声優オーディション 一般公募。 声優の一般公募オーディションとは?未経験者のデビューは無理なのか説明

声優オーディション|オーディションプラス

声優オーディション 一般公募

この記事の目次(押すとそこへ飛べます)• 声優オーディションの「一般公募」とは? 声優オーディションは大きく分けて2種類あります。 それは、事務所に所属する為に開催されるオーディションと、とある作品に出演する為のオーディションです。 事務所所属のオーディションは、有名処だと「声優アワード新人発掘オーディション」や「シグマセブン」「81プロデュース」で、大規模に開催されます。 作品に出演する為のオーディションは、主にアニメやゲームのオーディションが多いのが特徴です。 一般公募をする理由は、「声優の原石を探すこと」なので、すでに声優として活動する人から未経験者まで応募可能の場合が多いです。 未経験者が合格する確率は? まず先に申しますと、未経験者で合格はほぼ不可能です。 「声優の原石を探すことが目的」といっても、「最低限の発声や滑舌やキャラ作りが出来ること」が大前提です。 その為、合格者は専門学校や養成所に通う人がほとんどです。 稀に未経験者で合格する人がいますが、そういう人はデビュー後すぐ売れっ子になってしまうような飛び抜けた才能があります。 大抵の人は、声優の勉強をしている人の実力に圧倒されて、合格することはありません。 しかし合格出来なくても、特に作品オーディションは提携している養成所に特待生として、レッスンに参加できるケースがあります。 その為、未経験者だからといって、無意味というわけではないのです。 >【関連記事】 どうやって応募するの? 応募方法はオーディションによって様々ですが、まず履歴書の提出が必要です。 提出方法は郵送がほとんどで、メールで応募可能なオーディションもあります。 履歴書はオーディション側で用意される場合がほとんどで、写真(全身・バストアップ)や学歴・職歴・自己PRの記入が必要になります。 この履歴書はとても重要で、「きれいな字で記入されているか」「自己PRはしっかり書けているか」「顔立ちは良い方か」など、大半はこれで判断されます。 その為、 <1>「字は丁寧に書く」 <2>「自己PRは嘘をつかない程度にしっかり書く」 <3>「写真は自撮りではなく、写真屋さんでプロに撮ってもらう」 これらは、最低限するべきです。 少なくとも、応募してくるライバルの初心者さんとは一線を画すことはまず確定的です。 中には、ボイスサンプルの提出を求められることもあります。 その場合は 【1】「どの形式で提出するのか(wav形式 mp3形式 オーディオ形式など)」 【2】「音は小さくないか」 【3】「ちゃんと録音出来ているか」 など確認する必要があります。 オーディション対策は? 声優オーディションへ応募して、無事に書類審査に通り、次はいよいよ実技審査です。 「本番当日まで何もしない…」というのはまずありえません。 本番まで何を対策すれば良いのでしょうか? やらないとオーディションに落ちる7つとは? 限定レポート無料配布中 もし課題があった場合は、課題を必死に練習します。 毎日毎日何百回も同じセリフやナレーションを練習します。 そこで気を付けることは、「必ずスマホなどでいいから録音すること」です。 録音してみないと、自分の癖やうねりは意外と気づかないものです。 スマートフォンからでも録音出来るので、是非アプリをダウンロードして録音して聞いてみて下さい。 出来れば第三者に自分の演技を見てもらうと、より客観的な意見が貰えるんですけどね。 それともう一つ。 課題と同じくらい「自己PR」の練習は徹底してください。 審査員は1日に何十人、何百人の受験者を審査します。 皆同じような演技・自己PRを見させられて、正直途中で審査員もうんざりしてくるのです。 「皆一緒に見えて誰も印象に残らない」という意見が実際にあります。 そうならない為に、 自分はどんな演技が得意で、この審査ではどんな役をもとめられているのか?自己分析をして審査員から好印象をゲットして下さい。 オーディションでは、演技や自己PRが全てではない さあ、実技審査当日になりました。 「課題や自己PRはたくさん練習したし、緊張はするけど自信はある!」と気合十分だと思います。 しかし、ちょっと待ってください。 実技審査では、演技や自己PR以外の部分も見られていることを知っていますか?審査員は、一体何を見ているのでしょうか? それは「態度」です。 声優業界はまさに「体育会系」で、礼儀や常識がある人でないと続けていくことは出来ません。 その為オーディションでは、「ちゃんと礼儀をわきまえているのか」態度をしっかり見られます。 例えば「オーディション会場へ入った時、挨拶は大きな声で、お辞儀も丁寧にしているのか」「控室でだらけていないか」「オーディション後、お礼を言えているかどうか」などです。 実技審査中だけ、良い子にしていれば良いわけではありません。 会場の入退場からすでに審査は始まっていると思った方が良いです。 合格・不合格はどのようにして分かるの? オーディション後、合格者は期限までに連絡を入れる所が多いです。 大体は電話連絡が多く、そこで今後のスケジュール等相談する形になります。 不合格の場合、連絡はありません。 「合格者の方のみ、〇日までに連絡します」と伝えられます。 合格者より不合格者の方が圧倒的に多いわけですから、不合格者まで連絡を入れる労力やお金が勿体ないのです。 ビジネスに使えると思った声優を選ぶのが目的なので、コストは最小限にしておくに限ります。 声優志望者の中から「使える声優」を選び出す社員たちに、わざわざ落選者への連絡をさせていては、社員は「売り上げを出すための仕事」の時間を奪われることになりますから。 まとめ いかがでしたか? 声優オーディションを受ける人は年々増えていき、狭き門になっています。

次の

小学生で声優になるには?声優オーディションあるの?

声優オーディション 一般公募

この記事の目次(押すとそこへ飛べます)• 声優オーディションの「一般公募」とは? 声優オーディションは大きく分けて2種類あります。 それは、事務所に所属する為に開催されるオーディションと、とある作品に出演する為のオーディションです。 事務所所属のオーディションは、有名処だと「声優アワード新人発掘オーディション」や「シグマセブン」「81プロデュース」で、大規模に開催されます。 作品に出演する為のオーディションは、主にアニメやゲームのオーディションが多いのが特徴です。 一般公募をする理由は、「声優の原石を探すこと」なので、すでに声優として活動する人から未経験者まで応募可能の場合が多いです。 未経験者が合格する確率は? まず先に申しますと、未経験者で合格はほぼ不可能です。 「声優の原石を探すことが目的」といっても、「最低限の発声や滑舌やキャラ作りが出来ること」が大前提です。 その為、合格者は専門学校や養成所に通う人がほとんどです。 稀に未経験者で合格する人がいますが、そういう人はデビュー後すぐ売れっ子になってしまうような飛び抜けた才能があります。 大抵の人は、声優の勉強をしている人の実力に圧倒されて、合格することはありません。 しかし合格出来なくても、特に作品オーディションは提携している養成所に特待生として、レッスンに参加できるケースがあります。 その為、未経験者だからといって、無意味というわけではないのです。 >【関連記事】 どうやって応募するの? 応募方法はオーディションによって様々ですが、まず履歴書の提出が必要です。 提出方法は郵送がほとんどで、メールで応募可能なオーディションもあります。 履歴書はオーディション側で用意される場合がほとんどで、写真(全身・バストアップ)や学歴・職歴・自己PRの記入が必要になります。 この履歴書はとても重要で、「きれいな字で記入されているか」「自己PRはしっかり書けているか」「顔立ちは良い方か」など、大半はこれで判断されます。 その為、 <1>「字は丁寧に書く」 <2>「自己PRは嘘をつかない程度にしっかり書く」 <3>「写真は自撮りではなく、写真屋さんでプロに撮ってもらう」 これらは、最低限するべきです。 少なくとも、応募してくるライバルの初心者さんとは一線を画すことはまず確定的です。 中には、ボイスサンプルの提出を求められることもあります。 その場合は 【1】「どの形式で提出するのか(wav形式 mp3形式 オーディオ形式など)」 【2】「音は小さくないか」 【3】「ちゃんと録音出来ているか」 など確認する必要があります。 オーディション対策は? 声優オーディションへ応募して、無事に書類審査に通り、次はいよいよ実技審査です。 「本番当日まで何もしない…」というのはまずありえません。 本番まで何を対策すれば良いのでしょうか? やらないとオーディションに落ちる7つとは? 限定レポート無料配布中 もし課題があった場合は、課題を必死に練習します。 毎日毎日何百回も同じセリフやナレーションを練習します。 そこで気を付けることは、「必ずスマホなどでいいから録音すること」です。 録音してみないと、自分の癖やうねりは意外と気づかないものです。 スマートフォンからでも録音出来るので、是非アプリをダウンロードして録音して聞いてみて下さい。 出来れば第三者に自分の演技を見てもらうと、より客観的な意見が貰えるんですけどね。 それともう一つ。 課題と同じくらい「自己PR」の練習は徹底してください。 審査員は1日に何十人、何百人の受験者を審査します。 皆同じような演技・自己PRを見させられて、正直途中で審査員もうんざりしてくるのです。 「皆一緒に見えて誰も印象に残らない」という意見が実際にあります。 そうならない為に、 自分はどんな演技が得意で、この審査ではどんな役をもとめられているのか?自己分析をして審査員から好印象をゲットして下さい。 オーディションでは、演技や自己PRが全てではない さあ、実技審査当日になりました。 「課題や自己PRはたくさん練習したし、緊張はするけど自信はある!」と気合十分だと思います。 しかし、ちょっと待ってください。 実技審査では、演技や自己PR以外の部分も見られていることを知っていますか?審査員は、一体何を見ているのでしょうか? それは「態度」です。 声優業界はまさに「体育会系」で、礼儀や常識がある人でないと続けていくことは出来ません。 その為オーディションでは、「ちゃんと礼儀をわきまえているのか」態度をしっかり見られます。 例えば「オーディション会場へ入った時、挨拶は大きな声で、お辞儀も丁寧にしているのか」「控室でだらけていないか」「オーディション後、お礼を言えているかどうか」などです。 実技審査中だけ、良い子にしていれば良いわけではありません。 会場の入退場からすでに審査は始まっていると思った方が良いです。 合格・不合格はどのようにして分かるの? オーディション後、合格者は期限までに連絡を入れる所が多いです。 大体は電話連絡が多く、そこで今後のスケジュール等相談する形になります。 不合格の場合、連絡はありません。 「合格者の方のみ、〇日までに連絡します」と伝えられます。 合格者より不合格者の方が圧倒的に多いわけですから、不合格者まで連絡を入れる労力やお金が勿体ないのです。 ビジネスに使えると思った声優を選ぶのが目的なので、コストは最小限にしておくに限ります。 声優志望者の中から「使える声優」を選び出す社員たちに、わざわざ落選者への連絡をさせていては、社員は「売り上げを出すための仕事」の時間を奪われることになりますから。 まとめ いかがでしたか? 声優オーディションを受ける人は年々増えていき、狭き門になっています。

次の

声優オーディションの一般公募って?未経験でも声優になれる?

声優オーディション 一般公募

「声優オーディションはだれでも受けられるの?」 「オーディションの種類や具体的な内容が知りたい!」 「声優のレッスンが受講できるおすすめのスクールは?」 アニメやゲームに出てくるキャラクターの声、海外ドラマの吹き替えやテレビのナレーションなど、声優に憧れを抱く人はたくさんいます。 「活躍できる声優になりたい!」と思っても、現在のあなたが有名人ではないかぎり、登龍門となる声優オーディションに参加し、その実力が認められなければなりません。 声優として活躍を目指す人のために、 オーディションの種類や内容を詳しく解説。 声優への近道となるおすすめのスクールも紹介しています。 本ページによって声優に憧れを抱くみなさんの悩みが1日も早く解決することを祈っています。 声優オーディションの種類 声優としてアニメやゲーム、ナレーターとして活躍するには、声優オーディションに参加することが必須です。 声優オーディションと一口に言っても、2種類に分けることができます。 1つ目は大手プロダクションや養成所に所属できる 事務所主催のオーディション。 2つ目は 一般公募のオーディションです。 それぞれのオーディションの特徴を簡単に確認しておきましょう。 事務所主催の声優オーディションとは? 事務所主催の声優オーディションは、 声優が多く所属するプロダクションや養成所が開催しているオーディションのこと。 名の知れたオーディションとして「81オーディション」や「シグマ・セブン声優オーディション」などがあります。 また、さまざまな事務所から指名されるチャンスのある「声優アワード新人発掘オーディション」も人気を博しています。 事務所主催の声優オーディションに応募し、 合格したとしても、多くの場合、すぐに作品に出られるわけではありません。 事務所の養成所特待生や所属声優となり、本格的なレッスンを受けながら、アニメやゲームなどで活躍できる声優を目指します。 事務所主催のオーディションは基本的に声優としての レッスンを専門学校やスクールなどで受講した人が対象となっています。 一般公募の声優オーディションとは? 一般公募の声優オーディションは、プロダクションや養成所に所属するためのオーディションではなく、 合格すれば声優として作品に参加できるメリットがあります。 事務所主催のものとは違い、一般公募の声優オーディションはプロ・アマを問わずに誰でも参加できるため、 声優の「原石」や「金の卵」を発掘するためのオーディションといってもよいでしょう。 声優プロダクションや養成所に所属していない人や未経験者も応募すれば参加できることが多く、 誰にでも活躍できるチャンスがあります。 声優オーディションはどんなことをする?内容は? 声優オーディションの種類とともに気になるのが、実際のオーディションの内容ではないでしょうか? 声優の登竜門となるオーディションではどんなことをするのか・・・ もっともオーソドックスなオーディションの大まかな流れを確認しておきましょう。 書類審査 一次審査として 履歴書や身長・体重などのプロフィール、写真を送付する書類審査が行われます。 場合によってはボイスサンプルや自己PRの作文が必要となることもあります。 各オーディションの募集要項に合わせ、 すべての書類を完璧にそろえて提出することが求められます。 実技試験 書類審査に合格すると二次審査の実技試験へと移ります。 スタジオなどを使用し、 「テキストリーディング」と呼ばれる台詞を声に出して読む試験が実施されます。 なかには数名での台詞のかけあいや、フリートークが試験の項目に入ることもあります。 大規模な声優オーディションになると観客がいる会場の舞台で朗読会が実施されることもあります。 実技試験では 声優としての力量が試されるため、さまざまな試験内容に対して柔軟に対応できるよう準備しておくことが大切です。 面接 二次審査のほかに面接が実施されることも珍しくありません。 面接では書類審査や実技試験では確認できなかったその人の 人柄や教養、一般常識、プロ意識、礼儀などがチェックされます。 志望動機のほか、質疑応答など、自分をアピールする場も設けられています。 オーソドックスな声優オーディションは 一次試験、二次試験、場合によって面接を経て、最終的な合格者が決定します。 声優として活躍するには通らなければならない道です。 そのため、大まかな流れを押さえ、自分の希望とするオーディションの合格を勝ち取りましょう。 アニメやゲームの声優オーディションを突破する最低条件は? 合格すればいきなり作品に参加できる一般公募の声優オーディションは、人気アニメやゲームのキャラクターに対する募集も少なくありません。 プロでもアマでも参加できるため「未経験でも、もしかしたら合格できるかも・・・!」「声優になれるかも・・・!」と期待に胸を躍らせるのもわかります。 しかし、厳しいことを先に言っておくと、未経験者や素人、独学で少し頑張ったぐらいの人が 声優オーディションに参加しても、合格を勝ち取ることはほぼ不可能です。 そのため、声優プロダクションや養成所、専門学校などに通っている人以上の実力がなければ太刀打ちできません。 スカウトや未経験から声優デビューを果たす人も稀にいますが、そういう人はもともと才能がある場合や、アイドルとして活躍できる容姿や歌唱力など、人よりも圧倒的な魅力が備わっていることがほとんどです。 一般公募の声優オーディションは誰にでも開かれたものであるため、応募することが無意味だとは思いませんが、オーディションを突破するだけの条件を満たすには、 声優としての基本的な技術を身につける必要があります。 声優プロダクションに所属することや養成所の生徒になるには、事務所主催のオーディションに合格しなければならず時間がかかります。 一番手軽・最短で声優としてのスキルを習得したい人はスクールに通うことがおすすめです。 声優を目指すならスクールに通おう! 声優を目指したい!オーディションを突破したいと考えているのなら、声優プロダクションや養成所の生徒に負けないだけの技術を身につけることが必須。 当編集部では声優としてのレッスンが受けられるスクールの中でも、 をおすすめしています。 しかし、なぜ数あるスクールの中でもシアーミュージックなの?と疑問に思う人もいますよね・・・。 そんな、みなさんの「なぜ?」を解決するため、各スクールを独自の視点で比較してきた当編集部だからそこわかる シアーミュージックの特徴や情報をご紹介します。 シアーミュージックの詳細 の声優コースは17年(2018年時点)もの実績があり、 講師の質が高いことで知られています。 基礎的な発声練習はもちろん、声優になるための実践的なカリキュラムが魅力です。 シアーミュージックは1コマ45分間のマンツーマンレッスン。 声優になるために専門学校に通う人もいますが、 専門学校では、ほかの生徒と行うグループレッスンがほとんど。 グループレッスンの場合、人目が気になって質問したくてもできない、本当はわからないのに恥ずかしくて聞けないなどの状態に陥ることも・・・。 声優業界の競争はシビアで、常にイス取りゲームが行われている状態です。 1日も早く実力をつけるにはプロの講師から直接アドバイスが受けられ、できていない部分に関して素早く対処・修正できる マンツーマンレッスンが絶対におすすめ!滑舌や演技力の高さなど、テクニックの向上も目指せます。 編集部独自の採点でシアーミュージックの評価を5つの項目でわかりやすくまとめました。 最高ランクを表す オール「S」評価です!ボイストレーニングを初めて行う初心者のみなさんにも自信をもっておすすめできます。 講師の質 価格 カリキュラム レッスンの入れやすさ 通いやすさ 【講師の質】 シアーミュージックは講師の質が高いことで知られるスクールです。 アニメやゲーム、ドラマ、ナレーターなど、 声優として第一線で活躍しているプロが講師として採用されています。 現場にいる人間だからこそわかる声優として活躍するためのアドバイスや、オーディションに対する心構え、必要となる技術を学ぶことが可能です。 専門学校と違い、毎月の月謝制であるため、満足のいくレベルに達した段階でレッスンを止めることが可能。 費用の面を考えても、 スクールに通うほうが経済的です。 【カリキュラム】 カリキュラムは生徒の希望をヒアリングしたのち、講師が生徒のスキルや目標を考慮し、 オリジナルのレッスン内容を作成。 レッスンが進んでいくごとに修正可能であるため、成長の具合に合わせて進めることが可能です。 1コマ45分のマンツーマンレッスンでは講師のアドバイスや指導が直接受けられます。 カリキュラムの例として、発声を基本とした ボイストレーニングや演技指導、アフレコレッスン、歌唱指導がメインとして行われます。 発声練習 正しい声の出し方と腹式呼吸を身につけ、声優にとって必要不可欠な 発声と声作りの習得が目指せます。 演技指導 声優はさまざまな役によって演じ分けられる高い演技力も必要です。 シアーミュージックでは言葉のイントネーションや抑揚の指導とともに、年齢やシチュエーションを細かく設定したうえで、声を作る練習が行われます。 アフレコレッスン アフレコレッスンは オリジナルアニメに合わせて声をいれていく実践編です。 声入れの姿勢やマイクの位置、台本の持ち方など、講師が現場でどのように行っているのかも知ることができます。 養成所では一年目にアフレコレッスンを体験させない場合もありますが、シアーミュージックでは実践的な経験を重視。 これまでボイストレーニングの経験がない人でも アフレコレッスンが体験でき、テクニックを学ぶことが可能です。 歌唱指導 シアーミュージックはボーカルトレーニングも得意なスクールであるため、高いレベルの歌唱指導が体験できます。 声優オーディションを受ける際に歌のサンプルが必要になる場合や、最近の傾向として、声優が主題歌や挿入歌を歌うことも珍しくありません。 声優の枠にとらわれない活躍を目指している人は、歌唱指導も受講しましょう。 アニソンはもちろんそれぞれのキャラクターソング(キャラソン)も練習できます。 【レッスンの入れやすさ】 レッスンは自分の都合に合わせて通うことのできる フレックス制を採用しているため、仕事や学校帰り、空き時間など、希望する曜日・時間に予約できます。 スマートフォンやパソコンから予約やキャンセルが可能な点もメリット。 レッスンの予約日に急遽予定が入った場合でも、前日の17時までにキャンセルすることで、振替レッスンが受講できます。 【通いやすさ】 シアーミュージックは声優プロダクションや養成所のような入会審査を設けていないため、 始めたいと思ったときにレッスンが受けられます。 また、専門学校のように1~2年制ではなく、その月ごとに料金を支払うシステムであるため、普段の生活を維持したまま負担をかけずにボイストレーニングが実践・継続できます。 シアーミュージックの各校舎は最寄駅から徒歩圏内の好立地にあるため利便性も抜群! 声優コースのマンツーマンレッスンは 関東、関西を中心に全国17教室(2018年12月時点)で開講しています。 栄(名古屋)、広島(中国)、福岡天神(九州)でも受講可能です。 声優になりたい人!• ボイストレーニングが初めての人!• 演技力を身につけたい人!• アフレコレッスンを体験したい人!• 歌唱力もしっかり鍛えたい人!• 声優として第一線で活躍する講師の指導が受けたい人! シアーミュージックは 無料体験レッスンを受付中です。 マンツーマンレッスンでは講師との相性がとても重要になります。 体験レッスンに参加することで相性はもちろん、スクールの雰囲気も確認してください。 シアーミュージックの体験レッスンでは講師があなたの声質を判断し、自宅でできる練習方法を教えてくれます。 また、 アフレコにも挑戦できる特典付き! メリット満載のシアーミュージックが気になった人、マンツーマンレッスンを開始したい人、講師との相性を確認したい人はぜひ下記ボタンをクリックして詳細を確認してください! 声優オーディションに向けての対策も大事 声優としてアニメやゲームのキャラクターを担当するにはオーディションを突破しなければなりません。 スクールに通うと同時に、 声優オーディション合格に向けての対策も考えましょう。 声優オーディションを突破するにはスクールでの練習だけでは厳しいことを自覚し、 プロの講師から習得したことを必ず家でも繰り返し練習してください。 台詞を何百回も読むことはもちろん、指摘された課題がクリアできるまで努力しましょう。 自分がどのように話しているのか、変なクセがついていないか第三者の視点で確認可能です。 また、年齢や性別、シチュエーションを決めて行う練習も録音しておくことで、声が作り込めているのか、自分がイメージしている通りできているのか知ることができます。 録音は定期的に行い、聞き返すことが大事。 以前に録音した声を聞くことで成長の度合いが確認でき、練習のモチベーションアップにもつながります。 自己PRは自分の 思いややる気を審査員にアピールできる絶好の機会です。 審査員はテンプレート通りの自己PRは聞き飽きており、それでは印象に残りません。 自分の得意とする演技はどんなものなのか、そのオーディションのなかでどのキャラクターが演じられるのかをイメージし、ライバルもよりもインパクトのあるアピールを考え、のぞむべきです。 声優業界は華やかに見えますが、 体育会系の業界です。 あいさつなどの基本的な礼儀ができていない人はこの業界で長く活躍することはできません。 自己PRをしっかり考えるとともに、礼儀正しい行動を心がけましょう。 写真の種類はオーディションによって異なりますが、 バストアップや全身写真が必要となります。 基本的に 仕上がりが綺麗な写真スタジオで撮影しましょう。 写真スタジオに行った際、用途を伝えればプロがポージングのアドバイスをしてくれます。 写真に関しては プリクラはNG。 簡易の証明写真はOKである場合もあるため、確認が必要です。 写真撮影をする際の服装も気をつけましょう。 身体のラインが隠れてしまうようなダボダボした服装はNGです。 女性であればワンピースやブラウスとスカート。 男性の場合はシャツにパンツ、ジャケットを着用すればパーフェクトです。 男女ともにスニーカーは印象がよくありません。 革靴や女性であればパンプスなどをはくとよいでしょう。 声優は声を使った仕事ですが、人気声優と呼ばれる人は容姿にも注目が集まります。 そのため、オーディションの段階から身なりに関しては高い意識をもつことが大切です。 技術を身につけて活躍できる声優になろう! 声優として活躍するには、声優オーディションに参加して役を勝ち取る必要があります。 海外ドラマの吹き替えやナレーションのほか、日本のアニメやゲームが世界的に人気であることから、声優を目指す人は多くなっています。 とにかく倍率が高いため、 未経験者や素人ではオーディション突破の可能性はほぼ0%。 本気で声優として活躍したいのなら スクールに通ってプロの講師から直接レッスンを受けることが一番の近道です! 編集部がおすすめする では無料体験レッスンが受けられます。 入会前の段階で、アフレコレッスンが体験でき、さらに自宅で行う練習方法も教えてもらうことができます。 声優コースが受けられるマンツーマンレッスンの候補として ぜひ足を運んでみてください。 地域別ボイトレ教室• 北海道・東北地方• 北海道• 青森県• 秋田県• 山形県• 岩手県• 宮城県• 福島県• 関東地方• 栃木県• 群馬県• 茨城県• 千葉県• 埼玉県• 東京都• 神奈川県• 中部地方• 山梨県• 長野県• 新潟県• 富山県• 石川県• 富山県• 福井県• 静岡県• 愛知県• 岐阜県• 近畿地方• 三重県• 滋賀県• 京都府• 奈良県• 大阪府• 和歌山県• 兵庫県• 中国地方• 岡山県• 広島県• 鳥取県• 島根県• 鳥取県• 四国地方• 香川県• 徳島県• 愛媛県• 高知県• 九州・沖縄地方• 福岡県• 大分県• 佐賀県• 長崎県• 熊本県• 宮崎県• 鹿児島県• 沖縄県•

次の