高校生 就職 おすすめ。 男子高校生の卒業祝いに人気のプレゼントランキング2020!名入れボールペンがおすすめ

読書好き9人に聞いた!進路や将来に悩む高校3年生におすすめの本|アイテムハックな暮らし方

高校生 就職 おすすめ

高卒での就職を考えている高校生の皆さんに朗報です!厚生労働省から、令和3年3月卒業の高校生の就職に係るスケジュールの変更が発表されました。 応募書類の提出(出願書類提出)は10月5日、先行・内定開始は10月16日からとなります。 採用選考開始日などを1カ月遅らせることが発表されました。 高卒新卒の応募開始、選考開始は1ヶ月先送り 2020年春は、新型コロナウィルスの影響で全国の高校が臨時休校期間を設けていました。 通常であれば4月から始まっていたはずの進路指導ガイダンスや、保護者向けの進路説明会開催、二者・三者面談などが実施されず不安に感じていた人も多いのでは?今年の高卒就職活動は就職準備期間が短くなり、ミスマッチが増えるのではないかと心配されていました。 「準備不足のまま就職活動突入か…うまくいくのかな」と不安を抱えていた高校生の皆さん、安心してください。 1カ月猶予ができることで、気持ちにも時間にも余裕ができ、しっかり自分の適性と希望にあった就職先を選ぶことができます。 まず、2020年の高卒就活スケジュールを確認してみましょう。 令和3年3月新卒高卒者の就職活動のスケジュール 7月1日(水) ・学校への求人申込・学校訪問が開始されます。 ・企業から学校に求人票が届き、採用人数や労働条件などの情報が閲覧できるようになります。 10月5日(月) ・応募書類提出が開始されます。 ・学校を通して、希望する会社への応募書類の提出が可能になります。 実は準備期間が増えた!! 企業からの求人票が届く日程には変更がなく、7月1日(水)から開始されます。 つまり求人票を見比べながら応募先を考える時間は、例年よりも1カ月多くなります。 このチャンスを活かし、自分の行きたい就職先をしっかり見極めましょう。 約80%以上の企業が、積極的に高卒採用を考えていることが分かります。 日頃から高卒採用に積極的な企業にとっては、新型コロナウィルス感染症の影響は限定的なものであると言えるでしょう。 職場見学も前向きに開催予定の企業が多い 就職を希望する高校生にとって、就職先を決める時に重要な情報源になる「応募前職場見学会」。 やはり、実際に目で見て、耳で聞いて、肌で感じた情報は、最終決定を行う時に大きな意味を持ってきます。 就職後のミスマッチや早期離職を防ぐためにも有効とされる職場見学は、企業にとっても重要なものです。 先に述べたアンケート調査によると、現時点で職場見学の開催を予定している企業は、約90%に達しているようです。 「マスク着用」、「体温・体調確認」、「換気の徹底」に加えて、密にならないよう人数や時間を制限するなどの対応をしながら、高校生の皆さんが安心して職場見学に参加できるように、企業も準備を進めています。 気になっている企業のHP等で、職場見学の開催日などをチェックしておきましょう。 企業にとっては、積極的な情報提示が必要不可欠!! 高校生からの応募書類の提出開始日は1カ月延期されましたが、学校訪問や求人票の提出開始日は例年通り7月1日から開始されます。 学校への求人票提出から応募開始までの期間が2ヶ月間から3ヶ月間に増えることで、就職を考える高校生にとっては、さまざまな企業を見比べる時間がたっぷり取れることになります。 スタートダッシュが大切なのは、もちろんのことですが、数ある企業の中から自社を選んでもらうためにも、例年以上に積極的に情報を提示していく必要があるでしょう。 求人票へ記載する情報をより詳しくしたり、HPに就職を考えている高校生に向けてメッセージを載せるだけでも、印象はずいぶん変わってきます。 ピンチはチャンス!! 新型コロナウィルス感染症の影響による採用選考日程の変更や、限られた中での就職活動など、例年とは異なる環境ではありますが、応募書類の提出や採用選考会の日程が1ヶ月延長になったのは、高校生の皆さんにとっては大きなチャンスです! 企業の研究や自己分析の時間に費やすなど、この期間をフル活用して、自分に合った希望の就職先をみつけましょう !.

次の

【高卒】就職か進学か?おすすめの就職先|データで見る就職率と大卒との差│ジョブシフト

高校生 就職 おすすめ

大学進学• 専門学校 の3つです。 まず前提として、プログラマーになる為に取得を義務付けられている資格はありません。 よって企業に入社し一定期間の研修を受けてプログラマーとして配属され仕事を行うのが一般的になります。 大学の理学系および工学系で学んだ学生はコンピュータに関する高度な知識を得ている人も多いですが、現在は各企業の社内研修制度なども充実している事が多い為、文系出身者や高校卒業してのプログラマーというのもたくさんいます。 また近年はコンピュータ系の専門学校も増えておりそちらを卒業してからプログラマーを目指すパターンもあります。 取得が義務付けられている資格はありませんが、「情報処理技術者試験」というものがあり、なかでも基本情報処理技術者は基本的な知識の有無を見る為のプログラマーの基本資格ともいわれています。 次に、先ほど挙げた3つの選択肢についてそれぞれ考えてみましょう。 就職について 1に挙げた「就職」についてですが、正直あまりおすすめできません。 必要資格も無く学歴も必須ではないためプログラマーになりたいという意思があれば高校を卒業してプログラマーになる事は可能ではありますが、やはり現場で必要となる、最低限の知識や経験を持って就職したほうが良いと思われます。 金銭的な理由など余程のことが無い限り大学や専門学校などで知識やスキルを身に付けた上で就職することを考えたほうが良いでしょう。 また、一部の企業では4年制大学卒業が就職条件になっている事もあります。 良い点を挙げるとすれば、活動年数が他の選択肢よりも多いという事でしょうか。 あまりいないと思いますが、すでに様々な知識やスキルを身に付けており現場で即戦力となれるような人材であるならば就職という選択肢も良いのかもしれません。 関連記事: 大学進学について 2に挙げた「大学進学」についてですが、やはり現状ではこの選択肢が1番おすすめできます。 そのなかでも情報工学、情報通信工学、情報システム工学などの学科やIT系の知識を学べる学科がプログラマーを目指すのに役立つと思います。 プログラミングに使用されるC言語やJavaなどのコンピュータ言語や実際にシステムを使用する際に活用が必要となるネットワークシステム、各種ソフトウェアを開発する際に必要な知識など幅広く学ぶ事ができます。 将来システムエンジニアを目指す人や大手企業に就職したい人などは大学進学で間違いないと思います。 専門学校進学について 最近では、大学進学のほかにも専門学校でより深くプログラマーになるための知識をつけるという選択肢も出てきました。 上昇処理系の学科やIT関連全般の知識が習得できる学科も増えてきています。 講師に現役で活躍している一流プログラマーを招いている専門学校などもあり大学進学に比べてより深く専門的に学ぶ事が可能です。 プログラマーを目指す人の中でもゲームプログラマーやWEBプログラマーになりたい!など進みたい道がはっきりしている人は専門学校に進学するのもいいかもしれません。 逆に漠然とプログラマーになりたいな。 という人にはおすすめできません。 大学に進学して広く知識をつけた上で選択する必要があるかと思います。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回はプログラマーを目指す高校生が選択可能な3つに絞って、それぞれの優位な点などについて考え比較してみました。 やはり一般的には大学進学がおすすめできるのではないかと思います。 しかし、忘れてはいけないの事はプログラマーになる為に一番大切なのは「意思」です。 どのような選択肢を選んだとしてもプログラマーになりたい気持ちを忘れずにいれば立派なプログラマーになれるのではないでしょうか。 関連記事: 関連記事:.

次の

(社説)高校生の就職 コロナ下で支援を厚く:朝日新聞デジタル

高校生 就職 おすすめ

この記事では、高校3年生を対象に「高3 高校3年生 におすすめのバイト」を紹介していきます。 また、受験や進路が決定している高校生を対象に、いつまで働くのか、いつ始めればいいのかなどの疑問もお答えして行きます。 高3でバイトに受からないは嘘!始めるのは遅くない 結論から述べると、高3だからという理由でバイトに受からないは嘘です。 確かに、長期バイトでは出来るだけ長く働いてくれる人を採用したいと考えますが、それでも人手不足の日本には採用されやすくなっています。 いつまでするのか?【高3バイト・受験生】 ベストは、高校3年に進級するタイミング、つまり4月には辞めた方がいいでしょう。 バイトよりも受験の方が大事ですし、将来を左右する大事な時期です。 気持ちも頭も切り替えられるようにタイミングよく辞めるといいでしょう。 【高3】高校3年生におすすめのバイト10選|春休みにできる短期バイトも紹介 1. コンビニバイト 自宅近くのコンビニエンスストアは高校3年生におすすめのバイトです。 コンビニエンスストアのアルバイトは定番ですが、自宅に近い場所を選ぶといいでしょう。 理由はコンビニエンスストアは日中は主婦の方が中心で、夜は学生さんを採用していることが多いからです。 コンビニはほぼオーナーさんの家族経営で、ある程度の希望のシフトが通りやすいからです。 ですがオーナーさん達は長期で働いてくれる人を募集しています。 意外にもコンビニはレジだけではなく、色々と時間をかけて覚えることが多いからです。 高校3年生だとすぐに辞められてしまうこともあるので、進学しても自宅通学を考えている方には長期的にシフトに入れてくれる可能性があります。 進学しても続けられる意思を見せると、採用してくれます。 また続ける意思を見せることで、少々の学校行事はサポートしてくれることもあります。 短期的な仕事を探すのもいいですが、短期のバイトはほぼ時間の融通はききません。 時給がいいぶん仕方ないですね。 まずは最寄りのコンビニで求人していないか聞いてみましょう。 コンビニバイトのメリット• 採用されやすい• シフトが通りやすい コンビニバイトのデメリット• 長期のバイトを募集する 2. ファミレス ファミレスのスタッフは、高校3年生におすすめのバイトです。 とくにすかいらーくグループのバイトは、シフト制なので受験シーズンは休みやすかったりと融通が利きます。 ファミレスのスタッフの仕事内容は大きく二つに分かれます。 一つ目は、ホールスタッフ。 お客様を案内したり、注文を受けたり、料理を運んだり、下げものをしたりといった内容です。 もう一つは、キッチンスタッフ。 料理を作ったり、洗い物をしたりします。 バイトを始める際には、どちらの仕事か選んで入ることになります。 仕事に慣れ、長く続けているとどちらの仕事も任されるようになる場合もあります。 ですから、様々な仕事を覚えられるようになり、バイトでも責任感を感じられるというメリットがあります。 また、まかないが出るお店もあるので、無料または破格でレストランの料理を食べることができます。 割引制度もあるのでプライベートで安く利用することもできます。 デメリットとしては、様々なお客様に対応しなければならないのが大変なことと、混雑時はとても忙しく疲れることです。 でも、同世代が多く、楽しく働けるバイトなのでおすすめですよ。 ファミレスのメリット• シフトが通りやすい• 割引がある ファミレスのデメリット• 混雑時の対応がとにかく大変 3. ガソリンスタンド ガソリンスタンドでの勤務は、高校3年生におすすめのバイトです。 仕事内容はガソリンの種類がなにかを聞いて、給油をして、代金を精算することです。 このバイトのメリットとしては、時給が高いことです。 夏場のお盆のシーズンや冬場の年末年始などの繁忙期のときに働くとひっきりなしにお客さんがきてとても忙しいですが、その分もらえる対価は他のバイトに比べてはるかに高いです。 高速道路のガソリンスタンドで働くと特にたくさんお金をもらうことができます。 また、車に興味があればいろいろな車がやってくるのでバイトをしながら楽しむことができます。 デメリットとしては、夏場はずっと外に立っているので体力をとても使いますし、また対策をしておかないとすぐに日焼けをしてしまうことです。 それからガソリンを扱う仕事ですので、1日中仕事をしているとガソリンのにおいが全身に染みついてしまうことです。 家に帰ってからのお風呂やシャワーは必須です。 ガゾリンスタンドのメリット• 時給が高い• 好きな車の仕事ができる ガソリンスタンドのデメリット• 体力的にきつい• ガソリンの匂いがきつい 4. 結婚式場スタッフ 結婚式場スタッフは高校3年生におすすめのバイトです。 結婚式場スタッフは主に結婚式でのご案内業務、ドリンク、料理などの提供を行います。 バイトに入るのは結婚式が行われるときなので、土日祝日が多く、学校がお休みの日にできるというのが良いです。 結婚式を挙げる人にとっては一生に一度の大切な日であり、それをサポートする仕事ということでかなり責任感のある仕事であるというのがデメリットではあると思いますが、その分時給は結構高めです。 他にも結婚式場の社員さんやバイトスタッフが多々いるため、きちんとその場で教えてくれたり、フォローしてくれるので仕事も安心してできます。 今後就職して仕事をしていく上で、責任感というものは重要になってくると思うので、それを学ぶ上でも良い仕事だと思います。 結婚式場スタッフは単発や短期でも募集していることが多いです。 高校3年生で就職や大学が決まって少し時間に余裕ができてからでも短期で働いたりできます。 結婚式場のメリット• やりがいがある• 時給が高い 結婚式場のデメリット• シフトが土日になりやすい 5. 飲食店バイト 飲食店のバイトは、高校3年生におすすめのバイトです。 飲食店のバイトでは、お客さんやバイト先の方とコミュニケーションを取りながらホールに出て注文を取ります。 また、キッチンに立って実際にお客さんに出すお料理を作ることもできます。 飲食店のバイトで働くメリットは、まさにコミュニケーション力が身に付くということです。 お客さんとのコミュニケーションはもちろんのこと、バイト先の方と連携しながらコミュニケーション力を身に付けることができます。 また、キッチンでは料理を実際に作るので、料理の勉強にもなりますし料理を作る工程を知ることができます。 デメリットについてですが、初めての方と接する機会が多いため、人見知りの人や人と接するのが苦手だという方には少し大変な仕事かもしれません。 そういった自身の性格を変えるために、高校3年生の時期だからこそ克服のために飲食店でバイトをすることでそこから一歩踏み出すことができるのでおすすめです。 飲食店のメリット• コミュ力がつく 飲食店のデメリット• 人見知りの人にはきつい 6. ピザのデリバリー ピザのデリバリースタッフは、部活を引退した3年生におすすめです。 どこのピザ屋もメイクと言ってピザを作るクルーとそれを顧客に届ける事やチラシのポスティングを行うデリバリーとで分かれています。 立ち仕事で足に負担なメイクの仕事に比べ、デリバリーの仕事はバイクを運転している時間がメインになるので費用対効果が歴然高いのです。 年末年始やクリスマスで一時的繁忙期を迎える時に忙しくなるくらいで実は暇な事が多いです。 ポスティングにおける配布ノルマも特段ない事が多く、自分のペースで仕事が行え、商圏地域の土地勘が圧倒的につきます。 運転免許は必要になる事がありますが、所有していれば店内業務のクルーのプラス100円の高時給で短期で稼げるので高校3年生で部活を引退して免許を取得した方には非常におすすめです。 ピザデリバリーバイトのメリット• 店長は基本的に店舗にいるので全く干渉されないことが一番のメリットです。 新商品の試食も出来ます。 ピザのデリバリーバイトのデメリット• 夏は風邪を切って良いが、冬場の運転が過酷です。 クリスマスシーズンはサンタになる事もあります。 市民プールの監視員 市民プールの監視員は、高校3年生におすすめのバイトです。 夏休みの間だけ営業している市民プールで監視員をする仕事です。 仕事内容は朝と帰りのプール周辺や更衣室の清掃、営業時間内のプールの監視、チケットのもぎり等です。 営業時間内は主に、プールの周りを歩く、監視用の上から見える椅子に座って監視をする、チケットのもぎりなど何種類かの業務を15~30分位ずつ交代で回していきます。 高校生や大学生が多く働いているので出会いが多く仕事中はもちろん仕事以外でも交流を持てる楽しい仲間ができます。 時給は大体900円ほどの所が多く1日7~8時間勤務になるので7000円くらいはもらえます。 夏休みという期間限定なので頑張ってシフトに入れば1か月10万くらい稼ぐこともできます。 学校がある時にはあまりバイトができない、バイト先で友達を作り楽しみたいという高校3年生におすすめです。 市民プールの監視員のバイトのメリット• 出会いが多く友達が増える• 短期集中して稼げる 市民プールの監視員のバイトのデメリット• 水着なので日焼けする• 体力が必要 7. 家庭教師 私が高校3年生におすすめするバイトは家庭教師です。 年齢にもよりますが進学の入試は基礎を大事にする問題が多く出題され、教える教科の分野の復習にもなり一石二鳥です。 また、基本的に指導する科目は自分の得意科目が中心となるため人に自分が教えられたことが自信にもつながります。 そのうえ、週に何日の何時間と決めていればそのほかの時間を自分の苦手科目の復習に当てることが可能です。 日にちについても塾と違い、自分の都合を当てられるので都合がつきやすく負担が比較的少ないと言えます。 教えるのは難しい・成績が上がらなかったらといった不安がある方も多いでしょうが、実際に自分が相手の子供に丁寧に指導していくと多くの子供たちは理解してくれます。 家庭教師のバイトのメリット• 時間の調整がしやすい• 稼ぐ額が多い 家庭教師のバイトのデメリット• 何度聞かれても丁寧に説明できる• 子供も様子に気を配れる.

次の