 議論をうまく進める主体性と協調性をアピール PwCのディスカッション系の選考では 「主体的かつ協調的な議論が出来るか」という点が見られています。 そのため、グループディスカッションでも自分の意見を押し通しすぎる学生や、反対に意見をほとんど言わない学生は落ちていたようです。 本質的に議論を進めようとする姿勢がある一方で、人との協調をできるだけ取ろうとするバランス感覚のある学生が評価されます。 GDの際は、以下を意識すると良いでしょう。 所要時間は30分程度で、フランクな雰囲気で行われました。 質問内容は以下の通りです。 具体的な数字は不明ですが、内定者は人事から「多くは通していない」と言われたそうです。 以下の対策を行いましょう。 念入りなケース対策 この面接ではケース問題を解くことになり、面接の半分以上をケース面接に費やすことから、その比重は大きいと思われます。 また、 「論理的思考力」などの素養を繰り返し確認されます。 以下に一般的にケース面接に臨むにあたって注意すべきポイントを載せておきますので参考にしてください。 面接でもロジカルシンキングのレベルが見られているのは間違いないでしょう。 対策としては、以下の2点を意識した発言を心がけると良いでしょう。 5名グループで課題解決型グループワークに取り組り、ここで評価が高いと本選考が優遇される (特別選考)場合があります。 2020年卒の選考では、特別選考へ進めなくとも、本選考で内定を獲得することは可能でした。 従って、今後も同様の選考フローが実施される可能性があるため、失敗を恐れずに取り組みましょう。 インターンの内容は以下の通りです。 最後に上位3チームを発表し、豪華景品が贈呈され、優秀と評価された人は次の選考に進めます。 評価のほとんどはメンターがしていると思われるため、適度なアピールが必要だと考えられます。 「特別選考」に進める割合どのくらい? 内定者によると、4〜5人のチームあたり1人程度が呼ばれていたため、 特別選考へ呼ばれる倍率は4倍程度と推測できます。 後日のフィードバックでは優勝したかどうかは関係なく、メンターの評価でほとんどが決まっていたことが内定者に知らされていたらしく、最も重要なのは 「メンターに優秀と評価されるかどうか」という点のようです。 議論を精力的に進める姿勢や論理的思考力など、総合的な評価がされるため、1秒たりとも気を抜かないようにしましょう。 また、前のGDと面接での選考対策でも取り上げた、「協調性」「論理的思考力」の2点をしっかり意識しつつ取り組みましょう。 おわりに いかがでしたか? 今回はPwCのコンサルタント職のインターン選考のポイントをお伝えしました。 さらに詳しい「選考対策ページ」と「クチコミ」はこちらをご覧ください。

次の

コンサル中途採用経験談:PwCコンサルティング合同会社(4/4)一次面接

ケース面接 pwc

特に30歳までの未経験若手はあまり採用しない傾向 昨日もデロイトの面接で丸の内行ったばっかだし、また丸の内かよ…。 しかも21時スタートだし。 とか思いつつ、PwCの面接回数は全部で2回らしいので気張って乗り込みました。 今回僕が受けたユニットはCRMです。 ぶっちゃけCRMとかわからないんですけど、前職が広告代理店だったので、エージェント及び人事に近しいと見做されたのでしょうか。 面接時間は1時間で、CRM部門のマネジャーとの面接です。 年収については激安ですね。 これで長時間労働とか耐えられません。 今までの面接と少し違ったのは、現職で作成した資料を持参してくれとの指定があったことですかね。 当日、部屋に通されて待っていると、40代と見受けられる男性が入室してきました。 体格は良いものの、穏やかそうな雰囲気で、少し安心します。 面接の内容 面接官の自己紹介から始まり、なかなかの経歴だったのでややビビります。 こちらも自己紹介をして面接を開始。 私「いえ、こういった側面ではこういう場面で活かせるかと思ってまして••• かくかくしかじか」 面「•••• うーん、なるほど、では質問を変えましょう」 みたいなやりとりが何回か発生した後、面接官の表情が不満げになっていくのがわかりました。 おそらく、冒頭では私が即戦力として採用に値するのか?を見ていたのでしょう。 まあもちろん中途採用な訳ですから当然ですよね。 ただ、私の応答が面接官の要求水準に達していなかったため、ここでポイントダウンです。 一連のやりとりを終えて、面接官は「質問の方向性を変えましょう」と言いました。 「英語はできますか?」 「今日お持ちいただいた資料を見せてもらってもいいですか?」 お、即戦力採用からポテンシャル採用に切り替えましたな。 いや、これも散々な出来でした。 例えば〇〇と仮定すると、、 みたいな形で話を進めるのですが、面接官は明らかに納得いっていない顔つきです。 最終的には、面接官が考え方をわいにレクチャーするという形で幕を閉じました。 最後に質疑応答はありましたが、正直出来が悪すぎてそれどころじゃなかったですね。 一応、他の面接を受けた時に参考になりそうなことを質問して面接終了。 2日連続の面接は応えますなー 面接結果 案の定、1週間後に採用見送りの連絡が。 引き続き頑張ります。

次の