お手数おかけしました 英語。 「お手数」の英語!ビジネスで使える丁寧に依頼したい時の表現16選!

「お手数をおかけします」はこの英語で通じる?|マイスキ英語

お手数おかけしました 英語

「お手数」の類義語 ご面倒 「ご面倒をおかけして」という表現も、「お手数をおかけして」と、とてもよく似た表現です。 「ご面倒をおかけする」は、「お手数をおかけする」時と同じく、相手に対して何かの要求や依頼をする際に使用します。 また、ビジネスシーンで「ご面倒をおかけする」を使用する時は、相手が依頼内容に対して通常以上の手間がかかってしまった場合など、相手に対してお詫びの気持ちを込める言葉として使用します。 その際、「お手数」を使用した方が一般的かつ丁寧な言い回しとして好まれています。 「 お手数をおかけして、申し訳ありませんでした」と、「ご面倒をおかけして、申し訳ありませんでした」はどちらも同じ用法となります。 「お手数をおかけして申し訳ありません」は、相手が自分の要求に対して手間や動作を行っている事に対するお詫びの表現です。 「お手数おかけしますがよろしくお願いいたします」の代わりに 「ご迷惑をおかけしますが、宜しくお願いいたします」という表現はできませんので注意が必要です。 「お手間」「お手数」との違いとは 「お手数」と似た表現に「お手間」という言葉があります。 「手数」「手間」ともに「かける」と連帯している言葉の為に、とても似た印象のある言葉です。 「手数」とは前述の通り、 自分・相手が主に「自分以外の誰かの為」の仕事や依頼に対して行う、動作や労力を指します。 対して「手間」とは、 自分・相手が仕事や依頼に対して行う、動作や労力を指します。 「手数」との違いは、この動作と労力への対象は自分も含まれる事です。 ご足労 わざわざ来ていただくことに対して感謝の気持ちを伝えるには「ご足労」という表現もあります。

次の

「お手数おかけしました」の意味・正しい敬語か・使い方と例文

お手数おかけしました 英語

海外のお取引相手に、私が外国人(彼らから見て)であるせいで大きな手間をかけて頂いてしまいました。 そこで「多大なお手数を頂き、本当にありがとうございました。 」というようなことを言いたいのですが、英語ではどう表現したらいいでしょうか。 Thank you for your efforts. の「efforts」というのは、「私のために努力してくれて」というか上から目線で偉そうですよね。 立場は向こうの方が上です。 「take care of it」だと、これまでの手間に感謝するというより、一緒に送っている件に関する「手間をかけるけどよろしく」というような、未来の相手の努力を今から勝手に感謝する=相手がそれをしてくれるともう決めつけているようなずるさが出る気がします。 米英ではないので「仕事で当たり前のことだから言わない文化」という訳でもないと思うので、ぜひここで普通より多めにかけた「お手数」に感謝を申し上げたいのです。 良い表現はありませんでしょうか。 下記のオックスフォード辞典の troubles (複数形)には、次のような定義が出ています。 これを使えば Thank you for your troubles となって別に上からの目線にはならないと思います。 Q 細かいことなのですが、最近TVのCMで 「ご利用は計画的に」 というフレーズを耳にします。 これが 「ご利用はご計画的に」 となると、「ご利用」と「ご計画」と二重の敬語になり おかしいから後の「ご計画」は「ご」を無くしても 問題はないと思うのですが、それでは 「ご連絡をお待ちしております」 と言う場合「ご連絡」と「お待ち」というふたつの 丁寧語が重なりますが正しい敬語としては差し支え 無いのでしょうか? 個人的な意見ですが、異なる敬語の音「ご」と「お」 なので音だけとってみると耳に触ることもなくて 良いと思うのですが、正しい言葉を使いたいと思います のでご意見をお聞かせください。 A ベストアンサー 簡単です。 ご利用、ご連絡、ご到着、ご出発..... これらは顧客など上に位置する者の行動に対して謙譲した言い方。 一方、計画的、積極的...... これらは単なる形容詞。 したがって「お」や「ご」をつける必要はありません。 「ご注文はお早めに.... 」、こうした言い方も実によく耳にしますが、これはもともと「ご注文をなさいます際はなるべく早めにお願い致します」を縮めたものですから、本来は「ご連絡は早めに..... 」で十分だったはずの言い方。 それがいつしか「お早め」といった言い方として慣用されたもの。 これ、「ご連絡は お早めにお願い致します」と口にしてみるとどこかおかしいはずです。 よく似た例では「生ものですから早めにお召し上がり下さい」という言い方もよく聞きますが、こちらはちゃんと「早め」のほうが多いものです。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。 ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、 もしかしたら出ていないかもしれません・・・。 と思い、教えて欲しいです。 宜しくお願いします。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 A ベストアンサー 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 見積もり依頼書 下記条件で見積もりをお願いします。 ~~の見積もりを取って欲しい。 ~~して欲しい。 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 そう言われると、B社... Q 「わざわざ」は目上の方に失礼ですか? 先日、会社で電話を受けたときに、得意先から私の上司へのお礼の電話だったのですが、 その上司が会議中だったため、その旨伝えると、「先日お世話になったので、ありがとうございました、とお伝えください。 」と言われました。 そこで、つい「かしこまりました。 わざわざお電話いただきありがとうございます。 」 と言ってしまったのですが、これって間違いですか?? あと、普段も自分が取りに行くべきものを、目上の方が持ってきてくれたりすると、 「わざわざありがとうございます。 」と言ってしまいます。 これもおかしいですか? 電話の例だと、「ご丁寧にありがとうございました」などと言うべきなのでしょうか? 初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、教えていただければと思います。 よろしくお願いします。 Q 先日、メールのやりとりの中で、「いくつかご質問があります。 」という一文がありました。 相手が、私に対して質問したいことがあるという状況です。 自分が質問したい場合に、そのことをさして「ご質問があります」は、なんだか違和感があるな、と思ったのですが正しい用法なのでしょうか? また、そういったご質問に対して、「"ご"回答いたします。 」と自分が回答することに対して「ご」をつけるのは正しいでしょうか? 仕事のメールでしばしば見かけるし、私も曖昧な使い方をしているかもしれないと思って、不安になってきました。 まスマートな表現をお教えいただけましたら幸いです。 ちなみに私は下記のようにしています。 質問があるとき「下記の事項についてお教え下さいますでしょうか」「ご教示下さい」「質問があります」 回答するとき「ご質問頂きました件につき、下記の通り回答いたします」もしくは、質問事項(引用)に回答を付記する。 A ベストアンサー こんにちは(^^ この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。 基本的には、敬語はNo. 2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。 では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。 (Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。 ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。 たとえばNo. 回答の場合は、(「ご回答」を避けるために) 「ご質問いただきました点につきましては、以下の通りですので、宜しくご確認お願いいたします」 と書いたりします。 ちなみに蛇足ですが「いたします」には「謙譲」「丁寧」の両方の意味がありますが、相手によっては「丁寧」の意味しか無いと思っている場合がありますね~。 これもあいまいなとこです(^^; こんにちは(^^ この件、昔上司と議論になったことがあります(汗。 基本的には、敬語はNo. 2のkeydaimonが仰る通り、「尊敬」「謙譲」「丁寧」の3種類に分かれます。 では、この「ご」はどれに当たるかというと・・・この3種類、どの用法でも使われます。 (Goo辞書「ご」で調べてもそうありますね)。 ですから、文法的には「ご回答いたします」はアリです。 たとえばNo.

次の

英語で「お手数ですが」をどう表現する?アメリカでは使わない表現

お手数おかけしました 英語

1.「面倒ですが」「手間を取らせて恐縮ですが」といった意味の丁寧な言い回し。 出典:Weblio辞典 国語「お手数ですが」 1.名詞「手数」に、接頭辞「お」がついたもの 出典:Weblio辞典 国語「お手数(おてすう)」 1.物をほかの物に取り付ける。 2.上方から物を置く。 3.他にある作用を与える。 他に影響を及ぼす。 4.ある物を他の物に渡す。 また作用を一方から他方へ向ける。 5.他にある作用を与える。 他に影響を及ぼす。 6.機械を機能させる。 7.結びつけて留める。 つないで留める。 8.ある場所に仮設の建物などを組み立てる。 9.数を乗ずる。 掛け算をする 10.言葉と言葉に関連を持たせる。 11.時期・場所について、ここからそこまでの間ずうっと。 12.あること・物のために費用・労力・時間などを費やす。 13.交配する。 14.鼻声を出す。 15.(動詞の連用形の下に付いて)相手に向かって物事をする。 16.兼ねる。 出典:Weblio辞典 国語「かける」 1.それをするのに必要な動作・細工などの数。 また、それが多くて面倒なこと。 てかず。 2.自分のために労力を尽くしてくれた相手に対して感謝する気持ちを表す。 出典:Weblio辞典 国語「手数(てすう)」 1.ある事をするための労力。 てすう。 2.碁・将棋などの手の数。 てすう。 3. ボクシングで手を出す回数。 出典:Weblio辞典 国語「手数(てかず)」.

次の