尾身先生 声。 尾身先生が心配!!声はガラガラでも学歴&経歴はすごい!?徹底調査!

尾身先生の旅行自体は問題ない発言!過剰反応ではなく冷静な受け止めを!

尾身先生 声

「専門家の言うことをよく聞け。 普通に「デマに騙されたり、デマ拡散しないでね」ということ? それは正しい注意喚起だけれど、あの発言、もっと邪悪で悪質な意図を含んでいたよね。 政府公認の専門家のいうことだけ聞きなさい。 政府批判の言説をSNSでやりとりする不逞の輩がいるが、そういうの、信じるなよ。 読んだりするのもダメだぞ。 汚いことを言っているなあ。 悪質極まるなあ、と僕は思った。 このnoteは「専門家って何」ということを、あれこれ考えて行くものです。 だって、普通の人の頭の中では「専門家」という言葉が漠としていて、しっかり、分類されていないから。 これは311原発事故以来、ずっとずっとぼくにとっては大きなテーマだった。 御用学者の言説と、どう戦うかということ。 しかし、やはり、今回の混乱ぶり、友人たちの反応を見ていても、一般国民レベルでは、ここを、きちんと分けて考えられない人が多いのだなあ、と悲しくなる。 ので、ちゃんと整理しますね。 そのために、具体的な例で考えてみよう。 先週土曜日のNHKスペシャル「感染爆発をどう防ぐか」にノーベル賞 iPS細胞研究の、山中伸弥教授が登場して、「山中教授の言うこと、信頼できる」の声がたくさんツイッターにあふれた。 一方、スタジオに呼ばれた尾身茂先生、専門家会議の副座長さんに対するツイッターの声は、厳しいものの方が多かった。 さて、あなたに質問します。 山中教授は専門家ですか? 専門家ではないですか? 山中教授は冒頭、現場で戦う専門家のみなさんへの敬意と感謝を述べた上で「私は全然、専門家ではないんですが、心配している国民の一人として、専門家の先生方にいろいろおうかがいしたいと思います」と、自分は専門家ではない、と断った。 山中教授は、「感染予防」については専門家ではない。 でも、ノーベル医学生理学賞受賞者で医学者で頭が良くて論理的でいい人ぽくて視野も広くて。 でも専門家ではないのだよ。 山中教授、言葉と物腰はやさしいが、尾身先生に対する詰め方が、強烈だったので、視聴者、国民的には、分かりやすかったのだ。 その詰め方は「専門家ではない」立場からのものだ。 ここ、非常に共感度が高かった。 また、山中教授は「いったん収まっても、またぶり返す。 マラソンのような長期戦になるという認識で間違いないか」と確認した。 つまり尾身先生に「安倍首相が、緊急事態宣言でがんばれば、1か月くらいで収束するみたいな楽観的なことを言うかもしれんが、そういう甘い見通しではないということを、専門家としてはっきり言うべき」と詰めた。 口調はやさしかったが、追及は厳しかった。 僕が作った、「専門家」についての二枚の4象限ポジショニングマップ。 見てみて。 一枚は 軸1 その分野で専門家である。 専門知識や現場の事情を知らない。 軸2 頭が良い 論理的合理的思考ができる。 視野が広い。 視野が狭い。 頭が固い 古いタイプのおたくを考えれば、「その分野の専門性は極端に高いけれど、論理的合理的思考ができなかったり、視野が極端に狭かったりする」という人はいるでしょう。 つまり、専門家でも、頭悪い人はいるわけ。 まずね。 こうしてみると、山中教授に関して、NHKスペシャルを見た人が感じたのは 軸1「感染症の専門家ではないが」 軸2「とても頭が良くて視野が広くて考え方が柔軟で」 軸3「志の高い人だ」と思ったわけだよね。 これに対して、尾身先生に対しては、こういう印象を持った人が少なからずいたということだよね。 軸1「感染症の専門家だけれど」 軸2「頭がちょっと固くて、視野が狭くて」 軸3「政権、役人に流されて、彼らの都合の良いことを言うタイプの人だな」 この分析、わかりやすくするために、尾身先生に、ものすごく失礼になっていてごめんなさい。 尾身先生は責任ある立場で、志高く、身を粉にして働いていることはわかっているし、頭だってすごくいいし、論理的である。 山中さんも、冒頭、そのことへの謝辞を述べていたわけだし、 でも、山中教授と一緒に番組に出ると、このポジショニングマップのように見えた、という「どう見えたか」分析をわかりやすく、極端にしてみた。 ツイッターでの「山中教授と尾身先生、評価の違い」はこういうこと、と分析したのでした。 初めの問いに戻るよ。 安倍ちゃんの言う「専門家のいうことだけを聞いてください」というのは、尾身先生の言うことだけを聞けよ、ということなんだけれど、それでいいの。 政治家が政策を決めるときには、専門家ではないけれど、山中教授のような人の声が反映されるべきだと思わない? 僕は、官僚の中の優秀な人が、山中教授のような役割を担ってくれると思っていたのだけれど、ここまでの安倍政権のやることを見ていると、そういう機能を官僚は。 全く果たせていないと思う。 一方、僕がいつもツイッターで紹介しているように、SNSの中には、有名無名を問わす、様々な他のジャンルで優れた専門性を有する 感染症予防については専門家でない 人たちが、きわめて有益な様々な提言をしてくれている。 ここまで考えてくると「SNSを信じるな。 専門家の言うことだけ聞け」という、安倍首相の昨日の話が、一見「悪質なデマに騙されないでね」という、一般的注意のように見えて、「御用学者により世論をコントロールしたい」という、汚い、邪悪な意図も含んだものだとわかるのである。 おしまい。

次の

福山哲郎の国会質問が炎上。編集だ等との声も実際は?

尾身先生 声

尾身先生のプロフィール 名前:尾身 茂 おみ しげる) 生年月日:1949年6月11日 70歳) 出生地:東京都 出身校:慶應義塾大学法学部中途退学 自治医科大学医学部卒業 前職:世界保健機関西太平洋地域事務局感染症対策部長 現職:地域医療機能推進機構理事長 称号:医学博士(自治医科大学) 第5代世界保健機関西太平洋地域事務局事務局長 当選回数:2回 在任期間:1999年2月1日~2009年1月31日 やはり凄い先生なのですね~。 先生は東大も目指されたそうですが、 丁度、学生紛争の時代で入試が実施されず断念されたとか。 なんか、眩しい方ですね~。 尾身先生の経歴 略歴• 1949年 — 東京都にて誕生。 1969年 — 東京教育大学附属駒場高等学校卒業。 1971年 — 慶應義塾大学法学部中途退学。 1978年 — 自治医科大学医学部卒業。 1987年 — 自治医科大学医学部助手。 1990年 — 世界保健機関西太平洋地域事務局感染症対策部部長。 1999年 — 世界保健機関西太平洋地域事務局事務局長。 2009年 — 自治医科大学地域医療学センター教授。 2009年 — 世界保健機関執行理事。 2012年 — 年金・健康保険福祉施設整理機構理事長。 2012年 — 新型インフルエンザ等対策閣僚会議新型インフルエンザ等対策有識者会議会長。 2013年 — 世界保健総会会長。 2013年 — 国立国際医療研究センター顧問。 2014年 — 地域医療機能推進機構理事長。 2016年 — 国際連合国際的な公衆衛生危機対応タスクフォース委員。 2020年 — 新型コロナウイルス感染症対策本部新型コロナウイルス感染症対策専門家会議副座長。 受賞歴• 2000年 — ベトナム社会主義共和国名誉国民賞。 2001年 — 小島三郎記念文化賞。 2002年 — 香港地域医療学会名誉特別専門医。 2004年 — 慶應義塾大学特選塾員。 2008年 — ラオス人民民主共和国国民栄誉賞。 2009年 — 小児麻痺根絶貢献賞。 業績 尾身の最大の業績のひとつは、西太平洋地域において小児麻痺(ポリオ)の根絶を達成したことである。 ポリオ根絶の功績・手腕の為、日本政府は1998年、世界保健機関 WHO 西太平洋地域事務局事務局長選挙に 候補者として尾身氏を擁立し、当選。 その後再選され、事務局長として10年間活躍した。 人類にとって21世紀最初の公衆衛生学的危機であった重症急性呼吸器症候群 SARS 対策に於いて 陣頭指揮をとった。 また、尾身は、西太平洋地域事務局長在任中に、 アジアにおける結核対策を前進させたこと、 鳥インフルエンザの脅威を世界に発信したことなどでも知られている。 出典:wikipedia スポンサーリンク 尾身先生のご健康状態 先生のお若い頃の写真では、ガッシリしたラガーマンタイプに好青年ですが、 失礼) 今は、お仕事のせいかすっかりお痩せになってますね。 お声もカスレてガラガラ声に聞こえます。 ネットの反応をみても先生のご健康の心配の声がしきりですが、 記者会見の安倍総理のフリに対しても終始落ち着いて 的確に、あるいはお公家様の様に上品にお応えになるお姿が 印象的で安心感があります。 お医者様ですから余計な心配でしょうが、 お身体を大事にされて、コロナに向かっていただきたいものですね。 ネットの反応 尾身会長のガラガラ声がものすご心配なの俺だけやろか。 ちょっと休んだほうがいい気もする。 — ニャ〜 K33699673 尾身さん、声が出てないのが気になる。 ちなみに回線切れたどこかの局は自局だけだったみたいで、他の局関係者は聞こえてるみたいだった。 小児麻痺 ポリオ)を根絶されたのは尾身先生だったのですね。 本当に驚きました! 今回も最後までお読みいただき有難うございました。

次の

尾身副座長への国会質問に疑問続出 「#福山哲郎議員に抗議します」もトレンド1位に

尾身先生 声

TBSラジオで毎週土曜日、午後1時から放送している「久米宏 ラジオなんですけど」。 8月17日(土)放送のゲストコーナー「今週のスポットライト」は、元WHO(世界保健機関)西太平洋地域事務局長で、現在は独立行政法人「地域医療機能推進機構(JCHO)」理事長の 尾身茂さんをお迎えしました。 外交官志望だった尾身さんの人生を変えた数奇な出会い、世界の脅威となった感染症との闘い、そしてこれからの日本の地域医療まで、いろいろなことをおやりになってきた方なので話は大いに広がりました。 週に1回、剣道の稽古 スタジオにさっそうと現れた尾身さんは、背が高く締まった体つきでとても若々しい。 ラジオが終わったら剣道の稽古に行くということで防具を入れた大きなバッグを持っていらっしゃいました。 剣道は中学・高校時代にやっていて、63歳のときに半世紀ぶりに再開してから続けているそうです。 尾身茂さんは1949年、東京都生まれ。 へき地医療の担い手を育てる目的で設立された自治医科大学の1期生として外科や産科などを学び、卒業後は東京・伊豆七島の診療所などで地域医療に従事しました。 厚生省(現・厚生労働省)を経て1990年、40歳のときにWHOに転身。 西太平洋地域事務局で、当時世界で蔓延していた小児麻痺「ポリオ」を根絶し世界にその名が知られました。 49歳で事務局長に就任してからは世界規模で感染が拡大したSARS サーズ の制圧にあたり、陣頭指揮を執りました。 尾身さんはそう言います。 それは悪い意味ではなく、そこが面白いということ。 高校3年のときにAFS(アメリカン・フィールド・サービス)の交換留学生として1年間アメリカで過ごした尾身さんは、人種を越えた交流に魅了され、東京大学法学部に入って外交官になろう決めました。 ところが帰国してみると東大は学園紛争のまっただ中。 翌年には安田講堂事件で大混乱となって入試は中止になってしまったのです。 もしこのとき東大入試が行われていたら、WHOのリーダーになることもポリオの撲滅に貢献することもなかったでしょう。 尾身さんは慶應義塾大学法学部に進みますが、当時の大学は権力を敵視する学生であふれていましたから、外交官志望だった尾身さんは「この仕事は権力の手先なんだろうか…」と悩んでしまいました。 学生運動で授業はほとんどなく、本屋で哲学や人生論の本を立ち読みをする毎日。 そんなとき、たまたま手にしたのが精神科医・内村祐之(うちむらゆうし)が書いた『わが歩みし精神医学の道』という本。 それまで微塵も考えたことがなかった「医師」という仕事が、尾身さんの胸に強烈に刻まれました。 「悩みを系決してくれる救世主のような感じで、『これだ!』と思っちゃった。 すぐに退学届けを出して。 父親は激怒です(笑)」(尾身さん) 1冊の本との出会いが尾身さんの人生を変えたのです。 ちなみに内村祐之という人は内村鑑三の長男で、東京帝国大学教授から国立精神衛生研究所の所長となった人物。 1960年代にはプロ野球のコミッショナーも務め、プロ野球の発展にも大きく貢献したのです。 「私の人生は偶然の出会いが重なってここまで来た」と言う尾身さん。 ここでもうひとつ、大きな出会いが訪れます。 慶應大学を中退して、文系から理系へ転向(医学部受験)するために猛勉強をしていた秋のこと、新聞で「自治医科大学、1期生募集」という広告を見つけたのです。 卒業後は出身都道府県の公立病院を中心に地域医療に一定期間、従事することになるのですが、その代わり学費は無料。 返済不要の奨学金もあるということで尾身さんは猛勉強の末、この大学に入学しました。 この自治医科大学というのは、へき地・地域医療の担い手を養成するという目的で各都道府県が出資して設立された学校なんです。 尾身さんは卒業後、都立墨東病院の研修医を経て、伊豆七島の勤務医となりました。 離島の診療所で働いた経験は、尾身さんの人生を大きく方向付けることになります。 島に1人ないしは2人しかいない医師となると、いろいろなところに顔を出すことになります。 市長、村長、役所など、行政のトップと話す機会も多いのです。 まだ30歳そこそこの青年医師が小学校の入学式に呼ばれて来賓として挨拶するなんて、都会の大きな病院で働いているときには経験しないことです。 つまり、一人ひとりの患者を診るだけでなく、社会に関わらざるを得ないということなのです。 それが尾身さんには性に合っていたのです。 「医療だけでなく、広い社会の物事、社会の動きや仕組みを見るのが面白いと思いました」(尾身さん) WHOで感染症対策に情熱注ぐ 元々、外交官志望だった尾身さんは早くから「世界」を意識していました。 そこに離島の診療所の経験も重なって、社会やお金、国際関係というものまで含めて広い視野で医療を見たいと思うようになっていました。 そんなとき、高校のときに一緒にアメリカに留学した友人に進められたのがWHOの仕事でした。 すぐに「これだ!」と思った尾身さんは1990年、40歳のときにWHO西太平洋事務局に入りました。 日本を離れて事務局があったマニラで20年間、感染症対策に取り組みました。 最初の大きな使命は「ポリオ」の根絶でした。 日本では1960年代に猛威を振るいました。 50歳以上の方なら「小児麻痺」という病名を怖ろしく聞いていた覚えがあるのではないでしょうか。 80年代には世界でポリオが蔓延し、患者は125ヵ国35万人にのぼっていました(1988年のデータです)。 そこでWHOは1988年の総会で2000年までにポリオを世界中から根絶する計画を決め、プロジェクトを進めました。 尾身さんが西太平洋事務局に入ったのはちょうどその頃です。 当初は「無理ではないか」という声も多かったのですが、西村さんは西太平洋地域で指揮を執り、見事、2000年にポリオを根絶したのです。 「まあ大変でした。 家族サービスや子供と遊ぶ約束なんか反故にするぐらい。 でも夢中になるぐらい面白かった。 人類の病気を根絶するなんて壮大な夢ですよね。 これを国際的なチームで寝食を忘れてやる。 これは大変だった、確かに。 でも1個、1個の課題を解決するのが楽しかった」(尾身さん) 尾身さんは当時を振り返って「私の第二の青春でした」と言います。 世界に功績が認められた尾身さんは、49歳のときに西太平洋事務局長に選出されました。 後半の10年間では、2003年に世界中で感染が広がった「SARS(サーズ)」の制圧に尽力しました。 今も世界では、平均すると1年にひとつ新しい感染症が登場しているような状況だそうです。 今は日本の地域医療に取り組む 尾身さんは今、全国に57の病院を持つ独立行政法人「地域医療機能推進機構」(JCHO)の理事長として日本の地域医療の向上に取り組んでいます。 また、NPO法人「全世代」を立ち上げ、医療を超えた社会問題にも様々な提言を行っています。 今、各地の自治体や医療機関は医師、看護師、介護士など地域医療を支えるスタッフを獲得するのに必死です。 そういった医師不足、医師の偏在を解消するために医師などを派遣するのがJCHOの重要な役割です。 これから団塊の世代の医師が続々と定年退職を迎えるので、そういう医師のセカンドキャリア、セカンドライフとして、医師が足りない地域への再就職を提案しています。 また、幅広い領域の診療を行う「総合診療医」を育てることも重要な課題だと尾身さんは言います。 医療が高度化するにつれ専門化も進んでいます。 これはもちろん大事なことですが、タテ割診療による弊害もあります。 専門医だけでなく、質の高い総合診療医も増やしていくことによって、全体としてきめ細かく、患者に寄り添う医療が実現できるということです。 さらに、「病院内保育所」(医師や看護師、職員の子どもたちが利用するために院内に設置された保育所)を地域に開放して、待機児童問題の解消につなげようということもNPOで提案しているそうです。 「私は海外で長く働いてきて感じたのですが、日本も自分たちの社会やコミュニティをよくするために、そろそろ政治家やお役所に頼るだけの時代ではなくなったと思います。 むしろ積極的に政治家やお役所に意見するようにならなければいけない。 面倒だと思う人もいると思いますけど、社会に参加しているという意識があれば、楽しいものですよ。 本来、『パブリック』とはそういう意識だと思います」(尾身さん) 尾身茂さんのご感想 久米さんはさすがにうまいですね。 本番前に学生運動の話を始めたりして、なんだか放送しているという意識がなくて昔の友人とおしゃべりをしているような感じになるほど。 だからついついこちらも乗って話をしちゃう。 楽しい30分でした。 孫にぜひ今日の放送を聞かせたい(笑)。 テレビでやってらしたときよりラジオの久米さんはリラックスしているようでしたね。 ありがとうございました。 「今週のスポットライト」ゲスト:尾身茂さん(地域医療機能推進機構・理事長)を聴く 次回のゲストは、文筆家・イラストレーターの金井真紀さん 8月24日の「今週のスポットライト」には、『パリのすてきなおじさん』『酒場學校の日々』といったイラスト入りのエッセイ本をお書きになっている文筆家・イラストレーターの金井真紀さんをお迎えします。 いろいろな「おじさん」を観察するのがお好きだそうで、ご自分のことを「おじさんコレクター」とおっしゃっています。 最新刊は『虫ぎらいはなおるかな?』。 虫の達人たちに話を聞いた、面白い本です。

次の