ホワイト ソース。 ホワイトソースを使ったグラタンの簡単な作り方は?レンジを使った楽々レシピ!

究極のホワイトソースの作り方。火加減は弱火が正解! キノコとじゃがいものグラタンレシピも

ホワイト ソース

オリーブオイルホワイトソース 元のレシピは牛乳を使っていたのですが、それだとアレルギー対応にはできないと思い無調整豆乳で作ってみました。 どうしても豆っぽい感じが出るので豆腐が苦手な家族にはばれるかな、と思ったのですがグラタンにしたところ全くばれませんでした。 そのままこのソースだけを食べると結構豆乳ぽさがでるので、豆感を消したい場合は塩コショウの代わりに顆粒コンソメを使うとだいぶごまかすことができます。 もし乳アレルギーではない場合は豆乳の代わりに牛乳を使うのがおすすめです。 仕上がりは豆乳を使ってもクリーミーでとてもおいしく、料理に使う分には全く問題ありません。 普通のベシャメルと同じように使えますよ。 塩こしょうの代わりに、ゆずこしょうや粒マスタード、味噌で味付けをしてもおいしいです。 作り方 1、フライパンにオリーブオイルを入れ広げ、小麦粉を篩い入れる。 火をつける前に行います。 そのまま先に木べらで混ぜ、粉っぽさがなくなったら火をつけ、弱めの中火にして2分間炒める。 2、1に大きい泡が出るまで炒めたら火からおろしぬれふきんの上に置く。 牛乳を半量加えて泡だて器でよく混ぜる。 残りも加えてしっかりとよく混ぜる。 3、塩、こしょうを加えて混ぜ、味を調える。 4、弱めの中火にかけ、とろみがつくまで5分間ほど混ぜる。 特に豆乳を使う場合は底に膜が張りやすいので、焦げないように必ず手を止めずに木べらで底をこそげるようにして絶えず混ぜ続けてください。 あまり弱い火力で混ぜていてもカスタードクリームを作るときと同じでとろみがつきません。 ある程度の火力でしっかり火を通しつつ、混ぜているととろみがついてきてもったりした感じになります。 さらさらすぎて固まらない場合は怖がらず火力を少しずつ上げて、しっかり火を通しながら混ぜるようにしてください。 (泡がふつふつしてくるくらい) 5、完成したら普通のベシャメルと同じように料理に使うことができます。 活用レシピ さつまいもとしめじのクリームグラタン このホワイトソースを使ったおすすめのレシピをご紹介します。 材料 4人分 さつまいも 200g しめじ 100g 斜め切りにしたウインナーソーセージ 4本分 ピザ用チーズ 50g パン粉(乾燥タイプ) 適量 ホワイトソース 上の分量で作ったもの 作り方 1、さつまいもは皮つきのまま1㎝厚さの半月形に切る。 細いものは輪切りのままで大丈夫です。 しめじは石づきを落とし、小房に分ける。 耐熱皿にサツマイモを下にしてしめじと一緒に並べ、ラップをして600Wの電子レンジで5分間加熱する。 500Wの場合は6分加熱します。 2、ホワイトソースの中に加熱した1、ウインナーも加えて混ぜる。 耐熱皿に移し、チーズ、パン粉を乗せてオーブントースターで10分間焼く。 オーブンで焼く場合は200度で15分ほど。 焦げ目がつくのを目安に様子を見ながら焼いてください。 焼きあがったら完成です。 さつまいものホクホク感とソースがよく絡み美味しいグラタンが楽しめます。 しめじも苦味なく、子供でも食べやすいですよ。 今回ご紹介したソースは様々な理由でバターや乳製品・動物性のものが使えない方にもいいのではないでしょうか。 もう1つ、小麦粉不使用で作れるホワイトソースもご紹介しています。 こちらも乳製品不要でも作ることができるタイプです。 アボカドで作るので色が鮮やかできれいですよ。 以上『 オリーブオイルで作るホワイトソースの作り方』のご紹介でした。 是非作ってみてくださいね。 おすすめ関連記事 バター不使用でできるレシピならこちらもおすすめです。

次の

ホワイトソースがダマにならない方法! 簡単で失敗しないコツ [毎日のお助けレシピ] All About

ホワイト ソース

寒くなってくるとあたたかいお料理が食べたくなります。 ほっかほかの湯気をまとったグラタンは、寒い季節の醍醐味。 クリーミーなホワイトソースとチーズに絡まったマカロニをほおばる瞬間、まさに「幸せ」を食べている気分になりますね。 しかし、お店で食べるグラタンは濃厚で美味しいのに、家庭で手作りした味はどこか物足りない……なんて思うこと、ありませんか? もちろん、美味しいは美味しいのですけれど、あの「お店の味」をどうしたら再現できるのでしょうか? ママスタBBSに集まったママたちの知恵の集結で、今年の冬は ひと手間加えてワンランクアップしたグラタンが食べられそうですよ! 何の具材を入れるのが好き?野菜からシーフードまでいろいろ まず気になるのは、ママたちはグラタンの具材に何を入れているか、ということ。 野菜からシーフードまで、色とりどりの具材に思わずヨダレが出てしまいそうです。 『エビと玉ねぎと柔らかく茹でたマカロニが好き』 まさに「シンプル・イズ・ベスト」ですね! 『たまねぎ、ぶなしめじ、ウインナー、じゃがいも、コーン』 子どもが喜びそうな具材がたっぷり! コーンを加えることによってコーンの風味が広がって甘みが増します。 『秋野菜のグラタン美味しかったからたまにやる。 具はホワイトソースとペンネとさつまいも、カボチャ、好みのキノコだよ』 さつまいもとカボチャがホワイトソースにからんで、秋の甘さがたっぷり入ったグラタンになりそうですね。 栗を入れても美味しいかも。 『ジャガイモとほうれん草と鮭』 彩りもキレイで、食欲をそそります~。 『海老と玉ねぎにブロッコリーかほうれん草が定番』 『えび、鶏、ほうれん草、栗、ウィンナー』 やっぱりえびは、グラタンの定番なのかな? 「魚介派」か「鶏肉派」か「ウィンナー派」に分かれるところですね。 全部入れもアリ! 『シーフードミックス』 手軽にいろいろな魚介の味が楽しめて、ありがたいシーフードミックスはグラタンでも大活躍。 決め手はホワイトソース。 コレを加えてワンランク上のお味へ……。 お次はグラタンの決め手ともなる「ホワイトソース」です。 市販のものを使用しても良し、バターと小麦粉、牛乳から手作りしても良し。 美味しいソースにこそ、ママたちのちょい技が光ります。 ワンランクアップのコツはソースにあるのだそうですよ。 『バター多め』 やはり、ここはケチってはいけなさそうです。 ホワイトソースを作るときだけじゃなく、具材を炒めるときにもバターを使えば風味がアップします。 『コクなら生クリームじゃない? あとチーズは最後に上かけて焼くだけじゃなくてホワイトソースの中に溶かしてもおいしいよ』 ホワイトソースに使う牛乳に、生クリームをプラスすることでコクがでるのだとか。 さらに焼く前に上にかけるチーズを、ホワイトソースに煮溶かしても美味しいというコメントも。 想像しただけでお腹が空いてきそうです(笑)。 『私が美味しいなと思ったお店のはサワークリームが入ってたよ』 サワークリームと牛乳を混ぜてホワイトソースを作ったり、ホワイトソースの代わりにサワークリームを使うというレシピもあります。 そうすることで、サワークリーム独特の酸味が具材やチーズと合わさって、さっぱりとした後味のグラタンになるのだそう。 グルテンフリーのホワイトソースでとってもヘルシー! 『コクはクリームチーズと生クリームよ。 白ワインも少々』 こちらもバターと小麦粉を使うのではなくて、生クリームとクリームチーズでホワイトソースを作るのだそう。 まるでお菓子を食べているかのような濃縮な風味が、レストランを彷彿とさせるのかな? 『ホタテ缶つゆごと入れて作るとお店の味になる』 ホワイトソースを煮立てているときに、ホタテ缶をつゆごと入れると、ソース全体にホタテの風味が広がって本格的なお店の味になるのだとか。 カニグラタンが食べたければ、カニ缶でも美味しそうですね。 『市販のフォンドボーかブイヨン入れる』 フォンドボーとは、子牛の肉や骨を煮詰めて作ったフランス料理のだし汁のことです。 家庭で作るには手間と時間がかかりますが、市販のものを買ってくれば手軽に本格的なお味が楽しめます。 まさにホワイトソースの隠し味……といったところですね。 慣れた手順で作る「いつものグラタン」に、こんなにも「美味しくなる技」があったとは驚きでした。 ホワイトソースにちょっとひと手間かけて、お気に入りの具材で焼き上げるグラタンは、家族の笑顔も温めてくれそうですね。 あったかいグラタンで、心の中までホカホカになれますように。 皆さんも是非、参考に作ってみて下さいね! 文・渡辺多絵 編集・しのむ.

次の

業務スーパーのホワイトソースは安い値段でマスト買い・激うまレシピ

ホワイト ソース

業務スーパーのホワイトソースはとにかく大きい! 業務スーパーのホワイトソースは、大容量です。 かなり前のことになりますが、業務スーパーでホワイトソースを探していた私。 なかなか見つからないので、ちょうど目の前にいた店員さんに声をかけました。 すると、店員さんがとても申し訳なさそうに「ホワイトソース、こちらなんですけれど…大きいですよね?」と、差し出したのがコレです。 どーん! 単体じゃ、大きさ伝わりにくいですね。 改めて、どーん! 並べたのは350mlの缶コーラです。 大きさ、伝わりますか?パッケージの黒に金というのが、存在感あるんですよね。 「どうだ!」という感じです。 このホワイトソースを初めて手にして「大きい、そして重い」と思った私。 正直言ってこんな大容量、使いきれる気がしない(我が家は3人家族)と思っていたのに、一度使ってからはホワイトソースと言えばコレ!になりました。 業務スーパーのホワイトソースの商品情報をチェックしよう まずは、業務スーパーのホワイトソースの基本的な商品情報をチェックしていきたいと思います。 パッケージの裏面に色々書かれていますので、順番に見ていきましょう。 内容量・値段 業務スーパーのホワイトソースは1kg入りです。 なのに、お値段は297円! ホワイトソースって普通300gほどの缶が、200円~300円くらいしますよね? 業務スーパーのホワイトソースは 1kg で 297円ですよ!この良すぎるコスパも魅力のひとつですね。 ちなみに、パッケージには6人前と書かれていますが、我が家では牛乳などでのばして使用することも多いため、8人前ほどのイメージです。 原材料・原産国 業務スーパーのホワイトソースの原材料は、以下の通りです。 簡単!業務スーパーのホワイトソースで作る『鶏もものクリーム煮』 まず、ホワイトソースパッケージの裏面に記載されていた『鶏もものクリーム煮』をご紹介します。 鶏ももクリーム煮の材料(2人分)• 業務スーパーのホワイトソース…300g• 鶏もも肉…300g• しめじ…50g• バターもしくはオリーブオイル…小さじ1• 白ワイン…大さじ1• 鶏ももクリーム煮の作り方 1.鶏もも肉を好みの大きさにカットし、塩こしょうをします。 2.熱したフライパンにバター、又はオリーブオイルを入れ、鶏もも肉を皮目から焼きます。 3.皮目に焼き色がついたら、しめじ、お好みで白ワインを入れます。 4.鶏もも肉にある程度火が通ったら、業務スーパーのホワイトソースを加えます。 5.鶏もも肉としめじにホワイトソースをよく絡め、全体が温まれば鶏ももクリーム煮の出来上がり。 この鶏もも肉クリーム煮は、このまま食べても美味しいですが、パスタにかけるのもおすすめ!今回は、ペンネを加えてみました。 海老グラタンの材料(2人前)• ホワイトソース…300g• 冷凍海老…200g• マカロニ…70g• チーズ…お好みの量• 油…大さじ1 冷凍海老とチーズは、どちらも業務スーパーの商品。 2.深めのフライパンに油を敷き、スライスした玉ねぎと半解凍してお酒を振った海老を入れて炒めます。 3.玉ねぎと海老に火が通ったら、業務スーパーのホワイトソースと茹でたマカロニを加えます。 4.出来たホワイトソースを耐熱皿に入れてチーズをのせ、オーブンやトースターで焼きます。 5.表面にいい焼き色がついたら、海老グラタンの出来上がり。 以前はマカロニやソースが全てセットになったグラタンの素を使っていたのですが、今ではこのホワイトソースで作るグラタンが定番になりました。 もちもち食感で美味しいですよ! ホワイトニョッキの材料• 業務スーパーのホワイトソース…150g• 牛乳…50㏄• ニョッキ…100g• お好きな具材(なくてもOK)…適量 ちなみに、ニョッキも業務スーパーで手に入るので探してみてくださいね。 今回は、ニョッキのほかに茹でたブロッコリーとベーコンを加えました! ホワイトニョッキの作り方 1.鍋にお湯を沸かして、ニョッキを茹でます。 2.ホワイトソースに牛乳を加えて温めたら、茹でたニョッキとその他の具材を加えます。 3.ニョッキにホワイトソースをよく絡めて、全体的に温まればホワイトニョッキの出来上がり。

次の