家庭用マスクと医療用マスクの違い。 サージカルマスクと他のマスクは違う?表裏の見分け方は?

マスク

家庭用マスクと医療用マスクの違い

ここに記載されている統計データで、マスクは家庭用、医療用、産業用に分けられています。 日衛連のホームページに記されている定義は、家庭用マスクとは「カゼ、花粉対策や防寒・保湿などの目的で日常に使われるマスクです。 素材や形状、サイズなども豊富で、フィルター性能と通気性のバランスがよいため、長時間に渡り、快適に使用できるのも特徴です。 」 医療用マスクは、「主に医療現場もしくは医療用に使用される感染防止マスクで、外科手術などの際に使われます。 」とあります。 判然としませんね。 一読すると、医者はコンビニで買ったマスクをして治療することはできないようにも思えます。 ですが、には、次のようにあります。 「オフィシャルな測定方法や国家検定規格が定まっている「産業用マスク」と異なり、 「医療用マスク」「家庭用マスク」は、「日本国内において薬事法に該当しない雑貨品扱いとなり、検定規格がありません。 」とあります。 つまり、よほど特殊な仕様でない限り、医療用というマスクは存在しないのです。 医療マスクとして必要なスペック ここで、医療マスクと名乗ってもよいマスクとはどんなものでしょうか。 まずは、マスクの構造について考えてみましょう。 素材は、布、不織布に大別されます。 共通しているのは、フィルターが組み込まれていることです。 今製品として売られているマスクには、多くの場合フィルターが入っています。 今皆さんが手作りマスクを使用する際に、キッチンペーパー、コーヒーフィルターなどで代用されていますが、それも性能差はかなりあります。 また、厚手の布地もしくはガーゼを十数枚重ねて、フィルターを使わないマスクもあります。 医療用として使われるなら、ウィルス飛沫など細かい対象もフィルタリングできる性能を持っており、BFE(風邪などの咳やくしゃみの飛沫のろ過効率)試験、VFE(ウィルス飛沫ろ過効率)試験、PFE (微粒子ろ過効率)試験、花粉粒子のろ過効率試験に合格したフィルターが使われていることが、マスク性能の判断基準になるはずです。 特に、コロナウィルスに立ち向かう医者から言うと、フィルター性能は譲りたくない一線と言えます。 具体的には「天然繊維・化学繊維の織編物または不織布を主な本体材料として、口と鼻を覆う形状で、花粉、ホコリ等の粒子が体内に侵入するのを抑制、また、かぜなどの咳やクシャミの飛沫の飛散を抑制することを目的に使用される、薬事法に該当しない衛生用品。 」とあります。 前述のようなフィルターの定義などはありません。 はなはだ曖昧なのです。 またマスクには、「」があります。 こちらのほうに挙げられている品質基準は、「ホルムアルデヒドの検出基準(75ppm以下)に合致すること。 」とあります。 新建材で話題になったシックハウス症候群の原因になる物質です。 つまり、いろいろ言われる割に、マスクと言うものは、規格、品質は、ほぼ独自判断であり、かなり甘い製品であることがわかります。 品質は自主基準 しかしそれでは困りますよね。 たまたまフィルターなしのマスクをつけて活動した時に感染したら、メーカーは何らかの責任を取ってくれるのでしょうか。 また世の中に、PL法、いわゆる製造物責任法という法律があります。 この法律で、マスクの質を向上させることはできないのでしょうか? 答えは「責任は取らないし、法律で縛ることはできない」です。 理由は、因果関係が明確でないためです。 例えば、手洗いで例のアベノマスクが縮んだとします。 そして2回目の使用時コロナに感染したとします。 個人的に、アベノマスクが縮み防御力が弱まったと感じているとしても、法律は、憶測、推測の因果関係を認めてくれないのです。 マスクは、このように「モノ」としてすごく曖昧。 しかも正確に装着しなければ、効果が大幅に低下します。 今、新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出自粛が要請されていますが、どうしても外出する時は基本マスクをします。 しないとトラブルになることすらあります。 少しでも効果の高いマスクをしたいとみなさんが考えいている今、ここでお話したようにそのマスク基準は曖昧で、製造側の善意で成り立っているのが事実なのです。 安倍総理にお願いしたいのは、アベノマスクを配布することではなく、「VFE試験に合格したマスクを通常の価格で、安定供給すること」です。 理由は、人と人とが安全に会えない内に、経済復活はないです。 ピークを超えても、完全に落ち着くまでは感染の危険性を伴うからです。 この先もしばらくは、マスクは必需品です。 また、善意ではなく、何らかの基準を設けることも必要です。 そうすることにより、性能が足らないモノを市中に流れることを防ぐべきです。 数量、価格に加え、品質の保証もしてください。 行政は、まだまだやることが山積みなのではないでしょうか。 com主宰) 企画とユーザーをつなぐ商品企画コンサルティング ポップ-アップ・プランニング・オフィス代表。 また米・食味鑑定士の資格を所有。 オーディオ・ビデオ関連の開発経験があり、理論的だけでなく、官能評価も得意。 趣味は、東京歴史散歩とラーメンの食べ歩き。

次の

布マスクと不織布マスクの違いとは?

家庭用マスクと医療用マスクの違い

風邪やインフルエンザの予防、花粉症対策として、引っ張りだこの「マスク」。 欧米諸国ではあまりマスクをする人がいないため、来日した人は「深刻なウイルスでも蔓延しているのか!? 」とビックリするといいます。 しかし、ここ日本は別。 冬から春にかけて、マスク姿の人を大勢見掛けます。 まさに「マスク大国ニッポン」なのです。 このマスク、家庭用・医療用・産業用といろいろな種類があり、花粉症の季節はもちろん、工場で働く人たちにとっても、頻繁に利用します。 そこで今回は、マスクの種類や正しい使い方についてご紹介します。 マスクをうまく活用して、風邪や花粉症の憂鬱な季節を乗り切りましょう。 マスクにどんな違いがあるの? まず、マスクの種類について説明します。 マスクには大きく3つの種類があります。 家庭用マスク 風邪や花粉症対策として、薬局やスーパーなどで発売されているマスクです。 ほかに保温や保湿目的でも日常的に使用されます。 素材や形、サイズなどのバリエーションが豊富にあり、近年ではフィルターの性能や通気性に優れたものも数多く出ています。 なかには、耳にかけるゴムやヒモの部分が柔らかい素材でできていたり、眼鏡が曇らないタイプもあって、長時間快適に使用できる工夫が見られるものもあります。 医療用マスク 医療用に使用されている感染防止用のマスクです。 主に病院で使用され、「外科手術の」という意味から「サージカルマスク」とも呼ばれます。 医者の口から出る唾液や雑菌が患者の手術箇所に付着することを防ぐ目的があります。 逆に、重症の感染症患者から医療関係者を守るための高性能フィルターを使用したマスクもあります。 産業用マスク 工事現場などでの作業時に、防塵用として使用されるマスクです。 「工事用マスク」、または「防塵マスク」とも呼ばれます。 粉塵の量や種類によって、顔面すべてを覆うものや、口や鼻だけを覆うものなどに分かれます。 中国で「PM2. 5」という微小粒子状物質による大気汚染が問題になったときは、「N95マスク」と呼ばれる高性能マスクの着用が効果的だと言われました。 どのマスクを選ぶ?目的別の選び方 次に、マスクの選び方について説明します。 目的に応じて正しいマスクを選びましょう。 風邪やインフルエンザの予防も花粉症対策も、同じマスクで大丈夫だと思っている人がいるかもしれません。 しかし、厳密には違います。 花粉はウイルスより大きいのです。 マスクの裏側などに書かれていると思いますが、インフルエンザ・ウイルスを防げるのは、粒子の大きさが0. 一方、多くのマスクで「BFE(細菌ろ過効率)の基準をクリアしている」という表記を見ることができますが、これは粒子の大きさが3. 「せっかくマスクをするのだから、インフルエンザを防げないと意味がない」と考える人は、コンビニなどで購入する際、「PFE検査済み」「PM2. 5対応」などと書かれたものを選びましょう。 また、最近では、「保湿用マスク」というものが登場しています。 「口呼吸すると、のどを痛めたり、風邪を引きやすい」ということから出てきたもので、就寝時に使用すると、乾燥からのどを守る効果があるとされます。 呼吸がしやすく、耳にかけるゴムやヒモの部分で耳が痛くならないものを自分の好みで選ぶのが良いでしょう。 ただつけるだけじゃダメ?マスクの正しい使い方 最後に、マスクの正しい着用方法をご紹介します。 高機能・高性能なマスクでも、正しく装着して初めて効果を発揮するのです。 まず、マスクの上下です。 ワイヤーが入っているマスクがありますが、ワイヤーが入って硬くなっているほうが上です。 正しい装着方法は、「ノーズピースを鼻の形に合わせて折る」ことと「頬の横に隙間ができないようにする」ことです。 一般用のマスクには「平型」と「立体型」「プリーツ(ひだ)型」の3タイプがありますが、平型より立体型やプリーツ型のほうが隙間ができにくく、良いでしょう。 逆に誤った使い方は、口だけを覆って鼻が出ていたり、隙間をつくることです。 また、電話や飲食などの際に、着用していたマスクを一時的にアゴまでズラす人がいますが、アゴにウイルスが付着していると、それがマスクの内側に付いてしまうのでやめましょう。 基本的にマスクは使い捨てるものです。 「もったいない」と思うかもしれませんが、いったん外したマスクを何度も使用するのは避けてください。 使用済みのマスクはウイルスや花粉で汚れている可能性が高いのです。 基本的には「いったん外したら捨てる」。 これを心掛けましょう。 正しい選択と着用で、効果バツグン! マスクには種類やサイズが豊富にあります。 家庭用や医療用、産業用といった大まかな種類だけでなく、花粉対策や風邪・ウイルス対策など、用途に応じたマスクが販売されています。 インフルエンザ対策が目的だったのに、花粉を防ぐ効果しかないマスクを買ったのでは、逆にもったいないというもの。 目的に合わせた商品を購入し、正しく装着しましょう。 後は手洗いを心掛ければ、風邪や花粉が蔓延する季節でも、心配なく仕事に打ち込めるはずです。 制作:工場タイムズ編集部.

次の

サージカルマスクとは?N95マスクとの違いは?表裏の見分け方は?

家庭用マスクと医療用マスクの違い

と言って何があるか分からないから、1箱でもGETしておくと安心だよ~。 N95 マスク さてさて 今回取り上げてみた「 N95 」マスクというのは、アメリカの NIOSH ( National Institute of Occupational Safety and Health )が定めた規格に合格したマスクのことで、「N95」と表記されたものは高性能マスクなのだ。 「95」という数字は、普通のマスクフィルターでは通過してしまうような小さな粒子状の物質(0. ウイルスを含んだ飛沫の侵入を最小限に抑えることができるマスクだから、医療施設などでも使われている。 アメリカの米食品医薬品局(FDA)は、中国製「 KN95マスク」の有効性を認めてこなかったんだけど、「新型コロナウイルス」の感染拡大で米疾病対策センター(CDC)は「 N95マスク」の供給が不足した場合、「 KN95マスク」を代用品として認めるという決定をしている。 実際、2020年4月になると「 N95マスク」の供給が追い付かず、中国製の「 KN95マスク」の有効性を認めてこなかった 米食品医薬品局(FDA)も使用を承認する方針を明らかにして保険衛生の現場で使われるように。 使用から1か月(2020年5月)もすると、米食品医薬品局(FDA)は中国製マスク「 KN95」に不備が見つかったとし、 緊急使用を認める決定を撤回。 一部(14社)のマスクを除き、中国製マスク(約60社)の製造、輸入、販売の許可を取り消している。 なにやら検査でろ過基準を満たさないマスクが大量に見つかったそうだ。 まぁこれから10年後の中国製品は品質もアップしているだろうけど、今の中国製品であれば品質に問題があっても不思議はない。 アメリカもマスクが不足していて「無いよりはいい」という考えでとにかく大量確保に走ったのだろうね。 中国製マスクの品質問題だけでなくアメリカの3M社による「 N95マスク」の生産力が上がってきたことも背景にあると思う。 N95マスクは必要か? いろいろな情報がネットに転がっていて、どれが正しい情報か判断が難しいところだけど、市販の家庭マスクは防寒や花粉、風邪対策だけでなく、装着をしっかりすればウイルスやPM2. 5にも有効なことが に書かれてた。 家庭用マスクは、繊維シートが複数枚重ね合わせられていて、すき間が複雑に入り組んだ状態となっているから粒子を捕集してくれる構造になっている。 1.自分の顔のサイズに合ったマスクを選ぶ 2.すき間を無くす。 鼻、ほほのすき間をできるだけ無くして、アゴまでかかるように装着する。 たったこれだけで粒子97%以上をカットできるという結果が出ているから、ぜひ忘れずに実践してみて。 一般的な利用であれば家庭用マスクで十分なのかもしれないね。 そうすると日常使用で「 N95マスク 」は不要ということになるけど、家庭用マスクを正しく装着する自信がない人は「 N95 」を試してみてもいいかも。 というのも 「 N95マスク」と「家庭用マスク」というのは作りが異なっていて、フィット感が明らかに違うんだよね。 下の写真をみてほしいんだけど、上が「 N95 」下が「家庭用マスク」。 鼻部分のワイヤーは家庭用と同じ。 「 N95マスク」は装着すると自然と顔にフィットする感じで「家庭用マスク」のような調整がいらない。 オイラは使い分けていて、近所に買い物のときは市販の「家庭用マスク」、電車に乗って移動のときは「 N95マスク」を着けている。 これに似た形の「家庭用マスク」もあるから「 N95」と間違えないようにね。 先ほど紹介した中国製の「 KN95」に関しては、フィットテストが行われていない低品質のものが出回っているようだから、できるだけ「 N95」をGETしておいた方が無難かも。

次の