インターンシップ 返信。 企業とのやりとりに役立つ! インターンシップに関するメールの書き方とマナー【例文あり】

インターンシップの応募メールの書き方。返信の方法を確認しよう|就活市場

インターンシップ 返信

ビジネスメールの基本的なマナーとは 企業に対して、正しい形式でメールを送付するためには、ビジネスマナーを守ることが非常に大切です。 人事担当者の立場でも、ビジネスマナーを守れる学生の話の方が聞いてみたいですよね。 とはいえ大学生のみなさんはそのようなメールを送り慣れていないと思いますので、今知識がないことは仕方ないと思います。 なので、ここでメール送付時のマナーを学んでいきましょう。 返信は1日以内に送ろう メールの返信はできるだけ当日中に、それが難しければ翌日の午前中までに送りましょう。 メールの返信が遅くなってしまうと、採用担当者にインターンへ参加意欲が疑われてしまうかもしれません。 そんな事態を避けるためにも、メールの返事は早急に行うようにしましょう。 授業中などの特段の理由がない限り、メールを開いてすぐ返信をしてしまった方が良いでしょう。 件名で誰からのどんな要件かわかるようにする 人事担当者は、毎日多くの学生や取引先からのメールを受信します。 確実に採用担当者にメールを開封してもらうためにも、件名で誰からのメールでどのような要件かを伝えるべきです。 面接日程の設定をお願いするのであれば、下記のような件名になるかと思います。 【面接日程の希望日について】〇〇大学〇〇学部の田中です 【】の中身をその時に伝えたい要件に合わせて改変するといいでしょう。 よく用いられるものになると、下記の例が上げられるでしょうか。 インターンの持ち物について• インターン受け入れの御礼• 面接の御礼 いずれも、メールで伝えたい要件について、一目でわかるようになっているでしょう。 その際にも、下記のように相手の名前だけでなく、「 会社名、部署名、役職」を記載するようにしましょう。 人事担当者がメールを受信した際には、自分宛のメールかわかるようにしましょう。 その後、一言あいさつを述べてから、自分の名前を名乗り、要件に入ります。 自分の名前を名乗る時には件名で名乗った時と同様でいいでしょう。 お世話になっております。 〇〇大学〇〇学部の田中です。 電話でも直接話す時でも、初対面の方と話す時に自己紹介をしない方はいませんよね。 考えてみると当然のマナーですが、意外と忘れがちなので注意しましょう。 要件は簡潔に伝える!補足情報は後に伝えよう 要件は最初に簡潔に伝えるようにしましょう。 先ほども述べた通り、人事担当者は、毎日たくさんのメールに目を通します。 メールの最後まで読まないと要件がわからないメールよりも、すぐにメールの要件がわかる方が読んでいてストレスはないですよね。 例えば、インターンの面接の日程調整のメールであれば、最初に参加したい日程を伝えましょう。 もし提示されたメールの日程で都合が悪ければ、最初にその旨を伝えるべきでしょう。 その日程で都合が悪い理由は補足情報になりますので、伝える順番としては後になりますね。 適度な改行、句読点を忘れない! メールを読む側の立場になると、レイアウトによって読みやすさ変わってきますよね。 文章が詰まっていたり、読点がないと、読んでいてスラスラ読み進めることは難しいと思います。 メールは読んでもらうことが一番の目的なので、読んでもらった時のことも考えましょう。 まあ、普段LINEやTwitterなどのSNSでは句点を用いる習慣があまりないと思います。 しかし、ビジネス上のメールでは句点を用いることは必須です。 細かな点に思われるかもしれませんが、メールの読みやすさでは一番重要な点です。 忘れることなく用いるようにしましょう。 メールの最後は署名で締める メールの署名に関しても、学生のみなさんには、馴染みがないことだと思います。 おそらく人事担当者などから送られてくるメールの文末には、下記のような情報が記載されていると思います。 企業によっては、もう少し詳細な情報が書いてあると思います。 学生のみなさんも、このような形で文末に署名を記載しましょう。 所属大学・学部・学科・名前・電話番号・メールアドレス程度の記載で十分です。 下記のテンプレートを編集していただければ問題はないでしょう。 ここでは上記のマナーを守ったメールの例文を紹介します。 件名:【インターン面接の希望日程について】〇〇大学〇〇学部の田中です お世話になっております。 〇〇大学〇〇学部の田中です。 この度はインターンの面接日程調整のメールをいただき、誠にありがとうございます。 面接の参加希望日は、下記のようになります。 面接に参加させていただくことを楽しみにしております。 何卒よろしくお願い致します。 面接を受けるのはあなただけではないので、他の面接希望者との兼ね合いも考えるべきですね。

次の

インターンシップに参加するためのメールの書き方|応募と受け入れ通知に対する返信マナー【例文あり】

インターンシップ 返信

・ ビジネスメールの基本を押さえよう! 用件を件名にまとめる 企業には毎日多くの手紙が届きます。 そのため、ビジネスメールでは一目で送信者や用件が分かるように「件名」を書くのがマナーです。 【インターンシップに関する質問メールの件名の例】 例1)インターンでの提出書類についての質問(〇〇大学 山田太郎) 例2)【〇〇大学 山田太郎】インターンシップでの服装に関する質問 質問メールの件名には、「何を質問したいのか」と「送信者の所属と名前」の2点を簡潔にまとめると良いでしょう。 宛名から始める ビジネスメールでは内容よりも先に「宛名」を書くことから始めます。 宛先は相手の「企業名」「部署」「名前」の順に書いていきます。 部署が分からなければ、飛ばしても構いません。 また、担当者の名前が分からなければ「インターンシップご担当者様」と書けばOKです。 大切なのは、宛先を見ただけで「誰」が対応すべきメールなのかが、はっきり伝わることなのです。 挨拶では初めてメールする場合には「はじめまして」、何度かメールをやり取りしていたり、面識があったりするような場合には「いつもお世話になっております」と書くと良いでしょう。 自己紹介では「所属」と「名前」を書いておきましょう。 例1) はじめまして。 〇〇大学〇〇学部〇〇学科3年の山田太郎と申します。 例2) いつもお世話になっております。 〇〇大学〇〇学部の山田太郎と申します。 質問したいことを簡潔・具体的に書く 質問メールでは、回答が欲しいことについて簡潔で具体的に示すことが大切です。 例えば「インターンシップの服装はどうすればいいでしょうか」では、スーツか私服かで悩んでいるのかもしれませんし、スーツを着るつもりだけれどスカートかパンツスタイルかで悩んでいるのかもしれません。 質問者が何を聞きたいのかが漠然としすぎていて、適切な回答が難しくなってしまうのです。 「インターンシップの服装はスーツでの参加で問題ございませんでしょうか」と、具体的にすることで回答者は「スーツで構いません」か「スーツだと問題があるから〇〇を着てきてください」とシンプルに回答できます。 自分が何を聞きたいか、はっきり分かる文章で質問するようにしましょう。 メール末尾に署名を入れる 質問文が書けたら、メールの末尾には署名を入れるのを忘れないようにしましょう。 「名前」「所属」「連絡先」を記しておくのが基本です。 連絡先にはメールアドレスと電話番号は最低限書くようにします。 郵送でのやり取りが多い企業であれば、住所も書いておくと親切です。 日常的に使うメールアドレスには、恋人やペットの名前など、ビジネスの場には不適切な単語を使ってしまっていることもあります。 企業にメールを送る際には、自分の名前やイニシャルと誕生日程度のシンプルなアドレスがおすすめ。 大学で配布されるメールアドレスを活用しても良いでしょう。 適度に改行して読みやすく工夫 同じ内容のメールでも、ぎゅうぎゅうに内容が詰められていると、それだけで読む気力を無くしてしまうもの。 ビジネスメールでは、相手が読みやすいように適度に改行することが大切です。 まずは「宛名」「挨拶と自己紹介」「本文」「署名」で行を開けてみましょう。 また「本文」も詰まった印象があれば、適宜改行を加えてみてください。 誤字脱字に注意! メールを書き上げたら、一度丁寧に読み返してみましょう。 メールは手紙に比べて、手軽に素早く書くことができます。 しかし、思いがけない変換ミスや脱字が発生してしまう危険性も持ち合わせています。 特にインターンシップ先の企業名や担当者の名前を間違えることは失礼にあたります。 送信してから「しまった!」とならないよう、何度もチェックしておきましょう。 回答が届いたらお礼メールを送ろう 送った質問メールに対して回答が届いたら、お礼メールを送ります。 企業の担当者は忙しい業務の合間をぬって、あなたのためだけに回答してくれているのです。 その感謝の気持ちをしっかりと伝えるようにしましょう。 ただし、回答メールに「返信不要」と書かれている場合があります。 その場合は返信するとかえって迷惑となってしまうこともありますので、返信しないよう注意が必要です。 〇〇大学〇〇学部〇〇学科3年の山田太郎と申します。 貴社でのインターンシップに参加する際の服装について質問させていただきたく、 ご連絡いたしました。 当日の服装についてご指定がありませんでしたが、 スーツでの参加で問題はございませんでしょうか。 お忙しい中、お手数おかけいたしますが、ご回答よろしくお願いいたします。 〇〇大学〇〇学部〇〇学科3年の山田太郎と申します。 インターンシップ面接の日程をご連絡頂きありがとうございました。 大変恐縮なのですが、ご提案いただいた日時に面接に伺うのが難しい状況です。 以下日程の中で、面接の日程を再度調整いただくことは可能でしょうか。 10月7日 月 13時〜18時 10月8日 火 13時〜18時 お忙しい中、お手数おかけいたしますが、ご検討よろしくお願いいたします。 件名: Re:Re:【〇〇大学 山田太郎】インターンシップ当日の服装に関する質問 本文: 〇〇株式会社 総務部 人事課 田中花子様 お世話になっております。 〇〇大学〇〇学部〇〇学科3年の山田太郎です。 お忙しい中、質問にご回答いただきどうもありがとうございます。 スーツでの参加で問題ないとのことで承知しました。 当日はどうぞよろしくお願いします。 〇〇大学〇〇学部〇〇学科3年の山田太郎です。 お忙しい中、日程をご調整いただきどうもありがとうございました。 それでは10月8日 火 15時に伺います。 当日はどうぞよろしくお願いします。 「件名」がなければ、メールを開くまで用件が分かりませんし、「宛名」がなければ「誰が担当すべき用件なのか」をすぐに判断できません。 また「自己紹介」や「署名」がないと「誰から来たメールなのか」を判別できずに、適切な対応が遅れてしまいます。 読む人の気持ちに寄り添いながら、丁寧な質問メールを書くように心がけてみましょう。

次の

インターンシップに参加する学生必見!メール返信の基本マナーと例文

インターンシップ 返信

インターンシップ選考で合格すると採用通知がメールで届くことも多いかと思いますが、合格通知にお礼メールを返信する必要があり、メールの内容や送り方などマナーが必要となります。 では、実際にどのように書けばよいのか、例文を紹介しながら解説していきたいと思います。 返信メールもアピールのチャンス 出典:PAKUTASO 多くの企業が就職活動の連絡手段としてメールを使います。 インターンシップの採用通知もメールでいただくことが多いようです。 採用活動に関わらず、メールやグループウェアのメッセージは、ビジネスにおけるコミュニケーションの基本です。 したがって、若手社員と遜色のないきちんとしたメールを返信できると、評価アップにつながります。 メールの基本は「受け取った相手のことを想像して書く」こと。 まずは採用担当者を思い浮かべてください。 どんなことが想像できますか? 第一に、採用担当者は超多忙であるということです。 たくさんの応募者のメールに目を通さなければなりません。 したがって、まどろっこしい表現や長文は歓迎されません。 第二に、会ってみたい、一緒に働きたい学生を探しています。 優秀でも礼儀に欠けていたり自信がなかったり、「この学生を参加させて大丈夫かな?」と感じるメールでは、参加を受け入れてよいものか疑問を感じさせてしまいます。 したがって注意することは、次の5つのポイントになります。 (1)送信するタイミングに配慮を 採用の通知メールをいただいて、喜んだまま放置してしまってはいけません。 24時間以内に返信がベスト。 返信がないと、「インターンシップに参加する気がないのかな?」と疑われてしまうからです。 返信時間帯については、特に決まりはありません。 ただ、真夜中の返信は不規則な生活習慣が透けて見えてしまうので、朝~夜20時頃に返信するとよいでしょう。 (2)件名は「送信者」「内容」が分かるようにする 採用担当者はたくさんのメールを受信します。 本文を見なくても、件名で発信者と要件がわかるようにしましょう。 実際のビジネスにも応用できるメールのノウハウです。 (3)企業名・部署名・氏名に誤字は厳禁 メールの最初には、送付先の採用担当者の企業名・部署名・氏名の宛先を記載します。 学生同士のメールでは省略されることがありますが、メールというよりも「手紙」であると意識してください。 このとき「株式会社」は「(株)」と省略しないこと。 氏名はフルネームで記載して「様」を付けることを忘れないように。 誤字は厳禁です。 「斉藤」という名前の場合、「齋藤」や「齊藤」など文字の違いにも留意してください。 (4)大学名・学部名・氏名をきちんと名乗ること 自分自身のプロフィールの記載も気を付けましょう。 「高橋」のようなポピュラーな名前の場合、同じ学部から同姓の人物が応募している可能性もあります。 フルネームで記載すると間違いを避けられます。 (5)要件を的確に短文で伝えること 内容にもよりますが、25文字以内で改行、5行程度で一行空けて段落を変えると、読みやすいメールになります。 改行なしの長文メールは避けましょう。 短文の中でいかに自分を印象付けるかがポイントです。 「インターンシップについて」のような件名では、問い合わせか採用に関する内容か、誰からのメールだったのか、後で採用担当者がメールを検索して探し出すのに面倒になります。 なお、採用担当者によっては、メールを引用して返信したほうがよい場合もあります。 送信内容を確認できるからです。 この場合は件名に「Re:インターンシップ結果のご連絡>ありがとうございます。 よろしくお願いいたします。 引用符の付いた採用担当者のメールは、削除したり編集したり、手を加えないようにしてください。 勝手に手を加えることは失礼にあたります。 重要なことなのであえて強調しますが、メールによるコミュニケーションのポイントは「相手を想像すること」。 電話なら言い直したり気持ちを伝えたり、双方向のコミュニケーションができます。 しかしメールは一方的です。 さらに文字として残ることも忘れてはいけません。 うっかりした表現、確認せずに送付した誤字脱字のミスは修正が不可能です。 送信前に最低3回は見直しましょう。 インターンシップのお礼メールの例文 インターンシップで採用通知をいただいたお礼メールの例文を以下に挙げます。 このメールを参考にして、自分なりのメールを作成してみましょう。 貴社のインターンシップに受け入れていただき 御礼申し上げます。 面接のときに山田様がおっしゃっていた 挑戦する社風が印象に残りました。 参加させていただくことをとても楽しみにしております。 ご指定のX月X日にお伺いいたします。 よろしくお願いいたします。

次の