グラビアアイドル 存在意義。 ファッション誌の存在意義ってなーに?

アイドルの本当の存在意義とは私は以前「好きなアイドルが昔居たけど、アイドル...

グラビアアイドル 存在意義

【ももいろクローバーZ 】 小さなお友達から大きなお友達まで笑顔にする。 いじめで自殺した少年(享年15才)の立派な作文 戦場カメラマン・渡部陽一の発言 「世界中の戦地や被災地、どんな過酷な場所でも、歌手やダンサー等がいて、 苦しんでいる人達の力が湧いてくる、笑顔を取り戻すアイドルとなっています。 」 『世界は、アイドルを必要としています。 』 『世界は、ももクロを必要としています。 』 この話があって初めて、ももクロはアイドルの存在意義と 自分たちの目的を知って、真のアイドルに覚醒しました。 そして数年後、女性グループ初の国立競技場コンサート 女性アイドルのトップになって言った、笑顔の天下布武宣言 『私たちは、天下を取りに来ました。 でもそれは、 アイドル界の天下でもなく、芸能界の天下でもありません。 みんなに笑顔を届けるという部分で、天下を取りたい。 みんなに嫌なことがあっても、私たちを観て、ずっと笑っててほしいです。 』 【高城れに】写真には写らない美しさがある。 ベースが弾ける。 タップダンスが得意。 ゆずのボイストレーナーから、Aメロの女王と言われる。 KISS ジーン・シモンズ『私は高城れにのようになりたい』 本当は、やりたくなかったお笑い担当。 それが自分の役目と吹っ切れるまでの葛藤が泣けます。 『損してる自分が好き。 私が損してる分、誰かが得をする。 損したほう、損してる人の気持ちがわかる。 ホント私は、損が多いんだけど。 でも、それが結局自分にとってプラスになるからいいんですよ!』 『時間は絶対止まらないから、大丈夫じゃないことなんてないんです。 』 『同じライブなんて、2度と来ないんだよ! 1秒でも、過去なんだよ! 1秒を後悔せず…今を生きろ!』 『「山紫水明」っていう言葉があるんですよ すごく清らかな水とか空気とか山とか、自然な清いってこと、綺麗なこと 心が綺麗な人は、どんな見た目だろうが、街にいても見つけられるかなって思って 私自身もそうでありたいなっていうのもあるし、みんなにもそうでいてほしいな』.

次の

写真集シーンで奮起するグラビアモデル・あまつ様「アイドルとグラドル、それぞれの写真集の良さがある」

グラビアアイドル 存在意義

こんばんは。 シュークリーム太郎です。 今回は週刊誌の存在意義と存続する理由を考えていきたいと思います。 その前に............. この度は、我らが愛する・ 通称:さゆりんごパンチ がスキャンダルに巻き込まれてしまい大変残念でごわす。 bunshun. bunshun. 人気急上昇のアイドルは決して油断できませんね。 推しメンではなかったのですが、色々物議を醸してる現状を見ると心が痛みます。 ただファンの視点からでは理解できないことも多いのが芸能界でしょう。 そこで本日のブログ執筆のBGMには 「Don't Look Back In Anger」を選曲します。 これまで彼女に全力を注いできたファンの皆さんも少しは気を落ち着けますよう。 名曲ですよ! かつては「不倫は文化だ」と言いました。 しかし社会は違います。 不倫は紛れもないです。 今回のスキャンダルは、たとえ芸能人であってもそのモラルは疑わざるを得ません。 ただ、僕が今回取り上げたいのはそのスキャンダルをキャッチし、わざわざ 「の10枚目シングル発売日に公表した」、すなわち "週刊誌"です。 僕たちのような若者はあまり手に取らないでしょう。 グラビアと社会事件に関する、そして芸能関連のスキャンダルが中心に掲載された雑誌です。 一言でいえば、人のプライベートをネタにして稼ぐ「品性の無いメディア」。 それが週刊誌だと思います。 これらがなぜビジネスとして存続しうるのか、週刊誌の現状と合わせて考えてみたいと思います。 1・数字でみれば落ち目の週刊誌 (出所: 出版科学研修所) の市場拡大、技術進歩が進んでいる現状において一般的に出版物の売り上げは低下しています。 かつて90年代には4000億円近くの市場を抱えた週刊誌も、現在では1500億円ほどその規模が縮小しています。 各出版社がそれぞれ主要な週刊誌を発行していますが、決して好調な売り上げとは言えないでしょう。 この出版不況が週刊誌によるスキャンダル記事を増やす原因なのかもしれません。 芸能人には様々な噂、悪評、都市伝説がつきまとい、興味を持っている人間は多いです。 大物芸能人のスクープを吊るしあげればこちらのもの、有能なを雇うマネーも稼げます。 一発当てることができるのが、スクープ記事でありそこまでコストもかからない芸能人がターゲットになるのかもしれません。 2・スキャンダルと"ギャップ"が大好きな人間が週刊誌を養う。 ここからは僕の自論です。 軽く聞き流してください。 なぜスキャンダルは絶えないのか、大して面白くもないのに。 これは人間のある特性が非常に関わっていると思います。 それは 「ギャップが大好き!!!」という性質です。 一つ例を出せばわかるでしょうか。 例えば級のイケメンがいるとしましょう。 世の中の女性はキャーキャー言いますよね! そういうことにしといてください クラスのイケメンであれば、「料理でも掃除でも何でもします!!! ので結婚してええ! 」と人生を捧げるレベルでのファンが出てくるかもしれませんね。 そこでがこういうとしましょう。 「僕は肉じゃがも自分で作るし、得意料理は鯛の煮つけだ。 掃除だって君の分までやってやるさ フフッ」 と。 頑張って想像してください。 イケメンが自炊をしてスマートに家事をこなす姿、これに女性は萌えるのでしょう。 細かく言えば 「イケメン だから誰に頼ってもいい。 なのに家事全般を女性以上にこなせる力を持つ」 これに魅かれる性質を一般に「ギャップ萌え」といいます。 男性諸君には、「生徒会長が本当は淫乱だった??」的なAVシリーズが好評であることを示せば十分です。 シリーズでも構いません。 現実と理想とのギャップがAVの人気作品にもよく現れていますよね。 この"ギャップ萌え"を好む人間の性質、これがスキャンダルを好む性質と一致するのかもしれません。 芸能人は一般的には、我々ブサイク国民から見れば憧れです。 清純派がいて、華やかなモデルの世界があり、将来は大物の芸能人同士、または会社経営者と結婚する姿が容易に想像できるでしょう。 しかし、実状はどうも違うようです。 清純派だって浮名は流しますし、芸能人とはいえどご近所トラブルは置きます。 離婚だってするんです。 清純派と賛美されたのメンバーが不倫騒動を起こすことだってあり得るんです!! ここで出番なのが週刊誌。 そして元々、理想と現実の"ギャップ"を好む消費者がこの記事に飛びつき、拡散する。 これが世間に拡散され、多くに認知される、それが出版社にとって非常に貴重な養分となるのでしょう。 世間の思惑とは違う情報を流せば、消費者は飛びつくであろう、という予想をたててショッキングなネタを流す役割、それが週刊誌なのです。 そしてそれが長期にわたって長続きする根底の要因が我々人間が持つ「ギャップ大好き!!」の精神なのではないでしょうか。 正直に申し上げると、芸能人のプライベートをネタにお金を荒稼ぎし続ける「品性に欠ける」メディアは好みません。 これらを根絶するためにはどうすればいいのか? 芸能界の現実を語る記事があろうと一切の興味関心を示さない。 長々と失礼申し上げました。 oasis2020.

次の

ローカルアイドル

グラビアアイドル 存在意義

こんばんは。 シュークリーム太郎です。 今回は週刊誌の存在意義と存続する理由を考えていきたいと思います。 その前に............. この度は、我らが愛する・ 通称:さゆりんごパンチ がスキャンダルに巻き込まれてしまい大変残念でごわす。 bunshun. bunshun. 人気急上昇のアイドルは決して油断できませんね。 推しメンではなかったのですが、色々物議を醸してる現状を見ると心が痛みます。 ただファンの視点からでは理解できないことも多いのが芸能界でしょう。 そこで本日のブログ執筆のBGMには 「Don't Look Back In Anger」を選曲します。 これまで彼女に全力を注いできたファンの皆さんも少しは気を落ち着けますよう。 名曲ですよ! かつては「不倫は文化だ」と言いました。 しかし社会は違います。 不倫は紛れもないです。 今回のスキャンダルは、たとえ芸能人であってもそのモラルは疑わざるを得ません。 ただ、僕が今回取り上げたいのはそのスキャンダルをキャッチし、わざわざ 「の10枚目シングル発売日に公表した」、すなわち "週刊誌"です。 僕たちのような若者はあまり手に取らないでしょう。 グラビアと社会事件に関する、そして芸能関連のスキャンダルが中心に掲載された雑誌です。 一言でいえば、人のプライベートをネタにして稼ぐ「品性の無いメディア」。 それが週刊誌だと思います。 これらがなぜビジネスとして存続しうるのか、週刊誌の現状と合わせて考えてみたいと思います。 1・数字でみれば落ち目の週刊誌 (出所: 出版科学研修所) の市場拡大、技術進歩が進んでいる現状において一般的に出版物の売り上げは低下しています。 かつて90年代には4000億円近くの市場を抱えた週刊誌も、現在では1500億円ほどその規模が縮小しています。 各出版社がそれぞれ主要な週刊誌を発行していますが、決して好調な売り上げとは言えないでしょう。 この出版不況が週刊誌によるスキャンダル記事を増やす原因なのかもしれません。 芸能人には様々な噂、悪評、都市伝説がつきまとい、興味を持っている人間は多いです。 大物芸能人のスクープを吊るしあげればこちらのもの、有能なを雇うマネーも稼げます。 一発当てることができるのが、スクープ記事でありそこまでコストもかからない芸能人がターゲットになるのかもしれません。 2・スキャンダルと"ギャップ"が大好きな人間が週刊誌を養う。 ここからは僕の自論です。 軽く聞き流してください。 なぜスキャンダルは絶えないのか、大して面白くもないのに。 これは人間のある特性が非常に関わっていると思います。 それは 「ギャップが大好き!!!」という性質です。 一つ例を出せばわかるでしょうか。 例えば級のイケメンがいるとしましょう。 世の中の女性はキャーキャー言いますよね! そういうことにしといてください クラスのイケメンであれば、「料理でも掃除でも何でもします!!! ので結婚してええ! 」と人生を捧げるレベルでのファンが出てくるかもしれませんね。 そこでがこういうとしましょう。 「僕は肉じゃがも自分で作るし、得意料理は鯛の煮つけだ。 掃除だって君の分までやってやるさ フフッ」 と。 頑張って想像してください。 イケメンが自炊をしてスマートに家事をこなす姿、これに女性は萌えるのでしょう。 細かく言えば 「イケメン だから誰に頼ってもいい。 なのに家事全般を女性以上にこなせる力を持つ」 これに魅かれる性質を一般に「ギャップ萌え」といいます。 男性諸君には、「生徒会長が本当は淫乱だった??」的なAVシリーズが好評であることを示せば十分です。 シリーズでも構いません。 現実と理想とのギャップがAVの人気作品にもよく現れていますよね。 この"ギャップ萌え"を好む人間の性質、これがスキャンダルを好む性質と一致するのかもしれません。 芸能人は一般的には、我々ブサイク国民から見れば憧れです。 清純派がいて、華やかなモデルの世界があり、将来は大物の芸能人同士、または会社経営者と結婚する姿が容易に想像できるでしょう。 しかし、実状はどうも違うようです。 清純派だって浮名は流しますし、芸能人とはいえどご近所トラブルは置きます。 離婚だってするんです。 清純派と賛美されたのメンバーが不倫騒動を起こすことだってあり得るんです!! ここで出番なのが週刊誌。 そして元々、理想と現実の"ギャップ"を好む消費者がこの記事に飛びつき、拡散する。 これが世間に拡散され、多くに認知される、それが出版社にとって非常に貴重な養分となるのでしょう。 世間の思惑とは違う情報を流せば、消費者は飛びつくであろう、という予想をたててショッキングなネタを流す役割、それが週刊誌なのです。 そしてそれが長期にわたって長続きする根底の要因が我々人間が持つ「ギャップ大好き!!」の精神なのではないでしょうか。 正直に申し上げると、芸能人のプライベートをネタにお金を荒稼ぎし続ける「品性に欠ける」メディアは好みません。 これらを根絶するためにはどうすればいいのか? 芸能界の現実を語る記事があろうと一切の興味関心を示さない。 長々と失礼申し上げました。 oasis2020.

次の