パチマガ ツイッター。 安田一彦の内緒話62 パチマガ休刊について思うこと/安田一彦

パチンコライターのポコ美が「ナツ美」に改名した理由まとめ|トレンド人

パチマガ ツイッター

パチマガギャルズダービー2017(ちゃんねる杯)第7戦は、ポコ美VSりんか隊長の決勝進出崖っぷち(!? )先輩後輩対決!! パチマガ創刊30周年を記念して開催されている女だらけの超大型実戦企画です。 自らのプラス収支と対戦ボーナスポイントをかけ、今回は爆連スペック対決をお届け!! 決勝進出者や優勝者を予想するクイズなど視聴者参加要素満載!! 詳しくはパチンコ攻略マガジンや特設サイトをチェック!! 再生回数:13361 コメント:348 マイリス:22• 再生回数:5462 コメント:219 マイリス:3• 再生回数:22816 コメント:542 マイリス:7• 再生回数:6300 コメント:257 マイリス:4• 再生回数:5736 コメント:227 マイリス:2• 再生回数:6212 コメント:305 マイリス:5• 再生回数:34787 コメント:1398 マイリス:25• 再生回数:43634 コメント:1754 マイリス:91• 再生回数:1228 コメント:27 マイリス:2• 再生回数:28022 コメント:1654 マイリス:22• 再生回数:3658 コメント:126 マイリス:2• 再生回数:10770 コメント:346 マイリス:8 タグ がついた人気の動画•

次の

安田一彦の内緒話62 パチマガ休刊について思うこと/安田一彦

パチマガ ツイッター

月刊パチマガスロマガ/永山編集長 大学卒業後に物流会社に入社するも、営業中にパチスロばかり打つ典型的なサボリーマンに。 退職後はパチスロで収入を得つつバンド活動に勤しむ。 ある日スロマガの求人に応募するも、なぜか採用されたのはパチマガ編集部。 そして現在に至る。 公式サイト 公式ツイッター YouTube公式チャンネル パチ/スロ業界のスペシャリストに迫るインタビュー企画「エキスパート」。 今回のスペシャリストは 噂の新雑誌、「月刊パチマガスロマガ」の永山編集長です! ネットでも大きな話題となっている「パチンコ攻略マガジン」「パチスロ攻略マガジン」「パチスロ攻略マガジン ドラゴン」計3誌の休刊・統合。 今回は新雑誌の発売を記念して、様々なお話を伺ってきました! 第1回は休刊・統合までの経緯と、パチマガスロマガの歴史について。 ぜひ最後までお読みいただければと思います! 色んなぶっちゃけトークが聞けました 「攻略誌としての役割を終え、次のステップに…」編集長が休刊・統合の裏側を語る 各誌最終号がこちら。 表紙のエピソードも聞いてきました! まず、事前アンケートにボリュームたっぷりでお答え頂きありがとうございます 笑。 ぶっちぎりで歴代最多の文字量でした。 いえいえ 笑。 この大きな変化のタイミングで、色々とご関心もあるかと思いまして。 僕らとしてもぜひそういった情報を皆さまに知っていただきたいということで、今回のインタビューは本当に二つ返事でお受けいたしました。 ありがとうございます! 新雑誌の前に、まずは旧3誌の休刊・統合についてお伺いしてよろしいですか? えーと…そうですね、どこまでぶっちゃけようかな~ 笑。 どうしよっかな〜 ふふふふふ 笑 やっぱり、良い時代に比べるとファンも減っちゃいましたし、WEBの台頭で雑誌を手に取る層が絞られてきていると思うんですよね。 我々は「攻略」っていうところにプライドを持ってやってきたんですが、メーカーさんのセキュリティもどんどん上がって、攻略だけで毎号記事が作れる感じでもなくなってきていて。 そんな中、 雑誌の使命や存在意義とは何か?というのを社内で一度見つめ直すことになったんですね。 時代の変化に対応する方法を考えるということですね。 そうです。 攻略に特化すればパチンコ・パチスロ村の人たちが喜んでくれるのは分かるんですけど、雑誌はコンビニで目に触れる機会もありますし、 「もっと広い視点でファンを増やしたい」「パチンコ・パチスロを盛り上げていきたい」という意見が多く出てきたんですね。 そこで、マンパワーの拡充をはじめとした複合的な理由から、 「一度攻略誌としての役割を終了し、次のステップにいこうじゃないか」という方針に固まりまして、今回の休刊・統合という運びになりました。 それが決まった時の編集長の心境はどうだったんですか? そりゃまぁ、がっかりしましたよ 笑 ですよね 笑 雑誌の厳しい状況についてはさっきも本音で言っちゃいましたけど、その中でも 「読者に手に取って喜んでいただけるものを作り続けたい」という思いは強くあったんです。 僕はパチンコの方でしたが、新しいチャレンジの結果としてそこそこ数字がついてきたところだったので、「これからだな」っていう思いもあったんですが。 まぁ会社の判断なのでしょうがないんですけどね 笑 その「チャレンジ」というのは去年の秋頃からあった動画演者の起用などでしょうか? そうですね。 あらゆるファンに楽しんでいただけるよう、様々な媒体に垣根を越えたご協力をいただき、誌面を華やかに飾ってきたところがありまして。 他にも32年間守り続けてきたB5判サイズを大きく変えて見やすくしたり。 そういった変革がチャレンジですね。 もちろんそれだけではないんですが、一つ一つの積み重ねで実売も上がってきていたところではありました。 では、プラスの影響が多く出ていたということでしょうか。 はい!それは間違いないです。 ネガティブな状況での休刊ではなかったんですね。 ちょっと話が変わりますが、パチマガ最終号の表紙に「33年間ありがとう」と書いてある中、メインがシンフォギアでした。 これはやはり情報を伝えることを優先したんでしょうか? そうですね 笑。 この号はパチマガの歴史を振り返る渾身の51ページを掲載してまして。 皆で昔のパチマガを引っ張り出して、新しいスタッフは昔の記事を知らなかったりするのでそれを読みながら、「あ、これ面白い!」ってキャプチャーして誌面にして。 こんなドテチン、最近見ないですからね 笑 最近見れない「こんなドテチン」 最近は見れないですね 笑 みんなで楽しみながら苦しみながら、気合で51ページ作りました。 ですが、やっぱり最新情報をお届けしたいという思いもあり、また シンフォギアはうちが一番先行して載せられるタイミングだったものですから、やらない手はないだろうということでね。 そこはやはり攻略誌としての矜持というか。 そうですね、譲れない部分が 笑。 最後にプライドが出ちゃったっていう 笑 出ちゃったみたいです バックナンバーはこちら•

次の

【検証】パチマガスロマガ ゴールド会員のメリット・デメリット【2019年ver.】

パチマガ ツイッター

月刊パチマガスロマガ/永山編集長 大学卒業後に物流会社に入社するも、営業中にパチスロばかり打つ典型的なサボリーマンに。 退職後はパチスロで収入を得つつバンド活動に勤しむ。 ある日スロマガの求人に応募するも、なぜか採用されたのはパチマガ編集部。 そして現在に至る。 公式サイト 公式ツイッター YouTube公式チャンネル パチ/スロ業界のスペシャリストに迫るインタビュー企画「エキスパート」。 今回のスペシャリストは 噂の新雑誌、「月刊パチマガスロマガ」の永山編集長です! ネットでも大きな話題となっている「パチンコ攻略マガジン」「パチスロ攻略マガジン」「パチスロ攻略マガジン ドラゴン」計3誌の休刊・統合。 今回は新雑誌の発売を記念して、様々なお話を伺ってきました! 第1回は休刊・統合までの経緯と、パチマガスロマガの歴史について。 ぜひ最後までお読みいただければと思います! 色んなぶっちゃけトークが聞けました 「攻略誌としての役割を終え、次のステップに…」編集長が休刊・統合の裏側を語る 各誌最終号がこちら。 表紙のエピソードも聞いてきました! まず、事前アンケートにボリュームたっぷりでお答え頂きありがとうございます 笑。 ぶっちぎりで歴代最多の文字量でした。 いえいえ 笑。 この大きな変化のタイミングで、色々とご関心もあるかと思いまして。 僕らとしてもぜひそういった情報を皆さまに知っていただきたいということで、今回のインタビューは本当に二つ返事でお受けいたしました。 ありがとうございます! 新雑誌の前に、まずは旧3誌の休刊・統合についてお伺いしてよろしいですか? えーと…そうですね、どこまでぶっちゃけようかな~ 笑。 どうしよっかな〜 ふふふふふ 笑 やっぱり、良い時代に比べるとファンも減っちゃいましたし、WEBの台頭で雑誌を手に取る層が絞られてきていると思うんですよね。 我々は「攻略」っていうところにプライドを持ってやってきたんですが、メーカーさんのセキュリティもどんどん上がって、攻略だけで毎号記事が作れる感じでもなくなってきていて。 そんな中、 雑誌の使命や存在意義とは何か?というのを社内で一度見つめ直すことになったんですね。 時代の変化に対応する方法を考えるということですね。 そうです。 攻略に特化すればパチンコ・パチスロ村の人たちが喜んでくれるのは分かるんですけど、雑誌はコンビニで目に触れる機会もありますし、 「もっと広い視点でファンを増やしたい」「パチンコ・パチスロを盛り上げていきたい」という意見が多く出てきたんですね。 そこで、マンパワーの拡充をはじめとした複合的な理由から、 「一度攻略誌としての役割を終了し、次のステップにいこうじゃないか」という方針に固まりまして、今回の休刊・統合という運びになりました。 それが決まった時の編集長の心境はどうだったんですか? そりゃまぁ、がっかりしましたよ 笑 ですよね 笑 雑誌の厳しい状況についてはさっきも本音で言っちゃいましたけど、その中でも 「読者に手に取って喜んでいただけるものを作り続けたい」という思いは強くあったんです。 僕はパチンコの方でしたが、新しいチャレンジの結果としてそこそこ数字がついてきたところだったので、「これからだな」っていう思いもあったんですが。 まぁ会社の判断なのでしょうがないんですけどね 笑 その「チャレンジ」というのは去年の秋頃からあった動画演者の起用などでしょうか? そうですね。 あらゆるファンに楽しんでいただけるよう、様々な媒体に垣根を越えたご協力をいただき、誌面を華やかに飾ってきたところがありまして。 他にも32年間守り続けてきたB5判サイズを大きく変えて見やすくしたり。 そういった変革がチャレンジですね。 もちろんそれだけではないんですが、一つ一つの積み重ねで実売も上がってきていたところではありました。 では、プラスの影響が多く出ていたということでしょうか。 はい!それは間違いないです。 ネガティブな状況での休刊ではなかったんですね。 ちょっと話が変わりますが、パチマガ最終号の表紙に「33年間ありがとう」と書いてある中、メインがシンフォギアでした。 これはやはり情報を伝えることを優先したんでしょうか? そうですね 笑。 この号はパチマガの歴史を振り返る渾身の51ページを掲載してまして。 皆で昔のパチマガを引っ張り出して、新しいスタッフは昔の記事を知らなかったりするのでそれを読みながら、「あ、これ面白い!」ってキャプチャーして誌面にして。 こんなドテチン、最近見ないですからね 笑 最近見れない「こんなドテチン」 最近は見れないですね 笑 みんなで楽しみながら苦しみながら、気合で51ページ作りました。 ですが、やっぱり最新情報をお届けしたいという思いもあり、また シンフォギアはうちが一番先行して載せられるタイミングだったものですから、やらない手はないだろうということでね。 そこはやはり攻略誌としての矜持というか。 そうですね、譲れない部分が 笑。 最後にプライドが出ちゃったっていう 笑 出ちゃったみたいです バックナンバーはこちら•

次の