横井 英樹。 Zeebraの娘・横井里茉はJYP練習生で韓国語も流暢!家族の格差とは?

[ホテルニュージャパン] 叶姉妹と横井英樹の関係性は!?イギリス人が火災の原因!?

横井 英樹

星由里子の元夫は横井英樹の息子!3度の結婚歴と子供は? 星由里子の元夫はホテルニュージャパン横井英樹の息子・横井邦彦!離婚理由は何だったのか 星由里子は、昭和を代表する東宝女優。 東宝が社是としていた「清く正しく美しく」そのものだった星由里子は、人気絶頂期の1969年に結婚しています。 星由里子の結婚のお相手は、買収王として名を馳せた故・横井英樹の息子・横井邦彦。 横井英樹といえば、当時の赤坂にそびえた超高級ホテル・ホテルニュージャパンのオーナーです。 星由里子と横井邦彦の結婚式も、ホテルニュージャパンで豪華絢爛に執り行われました。 ところが、この結婚は、わずか80日で破たんしてしまいます。 1982年に、日本史上最悪の大火災で33人の死者を出したホテルニュージャパンは、ずさんな施工が被害拡大の原因となったといわれています。 それにもかかわらず、横井英樹は、「焼けたのが9階と10階だけでよかった」と発言。 その他にも、人格的に黒い噂が絶えませんでした。 星由里子は、一種異様な横井家に馴染めなかったのかもしれませんね。 ちなみに、横井邦彦は、2008年に原因不明の自殺を遂げています。 星由里子の美貌は引く手あまたで3度の結婚歴アリ!子供は一度も出産せず 星由里子には、横井英樹の息子・横井邦彦を含めて、3度の結婚歴があります。 横井邦彦との離婚から6年後の1975年、32歳の星由里子の2度目の結婚相手となったのは、脚本家・花登筐でした。 花登筐は、昭和30年代の上方喜劇ブームの立役者で、テレビ創世期のスター脚本家。 星由里子と同じくバツイチでした。 星由里子の結婚生活は、今度こそ順調かと思われましたが、結婚8年目の1983年に、花登筐とは死別しています。 しかし、あの美貌を、世の殿方が放っておくはずがありません。 1990年、57歳で再々婚を果たしているところは、さすが星由里子。 星由里子の3人目の夫は、一般人の会社役員でした。 現在も、星由里子の結婚生活は続いているといいます。 3度の結婚を経験した星由里子ですが、子供を出産したという情報は1回も出ていません。 20代だった1度目の結婚がうまくいかなかったことが、大きかったのかもしれませんね。 星由里子の若い頃は加山雄三作品の専属女優?プロフィールは? 星由里子の若い頃は加山雄三「若大将シリーズ」ヒロイン役でブレイク!他にも共演作多数! 星由里子は、1961年から始まった、加山雄三主演「若大将シリーズ」のヒロイン・澄子が当たり役となり、人気を博すようになりました。 シリーズ第6弾「エレキの若大将」では、加山雄三と一緒に星由里子が「君といつまでも」をデュエットする姿が、何とも可憐でロマンティック。 1968年の映画「リオの若大将」を最後に、星由里子と加山雄三の共演は途絶えてしまいましたが、26年ぶりの共演となった1994年のドラマ「赤ちゃんが来た」には、団塊ファンが大熱狂。 星由里子のプロフィール!老若男女に愛された60年代の東宝を代表する女優! 星由里子は、1943年12月6日、東京神田区鍛冶町の乾物屋に生まれました。 幼い頃から宝塚歌劇団に憧れていたという星由里子。 14歳の時、東宝が、宝塚東京公演にちなんで募集した「ミス・シンデレラ娘」に優勝し、芸能界デビューを果たすことになりました。 そんな中、シリーズ11作品に出演した「若大将シリーズ」は、星由里子最大の当たり役となりましたが、意外にも大作映画には恵まれていません。 しかし、星由里子は、1964年の「モスラ対ゴジラ」など、多くの特撮映画にも出演しており、子供たちからも親しまれる大衆アイドルとして、幅広い人気を集めています。 1960年代の日本映画界を語るには、絶対に欠かせない存在となっていったのです。 当時、清楚で現代的なイメージの役が多かった星由里子と、殺し屋やスパイ役をこなすことの多かったカッコイイイメージの浜美枝。 全く違う人種に見えますが、星由里子は、同じ年の浜美枝に、ライバル意識を抱いていたといいます。 「徹子の部屋」では、お互いの昔の写真を眺めながら、思い出話に花が咲かせた2人。 実は、これが40年ぶりの再会だったそうです。 星由里子も、かつて日本初のボンドガールとなった浜美枝も、今や72歳と聞けば、時の流れを痛感させられますよね。 浜美枝は32年前に女優を引退していますが、星由里子は70年代の低迷期を経て、精力的に女優活動を続けてきました。 1984年の映画「刑事物語3」で演じた、沢口靖子の母親役をきっかけに、ますます経年の魅力に磨きがかかる星由里子。 今では、同世代の女性たちが、彼女の服装や髪型を参考にするそうで、中高年のファッションリーダー的役割も担っているのだとか。 大衆的な安心感を備えながらも気品あふれるオーラは、星由里子唯一無二のものといえるでしょう。 星由里子は、2016年公開の映画「全員、片想い」「浅草筑波の喜久二郎」にも出演しています。 <こちらもおすすめ!>.

次の

横井英樹と叶恭子叶姉妹 星由里子の元夫の父の人間性がヤバすぎる!!

横井 英樹

死者三十三人を出したホテルニュージャパン火災で有罪判決を受けた元同ホテル社長の故横井英樹氏が生前滞納していた約四億円分の個人住民税(都民税と区民税)のうち、三億円を東京都が徴収していたことが二十四日、分かった。 平成十年に八十五歳で死亡した横井氏の親族が昨年、遺産整理を完了させたことに伴った処置とみられる。 同ホテルをめぐっては、会社資産がなく国税・都税計約三百三十億円が徴収不能となり、「史上最高の取り損ない」と揶揄(やゆ)された。 都の課税当局は横井氏死後の個人資産を粘り強く追い続け、国税当局に先駆けて回収にこぎつけた格好だ。 関係者によると、横井氏は約四億円の東京都民税と区民税など個人住民税を滞納したまま平成十年十一月に死亡。 大田区は徴収通知を横井氏の親族に送付したが、財産の未整理などを理由に徴収できず、区から都が処理作業を引き継いでいた。 都では横井氏の親族に財産整理と相続人確定を促し、横井氏の親族が所有していた都内のボウリング場の差し押さえを実施。 競売にかけて、約三億円の売却代金を得た。 これを区民税と都民税に充てたという。 横井氏の滞納は約四億円だったが、都などでは「相続を受けた財産の範囲内で納付する限定承認」の扱いとして、残りの一億円については不良債権とし、事実上徴収を断念した。 都では平成十四年から区市町村が徴収に苦しんでいた住民税の回収代行を引き受けており、十六年度に徴収、処理した税額は約三十億円に上っている。 横井氏の場合は個人住民税の滞納額が巨額なことから、所得税など相当額に上る国税の滞納も見込まれるという。 横井氏をめぐっては、昭和五十七年のニュージャパン火災以降、ホテル跡地の売却に絡む法人税約二百二十億円を滞納。 事業収益も会社資産もないため、東京国税局は徴収を事実上放棄する「滞納処分停止」措置をとっていた。 都も約百十億円の都税徴収を断念していた。 横井氏は昭和二十八年に東京・日本橋の老舗百貨店「白木屋」(現・東急百貨店)や「帝国ホテル」などの株の買い占めで名をはせた。 三十二年には、引き揚げ船で有名だった興安丸を買い取って東洋郵船を設立。 翌三十三年には暴力団、安藤組に襲われて短銃で撃たれ、瀕死(ひんし)の重傷を負ったこともある。 ニュージャパン火災では業務上過失致死傷の罪に問われ、平成五年に禁固三年の実刑判決が確定し、八十歳の時に収監された。 横井氏の親族の代理人の話 「財産整理の過程で、納税にまで至ったということです」.

次の

日本の黒い霧(国際NGOだいわピュアラブセーフティーネット)

横井 英樹

1982年2月8日に歴史に残る火災を起こしたホテルニュージャパン。 そのオーナーが故・横井英樹さんです。 その横井英樹さんが、あのスーパーセレブユニット叶姉妹の叶恭子さんのパトロンだったのではないかといわれています。 本当かどうかはわかりません。 また、横井英樹さんは、女優の星由里子さんの元夫である横井邦彦さんの父でもあります。 星由里子さんは、加山雄三さんの若大将シリーズでヒロインを演じ、当時は清純派女優として活躍しました。 そんな横井英樹さんですが、ホテルニュージャパン火災後の「火事が9階10階だけで不幸中の幸いだった」というコメントで批判されたり、実業家として白木屋の買占めやミスコン好き、愛人の存在などからその人間性は、傲慢なイメージをもたれた人物です。 そして、謎に包まれています。 そんな叶姉妹は外タレや外国高官、VIPのお相手をする女性タレントであるという噂があります。 そして、お相手していたVIPの一人に横井英樹さんがいたようで、パリの空港で叶姉妹が国際売春婦と疑われて足止めされたときに、横井英樹さんに電話で助けを求めたといいます。 横井英樹さんは当時の大蔵省の官僚を通じて、フランスのシラク大統領に連絡をとり、叶姉妹は無事入国できたんだとか。 なんだかスゴイ話です。 叶姉妹は横井英樹さんの晩年の愛人だったともいわれ、週刊誌に、お忍び旅行やパーティー会場で横井英樹さんといっしょにいる写真が載ったこともあるといいます。 もしかして、叶恭子さん叶美香さんの叶姉妹のあのスーパーセレブなお金は、横井英樹さんから頂いたのでは?と勘ぐってしまいます。 元夫とは長男の横井邦彦さんのことです。 横井邦彦さんは1943年生まれで慶應大学を卒業。 東洋不動産と山科精工所の社長を務めてました。 1969年に女優の星由里子さんと結婚しました。 結婚式はホテルニュージャパンで行っていますがスピード離婚してしまいました。 2008年に自ら命を絶ちました。 星由里子さんは現在71才。 1960年に浜美枝さん田村奈巳さんとの東宝スリーペットの一人として女優デビューしました。 加山雄三さんの若大将シリーズでヒロイン澄子を演じ、人気女優となりました。 当時は清純派女優として活躍しています。 2001年からは母親役をメインに演じて活躍し、第28回菊田一夫演劇賞を受賞しています。 その原因として、経歴や交友関係、そして言動などがあります。 ヤクザ者を招集して株主総会を荒らしたりもしています。 ・富士屋ホテルの支配権争奪 「ホテル経営は紳士の仕事」と言いながら、支配権を巡って小佐野賢治さんと火花を散らしました。

次の