ワールド プレミア。 JRA武豊有力お手馬「全滅危機」!? ワールドプレミアが、インティが……春のG1シーズンに黄色信号か!?

JRA武豊有力お手馬「全滅危機」!? ワールドプレミアが、インティが……春のG1シーズンに黄色信号か!?

ワールド プレミア

今年28勝をマークしリーディング3位と好調な 武豊騎手に、ある不安が囁かれている。 23日に行われた フェブラリーS(G1)は2番人気に支持されたインティに騎乗。 逃げ馬不在のため、単騎逃げ濃厚となり有利な展開になると思われた。 しかし、レースが始まるとワイドファラオとアルクトスが熾烈な先頭争いを繰り広げる。 ハイペースを恐れ、東海S(G2)でも実践した控える競馬に戦略を切り替えた。 しかし、直線で抜け出すと思ったタイミングでまさかの失速。 14着の惨敗を喫した。 この敗戦には武豊騎手も「らしくなかった。 こんな感じは初めて」と首を傾げていた。 インティはダートの有力なお手馬のため、謎の敗戦は今後に不安が残る。 また16日の共同通信杯(G3)は、今年のクラシックの有力候補の一角マイラプソディに騎乗。 武豊騎手自身も「クラシックパートナーの最有力」と称する自信の相棒だ。 しかし、レースでは直線伸びあぐねて4着に敗れる。 こちらも負けた理由がはっきりしないレースとなった。 さらに昨年の菊花賞馬ワールドプレミアの天皇賞・春(G1)回避が発表された。 こちらは体調が整わないことが理由に挙げられている。 有馬記念で3着に好走していただけに、今年の古馬戦線では期待される1頭であった。 ダートの有力馬、クラシックパートナーが謎の敗戦、そして芝中長距離路線の有力馬のG1回避が発表され、武豊騎手の有力お手馬がまるで「全滅状態」になってしまっている。 これまでずっと手綱を取ったパートナーが不調に陥り、春のG1シーズンに有力馬不在の黄色信号が灯っている。 この危機的状況は今年の重賞成績とも関係している。 「武豊騎手自身は今年リーディング3位と好調に見えるものの、実は重賞の舞台ではそうではない。 重賞に10回騎乗して、1番人気に4回支持されるも、1勝もできない不調に陥っている。 重賞で1番人気の馬が勝てば、G1でも期待される1頭となるだけに、負けてしまっては有力お手馬にならないだろう」(競馬記者) しかし、武豊騎手のこれまでの「巡りあわせ」を考えると、何か転機が訪れるかもしれない。 2007年はディープインパクトが前年に引退、またアドマイヤムーンの騎乗がなくなり、古馬の有力お手馬が空白になっていたタイミングで、2冠馬メイショウサムソンの騎乗依頼が武豊騎手に舞い込む。 そして初騎乗の天皇賞・秋(G1)を制覇している。 ほかにも、ウオッカ、キタサンブラックといった名馬も同様に、初戦から騎乗しているわけでなく、思わぬタイミングで騎乗依頼が来たパートナーである。 そのため、意外な形で有力馬の騎乗が決まるかもしれない。 これから武豊騎手の重賞での活躍に期待しつつも、お手馬事情の思わぬ変化も楽しみにしたい。

次の

試合日程・結果

ワールド プレミア

6月23日、アウトモビリ・ランボルギーニのモータースポーツ部門スクアドラ・コルセは、サーキット専用の新型ハイパーカー「ランボルギーニSCV12」の開発が完了したことを明らかにするとともに、この夏にワールドプレミアすると予告した。 V型12気筒自然吸気エンジンは同社史上最強の830psを発揮 デザインはランボルギーニのデザイン部門チェントロ・スティーレが担当。 スクアドラ・コルセがGT モータースポーツで培った経験を活かし、GT3マシンより高い空力効率とダウンフォースを実現している。 フロントボンネットにあるダブルエアインテークと中央に配されたリブが、空気の流れをルーフ上のラムエアインテークスクープに向かわせる。 これにより、車両の動きが生み出す動的な風圧が、エンジンのインテークマニホールドの静的な空気圧力を高め、エンジンに流れ込む空気量を増やして出力を増大。 フロントで存在感を発揮するスプリッター、サイドシルの横方向のフリックと縦方向のフィンが明らかなサーキット指向を強調し、空力効率をさらに高める一方で、リヤには専用に開発されたカーボンファイバー製のリアウィングが装着される。 フルカーボンファイバー製の新しいシャシーには、830psを発生するV型12気筒自然吸気エンジンと6速シーケンシャルギヤボックスを搭載。 このV12エンジンはランボルギーニ史上最強のV12 自然吸気エンジンで、高速で空力を利用したスーパーチャージによって830ps を引き出すことが可能になったという。 プッシュロッド式リアサスペンションはギヤボックスに直接取り付けられ、マグネシウムホイール(フロント19 インチ/リヤ20 インチ)に装着するタイヤは特別開発のピレリ製スリックだ。 SCV12 は限定エディションとして、サンタアガタ・ボロネーゼにあるランボルギーニ・スクアドラ・コルセ・ファクトリー内で生産される。 オーナーは極めて限定されたメンバーのみで構成するクラブの一員となり、世界有数の著名なサーキットで開催される高度なドライビングプログラムに参加することができる。 プログラムでは、スクアドラ・コルセのエンジニアの技術支援のもと、ル・マン24 時間レースで5 度の優勝を果たし、現在はランボルギーニ・スクアドラ・コルセのスペシャルプロジェクト・コンサルタントを務めるEmanuele Pirro (エマニュエル・ピロ)の特別指導を受けることができる。

次の

2019 WBSC プレミア12

ワールド プレミア

6月23日、アウトモビリ・ランボルギーニのモータースポーツ部門スクアドラ・コルセは、サーキット専用の新型ハイパーカー「ランボルギーニSCV12」の開発が完了したことを明らかにするとともに、この夏にワールドプレミアすると予告した。 V型12気筒自然吸気エンジンは同社史上最強の830psを発揮 デザインはランボルギーニのデザイン部門チェントロ・スティーレが担当。 スクアドラ・コルセがGT モータースポーツで培った経験を活かし、GT3マシンより高い空力効率とダウンフォースを実現している。 フロントボンネットにあるダブルエアインテークと中央に配されたリブが、空気の流れをルーフ上のラムエアインテークスクープに向かわせる。 これにより、車両の動きが生み出す動的な風圧が、エンジンのインテークマニホールドの静的な空気圧力を高め、エンジンに流れ込む空気量を増やして出力を増大。 フロントで存在感を発揮するスプリッター、サイドシルの横方向のフリックと縦方向のフィンが明らかなサーキット指向を強調し、空力効率をさらに高める一方で、リヤには専用に開発されたカーボンファイバー製のリアウィングが装着される。 フルカーボンファイバー製の新しいシャシーには、830psを発生するV型12気筒自然吸気エンジンと6速シーケンシャルギヤボックスを搭載。 このV12エンジンはランボルギーニ史上最強のV12 自然吸気エンジンで、高速で空力を利用したスーパーチャージによって830ps を引き出すことが可能になったという。 プッシュロッド式リアサスペンションはギヤボックスに直接取り付けられ、マグネシウムホイール(フロント19 インチ/リヤ20 インチ)に装着するタイヤは特別開発のピレリ製スリックだ。 SCV12 は限定エディションとして、サンタアガタ・ボロネーゼにあるランボルギーニ・スクアドラ・コルセ・ファクトリー内で生産される。 オーナーは極めて限定されたメンバーのみで構成するクラブの一員となり、世界有数の著名なサーキットで開催される高度なドライビングプログラムに参加することができる。 プログラムでは、スクアドラ・コルセのエンジニアの技術支援のもと、ル・マン24 時間レースで5 度の優勝を果たし、現在はランボルギーニ・スクアドラ・コルセのスペシャルプロジェクト・コンサルタントを務めるEmanuele Pirro (エマニュエル・ピロ)の特別指導を受けることができる。

次の