東証 リート 指数 下落。 【上昇】東証リート指数に潜むリスク【下落】

東証REIT指数とは?今さら聞けない指数の意味と特徴・将来性をわかりやすく解説

東証 リート 指数 下落

新型コロナウイルス(新型肺炎)の世界的な感染拡大を背景に、金融市場の動揺が止まりません。 今年に入り、Jリート市場は新型肺炎に対する懸念が強まるなかでも昨年末比プラス圏で推移し、コロナ禍とは遠く離れた立ち位置でした。 これは、Jリート市場が業績の安定性などが評価されてリスク回避を意図した資金の受け皿となっていたためです。 しかし、金融市場がひとたび強烈なショック安に見舞われてしまうと、上場金融商品であるJリート市場もその影響から免れることはできません。 2月第4週以降、グローバル市場の動乱はJリート市場にも波及し、東証REIT指数は2015年9月以来の水準まで下落しています。 こうしてみると、あらためてリーマンショックの衝撃の大きさを認識するとともに、今後は世界経済がリーマンショック級のダメージを回避できるかが焦点となります。 リーマンショック時は、金融ショックを発端として経済ショックを引き起こしました。 これに対して、今回はヒトやモノの分断に伴う経済ショックを発端としています。 金融市場の流動性を確保し資金の目詰まりを防ぐことで、何としても金融ショックへの連鎖を防止できるよう、各国の足並みを揃えた国際協調が求められます。 いずれにせよ、コロナ禍の終息には予防ワクチンと治療薬の開発が待たれますが、分断された社会の絆を修復するにはさらなる時間を要するでしょう。 それまでの間、経済ショックを緩和する財政出動や金融ショックを防ぐ金融政策はもとより、医療・教育・福祉など国民生活を支えるセーフティネットへの目配りが欠かせません。 Jリート市場も社会の公器としての役割を全うし、この危機を克服することを期待しています。 レポート• 研究領域• 金融・為替• 資産運用・資産形成• 社会保障制度• 不動産• 経営・ビジネス• 暮らし• ジェロントロジー 高齢社会総合研究• 医療・介護・健康・ヘルスケア• 政策提言• 注目テーマ・キーワード• 統計・指標・重要イベント• 現在発行中• 過去発行•

次の

東証REIT指数が大幅下落。REITの投資対象としての可能性

東証 リート 指数 下落

REITについての基本的な概要は、「」のページをご参照ください。 よって、不動産へ投資するだけの資金がなければならない、投資家からそれだけの資金を調達しなければならない、ということが必須となりますので「の量」がREITのに大きく影響してきます。 すなわち、「」の状態になるとREITへの投資が増えますので、によるなどが行われれば上昇します。 また、インフレ率、すなわち「」は、の相場に左右されやすいので、原油相場もREITの相場の上下に影響します。 で物価が上昇すればREITも上昇しやすくなりますし、 で物価が下落すればREITも下落しやすくなります。 通常、投資家はREITの配当は3%以上を期待しますので、REITの配当が3%以上であれば買いが入りやすくなることも覚えておきましょう。 これはでいうに相当するもので、考え方はPBRと同様です。 NAV倍率が1倍を割れば と判断され買いが入りやすくなります。 逆に、1倍を超えると としてREITは売られやすくなります。 もし、債券のが下落したら、債券の金利で運用益を出していた投資家は利益が出なくなってしまいますので、より金利が高いREITを買ってくるようになります。 また、債券の金利は不動産の金利とも連動しますので、金利が下がると不動産が買われやすくなり、REITにとっては上昇要因となりますので、債券の相場も注意して見ておくようにしましょう。 日本や海外で による が行われる局面では、カネ余りの状態が解消されてしまいますので、REITは売られやすくなります。 インフレ率、すなわち物価は、原油の相場にも左右されやすいですので、原油安で物価が下落すればREITも下落しやすくなります。 REITの配当が3%を割る局面ではREITに魅力がなくなり売られやすくなります。 これは株式でいうPBRに相当するもので、考え方はPBRと同様です。 NAV倍率が1倍を割れば割安と判断され買いが入りやすくなります。 逆に、1倍を超えると割高としてREITは売られやすくなります。 金利が上がれば不動産を買いたい人が減りますので、必然的にREITは売られやすくなります。 よって、銀行の期には益出しのために売られやすくなりますので注意しましょう。 概ね、決算の2,3週間前からは警戒しておいた方がいいでしょう。 REITが下落したら REITが上昇している局面というのは、が上昇に転じ、不動産にお金が回っている状態ですので良いのですが、REITが下落している局面は警戒が必要となります。 というのも、REITはやとは関係のない、影響を受けにくい分野です。 REITが下がっている局面というのは、為替の影響で下がっているのではない、裁定取引の影響で下がっているのでもない・・・ということで、まともに大口の投資家が日本売りに走っている可能性が出てきます。 REITが下落している局面では、その原因について分析しておく必要があります。 日本の景気が良くなってきて金利が上昇しているのでREITが売られているのか・・・中央銀行による金融緩和はこれ以上はないと見られているのか・・・金融引き締めの時期が近いのか・・・世界的にの状態に傾いているのか・・・ 不動産への投資は多額の資金が必要となるため、不動産自体がお金の集合体とも言えます。 金融緩和などで余ったお金は、最終的には不動産へ向かいます。 特にビルへの投資が活発になります。 REITが上昇している局面では、余ったお金が不動産へ流れている状態ですので、今後の景気に期待が持てますが、REITが下落する局面というのは、そのお金が逃げている状態を示しますので、今後に警戒が必要です。 ちなみに、REITを運用しているのは主に銀行(地銀)ですので、REITが下落する局面はにとってマイナス要因となることは覚えておきましょう。 :姉妹サイト「」の解説ページ 東証REIT指数・J-REITの利回り・時価総額・売買代金の推移 東証REIT指数や、J-REITの利回り・月間の時価総額合計・1日平均売買代金のこれまでの推移は、当サイトの姉妹サイト「株式マーケットデータ」で確認できます。 米国REIT指数・分配金利回り・PER・PBR・PSR・PCFRの推移 米国(アメリカ)ののREIT指数と、その分配金利回り・PER・PBR・PSR・PCFRの推移は姉妹サイト「株式マーケットデータ」で確認することができます(それぞれの解説付き)。

次の

REITを分析する(REIT指数の上昇・下落の要因)|株初心者のための株式投資と相場分析方法

東証 リート 指数 下落

クラリオン<7201>• REIT(リート=上場不動産投信)で構成する東証リート指数が8日、一時前日比で2.9%急落した。 高原状態が続いていたが、足元の金利上昇に伴い値もたれ感を強めている。 リート指数はこの日、2168.94ポイントと1カ月強ぶりの水準まで低下した。 今年に入り3割近く上昇していたが、5日に付けた終値ベースの年初来高値2257.08ポイントと比べて約4%低い。 新発10年物国債利回りが8日は前日比0.035%高のマイナス0.055%に上昇している。 「米中貿易協議の進展期待を背景に上昇する米金利に連動した」(三井住友DSアセットマネジメントの市川雅浩シニアストラテジスト)という。 不動産市況に逆風になるとの見方から、リート指数の下げ圧力が強まった。 提供:モーニングスター社 モーニングスター株式会社(以下当社)が展開しているウェブサイト、スマートフォンアプリ、携帯サイト(当社が承認したうえでtwitterやfacebookなどのソーシャルメディアで配信・共有された情報も含みます)ならびにモーニングスターウェブサイトを介した外部ウェブサイトの閲覧、ご利用は、お客様の責任で行っていただきますようお願いいたします。 【当サイトのご利用について】 当社がウェブサイト等で展開している投資信託、株式、ETFなどの比較検索、アナリストコラム、マーケットニュース、ポートフォリオ機能およびその他の情報などのコンテンツは、あくまでも投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。 また、当社が信頼できると判断したデータ(ライセンス提供を受ける情報提供者のものも含みます)により作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。 ご利用はお客様の判断と責任のもとに行って下さい。 利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても、当社およびその情報提供者は責任を負いません。 【リンク先サイトのご利用について】 モーニングスターウェブサイトの各コンテンツからは外部のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。 リンク先のウェブサイトは当社が管理運営するものではありません。 その内容の信頼性などについて当社は責任を負いません。 【著作権等について】 著作権等の知的所有権その他一切の権利は当社ならびにMorningstar,inc. またはライセンス提供を行う情報提供者に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 掲載しているウェブサイトのURLや情報は、利用者への予告なしに変更できるものとします。 ご利用の際は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせていただきます。

次の