デスペラード デッキ。 【デュエルキング到達!!】デスペラードリボルバー強すぎィィィ!!【遊戯王デュエルリンクス 実況No.695】【デスペラードリボルバードラゴン】

遊戯王 デスペラード【闇属性・機械族】デッキレシピ【ビートダウン】

デスペラード デッキ

キャラデッキの中ではかなり除去に長けたデッキになるかと思います。 まずはデッキレシピからどうぞ! このサイトでのキャラデッキについて 作中で使ったカードをもとにできるだけキャラクターの印象を損ねず、今の環境で戦えるようにしています。 基本的にはキャラデッキ同士で戦うことを想定して作っているので、ご理解ください! また、コンセプトデュエルにおいてそのまま使えるようにしてあります。 キャラデッキならこれくらいの強さがちょうどいいのではないでしょうか? VRAINSのキャラデッキに対抗できる数少ない原作キャラの一人になれる気がします。 このカードを手札から特殊召喚する。 コイントスを3回行う。 表が出た数までフィールドの表側表示モンスターを選んで破壊する。 3回とも表だった場合、さらに自分はデッキから1枚ドローする。 この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。 コイントスを行う効果を持つレベル7以下のモンスター1体をデッキから手札に加える。 《リボルバー・ドラゴン》のリメイク版 闇属性機械族が破壊された場合、手札から特殊召喚できるモンスター 簡単に特殊召喚できるモンスターとしては攻撃力も申し分なく、そのままアタッカーになります。 また、 このカードの攻撃を放棄することでバトルフェイズ中に1度コイントスをして表の数まで表側表示のモンスターを選んで破壊することができます。 3回全て表なら1ドローのおまけつき 攻撃できなくても使いやすい除去として活躍することができます。 相手のバトルフェイズの牽制にもなるので特殊召喚のしやすさも相まって強力な1枚です。 墓地に送られた場合、デッキからコイントスを行うことができるレベル7以下のモンスター1体をサーチできるため、後続の確保も万全。 デッキや手札から墓地に送られても効果を発動することができるため、《トレードイン》や《おろかな埋葬》などにも対応しています。 そのカードを破壊する。 その破壊され墓地へ送られたモンスター1体の元々の攻撃力の半分のダメージを相手に与える。 自分フィールドの闇属性・機械族1体と相手フィールドの表側表示のカード1枚を破壊できるカード 自身も対象として選ぶことができ、除去カードとして使えます。 そのまま《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》の特殊召喚に繋ぐことができ相性抜群。 自分フィールドの闇属性・機械族のモンスターが戦闘・効果で相手モンスターを破壊して墓地に送った場合、墓地へ送ったモンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを与えることもできます。 《リボルバー・ドラゴン》系モンスターの効果で除去するとさらにダメージまで発生するため、こちらも優秀な1枚 【バンデット・キース】デッキなので採用していませんが闇属性機械族レベル4を蘇生できるチューナー《ブラック・ボンバー》も存在するため、比較的種族&属性が恵まれているといえます。 手札から機械族・闇属性モンスター1体を特殊召喚する。 キースの使っていたモンスターが揃う賑やかなカード。 このイラスト好き! それぞれの闇属性機械族モンスターに1ターンに1度戦闘破壊耐性を付与して、戦闘ダメージを受けた場合受けたダメージ分攻撃力をアップすることができるカード このカードがある状態で戦闘破壊を狙ってくるとは思えないので、基本は自爆特攻を仕掛けて自分の攻撃力を引き上げるために使います。 攻撃力上昇は永続なので地味に使いやすいのもメリットです。 1ターンに1度、自分フィールドの闇属性・機械族のモンスターが戦闘・自身の効果でフィールドのカードを破壊した場合、手札の闇属性・機械族のモンスター1体を特殊召喚できます。 重い《リボルバー・ドラゴン》系モンスターを展開することが可能になり、デッキを安定させてくれます。 《機甲部隊の最前線》 機械族モンスターが戦闘によって破壊され自分の墓地へ送られた時、そのモンスターより攻撃力の低い、同じ属性の機械族モンスター1体を自分のデッキから特殊召喚する事ができる。 この効果は1ターンに1度しか使用できない。 1ターンに1度、機械族モンスターが戦闘破壊され墓地に送られた時、そのモンスターより攻撃力が低い同属性の機械族モンスター1体をデッキから特殊召喚できるカード リリースなしで召喚できる《可変機獣 ガンナードラゴン》との相性は抜群。 戦闘破壊された時、攻撃力2800未満の闇属性機械族1体を特殊召喚することができます。 自爆特攻して戦線を整えるのも手。 先ほどの《鋼鉄の襲撃者》との兼ね合いは若干良くありませんが、どちらか一方でも機能する状態ならかなり戦いやすくなります。 このカードを意識して構築してあるため、特殊召喚先に困るといったことはないでしょう。 そのコイントスの結果を全て表が出たものとして扱う。 コイントスを行うカードの表の枚数だけ効果を適応するカード 500ダメージ・単体除去・手札破壊と中々の影響力があるカードなので《リボルバー・ドラゴン》との相性は抜群です。 しかし本命は、 墓地から除外することでコイントスを1度に2回以上行う効果の結果を全て表にすることができる効果です。 確実に《リボルバー・ドラゴン》系のモンスター効果を最大まで活かすことができるようになるため、中々のイカサマ具合を再現しています。 Q&A Q. どこに《7カード》隠すの? EXデッキをブラフで用意してその一番上に隠してください。 コイントスをわざと相手の方に飛ばして注意をそらした後、バレないようにそっと手札に加えて下さい! ルール無視のバンデット・キースらしさを追求するならぜひ覚えておきたいテクニックです。 機械族モンスターのみ装備可能。 装備モンスターの攻撃力または守備力は700ポイントアップする。 何度も対戦すると必ずバレるので《レアメタル化・魔法反射装甲》や《破壊輪》などに差し替えるのもおすすめです。 破壊できないモンスターがいたらどうするの? 《クロス・ソウル》や《リミッター解除》で除去できます。 万全を期すなら「壊獣」や《帝王の烈旋》に差し替えておくことをおすすめします。

次の

【遊戯王デュエルリンクス】オルフェゴールデスペラードのデッキレシピ|回し方と対策を紹介

デスペラード デッキ

《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》についての回し方に合わせて、デスペラード・リボルバー・ドラゴンについての効果とカードテキストから重要そうなカードや相性の良いカード。 及び展開例を色々とまとめてみました。 デスペラード・リボルバー・ドラゴンデッキの製作のネタになれば幸いです。 このカードを手札から特殊召喚する。 2 :1ターンに1度、自分・相手のバトルフェイズに発動できる。 コイントスを3回行う。 表が出た数までフィールドの表側表示モンスターを選んで破壊する。 3回とも表だった場合、さらに自分はデッキから1枚ドローする。 この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。 3 :このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。 コイントスを行う効果を持つレベル7以下のモンスター1体をデッキから手札に加える。 「引き金は二度引かねぇ・・・!ってコンボ毎回言ってますよね。 今回は私が大好きな《》のリメイク。 ついでに出しやすさも格段に上がっているという面白い効果モンスターとして登場していますね」 「やったぞ!戦闘破壊されるだけで場に出せちまうんだ!」 『更に効果破壊。 ついでにバーン効果持ちのサポート。 破壊されてもアド損が無いようにサーチも行える。 このカードを手札から特殊召喚する。 2 :1ターンに1度、自分・相手のバトルフェイズに発動できる。 コイントスを3回行う。 表が出た数までフィールドの表側表示モンスターを選んで破壊する。 3回とも表だった場合、さらに自分はデッキから1枚ドローする。 この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。 3 :このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。 コイントスを行う効果を持つレベル7以下のモンスター1体をデッキから手札に加える。 「闇属性・機械族が 破壊された場合に自身を 手札から特殊召喚する効果。 お互いのバトルフェイズにコイントスを行い、判定の結果によってモンスター破壊およびドローを行う効果と、墓地へ送られた場合にレベル7以下のコイントス効果を持っているモンスターをサーチする効果を持ってます」 「個人的にはまったく弱い所が無くてうれしい限りのモンスターです。 なんでコイントスなんかに絞ったのかは分かりませんが、正当な強化で闇属性・機械族のデッキであれば《》の様に奇襲に使える良カードでしょう。 ここまでくると一族の結束でも入れたくなりますけどね」 2 デスペラード・リボルバー・ドラゴンの効果考察 《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》のメリット 「メリットは勿論様々ですが、まず大型の時点で自分から特殊召喚効果を持っている部分はメリットと言えるでしょう。 レベル8なので、様々なサポートカードと共に事故も切り抜けられますし、逆に『カードを伏せてターンエンド』って場合も除去が来ればメリットとなります」 「まぁ、事故率が減った大型って考えるだけでも良いですし、自分のモンスターを《ブラックホール》で流してそのまま出すって事も出来そうなんですよね。 なんでも除去で問題なく出来るので、その点はやっぱり優秀かと」 「更に、Sinサイバーエンドを無理やり出すっていう戦法も遂に実用化されましたの」 《デスペラード・リボルバー・ドラゴン》のデメリット この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。 コイントスのモンスターを入れておかないと効果を最大限に発揮できない。 「この2つは結構キツインデスヨネ。 まぁ、欲張りですけど、コイントスモンスターを採用しておかないと駄目って言うのはナンセンスだったり。 勿論2の効果を使うと攻撃出来なくなるのも、ちょっとなぁ」 「そのまま2800打点が通るのは、ワンキルまでつながるのでその阻止と言えそうですの。 もともとデスペラード・リボルバー・ドラゴンに関しては戦闘除去から出る大型なんですから、これ位のデメリットは許してよって感じですの」 「ですね。 特にコイントスのモンスターも実は《》というカテゴリー内での利点もちゃんと見ればありますものね。 文句は言いません」 デスペラード・リボルバー・ドラゴンデッキってどんな感じになりそう? デスペラード・リボルバー・ドラゴンデッキに関しては現在製作中ですが、様々なデッキの出張として使う事も出来る良カードです。 もともとカード効果は便利なんですから、戦闘破壊してもまた大型が出るって感じで使っていきたいカードと言えるでしょう!」 「そもそも、サイバー・ダークに入れるのも一応アリなんですわよね」 「そうですね!突然のワンキルって言ってますが、サイバーダークだけが手札に来てしまった・・・!なんていう時に役立つかもしれません。 参加・興味のある企業様等はメールにてご連絡ください。 ご連絡はこちら>>mailog2020 gmail. com.

次の

【遊戯王デュエルリンクス】絶対運命力デッキレシピ|回し方と対策

デスペラード デッキ

デッキの概要 デスペラードにオルフェゴールを採用 オルフェゴールモンスターは後続をリクルートすることができる闇属性機械族なので、と相性が良いです。 でドローを進めることもできます。 ブラックボンバーでシンクロも 墓地の闇属性・機械・レベル4を蘇生してシンクロ召喚に繋ぐも採用しています。 を蘇生することができ、自身も闇属性機械族なのでのトリガーとなります。 チューナーなのでシンクロの幅が広がります。 と相性の良い闇属性・機械族モンスターです。 の特殊召喚を狙ことができます。 キーカード解説 カード 詳細 闇属性・機械族が破壊されると手札から特殊召喚することができます。 コイントスの結果次第で相手モンスターを除去することが可能であり、運頼みではありますがかなりの確率で除去することができます。 墓地から除外することでオルフェゴールをデッキから特殊召喚することができます。 効果起動後は闇属性モンスターしか特殊召喚できなくなりますが、も闇なので問題ないです。 を釣り上げて1枚で7シンクロを立てることができます。 このカードも闇属性・機械族です。 コンボ解説 デスペラードを特殊召喚 闇属性・機械族が破壊されることで特殊召喚できるを、を破壊して特殊召喚していきます。 は墓地にいることでの蘇生対象となり、除外することでをデッキから呼び出すことができます。 回し方 デスペラードで攻める 闇属性・機械族が破壊されるという条件を満たして、を特殊召喚していきます。 自身が攻撃できなくなることを条件に3回のコイントスを行い、表の数だけ相手の表側表示モンスターを破壊することができます。 このカードが墓地へ送られた時にはをデッキからサーチできるので、立て直す時間を稼ぐことができます。 シンクロで攻める 墓地にがいれば1枚から7シンクロを行うことができます。 蘇生したは守備になりますが、シンクロを行わずにを犠牲にしての起動トリガーとすることもできます。 弱点と対策 メイン編 破壊されないとデスペラードを出せない を特殊召喚するためには、闇属性・機械族が破壊される必要があります。 破壊ではない除去に弱いです。 対策カード カード 詳細 破壊せずに除外するため、のトリガーとならない除去です。 発動に条件がありますが、並んでいる闇属性・機械族をすべてデッキに返すことができます。 シンクロモンスター、、ダメージステップ以外に出てきたを破壊することができます。 デュエルリンクス関連リンク デッキ.

次の