梅雨入り 四国 2019。 梅雨入り2019九州や四国と中国地方の平均は?気になる関西も調査!

梅雨入り2019四国はいつ?梅雨明け時期予測

梅雨入り 四国 2019

昭和26年(1951年)以降の梅雨入りと梅雨明け(確定値) 梅雨は、春から夏に移行する過程で、その前後の時期と比べて雨が多くなり、日照が少なくなる季節現象です。 梅雨の入り明けには、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。 この資料に掲載した期日は、移り変わりの期間の概ね中日を示しています。 気象庁では、気象予測をもとに行う梅雨の入り明けの速報とは別に、梅雨の季節が過ぎてから、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行っています。 この資料に掲載した期日は、検討の結果、統計値として確定したものです。 今年の梅雨入りと梅雨明けについての速報値は、をご覧ください。 地方別の一覧 地方に含まれる都府県は、をご覧ください。 全地域の一覧• ・csvファイルの公開を開始しました。 2016. 6 ・「-9999」は、梅雨入り梅雨明けの時期がはっきりしなかったため、特定しなかった場合を表します。 ・「平年」は、平成22年(2010年)までの過去30年の平均(入り・明けを特定しなかった年は除外)の日付です。 ・「梅雨の時期の降水量の平年比(地域平均値)」は、全国の気象台・測候所等での観測値を用い、概ね梅雨の期間に相当する6~7月(沖縄と奄美は5~6月)の2か月間降水量の平年比 % を各地域で平均したものです。

次の

梅雨入り2019四国はいつ?梅雨明け時期予測

梅雨入り 四国 2019

今年の梅雨は、いつもの年とは、かなり違っています。 違いの1つめは、「梅雨入り」が遅れていること。 平年ですと、この時期は、沖縄から東北にかけて「梅雨の真っ最中」ですが 梅雨前線は北海道までは北上しないので、北海道には梅雨がありません 、20日木曜日現在、九州北部や四国、中国、近畿では、まだ梅雨入りが発表されていません。 原因は、梅雨前線がなかなか北上しないから。 九州北部や四国、中国、近畿は、1951年の統計開始以来、梅雨入りが最も遅い記録に並んだり、遅い記録を更新する可能性もあります。 違いの2つめは、メリハリのある梅雨になっている所もあること。 関東甲信地方は6月7日ごろに梅雨入りして、東京都心では7日に19. 5ミリの降水量を観測しましたました。 ただ、その後、まとまった雨が降ったのは、2日間だけ。 10日に92. 5ミリ、15日に51. 0ミリの雨を観測し、7日~19日の総雨量の約8割の雨が、この2日間で降りました。 そのほかの日は、雨が降ったとしても、日降水量が10ミリ以下でした。 違いの3つめは、「梅雨明け」が遅れる所もあること。 平年ですと、沖縄の梅雨明けは6月23日ごろですが、この先の予報をみると、沖縄はしばらく曇りや雨の日が多いので、梅雨明けが遅れそうです。 沖縄・奄美 梅雨明けが遅れるだけでなく 大雨も また、前線や湿った東よりの風の影響で、東日本の太平洋側や西日本の太平洋側では、1か月全体の降水量は、平年並みか多いでしょう。 20日木曜日現在、まだ梅雨入りしていない四国や近畿でも、この先は傘の出番が増えそうです。 一方、北日本と、東日本の日本海側、西日本の日本海側では、1か月全体の降水量は平年並みですが、「梅雨前線がなかなか北上しない」のがポイントです。 東日本の日本海側と西日本の日本海側は、特に6月22日~28日の週は、まだ梅雨前線の影響をあまり受けないので、曇りや雨の日が少なくなりそうです。 九州北部など、西日本の日本海側では、5月から降水量の少なくなっている所がありますが、この先も少雨の状態が続く所がありますので、水不足に注意が必要です。 西日本 梅雨入りしても「梅雨寒」に そして、1か月全体の気温をみると、西日本では、寒気の影響を受けるため、平年並みか低いでしょう。 梅雨入りが遅れている所は、やっと梅雨入りしたとしても、梅雨寒の日が多くなりそうです。 特に、6月22日~28日の週は、西日本の平均気温は平年より低いので、服装選びにお気をつけ下さい。 今年の梅雨は、全国的に、いつも通りとはいきませんが、最新の予報をこまめにチェックして、雨の季節を乗り切って下さい。

次の

6月まとめ「遅い西日本の梅雨入り」 梅雨明けは?(日直予報士 2019年06月29日)

梅雨入り 四国 2019

海・山があり自然が豊かな四国地方。 香川県のうどん、高知県のカツオ、愛媛県のみかん 徳島県の鯛と美味しい物もたくさんありますよね! そんな四国地方に行くのであれば やっぱりカラッと晴れていたほうが嬉しいというもの。 これから雨が続く梅雨の時期がやってくるわけですが、 今年 2020年 の四国地方の梅雨はどうなるのでしょうか? 今回は気象庁の過去69年分のデータを参考にして、 今年、2020年の四国地方の梅雨入り・梅雨明け時期の予想を 紹介していきたいと思います! ちなみに昨年の四国地方の梅雨の時期は例年よりも短めでしたが 雨量は例年の1. 5倍ほどと多かったようです。 平年より5日、去年より26日早い梅雨入りとなりました。 それではまずは、気象庁の過去69年間のデータを元にして 2020年の四国地方の梅雨入りの時期を予想していきたいと思います! 気象庁のホームページには過去69年間の 四国地方の梅雨入り時期のデータが公開されています。 今回はそのデータを元にしてひと目で分かるようにグラフを作成してみました。 1951年~2019年までの69年分の梅雨入り時期を見てみると 最も早い梅雨入りは、1976年・1991年の5月19日頃。 一方、最も遅い梅雨入りは、2019年の6月26日頃となっています。 69年間の四国地方の梅雨入り日の平年時期は6月5日頃。 平均をとった線は若干右下がりになっていることから 梅雨入り時期は早まっている傾向が見られます。 そして、直近2年間のデータを見てみると 昨年 2019年 は6月26日頃が梅雨入り、 一昨年 2018年 も6月5日頃が梅雨入りでした。 これらのデータから予想すると 2020年の四国地方の梅雨入り時期は 5月28日頃から6月12日頃の間くらいになりそうですね。 2020年 令和2年 の四国の梅雨明け時期はいつ? それでは、ここからは 2020年の四国地方の梅雨明け時期について予想していきたいと思います。 梅雨明けについても梅雨入りの場合と同様に 気象庁の過去69年分のデータをグラフまとめました。 1951年~2019年までの69年間の梅雨明け時期を見てみると 最も早い梅雨明けは、1964年の7月1日頃。 一方、最も遅い梅雨明けは、1954年の8月2日頃となっています。 また、69年間の梅雨明け日の平年時期は7月18日頃。 さらに、直近2年間のデータを見てみると 昨年 2019年 は7月25日が梅雨明け、 一昨年 2018年 は7月9日が梅雨明けでした。 以上の過去のデータや最近の傾向から予想してみますと 2020年の四国地方の梅雨明け時期は 7月9日から7月23日頃になる可能性が高そうですね。 カラッと晴天が続く夏が早く来ることを願って 今年の梅雨は短くなることを祈って待ちましょう!.

次の