お通夜数珠。 お通夜に数珠は必要?|意味・選び方・男性・女性・ない場合|終活ねっと

【お通夜のマナー】服装や香典マナー、通夜の流れなどを解説

お通夜数珠

数珠の持ち方・使い方は?意外と知らないお葬式マナー お葬式で、作法が分からず戸惑った経験はありませんか? 前に出てお焼香をするとき、他の人の様子に倣おうと一人一人の様子を見ていると、作法が人によってバラバラであることに気が付きます。 また、持っている数珠の形や持ち方も様々です。 実は、こうしたお葬式の作法は、その人の家の宗派によって違うのです。 お葬式などで慌てないで済むように、あなたの家の宗派の正しい作法を知っておきましょう。 お葬式に数珠は必ず必要? 数珠はもとは念仏などの回数を数えるのに使った道具でした。 しかし、今はお葬式などでそのような用途で数珠を使うことはありませんよね。 それなのに数珠を持つことがマナーとされているのは一体なぜなのでしょうか? それは、仏教の長い歴史のなかで、数珠が「実用的な道具」という本来の用途を超えて、「仏と人との縁をつなぐ仏教儀式に不可欠な法具」とされるようになったからです。 数珠は、珠が連なるように縁をむすび、仏様の世界と生きている物の世界をつなぐ力をもっていると考えられています。 また、数珠を持つことで身も心も正され、仏様を敬う気持ちを示すことになります。 こうしたことから、現代のお葬式などの場でも、亡くなって仏様の世界へ行かれる人への敬意や哀悼をあらわすために数珠を持つのです。 そのため、数珠は絶対になければならないというわけではありませんが、故人への礼儀として持っていた方がよいでしょう。 数珠は持ち主の分身とも考えられているので本来はあまり貸し借りするものではありません。 しかし、お葬式で数珠を忘れてきてしまった場合、葬儀会社や葬儀会場の人に聞いてみると予備の数珠を貸してもらえることもあります。 ただし、神道式やキリスト教式などのお葬式では数珠は必要ありません。 また、仏教以外の宗教を信仰している場合も数珠を持たなくてもよいとされています。 数珠の扱い方の基本(略式数珠) 数珠の種類によって、扱い方が異なります。 まずはどの宗派でも使える「略式数珠」から。 略式数珠(片手数珠)の場合 基本的に数珠は左手に持ちます。 霊前(仏前)で手を合わせるときなどは、左手のみに数珠の輪を通して合掌する方法と、合掌した両手に数珠の輪をかける方法があります。 左手のみに輪をかける合掌 両手に数珠の輪をかける合掌 数珠の扱い方の基本(本式数珠) 本式数珠の場合、宗派ごとに数珠の形が違うため、数珠の持ち方も違います。 数珠の形の違いについては、以下の記事を参照してください。 天台宗(てんだいしゅう) 数珠を持つときは二重にして親珠が上にくるようにして握ります。 このとき房は手の外側に垂らします。 合掌するときは、まず数珠を両手の人差し指と中指の間に数珠を挟み、中指・薬指・小指が数珠の輪の内側にくるようにして広げ、そのまま手のひらの間に数珠を挟むように両手を合わせます。 合掌時に、数珠を挟みます 真言宗(しんごんしゅう) 数珠を持つときは二重にして親珠が上にくるようにし、房は手のひら側に垂らして珠と一緒に握ります。 合掌するときは、まず数珠の二つの親玉を両手の中指にかけ、そのままてのひらの間に数珠をはさむように両手を合わせます。 なお、自分のため修行・祈祷を行うときはこのとき房を手のひらの内側に入れて挟みます。 浄土宗(じょうどしゅう) 数珠を持つときは、まず左手に二連の数珠のうち房つきの金輪が通っていないほうの輪を親指と人差し指の間に挟んでかけ、次にもう一つの輪を人差し指と中指の間に挟んでかけ、両方とも握ります。 親指、人差し指、中指で2連をそれぞれ挟む 念仏を唱えるときは、このまま左手親指で珠を繰ります。 合掌するときは、二つの輪の親珠の位置をそろえ、親珠を人差し指と親指で挟むようにして両手にかけます。 このとき、房は自分側に垂らすようにします。 浄土真宗(じょうどしんしゅう)本願寺派・大谷派 男性用の一重の数珠の扱い方については上記の「数珠の扱い方の基本(略式数珠)」をご覧ください。 ここでは女性用の本式数珠の扱い方について解説致します。 本願寺派・大谷派ともに、数珠を持つときは房を下にして左手に持ちます 本願寺派は合掌するときは、房を下に垂らして親指と人差し指の間に数珠を挟むように両手にかけます 大谷派は合掌の際、親玉を上にして両方の親珠を両手の親指と人差し指の間ではさみ、房は上から左側に垂らします。 臨済宗(りんざいしゅう)・曹洞宗(そうとうしゅう) 数珠を持つときは二重にし、房を下にして左手に持ちます。 合掌するときは二重にし、房を下にして左手の親指と人差し指の間に挟むように掛け、左右の手をあわせます。 日蓮宗(にちれんしゅう) 数珠を持つときは二重にし、房を下にして左手に持ちます。 日蓮宗の合掌時の数珠の持ち方は2通りあります。 お経を唱える際などの通常の合掌では、数珠を二重にし、房を下にして左手の親指と人差し指の間に挟むように掛け、左右の手をあわせます。 こちらもあわせて覚えておくとよいでしょう。 どの宗派も、順番が来たら数珠を左手に持ち、施主に一礼して焼香台の前に進み、本尊、遺影、位牌に合掌します。 次に右手で香をつまんで額のところまで押しいただき(浄土真宗以外)、その香を香炉にくべ、再び数珠を手に合掌します。 終わったら数珠を左手に持ち、施主に一礼して席に戻ります。 お葬式では数珠の持ち方も線香・焼香の仕方も、基本的には故人の家ではなく自分の家の宗派の方法で行ってください。 この記事でご紹介した、数珠の扱い方やお焼香の作法などは特に大切なマナーの一つです。 こうしたことを知っておくのは、人前で恥をかかないようにするためだけではありません。 正しい礼法を守ることは、亡くなった人への敬意や哀悼など真摯な想いを行動として表すことでもあります。 また事前にマナーを知っておくことで、焦りの気持ちに邪魔されることなく、故人と心からのお別れをすることができるでしょう。 ここで紹介した数珠の持ち方の作法は、お葬式だけでなく、法事やお墓参りなどの際にも役に立つ知識ですのでぜひ覚えておいてくださいね。 【京念珠】藤雲石(ラベンダーアメジスト) シンプル念珠(女性用) ¥11,000 税込• 【京念珠】本水晶 シンプル念珠(女性用) 親玉ローズクォーツ ¥8,400 税込• 【京念珠】本水晶 シンプル念珠(子供用) 親玉ローズクォーツ ¥4,500 税込• 【京念珠】紅水晶(ローズクォーツ) シンプル念珠(女性用) ¥6,800 税込• 【京念珠】赤虎目石(レッドタイガーアイ) シンプル念珠(男性用) ¥14,000 税込• 【京念珠】虎目石(イエロータイガーアイ) シンプル念珠(男性用) ¥14,000 税込• 【京念珠】本水晶 シンプル念珠(女性用) 親玉グリーンクォーツァイト ¥8,400 税込• 【京念珠】本水晶 シンプル念珠(子供用) 親玉グリーンクォーツァイト ¥4,500 税込• 【京念珠】星月菩提樹 シンプル念珠(男性用) ¥10,800 税込• 【京念珠】星月菩提樹 シンプル念珠(女性用) 親玉スモーキークォーツ ¥6,000 税込• 【京念珠】黒檀(エボニー) シンプル念珠(男性用) ¥8,000 税込• 【京念珠】煙水晶(スモーキークオーツ) シンプル念珠(男性用) ¥15,400 税込• 【浄土宗 京念珠】星月菩提珠 本式数珠(男性用) ¥28,000 税込• 【浄土宗 京念珠】黒壇(エボニー)本式数珠(男性用) ¥6,800 税込• 【浄土真宗 京念珠】星月菩提珠 本式数珠(女性用) ¥18,000 税込• 【浄土真宗 京念珠】本水晶 本式数珠(女性用) ¥16,000 税込• 【浄土真宗 京念珠】ブラックオニキス 本式数珠(女性用) ¥12,000 税込• 【日蓮宗 京念珠】星月菩提珠 本式数珠(男性用) ¥14,800 税込• 【日蓮宗 京念珠】黒壇(エボニー)本式数珠(男性用) ¥6,800 税込• 【臨済宗 京念珠】星月菩提珠 本式数珠(男性用) ¥8,800 税込• 【臨済宗 京念珠】黒壇(エボニー)本式数珠(男性用) ¥4,800 税込• 【真言宗 京念珠】星月菩提珠 本式数珠(男性用) ¥14,800 税込• 【真言宗 京念珠】黒壇(エボニー)本式数珠(男性用) ¥6,800 税込• 【曹洞宗 京念珠】星月菩提珠 本式数珠(男性用) ¥12,000 税込.

次の

100均の数珠8選!ダイソー・セリア別!100円ショップの数珠はここがすごい!

お通夜数珠

この記事の目次• お通夜 葬儀 の焼香で数珠を持つのはなぜ?何か意味があるの? お焼香の数珠を持つのか持たないかというのは、 「こうしなければならない!」 というはっきりとしたルールはないようです。 お通夜やお葬式には数珠を持っていくべきだと思っている人もいるし… 初めからお通夜やお葬式に数珠は持っていかないという人も… 仏教徒以外の神道やキリスト教などを信じているので、数珠を使わないというはっきりした理由がある人も… なので、「数珠を持つのか持たないのか」というのは、人それぞれの考えでよいのかなと思います。 というのも、数珠はお通夜やお葬式で使う道具というだけではなく、数珠の持ち主の身を守る「お守り」のような意味もあるから。 本来は、1人1つ持つのが数珠で、たとえ身内であっても数珠の貸し借りはしません。 ところで正式な数珠には、玉が「 108個」あります。 この数字を、どこかで聞いたことはありませんか? そう、一年の終わりを締めくくる除夜の鐘! 決まって108回鳴らしますよね。 数珠は、108ある玉その1つ1つが除夜の鐘と同じように、人間の煩悩を引き受け、清めてくれるありがたい物です。 そのため、数珠を持っているだけでも厄除けになったり、数珠を持って拝むだけで仏の世界に通じて福を授かるとも言われています。 またお焼香をするときに、左手で数珠を持つ意味は、左手が「仏様の世界に通じる清浄な手である」とされているから。 左利きの人の数珠の持ち方は、少し勝手が悪いかもしれませんが、数珠を左手にかけて、右手でお焼香をしてくださいね。 お通夜やお葬式のお焼香は、故人との最後の別れを1対1 自分と故人 でできる唯一の場です。 お焼香で数珠を持つのは、煩悩を消し去り、仏の世界に旅立つ故人の心と、自分の心をつなぐためなのかもしれません。 なので、輪が一重で、ちょうど片手でも持ちやすい小さな数珠です。 お焼香で多くの参列者が持っている数珠は、この「 略式数珠」と呼ばれる数珠。 略式数珠は、数珠の玉が108個ないから「数珠としてのありがたさがない!?」というわけではありませんよ。 玉の数を少なくしていますが、数珠としての役割は十分にあり、どの宗派 日蓮宗以外 の葬儀でも使えます。 略式数珠は「女性用」と「男性用」の2つに分かれていますが、持ち方は基本的に同じです。 また葬儀場でのお通夜やお葬式でも、たとえ故人の自宅にお焼香をあげに行った場合も同じ持ち方をします。 それでは、略式数珠の正しい持ち方を紹介していきましょう。 初めに「お焼香をあげるとき」の略式数珠の持ち方です。 まず、 左手の親指以外の4本の指をしっかりとそろえて伸ばします。 そして、 その4本の指と親指の間に、数珠をかけます。 数珠を持った左手に軽く右手を添えて合掌しましょう。 次に、自分のお焼香の順番を待っていて、椅子などに「座っているとき」の数珠の持ち方です。 座っているときの数珠の持ち方は、左手首に数珠をかけるのが一般的です。 左手首に数珠をかけた状態で、ひざの上に両手を置き、静かにお焼香の順番を待ちましょう。 最後に「歩いているとき」や「立っているとき」の数珠の持ち方です。 例えば、• 自分のお焼香の順番が来て、椅子から立ち上がり、祭壇に向かって歩いているとき• 告別式などで故人をお見送りするために、他の参列者と一緒に立っているとき このような場合の数珠の持ち方は、 数珠の房 ふさ の部分を下にして、左手で持つのが一般的です。 数珠は、お焼香の時だけ使うものではなく、お通夜や葬儀、告別式など故人との別れを行う儀式の間中ずっと使うもの。 また「数珠を使わないとき」は、必ず鞄 バッグ やポケットの中にしまいましょう。 例えば、ちょっとお手洗いなど。 その場を離れるとき、数珠をそのまま椅子や机の上に置きっぱなし… なんてことは決してないように! そんな時のために、数珠を入れるための袋 数珠袋 があると便利ですよ。 また略式数珠よりも、数珠全体の長さが長いので、数珠を2重にして使います。 女性用の長さは8寸 約30㎝ 、男性用の長さが2尺 約60㎝ あります。 本式数珠は、宗派ごとに数珠の持つ意味や数珠の形が違っています。 また数珠の持ち方も、宗派ごとに少しずつ違います。 ここでは代表的な7つの宗派の「お焼香をあげるとき」の、数珠の持ち方を紹介していきます。 真言宗 数珠は、一重の状態で両手の中指に数珠をかけて、そのまま手を合わせます。 浄土宗 浄土宗の数珠は、2つの輪を交差させた独特の形をしています。 2つの輪をそろえて両手の親指にかけ、房を自分の手前に垂らします。 親指をそろえて、数珠を親指で押さえるようにして持ちます。 浄土真宗 2重にした数珠を両手にかけて、親指で軽く上から押さえ、残りの4本の指はきちんと閉じてそろえます。 合掌した手は、胸の前に持っていき、指全体が斜め45度くらいに上に向くようにします。 日蓮宗 日蓮宗の本式数珠は、房が全部で5本あり、2本の房と3本の房に分かれています。 数珠を8の字にねじり、2本の房がでている方を右手の中指にかけます。 さらに3本の房が出ている方を左手の中指にかけ、房は両方とも手の甲側に垂らして合掌します。 曹洞宗 輪を2重にして、親玉 一番大きな玉 が左手の人差し指の上になるようにかけます。 右手を左手に添えて、房は下に垂らして合掌します。 臨済宗 2重にした数珠を左手にかけ、右手を添えるように合わせ、房は下に垂らして合掌します。 天台宗 数珠の輪を一重の状態で、両手の人差し指と中指の間に挟み、そのまま手を合わせて合掌します。 本式数珠は、宗派ごとに違いがありますが、「自分の宗派のお通夜やお葬式にしか使えない」ということではありません。 宗派の違いがあっても、本式数珠を持ち、心から故人への冥福を祈る気持ちが大切です。 それよりも、昔から日本に伝わる数珠について、もう少し興味を持ってみることが大切なのかなと思います。 ちー婆 ばぁ は、数珠の意味や正しい持ち方を知って、自分の数珠を1つ持ちたいなと思いました。 また数珠は、お通夜やお葬式でしか使わない物だと思っていたのですが、自分だけのお守りとして常に持っていたいとも。 お通夜やお葬式で「マナー」であると昔から言われていることには、何にでも大切な意味があります。 自分の数珠を持っている人は、あらためてじっくりと数珠を眺めてみるのもいいかもしれません。 数珠が使われる意味をしっかりと理解して、お焼香をする。 そのことで、故人に対しての想いがより強まり、故人に届くのではないでしょうか。

次の

お通夜に数珠は必要?|意味・選び方・男性・女性・ない場合|終活ねっと

お通夜数珠

第3章 通夜式の順序 もしものために、お葬式の作法や知識について全て解説します 1.通夜式の順序 通夜式 臨終後葬儀の前夜に通夜が行われますが、肉親・身内・友人・知人等が集まり、一晩見守る所から通夜と言われるようになりました。 通夜式の時間は7時から始まる場合が多いのですが、6時から8時の間に始まる場合もあります。 通夜式の順序• 僧侶到着• 一同着席(開式15分前) 祭壇に向かって右側に、喪主、身内、親族が着席し、向かって右側は葬儀委員長、来賓、会社の関係、友人、知人等が着席する。 僧侶入場• 僧侶退場• 喪主の挨拶• 閉式 2.数珠 数珠 仏式の葬儀に必ず必要な物の一つに数珠があります。 本来数珠の珠の数は人間の煩悩の数と同じ108個ですが、かなり多くの種類があります。 二重にして使用する二輪の物と略式の一輪の物が一般的に使われています。 材料も色々あり、女性用は珊瑚、水晶のものがよく使われ、男性用は菩提樹の実や黒壇のものが比較的よく使われています。 使用していない時は左手で持ちます。 焼香する時は右手で焼香、左手で数珠を持つ。 合掌する時に両手を合わせて親指と人指し指の間に持ち直します。 3.焼香のしかた 焼香の仕方• 焼香台に進み出て合掌をして一礼する。 抹香を右手で一つまみつかみ、頭を軽く下げ、つかんだ抹香を頭まで近づける。 抹香を香炉に静かにくべる。 宗派により回数が異なりますが、その回数を行う。 2回目からは抹香を頭に頂かなくても良い。 合掌し自席に戻ります。 4.通夜ぶるまい 通夜ぶるまい• 通夜ぶるまいがある地域 焼香が済んだら、通夜ぶるまいが用意されている会場に案内し、料理 飲食)を召し上がって頂きます。 通夜式が済んでから全員で行う地域• 隣組のみを接待する地域• 焼香が済み次第順次行う地域• 親族のみで行う地域• 行わない地域 と色々ありますのでその地方の風習で行って下さい。 料理の種類もいろいろで、助六寿司 巻き寿司と稲寿司のみ の地方、山海珍味を出す地方、煮物が主の地方と様々です。 最近はセレモニーホールの葬儀が主となってきましたのでホールで用意できる料理で済ますようになった地域もあります。 5.通夜の線香と灯明 通夜式終了し、お客様が帰った後は親族だけで故人を護ります。 線香と灯明を絶やさないように一晩中交代で番をします。 6.宗派別焼香、数珠、合掌一覧 焼香、合掌について 仏教各派の焼香の回数、線香の本数が異なります。 又その時、額までおし戴くかどうかも違っています。 また、数珠も各宗派によって様々に違っていますし、同時に合掌の方法もやはり異なっていますので参考にして戴ければ幸いです。 仏教宗派 線香の数 焼香回数 額に戴く 各宗派の数珠 合掌の方法 天台宗 1本または3本 1回か3回 戴く 人差指と中指で挟む 真言宗 3本 3回 戴く 中指にかける 浄土宗 1~2本 決まりはない 1回~3回 決まりはない 戴く 曹洞宗 1本 1回か3回 戴く 臨済宗 1本以上 1回 戴かない 日蓮宗 1本か3本 3回 戴く 左手にかける 勧請、唱題、回向の時 房3本は左、2本は右 真宗 大谷派 折ってから 横に置く 2回 戴かない 親玉を親指で挟み 房を左に垂らす 浄土真宗 本願寺派 折ってから 横に置く 1回 戴かない 房は4本づつ対 お葬式の知識 Index 安心 できる葬儀プラン わかりやすいプランが皆様に支持されています。 葬儀のご依頼・お問い合わせは 通話 無料 0800-000-2449 24時間365日対応 早朝・深夜でもお電話ください.

次の