うち の 子 に かぎっ て 不 登校。 不登校引きこもりのお子さんの中学進学前の春休みの過ごし方

不登校引きこもりのお子さんの中学進学前の春休みの過ごし方

うち の 子 に かぎっ て 不 登校

ここから先は、ただ悩みを吐き出しているだけの駄文なので、ネガティブな気分になりたくない人は読まないで欲しい。 うちの子が不登校になってしばらく経つ。 五年生の頃に学校をしばしば休むようになって、六年生になって完全不登校になった。 理由は、3年生ごろからクラスメートに暴力を受けていたことらしい。 陰湿なイジメとは少し違うらしいけど、乱暴な子らから乱暴な扱いを受け続けて、ついには学校へ行けなくなった。 4年生の頃に空手を習いたいというので近所の極真空手へ通わせたが、六年生になってそれも行けなくなった。 空手を習いたいと言われた時、学校の乱暴な子らの話を聞いていたけど、その時は深く考えずに空手を習えば本人も成長して、乱暴な子たちへのあしらい方も学ぶのではと楽観的に考えていた。 だけど暴力の中に身を置くことに向いていない次男は、そこに居るのも苦痛となっていたようだ。 次男が学校を休むようになって、正直を言うと、言い訳をして怠けているとも最初は思った。 だから普通の親が考えるように、なんとか無理やりにでも学校へ連れて行けばまた通い始めると思っていた。 前妻からもなんとか朝学校へ連れて行って欲しいと言われ、教頭先生からも途中まで迎えに行くので頑張りましょうと言われた。 だけどある日、朝学校へ連れて行って校門の前まで来た時、次男は怯えたように昇降口を見つめて顔面は青ざめ、歩みが完全に止まった。 その日はなんとか授業を受けたけど、僕はもう学校へ行けとは2度と言えなくなった。 次男はエネルギーが枯渇してしまったのだ。 元気はなくなり、表情はいつも険しく、話もあまりしなくなった。 小さい頃は本当に面白くて、明るい子だったから、なおさら辛そうに見えてしまう。 将来を心配して、色々と小言も言ってしまう。 今日も言ってしまった。 本人が一番不安を抱えているにも関わらず、不安を煽るようなことをついつい言ってしまう。 一番辛いのは本人なのに。 本当にダメな親だと思った。 毎日思ってる。 何か行動しなければと思うけど、次の日には余計なことをしてはいけないと思う。 答えが見つからず、毎日、次男を想っては悶々としている。 最近は長男と次男と3人で卓球をしに行く。 その時は次男もよく笑っている。 週に一度通っているスクールカウンセリングの先生にも卓球が楽しいと話しているそうだ。 暴力を受けていたのなら、学校や加害者と戦うべきだと進言してくる人もいるけど、そうするつもりはない。 誰かにお金をもらいたくもないし、責任の所在を(法的に)わざわざ明らかにしたくもない。 そこでは争いが起こるだけで、それによって次男の心に平穏が訪れるとは思えないからだ。 それに一番の責任は僕にある。 僕の全ての行動が裏目に出てしまって今、次男が苦しんでいる。 いろいろと助言や進言をいただいているけど、今は本人のエネルギーが充填されるのを待とうと思っている。 そのための手伝いを、僕に何ができるのかを、または何をしないかを、考えようと思う。

次の

不登校の子の友達の親に必ずと言っていいほど居る「うちの子も不登校になるから...

うち の 子 に かぎっ て 不 登校

親御さんたちとゆっくり交流できる場所を新たに設けようと、先月8月22日からリスタカフェがオープンしました。 「このリスタカフェに、現在悩んでおられる親御さんに気軽に立ち寄ってもらい、少しでもホッとできる時間を提供できたら」とリスタ金沢の山本さん。 「こんな時、どうすればいいのか?」「誰かに話を聴いてもらって、リフレッシュしたい」と考えておられる方には、ピッタリの場所ではないでしょうか。 ぜひ一度ご参加ください! リスタカフェ 【場所】金沢市東山3丁目31-19 フリースクール リスタ金沢3階 【日時】9月12日(水)13:30〜15:30 【会費】300円(お菓子とお茶をご用意してお待ちしております) 【問い合わせ】076-213-5888 【メール】 【備考】予約は不要です。 時間内にお越しください。 駐車場が少ないため、公共交通機関もしくはお近くのコインパーキングをご利用ください。 また、諸事情で変更になる場合がございます。 お越しの際は、メールか電話などでご確認ください。 今回登場される坂本茂樹さんには、ある親の会で数回お会いしたことがあります。 とても明るくエネルギッシュで、周りの人たちを笑顔にするような方だという印象を受けました。 以下は、掲載された記事全文を抜粋しました。 金沢市北袋町の金沢湯涌創作の森で開かれた子ども向けのイベント「第5回 宝島フェス」は、好天に恵まれ、多くの親子連れでにぎわった。 ヨーヨーすくい、スタンプラリー、和太鼓の演奏などに子どもたちは笑顔を見せる。 企画した坂本茂樹さん(54)は、手作りのクイズ形式のゲームで遊ぶ子どもたちに「よくわかったね、すごいね」と声をかけ、終始ニコニコしていた。 一見、子ども向けの企画に見えるが、実は隠れたテーマが設定されている。 坂本さんは「両親が仲良くなることで親子関係も良くなる。 両親のための企画でもある」と説明する。 会場では、その場で撮影した家族写真を印刷するブースを設けて写真を配布。 それを家に飾ってもらい、家族の思い出を両親が忘れないようにしてもらう。 ひきこもりや不登校の改善には、本人と共に両親の変化が欠かせないーー。 それが坂本さんの考えだ。 安定した収入を捨てることに妻と口論となり、2002年に離婚した。 当時小学5年の長男(27)がひきこもったのは、その直後だった。 原因は自分たちの離婚だとわかっていたが、「なぜ学校へ行かないのか」としかりつけた。 離婚直後で精神的に不安定なことも相まって、「小さなことで息子を延々と怒ったうえ、時には手も出してしまった」と悔やむ。 その後、再就職した職場でうつ病の社員の多さに気づくと、心のケアに関心を持ち精神科医が開くセミナーに通った。 そこで自らが癒やされ、精神的に落ち着くようになった。 長男に優しく接することができ、会話が増えた。 「自分は他人と話をするのが怖い」。 長男のそんな言葉に「それなら、学校に通わなくてもよいから一緒にがんばろう」と応じた。 5年半ひきこもった長男は、苦手な人付き合いを克服するため飲食店やコンビニ店でアルバイトを始めた。 20歳で大学に進学し、今では東京で働き、近く結婚する女性も見つけた。 長男は「お父さんが変わって、自分も前向きになり、行動することができた。 父には感謝している」と振り返る。 金沢市西念の「ひろメンタルクリニック」の奥田宏医師は「本人以上に両親のケアが必要な場合がある。 坂本さん親子は、それがうまくいった良い例だ」と語る。 奥田医師によると、厳しい父の態度が変わり、ひきこもりの息子が父の会社で働き始めるなどの例がいくつかあるという。 坂本さんは2010年から、親子関係の相談にのり始めた。 これまで相談に訪れた家族は1000組を超える。 長男も「多くの家族を手助けしてほしい」とエールを送る。 坂本さんへの相談は、「ほんわか寺子屋」(090・9446・5558)へ。 「coconomaカフェ」は、学校が苦手、不登校、行きしぶり、そんなお子さんを持つ親御さんが交流できる場所です。 「親の会よりも敷居が低いので、誰でも気軽にふらっと立ち寄れます」と、coconomaカフェの渡邊さん。 毎回、お茶やお菓子を味わいながら、リラックスして過ごせる居場所です。 ふらっと気軽に足を運んでみませんか。 「学校へ行けないことを、親に相談するのは恥ずかしいこと」 そんな世間の空気の中で育った子どもは、このように考えてしまいがちです。 真面目であればあるほど、責任感が強ければ強いほど、誰にも相談できずに「学校へ行くor行かない」の二者択一に陥り、追い詰められ絶望感を抱いてしまう傾向があります。 親はどうすれば? 子どもが発するサイン、わずかな変化に気づこうとすること。 そのためには、「うちの子にかぎって」から離れることが重要です。 「うちの子にかぎって」と思っている以上、子どものSOSを見逃してしまいやすくなるからです。 子どもたちへ 本当に辛い時しんどい時は、ゲームでもマンガでも、好きなことを好きなだけして過ごして欲しいです。 安心できる場所で大好きなことを思う存分。 それが休むこと、元気になることにつながります。 以下は、掲載された記事全文を抜粋しました。 強い日差しが照りつける今月23日、田んぼの周囲の草刈りに精を出す3人の青年の姿があった。 黒く日焼けした、20歳代から30歳代の3人は、いずれも元ひきこもりたちだ。 3人は、ひきこもりを抜け出そうとする人が集う鳥越地区内のシェアハウスに住む。 ハウスで4年生活する藤井一輝さん(22)は、今では草刈り機を操るのはお手のもので、みるみる雑草を刈り取っていく。 「しんどいけど、やりがいを感じます」と、作業の合間に爽やかな笑顔を見せた。 鳥越地区では若者が減少し、農家の高齢化が深刻化している。 約5年前から、シェアハウスに住む元ひきこもりたちが、田んぼの草刈りや防除作業を請け負っている。 依頼した鳥越地区に住む農業大西光宏さん(54)は「一輝君たちの力がないと、田んぼを管理できない。 非常に助けられている」と喜ぶ。 この田んぼから車で10分ほど離れた場所に、古民家を利用したシェアハウスがある。 この場で4人が生活し、各自の部屋や共用スペースが設けられている。 4人とも就労し、午後5時を過ぎた頃に全員が帰宅する。 夕ご飯は皆が協力して作り、この日のメニューは、管理人の西野雄人さん(30)のお得意のカレーライスだ。 米やジャガイモなどの食材は地域からのもらいものが中心。 藤井さんは「ひきこもりから抜け出した今、仕事終わりの飯のおいしさに気がつけたのが一番うれしい」と語る。 毎日ゲームやマンガ三昧だったが、18歳になって「このままじゃダメだ。 何とかしないと」と焦りが募り、部屋から出る決意をした。 とは言っても、進学や就労する自信はなかった。 自宅にいると、再び部屋にひきこもってしまいそうで、シェアハウスでの生活を選んだ。 今後はトラクターの運転免許の取得など、農業に本格的に関わるつもりだ。 シェアハウスを運営するNPO法人「ワンネススクール」の森要作代表(55)は「一人暮らしは不安で、自宅暮らしはひきこもりに戻る心配がある人のためにこの場がある」と語る。 元ひきこもりは共同生活を通して、他者とのコミュニケーションを学び、社会へ巣立っていく。 一方で、この集落にとって元ひきこもりは、数少ない若者だ。 農業だけでなく、祭りの準備、消防団の活動、雪下ろしなども手伝う。 来月にも集落の祭りがあり、神輿の準備を任せられている。 かつて、社会から孤立した青年たちが過疎化が進む集落を支えている。

次の

【うちの子大丈夫かしら? #コロナ明け不登校 の心配に】1

うち の 子 に かぎっ て 不 登校

「仕事を探そうとしない」「学校に行かない」「急に部屋から出てこなくなってしまった」等、関東自立就労支援センターにはさまざまな相談が寄せられますが、すべての相談に共通していることがあります。 それは、仕事の問題にしても、学校の問題にしても、ひきこもりの問題にしてもすべて「今、始まったことではない」ということです。 考えても見れば、何も兆候がないまま不登校になったり、ニートになったり、非行や犯罪に走ったりすることはありえないことです。 当然、兆候があって、「そんなものはなかった」という人は単に問題に気づいていなかったか、問題から目をそむけてきただけです。 不登校のことに関して言えば、一般的に「不登校」というとまったく学校に行かない状態を連想されるでしょう。 だから、「少しぐらい学校に行かないぐらいでは不登校ではない」と考えてしまいます。 一度や二度学校に行かないぐらいでは、不登校であるという概念を持つ人はほとんどいないはずです。 しかし、このように考えていることが問題を大きくしてしまうのです。 学校に行かないこと、それは一度や二度であっても、これがまぎれもなく不登校であるという認識を持たないとあとで取り返しがつかなくなってしまいます。 一度や二度学校に行かないことぐらいでと考えて何もしないで、後になって完全な不登校になったり、ひきこもりになってしまうことは普通に起こりえることです。 問題は小さな芽のうちに刈り取ることが重要で、その兆候をまず見逃さないようにしようという姿勢が大事だと思います。 不登校、非行、ひきこもりなど、すべての問題には起こる前に何らかの兆候が必ずあります。 その兆候に気づいていれば、その時点で何とか解決しようと努力をするし、自分で解決できなければ他人の力を借りてもいいのです。 いずれにしても、その時点から方向が変わっていきます。 不登校の前には学校に行きたくないと言ったり、朝起きられなくなったり、表情が沈んでいたりするものですし、非行にしても夜、帰りが遅くなったり、お金の使い方が荒くなったりするものです。 ひきこもる前には家族と会話が少なくなったり、友達づきあいがなくなったり、自室にいる時間が長くなったりとそれこそ小さな原因はいくらでもあるはずです。 親は、毎日の子どもの表情や会話から変化を読み取る努力をしなければいけません。 そうすれば体調が悪いのではないか、暗いな、今日は口数が少ないな、いらいらしているな、食欲がいつもよりないな、などいろいろなことに気がつくはずです。 そういうことに気づいてあげて、一声かけてあげれば解決するケースだってたくさんあります。 まずは子どもの小さな変化に気づく努力をしてほしいと思います。 子どもの変化に気づくようになったら、今度はそれに対してどう対処するかを考えるのは当然の話です。 この対処の仕方を間違えて、問題をさらに大きくしているケースが本当に多いと感じます。 不登校に関して言えば、「学校に行きたくない」という言葉だけで、休むことを許してしまう親も多いようです。 それは行きたくない子どもを学校に行かせようとすれば反抗にあったりしますから、そこから逃げてしまったり、いじめなどのケースでは学校側に問題があると考えてしまい、学校に行かせなければ問題は起こらないと考えています。 しかし、実際には学校を休ませたところで何も問題は解決しません。 それは原因が自分の子ども自身にある場合が多いからです。 学校を休ませてしまったことで、子どもは学校に行かなくていいんだと都合よく考えてしまいます。 このままだと本格的に不登校になってしまうと考えて、行かせようとこころみたところでいったん楽を覚えてしまった子どもに学校に行かせるようにするということはとても難しくなってしまいます。 だから、一度や二度、「学校に行きたくない」というのを簡単に考えて、「まあ、そこまで言うのだから一回ぐらいなら」といって許してしまうとどんどん問題が大きくなってしまうということです。 「学校に行きたくない」この一言を聞いただけで、それこそ真剣に子どもと話をし、「原因をはっきりさせる、そのぐらい深刻な言葉だと普段から考えておく必要があります。 学校に行きたくいない」と言っても実際には行っているから問題はない、「うちの子にかぎって不登校になんかなるわけがない」という楽観的な考えは捨てなければなりません。 ひきこもりの問題に関しても同様で、そうなる前には何らかの兆候があるはずです。 ひきこもりの定義は前に述べたようなものですが、関東自立就労支援センターがかかわったケースでは、何年も家族とさえ話をしていない、もう何年も顔を見ていない、いったい今どんな顔になっているのだろうという親さえいました。 ひきこもりとはここまでいってしまうのです。 こんなケースを挙げると、わたしの子どもはそこまでいっていないと変な意味で安心感を与えてしまうかもしれませんが、とんでもない話です。 ほうっておけばこのような状態になってしまうのです。 しかし、このようなケースでも最初はちょっとした親とのいざこざとか、学校で友達とけんかしたとか、ゲームに熱中している間になど本当にささいなものだったのです。 それが、知らず知らずのうちに親が何年も顔を見られなくなるまで発展してしまったのです。 わたしにいわせれば「知らず知らず」のうちにということはありえないことでそれは子どもの変化に気づいてあげられなかった親の責任です。 ここまでくる間に子どもには変化が現れているはずです。 先ほども言ったように、毎日のように見ていると、何らかの様子の変化が現れてきます。 服装、態度、言葉使い、成績の低下、昼夜逆転の不規則な生活などよく見てみれば必ず変化に気づくはずです。 何か気づいたことがあればとにかく話をしてみることです。 しかし、ここからが問題です。 ただ話をすればいいというわけではありません。 わたしが見てきた親御さんに多いのは、学校に行かなければ「学校に行きなさい」、成績が低下すれば「勉強しなさい」、家にいてひきこもっていたら「仕事をしなさい」と言っています。 これではあまりにも表面的です。 これでは言われた子どもにも自分の意見はまったく聞き入れられず、強制ばかりする親だという意識を植え付けてしまっているだけです。 言えば言うほど、子どもからは敬遠されるばかりで、かえって悪いほうへ行くこともあります。 子どもに何か変化を感じたら、とにかく声をかけてあげましょう。 そうすれば必ず反応が出てきます。 何も子どもが言ってこない、これもひとつの反応です。 ふれられたくないことに触れてしまったのか、虫の居所が悪くて無視したのか、いずれにしてもそれも反応です。 何も言わないということがわかったら、今度は方法を変えてやってみることだってできます。 しかし、親が何もしなければ子どもは何も言わないということさえわからないのです。 子どもからのアクションをまっているのではなく、こちらからまずアクションを起こすことが大切です。 親が待っていても、子どもからアクションなんて期待できません。 これがまず大前提で、ほうっておいたら悪い方向にしかいかないということをまず頭に叩き込んでもらいたいものです。 メニュー• Copyright C 2020 All Rights Reserved.

次の