ギャラン ドゥー と は。 ギャランドゥ

ギャランドゥの本当の意味とは!?〜へそ毛というのは本当は違った〜|MASAMEDIA

ギャラン ドゥー と は

Categories• 237 views• 164 views• 148 views• 137 views• 126 views• 123 views• 94 views• 94 views• 91 views• 88 views• 85 views• 83 views• 82 views• 79 views• 78 views• 77 views• 69 views• 66 views• 64 views• 64 views Random Search Terms• Recent Posts•

次の

ギャランドゥ(ぎゃらんどぅ)

ギャラン ドゥー と は

ギャランドゥー脱毛(レーザー脱毛施術)のメリット ギャランドゥーの脱毛をプロの医療機関(クリニック)に任せた場合、概ね次のような3つのメリットが考えられます。 普段見せる必要がない部位であるだけに、見せざるを得なくなったときというのが厄介ですよね。 男として男らしく堂々と脱げる身体を早い段階でお作りください。 1.医療脱毛なので、持続的な脱毛効果がある レーザー脱毛施術の最大のメリットは、対象のムダ毛が抜け落ちた後もその脱毛効果が持続していく点にあります。 これは、 レーザー照射時に強い熱エネルギーで毛根組織(毛の生成能力)を破壊しているために得られるメリットです。 「レーザー照射時に毛穴の中にムダ毛が存在していること」が大前提となるため、ヘアサイクルを見据え複数回の同部位施術が必要になりますが、一通り施術を終えると高確率でその部位から「毛が生えてこない」というメリットを取り込めます。 ギャランドゥーはいつ見せることになるかわからない微妙な部位ですので、 「いつでもツルツルをキープしていられる」というのは男性として強い自信に繋がります。 エステ脱毛には要注意! エステサロンでもギャランドゥー脱毛はできますが、脱毛効果については「ただ毛が抜け落ちるだけ」に過ぎません。 毛根組織が破壊できていないので、また時間が来れば再生されます。 一時的な効果しか得られないため、「費用の無駄払い」に終わってしまうケースがほとんどです。 2.恋人やカノジョに好感を与えられる(清潔感という安心感) 女性の多くは男性の体毛に好感を抱きません。 苦手意識には個人差がありますが、特に胸毛やギャランドゥーについては、男性特有であるがゆえに(女性には生えず見慣れないものであるため)、嫌悪感が強く出てしまう場合が少なくありません。 せっかくお付き合いが始まり、少しずつ距離が縮まっていっても、大切な次のステップの入り口付近で胸毛やギャランドゥーに邪魔をされてしまっては問題です。 医療脱毛で事前にこれを取り除いておけば、カノジョの側としては安心して身を委ねられるはずです。 3.プールや温泉に行った時の不安がなくなる 特に学生時期や20代の頃には、夏になるとプールや海に海水浴に出かけることが多いと思います。 同性同士の友達で行く場合や、女の子の友達も含めてグループで行く場合なども考えられますが、この際に 自分のギャランドゥーが手入れできているかというのは異性としてみた場合非常に大切なポイントになってきます。 もちろん、自分で剃るなどの自己処理でも「その場しのぎ」はできますが、レーザー脱毛施術でギャランドゥー自体を生えてこなくしておけば、いつどのタイミングで誘われても怖くありませんよね。 夏場の海水浴以外にも、温泉に出かける際にもこれは大きなアドバンテージになります。 アクティブで活動的な男性は、概してインドア派の男性よりも女性の好感を得やすいという特徴がありますので、ぜひ「医療脱毛」を前向きにご活用ください。 ギャランドゥー対策、自己処理のメリットとデメリット ムダ毛の自己処理方法は実に様々なものがございます。 現在ご選択いただける主要なもので「ギャランドゥー対策」を立てた場合のメリットとデメリットについて考えてみましょう。 「ワックス脱毛」のメリットとデメリット ワックス脱毛は、ブラジリアンワックスのようなもので通販でも購入できます。 比較的「安価」で「自宅で好きな時間に即日処理できる点」が魅力です。 ただし、「無理やりまとめて引き剥がす」という原始的な脱毛法なので、一瞬ではあるものの「衝撃的な痛み」が伴います。 また「皮膚の角質層にも強い負担がかかる点」がデメリットになってきます。 「除毛クリーム」のメリットとデメリット 除毛クリームのメリットは、概ねワックス脱毛のメリットと重なります。 「安価である点」、「いつでも好きな時に自宅で処理できる点」などが共通しています。 これに加えて、「処理の際に痛くない」というのもワックス脱毛とは異なった特徴(メリット)と言えるでしょう。 デメリットとしては、薬剤の力を借りて「ムダ毛を溶かして除去する」ということになりますので、「皮膚ダメージが少なからず生じてしまうこと」が考えられます(皮膚の弱い患者さまにはオススメできません)。 また、 表面的に溶かしているに過ぎないため、「また直ぐに生えてくる点」が大きなマイナスポイントとなるでしょう。 「家庭用脱毛器」のメリットとデメリット 家庭用脱毛器のメリットは、「比較的安全に自分の自由時間の中で処理できる点」です。 いくつかの種類がございますが、多くはエステ脱毛で使用される「光脱毛器」の出力をさらに抑制したものとなっています。 このため、 持続的な脱毛効果までは期待できませんが、継続して利用していけば、場合により抑毛効果が得られる可能性もあります。 自己処理の場合には、必ず「すぐにまた生えてくる」という宿命があるのですが、家庭用脱毛器の場合にはこの点で僅かばかりの期待が持てる点がメリットと言えるのかもしれません。 ただし、家庭用脱毛器は5万円前後することが多く、その金額に見合うだけのメリットがあるのかといえば甚だ疑問です。 また、追加のカートリッジを定期的に追加購入する必要性も出てきますので、概して費用面でのデメリットが目立ちます。 「毛抜き」のメリットとデメリット 毛抜きを使用してギャランドゥーを整えることのメリットは、何と言っても「お手軽でほぼ無料で処理できる点」だと言えるでしょう。 自分の時間でいつでも自由に調整でき、明日への対応であっても問題ありません。 毛抜きの場合には、毛根からキレイに抜けた場合、「生えてくるまでの時間稼ぎができる点」もメリットだと言えるでしょう。 デメリットとしては、「1本1本の処理に時間がかかる点」と「毛が皮膚の中に埋もれてしまうリスク(埋没毛)」がある点です。 また、毛穴が広がってその部分でバリア機能が低下し、「毛嚢炎(もうのうえん)と呼ばれる白ニキビのような症状をもたらしてしまう可能性」もあります。 「カミソリ」のメリットとデメリット カミソリを使用することのメリットとデメリットは、概ね毛抜きを使用する際のものと大きく異なりません。 唯一の違いといえば、ムダ毛再生までの時間です。 毛抜きは、再生までが長い分その処理に時間がかかり、カミソリは再生までが短い分処理が簡単になるという違いがあります。 また、処理が楽になる分、皮膚の角質層を傷つけてしまい、 「毛嚢炎リスク」が上がったり、「乾燥しやすくなる」などのデメリットも考えられます。 自己処理に共通する決定的なデメリット 自己処理には「直ぐにまた生えてくる」という決定的なデメリットが共通しています。 このため、安定的にギャランドゥーがない状態を目指すのであれば、定期的な処理を避けて通ることはできません。 毛深さ強化の「硬毛化」にも要注意! 「自分の場合、時間だけはあるので自己処理でいいよ…」とお感じの場合も考えられますが、ここで注意していただきたいのは、コツコツとした刺激が「硬毛化(こうもうか)」と呼ばれる毛深さ強化に繋がる可能性がある点です。 硬毛化の正確なメカニズムは解明されていませんが、毛根組織に中途半端な刺激が加わり続けると、私たちの体毛は時に毛深くなって反応してしまうことがあります。 このため、隠れてこっそり自己処理し続けていると、毛深さが益々際立っていくという不本意な結果を招いてしまうかもしれません。 ぜひ「医療脱毛」で発毛力の封印を! ムダ毛が生えてこない状態を目指せるのは、現在「医療脱毛」以外にはございません。 小手先の対策では不本意な体毛強化に繋がるケースもありますので、ぜひ当院のようなレーザー脱毛施術で「ギャランドゥーの抜本的な対策」をお立てください。 随時「無料カウンセリング」を実施していますので、お気軽に相談いただけますと幸いです。

次の

ギャランドゥ

ギャラン ドゥー と は

ギャランドゥー脱毛(レーザー脱毛施術)のメリット ギャランドゥーの脱毛をプロの医療機関(クリニック)に任せた場合、概ね次のような3つのメリットが考えられます。 普段見せる必要がない部位であるだけに、見せざるを得なくなったときというのが厄介ですよね。 男として男らしく堂々と脱げる身体を早い段階でお作りください。 1.医療脱毛なので、持続的な脱毛効果がある レーザー脱毛施術の最大のメリットは、対象のムダ毛が抜け落ちた後もその脱毛効果が持続していく点にあります。 これは、 レーザー照射時に強い熱エネルギーで毛根組織(毛の生成能力)を破壊しているために得られるメリットです。 「レーザー照射時に毛穴の中にムダ毛が存在していること」が大前提となるため、ヘアサイクルを見据え複数回の同部位施術が必要になりますが、一通り施術を終えると高確率でその部位から「毛が生えてこない」というメリットを取り込めます。 ギャランドゥーはいつ見せることになるかわからない微妙な部位ですので、 「いつでもツルツルをキープしていられる」というのは男性として強い自信に繋がります。 エステ脱毛には要注意! エステサロンでもギャランドゥー脱毛はできますが、脱毛効果については「ただ毛が抜け落ちるだけ」に過ぎません。 毛根組織が破壊できていないので、また時間が来れば再生されます。 一時的な効果しか得られないため、「費用の無駄払い」に終わってしまうケースがほとんどです。 2.恋人やカノジョに好感を与えられる(清潔感という安心感) 女性の多くは男性の体毛に好感を抱きません。 苦手意識には個人差がありますが、特に胸毛やギャランドゥーについては、男性特有であるがゆえに(女性には生えず見慣れないものであるため)、嫌悪感が強く出てしまう場合が少なくありません。 せっかくお付き合いが始まり、少しずつ距離が縮まっていっても、大切な次のステップの入り口付近で胸毛やギャランドゥーに邪魔をされてしまっては問題です。 医療脱毛で事前にこれを取り除いておけば、カノジョの側としては安心して身を委ねられるはずです。 3.プールや温泉に行った時の不安がなくなる 特に学生時期や20代の頃には、夏になるとプールや海に海水浴に出かけることが多いと思います。 同性同士の友達で行く場合や、女の子の友達も含めてグループで行く場合なども考えられますが、この際に 自分のギャランドゥーが手入れできているかというのは異性としてみた場合非常に大切なポイントになってきます。 もちろん、自分で剃るなどの自己処理でも「その場しのぎ」はできますが、レーザー脱毛施術でギャランドゥー自体を生えてこなくしておけば、いつどのタイミングで誘われても怖くありませんよね。 夏場の海水浴以外にも、温泉に出かける際にもこれは大きなアドバンテージになります。 アクティブで活動的な男性は、概してインドア派の男性よりも女性の好感を得やすいという特徴がありますので、ぜひ「医療脱毛」を前向きにご活用ください。 ギャランドゥー対策、自己処理のメリットとデメリット ムダ毛の自己処理方法は実に様々なものがございます。 現在ご選択いただける主要なもので「ギャランドゥー対策」を立てた場合のメリットとデメリットについて考えてみましょう。 「ワックス脱毛」のメリットとデメリット ワックス脱毛は、ブラジリアンワックスのようなもので通販でも購入できます。 比較的「安価」で「自宅で好きな時間に即日処理できる点」が魅力です。 ただし、「無理やりまとめて引き剥がす」という原始的な脱毛法なので、一瞬ではあるものの「衝撃的な痛み」が伴います。 また「皮膚の角質層にも強い負担がかかる点」がデメリットになってきます。 「除毛クリーム」のメリットとデメリット 除毛クリームのメリットは、概ねワックス脱毛のメリットと重なります。 「安価である点」、「いつでも好きな時に自宅で処理できる点」などが共通しています。 これに加えて、「処理の際に痛くない」というのもワックス脱毛とは異なった特徴(メリット)と言えるでしょう。 デメリットとしては、薬剤の力を借りて「ムダ毛を溶かして除去する」ということになりますので、「皮膚ダメージが少なからず生じてしまうこと」が考えられます(皮膚の弱い患者さまにはオススメできません)。 また、 表面的に溶かしているに過ぎないため、「また直ぐに生えてくる点」が大きなマイナスポイントとなるでしょう。 「家庭用脱毛器」のメリットとデメリット 家庭用脱毛器のメリットは、「比較的安全に自分の自由時間の中で処理できる点」です。 いくつかの種類がございますが、多くはエステ脱毛で使用される「光脱毛器」の出力をさらに抑制したものとなっています。 このため、 持続的な脱毛効果までは期待できませんが、継続して利用していけば、場合により抑毛効果が得られる可能性もあります。 自己処理の場合には、必ず「すぐにまた生えてくる」という宿命があるのですが、家庭用脱毛器の場合にはこの点で僅かばかりの期待が持てる点がメリットと言えるのかもしれません。 ただし、家庭用脱毛器は5万円前後することが多く、その金額に見合うだけのメリットがあるのかといえば甚だ疑問です。 また、追加のカートリッジを定期的に追加購入する必要性も出てきますので、概して費用面でのデメリットが目立ちます。 「毛抜き」のメリットとデメリット 毛抜きを使用してギャランドゥーを整えることのメリットは、何と言っても「お手軽でほぼ無料で処理できる点」だと言えるでしょう。 自分の時間でいつでも自由に調整でき、明日への対応であっても問題ありません。 毛抜きの場合には、毛根からキレイに抜けた場合、「生えてくるまでの時間稼ぎができる点」もメリットだと言えるでしょう。 デメリットとしては、「1本1本の処理に時間がかかる点」と「毛が皮膚の中に埋もれてしまうリスク(埋没毛)」がある点です。 また、毛穴が広がってその部分でバリア機能が低下し、「毛嚢炎(もうのうえん)と呼ばれる白ニキビのような症状をもたらしてしまう可能性」もあります。 「カミソリ」のメリットとデメリット カミソリを使用することのメリットとデメリットは、概ね毛抜きを使用する際のものと大きく異なりません。 唯一の違いといえば、ムダ毛再生までの時間です。 毛抜きは、再生までが長い分その処理に時間がかかり、カミソリは再生までが短い分処理が簡単になるという違いがあります。 また、処理が楽になる分、皮膚の角質層を傷つけてしまい、 「毛嚢炎リスク」が上がったり、「乾燥しやすくなる」などのデメリットも考えられます。 自己処理に共通する決定的なデメリット 自己処理には「直ぐにまた生えてくる」という決定的なデメリットが共通しています。 このため、安定的にギャランドゥーがない状態を目指すのであれば、定期的な処理を避けて通ることはできません。 毛深さ強化の「硬毛化」にも要注意! 「自分の場合、時間だけはあるので自己処理でいいよ…」とお感じの場合も考えられますが、ここで注意していただきたいのは、コツコツとした刺激が「硬毛化(こうもうか)」と呼ばれる毛深さ強化に繋がる可能性がある点です。 硬毛化の正確なメカニズムは解明されていませんが、毛根組織に中途半端な刺激が加わり続けると、私たちの体毛は時に毛深くなって反応してしまうことがあります。 このため、隠れてこっそり自己処理し続けていると、毛深さが益々際立っていくという不本意な結果を招いてしまうかもしれません。 ぜひ「医療脱毛」で発毛力の封印を! ムダ毛が生えてこない状態を目指せるのは、現在「医療脱毛」以外にはございません。 小手先の対策では不本意な体毛強化に繋がるケースもありますので、ぜひ当院のようなレーザー脱毛施術で「ギャランドゥーの抜本的な対策」をお立てください。 随時「無料カウンセリング」を実施していますので、お気軽に相談いただけますと幸いです。

次の