花總 まり。 花總まりさんについて教えて下さい。最近宝塚を好きになった者です。色々調...

花總まり【元宝塚】の実家が金持ち過ぎてヤバい!熱愛彼氏との結婚は間近?|スーパーおばあちゃん

花總 まり

もくじ• 花總まりのwiki風プロフィール 出典: 名前 花總 まり(はなふさ まり) 生年月日 1973年2月28日 出身地 東京都 出身校 日本女子大学付属高等学校 出身 身長 163cm 血液型 O型 職業 女優/舞台女優 所属 ブルーミングエージェンシー 趣味 ダイビング/読書/ウォーキング/ピラティス/ 特技 ヴァイオリン 宝塚音楽学校に入学されたのは、1989年、宝塚歌劇団に77期生として入団された花總まりさん。 初舞台は、月組公演の「ベルサイユのばら(オスカル篇)」でした。 その後も、 「うたかたの恋」新人として公演初のヒロイン役 「風と共に去りぬ」スピード出世で異例の娘役が初主演 「エリザベート」花總まりさんの代表作として名高い公演 「激情-ホセとカルメン-」第54回文化庁芸術祭演劇部門優秀賞を受賞 などなど… 宝塚歌劇団に入団してからあっという間に頭角を現し、人気を博していました。 幼少期は5歳からヴァイオリンを習い小学校からバレエを習っており、芸術や表現することに関して小さい頃から学ばれていたようですね。 進路を考えた時に、音大に進む予定だったそうですが、中学3年生の時に初めて宝塚を見に行き、舞台に興味を持つようになったそうです。 花總まり(元宝塚)の亡くなった母・青江奈美が凄かった… こんなにも宝塚で活躍した花總まりさん。 それもそのはず、母親は元女優である青江奈美(あおえなみ)さんなんです。 残念ですが、青江奈美さんの写真は見当たりませんでした。 誤解していたのですが、こちらの写真は元・宝塚歌劇団の娘役をされていた美雪花代(みゆき・はなよ)さんになります。 出典: 青江奈美(あおえなみ)さんは、東京の浅草の国際劇場を本拠地としていた少女歌劇団であった、松竹歌劇団に入団されていたそうです。 女優としても、「新婚列車」「風のうちそと」「がんばり娘」などなど、芸能活動に縁のあった方でした。 そんな母である、青江奈美(あおえなみ)さんが、2018年に亡くなられたんだとか。 厳しいレッスンのある宝塚時代も母親の青江奈美さんに支えられ、叱咤激励してくれていたそうです。 そんな母とのエピソードは今まで近しい人にもあまり話せなかったんだとか…。 それほど、愛情を感じていらっしゃったんでしょうね。 花總まり(元宝塚)の美容法や年齢は?結婚はいつ? そんな辛い事がありながらも、花總まりさんの美しさは衰えることがありませんね。 なんと、現在の年齢は46歳! まったくアラフォーには見えません。 一体どんな美容法をしているのでしょうか。 「綺麗になりたい!」と常に意識しているらしく、普段から生ジュースを飲んだり、水を沢山飲んだり、姿勢に気をつけたり。 お風呂上がりには、簡単に顔からデコルテをマッサージしてフェイスラインや首のラインを綺麗に保っているそうです。 あとは、時間を見つけて、スポーツジムで泳ぐこと。 トレーニングはもちろんリラックスにもなる 出典: 普段から、美しくなりたい!と常に意識を高くしていることが秘訣なのではないでしょうか? 私生活も、仕事が終わったらすぐ家に帰って、就寝も21時なんだそうです。 まだ、ご結婚されていない花總まりさんですが、この様子から考えると、付き合っている彼氏や結婚の話はまだ聞こえてこない気もしますね。 それだけ、演劇やお仕事に真摯に向き合われてきた結果かもしれません。

次の

花總まりが徹子の部屋で母・青江奈美を語る!美容法や年齢は?結婚・彼氏の噂や愛犬について

花總 まり

花總まり プロフィール なまえ 花總 まり Hanahusa Mari 愛称 はなちゃん 出身地 東京都 身長 163cm 血液型 O型 初舞台 1991年4月 『ベルサイユのばら ーオスカル編ー』 77期 退団公演 2006年7月2日 『NEVER SAY GOODBYE -ある愛の軌跡-』 所属事務所 ブルーミングエージェンシー 最近だと、はなちゃんといえば花組の華優希さんになるのでしょう。 しかし、私の中ではまだまだはなちゃん=花總まりです。 花總まりコンサート開催決定 2020年1月~3月にかけて、はなちゃんのコンサートが決定しました。 『エリザベート』『マリーアントワネット』からの楽曲も披露されるそうです。 どのようなコンサートになるのか楽しみです。 チケットは10月26日の10時から発売です。 …とはいえ、私ははなちゃんのお芝居の方が好きですw では、私が思う彼女の魅力について解説していきます。 ミーミルという衝撃 私がはなちゃんを初めてみたのは、1992年星組公演『白夜伝説』です。 この公演はしめさん 紫苑ゆう とあやかさん 白城あやか のトップコンビお披露目公演でした。 はなちゃんは、ミーミルという目の見えない少女役でした。 この時の衝撃っ!! か、か、かわいいーーーー!!! 本当に妖精さんでした。 顔が小さくて、足が細くて長くてまっすぐで。 なんてかわいい娘役さんなんだっ!と本当に衝撃を受けました。 ミーミルという役は、彼女に適役だったと思います。 肩にピクシーという妖精? を乗せているのが本当にかわいかったんです。 因みにピクシーの声はたきちゃん 出雲綾。 こちらもぴったりw 当時は、私の大好きなまりこさん 麻路さき と星組でトップコンビになるのかな~なんて淡い期待を抱いていました。 女帝と呼ばれる所以 その後、星組から雪組に組替えし、一路真輝さんの相手役として1994年雪組トップ娘役に就任。 一路真輝さん、高嶺ふぶきさん、轟悠さんの相手役を務められます。 そして、1998年に創設メンバーとして宙組に組替えし、宙組トップ娘役に就任。 姿月あさとさん、和央ようかさんの相手役を務められます。 男役トップスター5名の相手役をし、 トップスターを12年3ヶ月もの間務められました。 男役を含め12年間もトップに君臨されたのは彼女だけです。 これはすごすぎです。 やろうと思って出来るものでもないです。 しかも、私の記憶が正しければ 彼女は休演歴がありません。 ただでさえ、トップを務めるのは厳しいことだと思います。 トップになったらだいたい皆さんガリガリに痩せていきますもんね。 怪我をしたり、体調を崩すこともあり得ます。 しかし、彼女は穴をあけることなく華やかな舞台を提供してくれたのです。 ドレスの着こなしが素晴らしい 私ははなちゃんのドレスの着こなしが大好きです。 本当によく似合ってらっしゃる。 とにかく はなちゃんはスタイルがいい。 舞台映えするスタイルだと思います。 『エリザベート』をはじめ、ショーでも豪華で素敵なお衣装が多いイメージがあります。 スタイルがいいのはもちろんですが、その所作にも気品を感じられます。 彼女のドレスさばきは本当に美しい。 美しいドレスを美しく着る。 意外とこれが出来ていない宝塚の娘役さんが多いのも事実です。 たまに、ドレスの輪っかが歩く度にプカプカして足元が見えてしまっている娘役さんがいらっしゃいます。 髪型やアクセサリー、お化粧が不釣り合いの方もいらっしゃいます。 どんなに豪華で華やかなお衣装を充ててもらっても、衣装に着られたら私はアウトだと思っています。 コスプレにしか見えない方とかいますよね。 あれ本当に残念です… 宝塚の娘役らしさ 今の宝塚の娘役さんってかわいい人もキレイな人も増えましたよね。 私は、はなちゃんには華があると思います。 彼女が舞台に立てば場が華やかになりますし、初見でも彼女がトップだとわかるぐらい周りとは違うオーラがあります。 ドレスを着て舞台に立っている彼女の、女性として芯が通っているような凛とした姿は本当に美しいと思います。 そんな彼女は舞台では上品な役がぴったりですが、普段はふにゃふにゃですwそれがまたかわいい。 いつまでも、無邪気で可愛らしい雰囲気もありつつ、上品さも兼ね備えた彼女は本当に女性としても尊敬します。 そして、もう一つ尊敬する点は、相手役の男役さんをしっかりたてる、控えめな姿勢も素晴らしいと思います。 好きより尊敬・尊重の意が感じられました。 若いうちからトップに就任し、ご自身も相当な努力をされたはずなのに、それを鼻にかけず、そっと寄り添う感じ。 12年もの間トップをしていると傲慢になってもおかしくないのに、退団までずっとその姿勢を保っていらしたのが本当に尊敬します。 彼女の 持って生まれた華と上品さが宝塚の娘役としての鏡ではないでしょうか。 『エリザベート』という作品は、娘役さんがこぞって自分の退団公演に持ってきたがりがちな印象があります。 しかし、このエリザベートという役は本当に難しい役だと思います。 「~さんの、エリザベートが一番似合っていた」とか「~ちゃんのエリザベートが一番かわいい」とかそんな薄いものではないんです。 『エリザベート』という作品は、一人の女性の激動の生涯を、一人の女優が3時間で演じ切るという濃密な内容なのです。 はなちゃんは、シシィの無邪気で活発な少女の雰囲気がちゃんと出ていました。 エリザベート皇后は、とにかく美しかったです。 特に鏡の間のシーンは息を呑むほどの美しさでした。 立ち居振る舞いも、落ち着いていて高貴な雰囲気が出ています。 そして晩年のエリザベートでは、苦労してきたことが表情から読み取れるような眼差し・声のトーン。 無邪気だった少女が、様々な経験を積んで晩年には苦労した表情になっている、という時代の流れを感じることができます。 はなちゃんは確か研6ぐらいでエリザベートを演じていたかと思いますが、この3時代をはなちゃんは本当に上手く演じてらっしゃったと思います。 シシィを見てから晩年のエリザベートを演じているときのはなちゃんの表情の変化を見ていただきたいです。

次の

花總まりさんについて教えて下さい。最近宝塚を好きになった者です。色々調...

花總 まり

プロフィール 名前:花總 まり(はまふさ まり) 本名:醍醐 まり子(だいご まりこ) 生年月日:1973年2月28日(43歳) 出生地:東京都 身長:163cm 血液型:O型 所属:ブルーミングエージェンシー ・1991年:宝塚歌劇団に入団する。 ・1992年:星組に配属される。 ・1994年:雪組トップに就任する。 ・1998年:宙組トップに就任する。 ・2006年:宝塚歌劇団を退団する。 ・2017年:大河ドラマ「おんな城主 直虎」に出演する。 花總まりの実家に隠された秘密がヤバイ!? 花總まりさんは、宝塚歌劇団の雪組トップとして活躍していましたよね。 さらに、宙組でもトップとして活躍するなどまさに大スターでした。 そんな花總さんなのですが、花總さんの実家が話題になっているそうです。 では、花總さんの実家に隠された秘密とは、一体、どのようなことなのでしょうか。 そこで調べてみると、花總さんの実家はかなりのお金持ちだと言われているそうです。 花總さんは母親が元宝塚でタカラジェンヌの青江奈美さんなのですが、醍醐という家に嫁いで花總さんを産んでいます。 スポンサーリンク この醍醐家はかなりのお金持ちと言われていて、旧華族だったとも噂されているのだとか。 確かに、旧華族だとかなりのお金持ちというのも納得できますよね。 そして、現在は不動産業を経営していると噂されているのだとか。 なので、花總さんは子供の頃からバイオリンやバレエを習い、衣装などはすべて自前で作っていたそうです。 また、宝塚時代も花總さんのために200万円の舞台用のドレスを作ったこともあるそうなのですが、かなりのお金持ちじゃないとできないですよね。 また、花總さんの実家は新東宝宝塚劇場に緞帳をプレゼントしたとも言われているのだとか。 劇場に緞帳をプレゼントするほどということで本物のお金持ちということがわかるのですが、花總さんの実家に隠された秘密がヤバイですよね。 宝塚には実家がかなりお金持ちのタカラジェンヌも多いのですが、その中でも花總さんの実家はトップクラスのお金持ちと言えそうです。 花總まりさんは、宝塚の中でも伝説とも言えるタカラジェンヌですよね。 長年トップスターとして活躍し、その活躍ぶりはまさに宝塚一とも言えます。 そんな花總さんなのですが、宝塚退団の経緯と成仏の失敗について注目が集まっているそうです。 では、花總さんの宝塚退団の経緯と成仏の失敗とは、一体、どのようなものなのでしょうか。 そこで調べてみると、花總さんは長年宝塚の娘役としてトップを走り続けてきたのですが、「炎にくちづけを」の公演中に突然の退団の発表をし、そのまま退団セレモニーをせずに退団をしてしまったことでファンは成仏に失敗したと言っているそうです。 花總まりさんは娘役として男役の和央ようかさんとコンビを組んでいたのですが、舞台「炎のくちづけを」で宝塚を退団することを発表し、その後「NEVER SAY GOODBYE」で退団公演を行っています。 通常、宝塚のスターは退団セレモニーを行い、ファンもその退団セレモニーを受けてトップスターと一緒にファンを卒業したり他のスターのファンに移行したりするのですが、花總さんの場合は退団セレモニーが行われなかったことでファンが納得できなかったそうです。 スポンサーリンク 宝塚ファンの間でこうした退団セレモニーを行ってファンを卒業することを成仏すると言うそうなのですが、花總さんは場合は退団セレモニーが行われなかったのでファンが成仏できなかった、成仏失敗と言われているのだとか。 また、花總さんの退団についてもコンビを務めた和央さんが2005年の10月に退団発表を行った時には花總さんは退団発表を行わないと思われていたそうです。 しかし、花總さんも続いて2005年の11月に退団発表をしたことで、驚いたファンも多くいたのだとか。 さらにそのまま退団セレモニーを行わなわずに退団したことで、花總さんのファンを中心に大きな混乱が起こってしまったそうです。 また、そんな花總さんなのですが12年間も娘役トップとして活躍し、その間一度も病欠や怪我をすることなく舞台に立ち続けていました。 これまでに相手役が5人も変わり、「ベルサイユのばら」や「エリザベート」、「風と共に去りぬ」などで優れた演技を見せているのですが、そんな花總さんは女帝とも呼ばれる伝説の存在だったのだとか。 なので、退団セレモニーがないことについてファンが落胆するというのも納得なのですが、花總さんの宝塚退団の経緯と成仏失敗の衝撃の真相ですよね。 実家が旧華族でかなりのお金持ちと言われてその隠された秘密が話題になった花總さんなのですが、女帝と言われるほどのタカラジェンヌながらも退団セレモニーを行わなかったことでファンが成仏に失敗するなど注目されていて、今後もそんな花總さんには注目していきたいですね。

次の