名もなき詩 歌詞。 映画『名もなき生涯』公式サイト

『名もなき詩』 www.videocon.comen ~ プライドを捨てきれていないのは、自分。

名もなき詩 歌詞

こんばんは、上谷です。 いよいよ秋が深まってきましたねぇ。 こんな日は早くお家に帰って、 お風呂に入って、美味しいご飯を食べて、 ゆったりしていたいものです。 笑 今回は、 Mr. Childrenの「名もなき詩」 から人間という生き物を解いていきます。 そして、 この曲は、 僕がミスチルに出会って 最初にして最大の衝撃を受けた曲でもあります。 おそらくミスチルの中、 いや今まで聴いてきた全ての曲の中で 一番多く聴いてきたのが この「名もなき詩」です。 一番多く歌ってきた歌でもあります。 笑 実際、自分のライブでも歌ったことがありますし、 カラオケに行けば間違いなく歌っています。 笑 歌詞、メロディが心をぶち抜いてしまうくらい 素晴らしいことは言うまでもないのですが、 桜井さんが、僕のことを思って 書いたんじゃないかってくらいに 強く共感させられるのです。 (今回、いやちょっと違うぞ!って ところにも突っ込んだこと話しています!) 基本、歌の解釈なんて自由だし、 自分の良い方に取ればいい! と僕は思っていて、 正解なんてない。 おそらく、 曲を作った桜井さん本人ですら、 その曲の良さに気づけていない部分があったりするはずです。 笑 (もちろん、色々考えてメロディも歌詞を作っておられるのだけれど、作った本人ですら気づけなかった魅力が音楽にはある!ってことです。 ) 誰にでも 時には迷い、悩み、苦しむことが あると思いますが、 僕たちは、 何も難しいことを考える必要はない。 音楽という 美しき抽象世界に感動できる ということ自体が もはやこの上なく素晴らしいことだからです。 さて、行きましょう! (あ、名もなき詩聴いてから、もしくは聴きなら読んでくださいね!笑) Contents• サビに隠された大きなキーワード 本当にこの曲は 最初から最後まで 余すことなく素晴らしく、 いつも勇気を与えてくれます。 その全貌を紐解いていくための 注目すべきは、 まずサビの部分です。 〈1番のサビ〉 あるがままの心で 生きられぬ弱さを 誰かのせいにして過ごしてる 〈2番のサビ〉 愛はきっと奪うでも 与えるでもなくて 気がつけばそこにあるもの 〈3番のサビ〉 あるがままの心で 生きようと願うから 人はまた傷ついていく (いやぁ〜、、 1〜3番、全てのサビが もはや名言すぎて、 ため息が出てしまうほどです。。。 1番のサビなんて もろにそうですよね。 お互いあるがまま 言いたい放題言い合うし、 接しているけど 気がつけば、 君のことが好きな僕がいた ふと 君と目が合う。 なんだか温かい。。 そう、これが愛なんだ。 って感じですかね。 笑 3番のサビは、 ありのままの心で生きることの難しさ ってのを歌っていますが、 サビの後に 誰だってそう。 僕だってそうなんだ。 という歌詞があって、 桜井さん自身、 自分らしく生きたいという強い思いはあるものの そう願うからこそ傷ついていく それは僕も同じなんだよ。 って言ってくれている感じがして、 最後までしっかり聴いていると めちゃめちゃ勇気もらえるところなんですよね。 人って、他人から真面目な人だね って言われると 本当に真面目になります。 逆に、よく喋る人だね〇〇君は! って言われると 本当によく喋るキャラになります。 よく高校から大学に進学する際、 めちゃめちゃ大人しかった子が 大学では、弾けていたりしますよね。 ) だから、〇〇ちゃんは 大人しいキャラで高校時代を過ごすことになります。 でもよくよく考えれば、 自分らしさっておかしな言葉です。 自分らしく生きる! なんて言ったりしますが、 その本当の意味をどれだけの人が わかっているのでしょうか? 大抵の場合、 その自分らしさってのは、 他人によって作られたものだからです。 家族、友人、先生、上司、先輩、後輩、、、 たくさんの人が周りにいて、 その環境の中で形成されてきたものです。 実は、 あなたが思う自分らしさって 環境によって作られただけであって、 自分で作った自分らしさじゃない場合がほとんどなのです。 (そもそも人間は多重人格なので、 自分らしさを一つに固定するなんてありえないのです。 ) つまりです。 つまり、 「名もなき詩」には大きな2つのキーワードがあり、 それが対になって 大きなテーマを形成しているのです。 あるがままの心 vs 自分らしさ こんな感じです。 どちらも同じ言葉のようですが、 全く反対の意味なんです。 他人が作った自分なんて 自分じゃありませんよね。 確かに、人は人によって評価されるわけですが、 人生で価値を見いだせるのは自分自身以外にありえません。 親や先生や友人が あなたの人生で価値を見いだせるわけがないのです。 だって、あなたじゃないから。 本当の愛とは!? give and take と give and givenの違いとは? ================ 〈2番のサビ〉 愛はきっと奪うでも 与えるでもなくて 気がつけばそこにあるもの ================ 話が少しそれちゃいますが、 ここで一つ物申しておきます。 笑 正直、2番のサビにはめちゃめちゃ憧れます。 ですが、 少し違うんじゃないか?って思うところもあるんです。 愛は常に与え合っているからこそ 気がつけばそこにある のだと僕は思うのです! 確かに、愛は奪うものじゃない。 それは、大賛成。 むしろ、奪ったら離れていくのが愛。 だけど、 愛を与えていないのに そこに愛があるわけがないと思うのです。 お互い愛を与え合うからそこには愛がある。 give and given 「与えて、与えられる。 」 それが究極の愛なんだと僕は思うのです。 (ちょっと恥ずかしい。 笑) 決して、 give and take 「与えて、受け取る。 」ではない。 give and given が 本当の愛だと思うのです。 ここでいう愛って 具体的な行動はもちろんだけど、 その人から醸し出される魅力も含まれていて、 女性なら美しさや可愛らしさとかも愛だと思うし、 男性なら力強さやカッコよさなんかも愛だと思う。 赤ちゃんは親に何も与えていないようだけど、 愛しさや可愛らしさ、愛、勇気、 何も与えていないようで 実はたくさんのものを与えている。 愛なんて無形のものなんだからこそ、 普段何気ないところにたくさん愛が溢れていると思うし、 たくさん見つけて、感じて、 人に伝えていけるようになれば 最高に魅力的な人物になれるんじゃないかなぁ。 コンテクスト(背景)がモノをいう 歌の良さはその歌い手の コンテクスト(その人の背景)が 大きく写し出されます。 歌だけを聴いていても 確かに楽しいし、感動するし、愉快かもしれません。 だけど、 心底感動するのは、 その人もしくはバンドの歴史や背景を知っているからです。 ミスチルに心酔できる人ってのは、 ミスチルの背景を知っている人です。 僕を含め、ミスチルファンなんてまさにそうです。 メンバーひとりひとりの背景、 バンドの背景、 を知っています。 だから、 人は誰かに自分の背景を知ってもらっていると 感動させたり、心を揺さぶることが 簡単になるんです。 実際、僕自身、 バンドでライブをしたことがあるのですが、 ライブのMCで話していた内容で 友人は感動して泣きそうになったというのです。 しかも、その友人に向けて 発した言葉ではなく全体に向けて発した言葉だったのですが。 笑 (しかも大したこといった覚えはない。 w) これは、 その友人と僕が仲良くて、 友人は僕とたくさん遊んだというコンテクスト(背景)があるからなんです。 さて、 桜井さんのコンテクストを知っていることを前提に 3番のサビを聴いてみます。 桜井さんのコンテクスト それは、桜井さんは浮気が原因で離婚をしているという事実です。 もし、浮気をして離婚してしまった という事実を承知の上で、 3番のサビを解釈するのと 全く背景を知らずに 3番のサビを解釈するのとでは、 全然受け取る情報が違うのです。 桜井さんが浮気をして離婚した という事実を承知の上であれば、 3番の歌詞がこうも読み取れたりします。 あるがままの心で生きようとして 浮気をすると、 それによって離婚しちゃって 妻と子を失い、傷ついてしまったよ うむ。。。 笑 コンテクストを感じることにより、 歌詞はカッコいいはずなのですが、 なんとも残念な内容になってしまいました。 笑 こうやってコンテクスト(背景)を 使いこなすってすごく大事です。 w 一つの事象が こうやって残念な内容にもなったり、 めちゃめちゃかっこいい内容になったりもします。 まとめ 何度も言いますが、 結局、音楽って愛と勇気が 沸き起こってきたらそれでいいんですよ! それって まさに生きてるってことだから。 笑 だけど、 自分だけの世界しか知らないのでは、 自分の世界が広がることもありません。 たくさんの人の世界を渡り歩く事で その人の世界はどんどん広がっていきます。 一つの曲からでも 世界はぐんぐん広がります! それってめちゃくちゃ素敵なことだと僕は思うのです。 きっと見える世界はどんどん明るくなってくよう 一緒にいろんな世界を旅して成長していきましょう^^ では今回はこの辺で! またね!.

次の

ミスチル・名もなき詩は放送禁止用語ノータリンがあるがどうして

名もなき詩 歌詞

ちょっとぐらいの汚れ物ならば 残さずに全部食べてやる Oh darlin 君は誰 真実を握りしめる 君が僕を疑っているのなら この喉を切ってくれてやる Oh darlin 僕はノータリン 大切な物をあげる oh 苛立つような街並みに立ってたって 感情さえもリアルに 持てなくなりそうだけど こんな不調和な生活の中で たまに情緒不安定になるんだろう? Children「名もなき詩」はどんな曲? 名もなき詩は、1996年2月に発売された Mr. childrenの10枚目のシングルです。 発売されるやいなや、オリコンチャートシングルでなんと初週の売り上げが 120. 8万枚を記録!! これは当時の歴代最高の売り上げ記録で、オリコン史上初の初週売り上げでミリオン突破を記録した楽曲でもあるのです。 最終的な売り上げ記録は 230. 9万枚で、これはMr. childrenの数多くの名曲たちの中でも 歴代2番目の売り上げ記録を誇っています。 ドラマ「ピュア」主題歌 名もなき詩が主題歌に起用されたテレビドラマ「ピュア」。 1996年1月からフジテレビ系列で放送され、主演は 女優の和久井映見さんで 俳優の堤真一さんの民放連ドラ初出演の作品でもあります。 平均視聴率は 23. 5パーセントで、最高視聴率は 25%と大ヒット。 あらすじは、 軽度の知的障害を持つ優香(和久井映見さん)はオブジェ制作に関しては天才的な才能を持ち合わせていた。 優香の従兄弟である涼(高橋克典さん)は優香の才能を世間に広めようと彼女の作品を応募し優香は一躍脚光をあびることになった。 そんな中でフリー記者:徹(堤真一さん)と優香は接していくうちに彼に興味を抱くようになっていき・・。 超豪華。。。 www Mr. Children「名もなき詩」歌詞の意味を解釈! それでは、Mr. childrenの名もなき詩の歌詞の意味を私なりの解釈で見ていきたいと思います。 このAメロの部分は、 主人公が恋人に対して歌っているように私は解釈しています。 ちょっとぐらいの汚れ物・・・・ 恋人の過去 残さずに全部食べてやる・・・・ その過去を全部受け止めてあげるよ。 真実を握りしめる・・・・ 君の全てを握りしめる 冒頭から中々、熱のこもった想いを歌っていますよね。 君が僕を疑ってるなら、この喉を切ってくれやるよ!!!!! 歌詞のままですが、 君が僕を疑っているなら僕は喉を切って死んでやるよ。 って意味ですよね。 苛立つような街並み・・・これは、 僕が今生きている現代社会。 感情さえもリアルに持てなくなりそうだけど・・・苛立ってしまう現代社会で生きていると、自分の本当の感情が持てなくなってしまう。 どうして、感情さえリアルに持てなくなるのかというとやはり 生きづらい現代社会に呼吸ができず苦しんでいるという事でしょうか。 こんな不調和な生活・・・ 苛立つ現代社会で生きている生活 そんな今の生活でたまに情緒不安定になるよね~でも、それを一緒に悩みながら僕の生涯を君に捧ぐ。 いきなりプロポーズしていますね。 やっぱり、情緒不安定になるような生活には一緒にそれを共有していける人がいたらそれだけで生きていける気がします。 私の場合は特に子供を出産してらは妊娠前と比べて、自分の時間というものがほぼゼロに近くなりそこでストレスが溜まると、子供を見ながら「 もしこの子を産まなかったら、私はもっと自由だったんだよね。 」なんて最低なl考えが頭をよぎったこともあります。 そんな時に、この歌詞を聞くとあるがままの心で生きられない時には誰かのせいにしてる。 自分らしさの檻の中でもがいてるなら、僕だってそうなんだ。 そっか・・・ 私だけじゃなくて僕だってそうなんだよね。 私一人ではない。 と頭を冷静にすることができます。 孤独な夜を過ごしているのは、君だけではないんだよ?と語りかけているような気がします。 というのは、 今までに主人公が経験してきた過去でしょうね。 今までの過去に様々な経験をしてきたからこそ、今わかるんだ。 本当に失くしちゃいけない物。 それがやっと見つかった気がする。 本当に失くしちゃいけないものとは、皆さんにとって様々でしょう。 恋人であり現在の会社での立場・役職。 さらには、愛などですが私の場合は 結婚して得た自分の家族です。 例えば、喧嘩して怒っていると思ってコンビニのスイーツを買ってきたら子供みたいな笑顔ですぐに機嫌が治ったり。 そんな可愛らしい自分しか知らない恋人の面でしょうね。 それは、両親からの大きな愛だったり兄弟姉妹の愛。 それに恋人や友人たちへの愛。 妙なプライドというのは、まさに「 自分らしさの檻」ではないでしょうか。 そんな自分らしさの檻から出て身軽になれば、そこから全部始まると思うよ?と、語りかけてくれていますよね。 絶望、失望、愛、自由、希望、夢。 それらすべてが、私たちの足元にたくさんきっと転がっている。 だから、絶望や失望をしてもそこで終わりではなく足元には自由や希望などがたくさんあるから。 大丈夫だよってことですよね。 誰かを想いやりゃあだになり 自分の胸に突き刺さる・・・この部分の歌詞を私は以前勤めていた会社でとても体感しました。 どういうことかというと、例えば同期が仕事でミスを犯してしまい上司からかなりきつくお叱りをうけました。 そして、同期はこれでもかというほどに落ち込んでしまい私が同期を心配して励ますと、それが仇になり「あんたに何が分かるのよ!」と言われてしまい 同期との関係がかなり悪化した過去があります。 笑 本当に、誰かを想いやりゃあだになり 自分の胸に突き刺さるってその通りですよね。 結局、 歴史は繰り返されるってことですかね。 笑 自分らしさの檻に閉じ込められていないで、その檻を出て真っ裸の状態になればまた違う自分と出会えるのでしょうか。 だから、この名もなき詩を君に捧ぐよ。 この名もなき詩を聞いたら、もしかして君に愛情が少しは伝わるかもしれないし! というまるで 主人公が書いてきた日記の〆の様な感じで終わっています。 この名もなき詩が、皆さんに愛が伝わりますように。

次の

名もなき詩

名もなき詩 歌詞

これぞまさしく生涯のマイベストソング! 16歳高校生のときはじめてギターを持つきっかけとなったのが、この曲なのです。 は一生忘れないでしょう。 だあ〜もう一度〜〜〜! 音楽には興味なく、流行の曲も知らなかった僕は夜更かししてゲームをやっていた。 ふとCDTVを見るとヒットチャートが。 目の療養とボッーと見ていたら一位で「名もなき詩」が出てきた。 PVもない。 ただ舌を出した桜井さんが上下するだけ。 こんな衝撃はなかった。 圧倒的な魅力を名もなき詩に感じた。 次の日おばあちゃんに土下座してCDを買って聞きまくった。 毎日毎日聞いたけど不思議な事にまっったく飽きなかった。 何でこの曲にこんなに魅かれるのか全然わかりません。 ただ、ただの大ヒットの曲とは一線を画す、芯に共感し魅力を感じ、この曲で歌われてる人間の普遍的なものが心をわしづかみにする。 「あるがままの心で生きようと願うから」「自分らしさの檻の中で」「愛は奪うでも与えるでもなくて気づけばそこにあるもの」いつの時代も変わらない。 僕はあの時のCDでいまだに聞いてますよ 知らぬまに築いてた自分らしさの檻の中でもがいてるなら誰だってそう 僕だってそうなんだ 私はこの歌詞に救われました。 誰だって自分らしく生きたいと思いますよね。 でもあんまり、自分らしさにこだわると、社会からはみ出してしまう。 しかし、自分らしさだけで、生きていけるような才能もない。 かと言って違う自分を作って生きていくのは結構しんどいです。 この歌はこんな風に悩んでいるのは、自分だけでは無いと、教えてくれました。 どうして、桜井さんは人間の感情をこんなにもストライクに書けるんだろう。 でも、これだけは確かです。 桜井さんは、非凡な才能を持った、平凡な人間です。 そうでなければ、こんなに、身近に感じたりしませんよね。 ミスチルで一番好きな歌です。 流れるとテンション上がります。 好きな歌詞はここ。 「あるがままの心で 生きられぬ弱さを 誰かのせいにして過ごしている」 すごく本質に迫って、人の弱さが語られているんです。 強い人になりたいと、皆そう思いますよね。 強い人ってどんな人かと言われれば、 一つの答えとして、 あるがままの心で生きている人でしょう。 正直に生きる人。 後ろめたさなく、信念を貫き続ける人。 では弱い人とは、あるがままの心で生きられていない人のことでしょうか? そうじゃないと思います。 そこではないと思う。 皆あるがままの心で生きられないことは嫌というほど経験していきます。 そのたびに、それは自分の弱さゆえであるとして、自己と向き合う人は強いのです。 少なくとも、強くなっていく。 きっと。 この曲は、人の弱さや痛みを共感してくれて、 希望とともに励ますように歌ってくれていますよね。 「知らぬ間に築いてた 自分らしさの檻の中で もがいているなら 誰だってそう 僕だってそうなんだ」 桜井さん、素敵なメッセージをありがとう。

次の