コロナ ウィルス 終息。 新型コロナウイルスの終息へ、求められる「抗体」の正しい理解

コロナウイルス終息、コロナパニック終息とは?│コロナウイルス対策マスク在庫あり.com

コロナ ウィルス 終息

香港(CNN) 今年に入り、新型コロナウイルスが世界中に蔓延(まんえん)し始めたとき、一部の人がそろって口にする1つのフレーズがあった。 緊急措置を講じて感染拡大を食い止めようとする動きに懐疑的な人々が繰り返していたそのフレーズとは、「インフルエンザみたいなものじゃないか」。 病気になりやすい人にとっては危険だが、定期的に流行する疾患であり、地域の封鎖が必要になるほどのものではないとする見方だ。 現在、我々はこうした評価が間違いであることを知っている。 これに対し、冬場に流行するインフルエンザの致死率は0.1%程度となっている。 新型コロナウイルスは感染力もおおよそインフルエンザ並みに強いとみられているが、現時点で特定の治療法や季節性のワクチンが存在しない。 一方、専門家らがあってほしいと期待するインフルエンザとの共通点を1つ挙げるなら、春に終息する性質がそれに当たる。 インフルエンザは寒冷かつ乾燥した環境で勢力を強める。 北半球のほとんどの地域で冬がインフルエンザの季節とされているのはそのためだ。 米軍に所属する医療研究者のネルソン・マイケル氏は、新型コロナウイルスもインフルエンザと同様、「気候が温暖になれば現在ほど問題にならなくなる可能性がある」とする一方、季節が巡って寒くなったときにまた流行するかもしれないと警鐘を鳴らす。 望ましい展開は、政府や人々の思い切った対策で新たな感染者が減少し、気候が暖かくなる中で感染拡大の範囲が狭まることだ。 実現できれば各国の保健医療システムに余裕が生まれ、最初の段階で急増した患者への対応が可能になる。 ワクチン開発のための時間も稼げる。 マイケル氏は現在取り組んでいる施策の多くについて、「あくまでも、流行の第二波と呼ばれるものへの備えだと認識することが極めて重要」と強調する。 しかしもし、新型コロナウイルスの性質がインフルエンザと異なっていたらどうなるだろうか? 年間を通して感染率が高いままなら、果たして対処できるのか? 100人以上の感染を確認しているシンガポールは高温多湿の気候がほぼ1年中続く。 オーストラリアにブラジル、そしてアルゼンチン。 どの国も今が夏の真っただ中だが、それでも数十人規模の感染が報告されている。 新型コロナウイルスについては、特定の気候で特に活発になることを示す証拠がある。 感染が最悪の水準にまで拡大した地域のいくつかは、だいたい同じ緯度に位置している。 ウイルスが最初に発見された中国湖北省の武漢をはじめ、イラン、イタリア、韓国がこれに当てはまる。 これらの地域は気温がほぼ同じくらいで、湿度にも相関性がある。 米メリーランド大学の研究者らは、こうしたデータを活用して世界の他の地域を分析し、差し迫った感染拡大のリスクの有無を調べようとしている。 研究はまだ初期段階であるものの、同大学のデータからは、特定の気象条件が感染拡大を加速する要因になっている可能性が認められる。 研究論文では「平均気温、湿度、緯度(北緯30~50度)が同程度なのに加え、これらの地域では感染拡大のタイミングも一致している。 それは年間最低気温を記録する時期であり、1カ月以上にわたって比較的気温が安定する中で感染の拡大がみられる」と述べている。

次の

8/02更新【コラム】新型コロナウィルス騒動の終息時期の予測

コロナ ウィルス 終息

イギリスのボリス・ジョンソン首相は、12週間のうちにイギリスはウイルスに対して「形勢を逆転できる」だろうし、イギリスはウイルスを「追い払う」ことができるはずだと述べた。 しかし、たとえ今から3カ月の間に感染者が減り始めたとしても、まだまだ終わりからは程遠い。 首相は潮目を変えると言ったが、潮が完全に引くまでにはかなりの時間がかかる。 下手をすると何年もかかるかもしれない。 社会の大部分を停止させるという現在の戦略を、長期的に継続するのは不可能だ。 それははっきりしている。 社会と経済の損失は、とてつもないものになる。 各国は「出口戦略」を必要としている。 様々な規制を解除して、平常に戻るための方策だ。 けれども、新型コロナウイルスは消えてなくなりはしない。 ウイルスを押さえ込んでいる規制を解除すれば、症例は否が応でも一気に増える。 日常生活が一変、世界各地の状況は? 新型ウイルス 英エディンバラ大学のマーク・ウールハウス教授(感染症疫学)は、「出口戦略はどういうもので、どうやって今の事態から抜け出すのか、大問題を抱えている」と話す。 「イギリスだけではない。 どこの国にも、出口戦略がない」 科学にとっても社会にとっても、これはとてつもない問題だ。 この混乱から抜け出すための方法は、煎じ詰めれば次の3つだ。 ワクチン• 相当数の人が感染して免疫をつける• 自分たちの行動や社会のあり方を恒久的に変える どの道を選んでも、ウイルスの拡散を防ぐ効果がある。 ワクチン - 少なくとも1年~1年半は先 ワクチンの摂取を受ければ免疫がつくので、ウイルスに接触しても発症しない。 それなりの人数、たとえば人口の約6割が免疫をつければ、ウイルスの大流行は起きない。 これがいわゆる「集団免疫」の概念だ。 アメリカで今月半ば、初めて試験的にワクチン接種を受けた人がいる。 通常ならば動物実験を繰り返して初めて人間相手の治験が許可されるものだが、今回はその手続きの省略が認められたのだ。 かつてないペースでワクチン開発が進められているが、成功の保証はないし、実用可能になっても世界全体での摂取が必要になる。 全てが順調に行っても、ワクチン開発にはまだ1年から1年半はかかるだろう。 かなり先の話だ。 平時において前例がないほどの制約を社会に強いている状態で、1年から1年半も待つのは大変だ。 「ワクチンをただ漫然と待つことを、戦略という立派な名前で呼ぶべきではない。 そんなものは戦略とは呼ばない」と、ウールハウス教授はBBCに話した。 自然の免疫 - 少なくとも2年先 イギリスの当面の短期的戦略は、医療機関がパンクしないように、感染者数をできる限り抑制するというものだ。 集中治療病床が不足すれば、すなわち死者数が急増してしまうので。 感染をいったん抑えることができれば、一部の規制策は一時的にでも解除できるかもしれない。 その内にまた感染が増えて、規制再開が必要になるかもしれないが。 これがいつになるのかは、不透明だ。 英政府の首席科学顧問、サー・パトリック・ヴァランスは、「何がいつどうなると、はっきりした時系列を定めるのは無理だ」と述べている。 しかし規制をしばし解除すれば、そういうつもりはなくても、感染者が次々と増えて集団免疫の獲得につながるかもしれない。 しかし、免疫が十分に積み上がるには、何年もかかるかもしれない。 インペリアル・コレッジ・ロンドンのニール・ファーガソン教授は、「できれば国民のごく一部が感染するだけで済むレベルに、伝播(でんぱ)をいかに抑えるかという話だ」と説明する。 「なのでこの対応を2年余り続けたとして、もしかするとその時点ですでに、必要なだけの国民がすでに感染を経験していて、免疫を獲得していたとする。 そうすれば、その人たちが、社会全体を守る防波堤になる」 しかし、この集団免疫がいつまで続くのかは疑問だ。 普通の風邪のような症状を引き起こす他のコロナウイルスは、感染してもあまりしっかりした免疫がつかない。 だからこそ、同じウイルスに何度も感染して発症する人が出てくるのだ。 代替案 - 明確な終息なし 「3つ目の選択肢は、自分たちの行動形式を決定的に変えることだ。 感染率を低く抑えるために」と、ウールハウス教授は言う。 すでに実施された対策を今後もずっと続けるというのも、ひとつの方法かもしれない。 あるいは、アウトブレイク(大流行)を制御するため、検査と隔離を徹底して行うことも、やり方としてはあり得る。 「早期発見と接触者の追跡を試してみたが、うまくいかなかった」と教授は付け足す。 新型コロナウイルスによる感染症「COVID-19」に効く治療薬の開発も、他の戦略を補完する。 症状が出たとたんに患者に使えば、次の人への伝染を抑えられる。 これは「感染制御」と呼ばれるプロセスだ。 あるいは、入院患者の症状を薬で和らげ、集中治療室の負担を減らすという意味もある。 これによって、ロックダウン(外出禁止)を再開してしまう前に、まずは急増した感染者を手当てできるようになる。 集中治療病床を増やすことも、大規模なアウトブレイクへの対応能力を増やすという意味で、同じような効果がある。 英政府の医療対策責任者、イングランド主任医務官のクリス・ウィッティー教授に、どういう出口戦略を用意しているのか質問してみた。 「長期的には明らかに、ワクチンがひとつの脱出方法だ。 できるだけ早くに開発されることを、みんな期待している」と、教授は答えた。 「あとは地球全体として、科学が答えを見つけるよう、期待している」 (英語記事 ).

次の

「コロナ禍」はいつまで続く?:2022年終息説ほかいくつかのシナリオ

コロナ ウィルス 終息

ウイルスの危険性、現時点での対策フェーズは? 2月12日正午の段階で、中国での新型コロナウイルスへの感染者は4万4000人、死亡者数は1000人を超えた。 日本では武漢からの帰国者や外国人観光客などの感染者が29人(2月12日正午)。 それとは別に横浜港に接岸したクルーズ船では、乗船者の一部である492人に対して検査を行い、174人の感染が確認されている。 死亡した人の多くは糖尿病や心臓病など、すでに別の病気を患っている(既往歴のある)高齢者が多い。 少なくとも、健康な人が感染しても、ほとんどの人は命に危険が及ぶことはなさそうだ。 実際、 中国ではすでに4000人以上の患者が回復したとの報告もあり、日本時間2月11日時点の中国の報道によると、感染者の数も2月中旬から下旬がピークとの見方がでてきた。 1月中旬から2月11日までに確認された、中国以外の感染者数。 日本の感染者数をカウントする際には、クルーズ船で確認された感染者は除外されている。 世界各地では、感染者は微増し続けている。 爆発的な感染の広がりを起こさずに終息させられるかどうか、非常に重要な時期に差し掛かっている。 WHOのSituation reportsを元に編集部が作成 では、今回流行しているウイルスは、日本にとってどの程度危険なウイルスだと考えればよいのか。 押谷教授は、ウイルスの危険性について次のように話す。 「ウイルスの危険性は、ウイルスの感染性と病原性で決まります。 恐らく、武漢で見えていたのは、感染者のごく一部です。 感染性はSARSに比べれば高いといえます」 SARSよりも高い感染性をもつといっても、 ウイルスの性質として感染力が高いとは限らない。 ウイルスの感染性を決めるのは、主に次の3つの要素だ。 病原体(ウイルス)の性質• 感染する人のファクター(免疫の有無など)• 環境因子(交通状況や人の密集状況、公衆衛生の環境など) 中国と日本で確認されている新型コロナウイルスの遺伝子はほとんど変わらない。 また、人の免疫システムにも大差はない。 となれば、日本での感染の拡大を予想する上で重要となるのは環境因子だ。 押谷教授は「日本での感染の広がり方を想定することは正直難しい」としながらも、 「新型コロナウイルスが 封じ込められないウイルスであるように見えることを考えると、 ウイルスの拡散がある程度起こるという前提で、臨床現場での対応を考える段階にシフトしなければならないでしょう」 と、臨床現場での対策の必要性を語った。 新型コロナウイルスを「封じ込められない」理由 2003年に流行したSARSでも、空港での検疫が強化された。 SARSは性質上、検疫などの対策が効果的に働き、封じ込めに成功した。 押谷教授は、その理由を次のように話す。 「武漢では、感染者が数十人という初期段階でウイルスが見つかっています。 中国にはSARSの経験があるので、そこで何らかの対策をしたはずです。 しかしそれでも、対応がうまくいかなかった」 SARSが流行した際は、封じ込め対策が功を奏して世界的な大流行は回避された。 しかし、封じ込め対策が成功するには条件がある。 その条件の1つが、 初期の段階で典型的な症状があり、ほかの病原体による感染症と区別がつきやすいことだ。 SARSの場合は、発症者の多くにウイルス性肺炎がみられ、さらに 重症化しなければ感染性もなかった。 一方で、今回流行している新型コロナウイルスは、初期症状が風邪と似ており、 重症化しない例が多い。 加えて、 症状がない状態や症状が軽い段階でも感染性があると考えられている(ただし、症状がない状態での感染頻度はよく分かっていない)。 武漢市内で消毒液を撒く車両。 2月10日撮影。 CHINA OUT. 「武漢では、流行が分かった段階で軽症者などを起点に広範にウイルスが拡大していて、気がついた時には手の付けられない状態になっていたと考えられます。 しかし、新型コロナウイルスは、 見えない形で感染が拡散するウイルスである可能性が高い。 だから対応が難しい」(押谷教授) ただし、押谷教授は中国当局の初期対応については、一定の理解を示している。 「恐らくSARSに準ずる対策として、『肺炎』をキーワードに検査を進めていたのではないでしょうか。 その結果見えたのは『SARSにくらべて相当楽だな』という事実だったのでしょう。 私がその場にいてもそう思ったと思います。 でもそれは、感染の広がりが見えていなかっただけだった」 クルーズ船のバルコニーから外を見渡す乗船客。 新型コロナウイルスの検査で陽性反応が出た人は、順番に船外の病院へと運ばれている。 撮影は2月10日。 しかし、この形での流行の終息について、押谷教授は厳しい見解を示す。 逆に、今後、日本での感染拡大にともなう最悪のケースは「 日本での医療崩壊が起こり、救える命が救えなくなる場合」だ。 「現時点で分かっている限り、新型コロナウイルスに感染しても、高齢者や既往歴がある人でなければ重症化する可能性は低い。 ただし、 数は少ないものの比較的若く健康な人の死亡例も報告されているので、健康な人であっても注意は必要です。 だからこそ、本当に医療が必要な人に対して医療を提供できるような状況を整えなければいけません。 日本の高い医療水準において、地域の医療現場が踏ん張ることができれば、重症者への対応はできるはずです」(押谷教授) 押谷教授は日本の現状の対応を「 真っ暗な東京ドームに大量にまかれたボール(感染者)を、ペンライトで探しているような状態」と話す。 今はメディアも含めて、クルーズ船のように、たまたまボールがたくさんあった場所に注目している状況だ。 ただし、海外からの人の流入は、船よりも飛行機の方が圧倒的に多い。 そして、今回のウイルスの性質から考えると、空港での水際対策(温度スクリーニングなど)は、症状の無い感染者がやってきた場合は役に立たない。 エムステージが医療従事者向けに行った「新型コロナウイルスによるマスク不足など、医療機関での影響について」のアンケート調査では、マスク不足などによる現時点での影響はそれほど大きくないという回答が多かったものの、多くの医療従事者が今後の業務への懸念を示していた。 出典:株式会社エムステージ 少なくとも一部の医療機関では、マスクや消毒液の買い占めによる煽りを受けて、マスクなどの使用制限などが起きている。 いざというときに最も感染リスクが高い医療従事者たちの懸念を増やしても、医療崩壊を助長するだけだ。 現段階で私たちにできるのは、日々の手洗いや咳エチケットなどの小さな対策だけだ。 「今、我々は目の前のウイルスとの戦いに集中すべきで、誰が悪い、何が悪いといった議論は何の利益ももたらしません。 中国やWHOを非難しても何も良いことはありません。 この新型ウイルスについて最も情報を持っているのは中国ですから、 中国を巻き込んで戦っていく必要があります。 それは日本国内で感染の広がりが見えるようになった場合も同じです。 国が悪い、保健所が悪いなどと責任の所在を言い争っても、何の利益にもなりません」(押谷教授).

次の