フォロワー数 マウント。 「フォロ爆」にみる高校生のフォロワー数至上主義の危うさ

【インスタ】一般人や高校生のフォロワー数平均を解説する【増やす思考法】

フォロワー数 マウント

個人的に、フォロワー数でマウントを取る時代は終わったと思っている。 が、それについて書く。 今、Twitterは半自動で貼られるnoteのリンクとたまに見るRTだけになったので、私のフォロワー数は増えることはないし、どんどん減るだろう。 現在見てきたら2200人くらいだった 多分こう書いたから、それに気を悪くして減る。 Twitterは単なるバスケ好きのアカウントで、仕事にするわけでも商材にするわけでもなく、情報収集と好き勝手言うのを兼用しているアカウントだ。 自慢か。 自慢じゃない。 自慢は当人にメリットが大きい時に使う。 私の場合、多くの方々と交流して、まあだいたい失敗したのだけど、その中でも優しい友人と素晴らしい推し選手に出会えたのは嬉しいことだった。 あとは…。 結構冗談では済ませられない出来事もあるのでここで洗いざらい書くのは控えるが、色々誤解されることも多く、一般女性として考えるとどうなのかな、と思うことがしばしばあった。 もちろん私をブロックしている人、私に関して何か悪し様に書く方もいるわけなんだけど、その方々が私にしたことに関しては公表していない。 酷すぎたら、然るべき場所に届出るのみ。 たぶん皆さん今日もいい子の仮面をかぶりながら、元気にTwitterしているはずよ。 ちなみに「一般人」としてのフォロワー数は、5万くらいいるとビジネスのお誘いとかがありそうで、2万5千くらいいたら多少なんらかの主張が伝播しそうだなとは思うし、1万こえたら小さいカルト宗教くらいにはなれるのかもしれない。 3000いかないくらいは、別にそういうものとして考えると、至極どうでもいい数値だ。 とはいえ、これはひとりひとりの意思 たとえ放置やミュートであっても なので、今までの交流にはとても感謝をしている。 だから今後はたいしたツイートをする予定はなくとも、あえて減らすつもりも増やすつもりもない。 だからこのnoteもよくある「フォロワーを増やす」有料記事のリンクにつながるわけでもない。 ハウツーを読まないと増やせない人の投稿って面白いのか?そもそも…。 話が逸れた。 言いたいのは 「たかがファンにフォロワー2000人は必要か?」という話をしたいんだった。 私の結論は否。 とりあえずこの「何者か分からないけどこの微妙なおばさん 私のTwitterは私がおばさんであるとすぐ類推できる 」は厄介でしかない。 自分で書くのだから多分もっと厄介だと思われている と思う。 たぶん500人くらいがちょうどいい。 ファンのTwitter。 ほどよく推しチームなり推し選手なりのコミュニティに属していて、界隈の他の方ともやんわり繋がっており、ほどほどでやりすぎない拡散力。 チームマーティングの狙いあたりが流れてくるときに、「ファンに活発にSNS拡散してもらおう!」「熱心なファンを増やそう!」「ご意見を募集してコミュニケーションを取ろう!」的な話が聞こえたりもするが、それは多分その「ほどよい」ファンの善良な良心に期待しているということだ いいことだと思って書いています。 ただ私はその中には入れてもらえなさそうだ。 フォロワー数は増減を繰り返して、3年間で一時期2800近くまでになった気がするのだけれど、1000をこえたとき、2000をこえたとき、2500をこえたときと、段階的に反応の内容が変わった気がする 私にとってはそれがストレスで作為的に減らした経緯があるのだが、今回は省略。 だから何が言いたいかって、全然ほどよくないあのアカウントは 読まれた時の反応もよいことだけとは限らないし、私の意見も必ずしも善意だけで出来ているわけではない ファンとしては面倒くさい変な人だ。 だって選手よりフォロワーが多い なんなら好きなチームより多い んだもの…そりゃこんなババアが何故と思われるだろうし、フォローされても気持ち悪いだけだろうけど… さてこれは、自分が「有名一般人ファン」的な存在になり、熱心に応援している方々として様々な場所やメディアで公開されることで応援の意を表したい場合は違うんだろうな、という印象だ。 そういう生き方の是非は特になく、私はそうでない、というだけ 私がいただいたことのある、奇妙だったり失礼だったりした連絡も「有名になりたいんでしょう」と思われていた節がある。 例えば盗撮されても有名税だからとか。 内容は伏せるが、弁護士相談もしたことがある。 さて、もういちど、有名になりたいか。 私なんかアリーナの客、路傍の石のひとつにすぎない。 まあ現状体育館だから、それぞれ石一つが見えやすいというだけだ。 私は一介のただの人で、その中でどれだけ趣味の「好き!」に向き合えるかなぁ、信念や想いを曲げずにまっすぐ生きたいな、と思って日々を記録して綴っているだけだ。 私が有名になってほしいのは好きな選手だよ!!!!! 奇妙なおばさんは、単に輝く若者 特にボーラー を観るのが幸せなだけなんだよなぁ…。 2020.

次の

ふんどし勘吉さん(@JOJO_MIO_)が何故帰国できないのか考察してみた

フォロワー数 マウント

なぜ、堀江貴文さんの本は売れるのか?(撮影:風間仁一郎) なぜ堀江貴文氏はベストセラーを連発するのか 「ホリエモン」こと堀江貴文さんは、ライブドア事件で逮捕・収監され一時期は表舞台から消えていたが、最近になりまたテレビに出演するなど再ブレーク中だ。 出版する本の多くがベストセラーとなり、累計発行部数242万冊(2017年7月現在)。 いまやビジネス書のベストセラー作家でもある。 堀江さんのTwitterフォロワー数は280万人。 SNS以外にもさまざまなメディアを駆使し、圧倒的な情報発信力を持っている。 「フォロワー数が多いのだから本が売れるのは当然」と思われるかもしれないが、本当にそうだろうか? 確かに堀江さんのフォロワー数は多いが、もっとフォロワー数が多い芸能人や有名人はいる。 フォロワー数が多い人ほど本が売れるというなら、世の中にはベストセラー作家がもっと誕生しているだろう。 なぜ彼の本は売れるのか? 堀江さんが実践する戦略や、発信力の秘密に迫る前に、筆者の知り合いの話をしよう。 時代は2010年にさかのぼる。 30代前半の江川シンイチ(仮名)は、はやりモノに敏感で情報感度が高いという強みを持っていたが、モノゴトがなかなか長続きしないのが玉に瑕(きず)。 シンイチはしばらく会社に勤めた後、「会社員はどうもオレの性に合わない」とフリーランスに転じて、何かを専門にするわけでもなく、知り合いのツテで依頼がきた仕事を請け負っていた。 そこで登場したのがTwitterだ。 「これははやる!」と確信した彼は、興奮ぎみにこう言った。 「Twitterでフォロワーを増やせば必ずカネになる! これをビジネスにしよう!!」 特にはやり出した頃のTwitterでは、フォローされたらフォローを返す、いわゆる「フォロバ(フォローバック)」がマナーのひとつだった。 シンイチは「フォロバ」をしてもらうため、こまめにいろいろな人をフォローして、フォロワー数稼ぎを頑張った。 苦労して集めたTwitterのフォロワー数は3万人。 まもなくシンイチは「ソーシャル・メディア・コンサルタント」を名乗るようになった。

次の

Twitterで引用リツイートはするな【フォロワーが増えません】

フォロワー数 マウント

2020-01-14• フォロワー数 「フォロワー数がついに1万人いきました」 「フォロワー数が3万人いるんですよ」 「フォロワー数何万人のなになにさん」 テレビも雑誌も本もフォロワー数で人を語る。 どこかで会ったどこかの誰かで もう名前も忘れてしまったけれど 「私のフォロワー数は53万です」と 戦闘力のように語るフリーザ様がいました。 たしかに数はわかりやすい。 テストの点数のいい子がすごい。 お金を稼ぐ大人がすごい。 数は正義という価値観。 それって資本主義的だなと思う。 でも数より質の時代がもうそこまで来ている! ぺこぱ インフルエンサー インターネット育ちの私は オフ会に行ったのがきっかけで 有名な人気アカウントの中の人、いわゆる インフルエンサーとオフラインで出会いました。 みんな人気者の顔をしていました。 みんなキラキラした世界にいました。 みんなエネルギーがあって自立していました。 だから「すごい人だ」って憧れたし 相互フォローになれた私も 強くなったような気がしました。 昔の私はなにもわかっていませんでした。 私はからっぽでした。 親友 そんな私を変えたのは親友たちでした。 親友たちは Twitter をやっていません。 Facebook にはビールの写真しかありません。 でも健康で元気で仕事のスキルも経験もあって パートナーやまわりの人を大切にしていて 社会のニュースにも自分の意見をワァワァ喋るし オタクでうるさくてずっと笑わせてくれて 人を上下で見ないからマウントをとってきたりしない。 インターネットにいないけれど自分らしく生きていて インターネットで主張しないけれど自分の意見があって インターネットで知られていないけれど友達や上司や後輩から頼りにされている。 フォロワー数に関係のない世界で こんなに尊敬できる人たちがいると知ってからは 数だけじゃなにもわからないなと思うようになりました。 さよなら 昔の私はずっとインターネットにいたから インターネットの世界しかわかりませんでした。 フォロワー数教のインターネットには 数でマウントをとって煽ったり 数をけなしたりする人もいました。 昔の私はネガティブでした。 自己肯定感なんてなかった。 だから承認されたかったし肯定されたかった。 フォロワー数が増えれば私もいつか あのキラキラした世界の人たちのように すごい人になれるような気がしていました。 でも変わりたい。 もう比べなくていい。 人の価値は数じゃない。 私はそこからさよならしたい。 数に囚われていた昔の私に さよならしたいんだ。 さよならフォロワー数。

次の