軽自動車 燃費 1box。 働くひとの味方はコレで決まり!軽1BOX人気ランキング10選!|

軽1BOX 性能ランキングBEST|走行性能・コスト編

軽自動車 燃費 1box

軽自動車は普通車に比べると本当に燃費が良いの? 維持費が安い、使い勝手が良い、など魅力の軽自動車ですが、中でも「燃費の良さ」を1番の魅力と感じている方も多いでしょう。 そのイメージ通り、軽自動車は普通車に比べると車両本体の重量が軽くエンジンも小さいため、走行に必要なエネルギーやガソリンの消費も抑えることができます。 また、コンパクトカーであれば軽自動車と肩を並べるほど低燃費の車種もありますが、圧倒的に種類が少なく、条件を絞るとますます気に入った車種を見つけるのが困難になってしまいます。 燃費の良さに加え、ボディタイプや色、使い勝手など条件に合った自動車を探すなら、軽自動車がおすすめです。 燃費表示でよく見る「JC08モード」って? 「JC08モード」とは、車種間において同じ条件下で燃費数値を比較するための基準として作られた燃費の測定方法の1つです。 従来は異なる測定方法で計測されていましたが、使用環境の変化や測定技術の進歩に伴い、2011年4月に新たに設定されました。 現在メーカーが新型車を開発し販売する際、国の機関(独立行政法人 交通安全環境研究所)で「型式指定検査」を受けることが義務付けられています。 その検査の中に「JC08モード燃費」も含まれます。 「JC08モード」では、市街地や郊外での一般走行を想定し、一定のパターンで自動車を走らせることで燃料1Lあたりの走行距離を計測します。 実際に車道を走るわけではなく、自動車の馬力や燃費を測定する専用装置(シャーシダイナモメーター)で走行試験を行いますが、エアコンやオーディオ、カーナビなど電装品は完全に切った状態で行われるため、実際の使用条件における「実燃費」とは差が出る場合がほとんど。 「JC08モード」は、あくまでも目安と考えておくといいでしょう。 ターボ付き軽自動車の燃費ランキング 「ターボ付きエンジン」とは、従来のエンジンの大きさはそのままに、空気を通常よりも多く取り入れることで走行パワーを強くする仕組みのことです。 近年軽自動車のボディサイズは大きくなっていますが、排気量は規格で66までと定められているため、エンジン自体を大きくすることはできません。 そこで、軽自動車のパワー不足を補うためにターボ機能を搭載している軽自動車が登場しています。 一般的に「燃費が悪い」と思われがちなターボ車ですが、現在は技術の向上により燃費に大きな差はなくなっているのが特徴で、特にアウトドアや遠乗りをするという人は、ターボの力強さと軽自動車の低燃費さを兼ね備えたターボ付き軽自動車がおすすめです。 最大の特徴は、ボディ左側のピラーをスライドドアと一体化させた「ミラクルオープウンドア」です。 左側は前後両ドアを解放すると開口幅1,490mmとなり、まるで居住空間に入るように乗車することが可能。 スーパーハイトクラスの軽自動車の中では、低燃費ナンバー1なのも魅力的です。 軽自動車の特徴の1つ「燃費の良さ」という視点から、「ハイブリッド」「ターボ」「スライドドア」3つの条件別に10車種をご紹介しました。 せっかく自動車を買うなら燃費だけでなく性能や使い勝手にもこだわりたい、という方も多いはず。 どの車種もそれぞれに特徴があるので、ぜひ一度お店へ足を運んでみてください。 他のカテゴリから記事を探す• メーカーから記事を探す• 関連情報から記事を探す•

次の

軽の1BOX(4WD)について

軽自動車 燃費 1box

軽自動車は普通車に比べると本当に燃費が良いの? 維持費が安い、使い勝手が良い、など魅力の軽自動車ですが、中でも「燃費の良さ」を1番の魅力と感じている方も多いでしょう。 そのイメージ通り、軽自動車は普通車に比べると車両本体の重量が軽くエンジンも小さいため、走行に必要なエネルギーやガソリンの消費も抑えることができます。 また、コンパクトカーであれば軽自動車と肩を並べるほど低燃費の車種もありますが、圧倒的に種類が少なく、条件を絞るとますます気に入った車種を見つけるのが困難になってしまいます。 燃費の良さに加え、ボディタイプや色、使い勝手など条件に合った自動車を探すなら、軽自動車がおすすめです。 燃費表示でよく見る「JC08モード」って? 「JC08モード」とは、車種間において同じ条件下で燃費数値を比較するための基準として作られた燃費の測定方法の1つです。 従来は異なる測定方法で計測されていましたが、使用環境の変化や測定技術の進歩に伴い、2011年4月に新たに設定されました。 現在メーカーが新型車を開発し販売する際、国の機関(独立行政法人 交通安全環境研究所)で「型式指定検査」を受けることが義務付けられています。 その検査の中に「JC08モード燃費」も含まれます。 「JC08モード」では、市街地や郊外での一般走行を想定し、一定のパターンで自動車を走らせることで燃料1Lあたりの走行距離を計測します。 実際に車道を走るわけではなく、自動車の馬力や燃費を測定する専用装置(シャーシダイナモメーター)で走行試験を行いますが、エアコンやオーディオ、カーナビなど電装品は完全に切った状態で行われるため、実際の使用条件における「実燃費」とは差が出る場合がほとんど。 「JC08モード」は、あくまでも目安と考えておくといいでしょう。 ターボ付き軽自動車の燃費ランキング 「ターボ付きエンジン」とは、従来のエンジンの大きさはそのままに、空気を通常よりも多く取り入れることで走行パワーを強くする仕組みのことです。 近年軽自動車のボディサイズは大きくなっていますが、排気量は規格で66までと定められているため、エンジン自体を大きくすることはできません。 そこで、軽自動車のパワー不足を補うためにターボ機能を搭載している軽自動車が登場しています。 一般的に「燃費が悪い」と思われがちなターボ車ですが、現在は技術の向上により燃費に大きな差はなくなっているのが特徴で、特にアウトドアや遠乗りをするという人は、ターボの力強さと軽自動車の低燃費さを兼ね備えたターボ付き軽自動車がおすすめです。 最大の特徴は、ボディ左側のピラーをスライドドアと一体化させた「ミラクルオープウンドア」です。 左側は前後両ドアを解放すると開口幅1,490mmとなり、まるで居住空間に入るように乗車することが可能。 スーパーハイトクラスの軽自動車の中では、低燃費ナンバー1なのも魅力的です。 軽自動車の特徴の1つ「燃費の良さ」という視点から、「ハイブリッド」「ターボ」「スライドドア」3つの条件別に10車種をご紹介しました。 せっかく自動車を買うなら燃費だけでなく性能や使い勝手にもこだわりたい、という方も多いはず。 どの車種もそれぞれに特徴があるので、ぜひ一度お店へ足を運んでみてください。 他のカテゴリから記事を探す• メーカーから記事を探す• 関連情報から記事を探す•

次の

働くひとの味方はコレで決まり!軽1BOX人気ランキング10選!|

軽自動車 燃費 1box

山、海に行くレジャー用のセカンドカーとして、軽1BOXで、 さらに雪国でも使用するため4WDの購入を考えています。 乗車はだいたい1人か2人ですが、比較的重い機材を載せ るため、ターボ車にしたいと思っています。 (燃費があまり 良くないとは思いますが。 ) このような条件に合う車は各社出していますが、実質的に パワフルさの違いはあるでしょうか。 高速道路で、比較的 もたつかない車種を望んでいます。 友人の話では、アトレーが早いのではと言っていますが、 燃費や加速感のことを考えると、いっそのこと軽1BOXは やめてホンダのN-BOXのような車にしたらという話もあり ます。 しかし、N-BOXもそこそこ重量があるので、あまり 変わらないような気がしますが、いかがでしょうか。 車種の選択に迷っています。 NBOXやタント、スペーシア等は後席に人が乗るのが前提です。 荷物の優先度は低くなります。 アウトドアユースで荷物を運ぶこと優先という条件では 床の造りという点で後輪駆動系の昔ながらのワンボックスに分があります。 また重量級なのでやはりATよりもMTのほうが向いています。 人気の無い不整地での使用を考えるとフルサイズのスペアタイヤが欲しいです。 パンク修理キットしか積めない、というのはちょっと恐いです。 操作系ではサイドブレーキがレバー式のものが好ましいです。 スタックしたときの脱出時に使えますし、林道などではATでも坂道発進でサイドブレーキを併用したいケースがあるからです。 これらからお勧めは MT/AT共にだと ハイゼットカーゴのクルーズターボ(OEMとしてスバル、トヨタ) MTのみ エブリィのJOINターボ ATのみ ミニキャブブラボーターボ(OEMとして日産) 後は好みの問題、という感じです。 ご質問の加速感とかはフル積載時ならば正直どんぐりの背比べかと・・・ もっともエンジンはダイハツのものが一番新しく、次がスズキで三菱のものは現在の軽自動車ではもっとも古い型になります。 乗用車系は積載が前提ではないので元々のサスペンションスペック的な部分もありますが、ダイハツの1BOXは他社製に比べてリアブレーキの容量(ドラムの径が2周りほど小さいです)が少ないので重量物の運搬が前提にあられるのでしたら除外された方が良いのかもしれません(トレーラー牽引目的で計算したら足りませんでした) 他社製貨物バンもノンターボはAT車の場合3速ATがメインですのでターボ車しか選択種がなさげです 同じモデルのエブリィバンでの話しですが、親戚のノンターボ5MT(貨物タイヤ標準装備で積載量350kg)知人のターボ5MT(乗用タイヤが標準装備で積載200kg)ですのでその辺りも加味されても良いかも?(車両重量がターボ車の方が70kgも重くなってるとの事でその辺も関係あるかも?) ターボ車に比べてノンターボはギア比がローギアードの設定ですので高速性能は心情的の面でも(同じ車速でも回転数が高めです)に低いかと思います N-BOXは友人が試乗した時防音性が悪すぎて話にならない と言うことで身近に所有者がいないので動力性能とか判りません アイドリングストップモデルの現行ワゴンR縁あって2週間ほど借りましたがCVTの強度(積載の面で)に疑問があります(個人的な「トレーラーを引っ張るのに向いてない車」という判断です) 実際の重量が判らないので候補車種を決めたらレンタカーで試してみても良いかもしれませんね 3月まで普通車でトレーラー引っ張ってたんですが、経費削減で軽自動車で使えそうな物を探しててのお話しですので参考になるか判りませんが、重量物運搬=トレーラー牽引イコールではないでしょうけど近いかな?と思いお邪魔しました 軽の1BOXですと、主にスズキのエブリイ(マツダのスクラム)、ダイハツのアトレー、三菱のミニキャブ(日産のクリッパー)、ホンダのバモスがありますが、過去に自分が乗っていた際には、スズキのエブリイターボ(4WD)が最高でした。 エンジンが良く回るので、燃費は悪かったのですが、ストレスなく快適な運転、かつ運送ができました。 アトレーは静かで、出だしは早いのですが、高速での伸びが今ひとつ。 他は乗ったことがないので答えられませんが・・・・・・。 しかし、そもそも、軽自動車で比較的重い荷物(機材)を積んでパワフルに走ろうという考えは危険です。 GT-Rやスバル車の様にパワーがある車なら走行安定性を維持する為に4WDは有効ですが、軽自動車の場合はパワーの上限がある為、4WDは足かせになります。 重量物や大人数載せた場合に山などでの登坂車線では息切れはしません。 但し、ターボを活用すると燃費はNA車に比べ極端に悪くなります(最悪1/3まで落ちます)。 以下、主な違いを言いますと、 ・タイヤ ・・・・・・ 5ナンバー車は、乗用タイヤを使っていますが、4ナンバー車は荷物用タイヤをつかっています(・・・・6PR-LT等、タイヤの側面に鉄の芯が入っており、加重に耐えるタイヤです)。 しかしこのタイヤは硬いので、カーブでのグリップはあまり効きません。 ・サスペンション ・・・・・ 4ナンバー車は、5ナンバー車に比べ、加重に耐える為にサスペンションは硬くなっています。 乗り心地が悪いのはそのせいです。 またブレーキもほとんどがリーディングトレーディング(ドラムブレーキ)です。 ・前後車重差 ・・・・・・ 4ナンバー車のほとんどが、後ろよりも前の方が200~300kg重くなっています。 荷物を積載した際に、バランスが取れるようになっています。 5ナンバー車もFFなので前の方が重いのですが、その差は100~200kgくらいで、後部座席に人が乗った場合にバランスが取れる様になっています。 このように4ナンバー車は荷物を積載する為の構造が施されています。 300kgの荷物を積載すると走行性能が極端に落ちる為、いつもの感覚でカーブにさしかかると、タイヤが異常に鳴ったり、ブレーキが掛からず交差点にはみ出しそうになったりと。 あげくのはてタイヤは編磨耗してサスペンションは変な音がし、どちらも交換・修理となりました。 エブリイの4ナンバー(4WD・ターボ)に乗り換えてからは、やや出だしは悪いのですが感覚の違いはほとんどなくなりました(但し1トン積載しますと同じ事になりました)。 ですので重い機材を積載して走るのに、燃費やパワフルさを求めて5ナンバー車を選ぶのは危険です。 荷物を積載するにはそれなりのリスクが伴います。 5ナンバー車を選びますと、重い機材を積んだ時と積まなかった時の運転感覚が極端に違ってしまいますので、慎重にお選びください。 4ナンバーと5ナンバーの違いに関して、詳しく説明いただき ありがとうございました。 私も去年まで仕事で、エブリィバンのターボ車とスバルサンバー バンのターボ車(いずれも社用車)に乗っていました。 ゆえにどちらかというと、5ナンバー車の特性の方をあまりよく 知りません。 確かに高速だけで考えるとエブリィがよかったですが、仕事で 50~100kgの荷物を積んで一般道を走っている限りでは、 スバルサンバーの方がコントロール性に優れ、音も静かで快適で した。 5ナンバー車だと、音は静かになるでしょうが、いろいろ な装備で重量は増すので加速は悪くなると思います。 ゆえに、私も軽1BOXは4ナンバーで良いと思っています。 スバルサンバーはすでに生産終了しており残念です。 >セカンドカーとして、軽1BOXで、さらに雪国でも使用するため4WDの購入を考えています。 最近、増えていますよね。 私の後輩も、同じ事を昨年夏頃から言い出しました。 >実質的にパワフルさの違いはあるでしょうか。 ありますよ。 FFでも、高速・登坂では息切れが発生する車種が多いです。 4WD(AWD)だと、1トン前後の車重ですよんね。 軽規格のエンジンでは厳しいです。 >高速道路で、比較的もたつかない車種を望んでいます。 そこで、各社は「ターボ化・DOHC化」を行って非力なエンジンを見直しています。 が、そもそも軽自動車に白鳳が乗ると動力性能は落ちます。 ^^; >いっそのこと軽1BOXはやめて、ホンダのN-BOXのような車にしたらという話もあります。 軽自動車の4WDを考えるのなら、誰もが納得する「ジムニー」でしようね。 二人乗りと割り切れば、面白い車です。 餅は餅屋で、スバルの軽自動車(4WD)も面白いですよ。 >車種の選択に迷っています。 先に書いた後輩ですが、スバルのドミンゴ(中古)を購入しました。 程度の良い中古だと、まだまだ問題なく走ります。 部品も、汎用品が利用できるので問題ありません。 この車は、軽自動車ではありません。 が、リッタカー感覚で乗る事が出来るようです。 Q 最近、軽のバン(中古)を探しているのですが、店によって「良いと言う車が違う」ので困っています。 広さや積載能力等は 一目瞭然なので、私でもサンバーか、ミニキャブというのは分かるのですが、走行性能に関しては、見ただけでは分かりません。 そこで店の人に、「実際に、走行性能で優れているのは、どれですか?」と聞くと、店によって返答がバラバラでビックリしてしまいました。 また、「乗り心地の良いのは?」という問いに関しても、返答がバラバラなので、これまたビックリしてしまいました。 乗り心地に関しては、「人によって違うので・・・。 」というマニュアル通りの返事は、ある意味理解できるのですが、走行性能に関しては、ハッキリとした答えがあるんじゃないかと思っています。 どなたか、「走行性能はこのバン!」、「乗り心地はこのバン!」と気持ちよく答える事ができる、スゴイ方って居られませんか?? A ベストアンサー 現行モデルで言います。 走行性能はアクティ。 なぜなら低グレードのバンでもスタビライザーが標準装備です。 スタビのおかげで低重心のトラックより安定しているくらいです。 更に途中からタコメーターも付いてます。 ついでに運転席の下がスッキリしているので、リヤシートにピローとシートベルトを追加すれば大人4人がそこそこ快適に移動でき、ワゴン代わりにもなります。 バンとしてもワゴン代わりとしてもレベル高いです。 普通は新車でオーダーする時にしか付けられないのですが、アクティは中古で買っても後付けできるというのは大きなポイントです。 更に2WDならリヤミッドシップエンジンにより、駆動輪にトラクションがかかりやすいとうのもメリットです。 助手席まで折りたためるのでスペックよりも荷物が積めます。 欠点はタイヤが8PRと普通より丈夫な物がついてくるので、規定どおり空気を入れるとかなりポンポン跳ねます(重量物を積まなければ250kPaくらいでちょうどなんですが) また、車検でも基本的に高価な8PRタイヤを買わなければいけません。 (6PRでも通してくれる軽自動車協会や民間車検場が多いですが) リヤサスも現在クラス唯一の板バネです。 乗り心地は何をもってして「良い」というかは難しいので、人それぞれではないかと思います。 私はこの手のワゴンで乗り心地優先設定されている車はフワフワで運転が怖く、それよりは多少ピョコピョコでもサスがしっかりしている方が安心して乗れます。 乗り心地と走りは相反する要素になりがちですが、両立させたいならダンパーを交換するという手もありますよ。 アクティならバモスの標準車高用として出ているものが使えるはずです。 あと、マニュアルならターボなしでもそこそこ走るのですが、オートマが希望であればターボ付きの方が良いと思います。 するとバンではハイゼットカーゴのクルーズターボか、エブリイのジョインターボとなります。 但し燃費はかなり悪くなるので覚悟が必要です。 最悪の状況でも10切ったことはありません。 これがターボオートマだとチョイ乗りで10切るケースが多いです) もうひとつ、アセスメントの結果を見てください。 足元が広いということは事故時のリスクとトレードオフです。 好結果を出している車は設計が新しい車でもありますが…。 一つ前のアトレーもあまり良い結果ではありませんでしたが、それでもフルキャブとはかなり開きがあります。 nasva. html 現行モデルで言います。 走行性能はアクティ。 なぜなら低グレードのバンでもスタビライザーが標準装備です。 スタビのおかげで低重心のトラックより安定しているくらいです。 更に途中からタコメーターも付いてます。 ついでに運転席の下がスッキリしているので、リヤシートにピローとシートベルトを追加すれば大人4人がそこそこ快適に移動でき、ワゴン代わりにもなります。 バンとしてもワゴン代わりとしてもレベル高いです。 普通は新車でオーダーする時にしか付けられないのですが、アクティは中古で買っても後... A ベストアンサー せめて前の質問を閉めきってから新しい質問をしましょうよ。 マナーですよ。 ジムニー以外だと、どれも似たりよったりです。 ジムニーが特殊と思ったほうがいいです。 ワゴンRもムーブもN-BOXもEKワゴンも、最低地上高はジムニーより低いです。 車高が低いということは、その分埋まりやすい。 最低地上高より雪が積もってしまえば、どの車も亀の子になって車輪が浮くので走れません。 四駆でもです。 今お乗りの軽自動車が四駆でそれで満足行かないなら、そしてジムニーを除くなら、軽トラくらいしか選択しがないですよ。 ホンダからSUVタイプの軽自動車は計画されているようですが、発売はもうしばらく先のようですし。 A ベストアンサー 価格については何とも言えませんが、私としてはスバルのDias Wagonが一番だと思います。 ベースはSAMBARで、赤帽のベース車(実はかなりチューニングされてます)にも採用されて いるタフな車です。 車内も広いですし車中泊も可能だと思います。 次点はバモス ホビオとエブリィワゴンですね。 ホンダ好きとしては外せませんし、シフトが4速まであるのがいいですね。 遠出では威力を 発揮すると思います。 honda. 軽自動車メインのメーカーはやはりノウハウの蓄積があると思いますし。 suzuki. html エンジン音など実際に乗らないとわからない点も多いですし、まずはディーラをまわって 見てはどうでしょうか。 それ以外だと、ベタですけどダイハツとかスバルの方がメジャーメーカーよりいいですよ。 subaru. ベースはSAMBARで、赤帽のベース車(実はかなりチューニングされてます)にも採用されて いるタフな車です。 車内も広いですし車中泊も可能だと思います。 次点はバモス ホビオとエブリィワゴンですね。 ホンダ好きとしては外せませんし、シフトが4速まであるのがいいですね。 遠出では威力を 発揮すると思います。 honda. Q 軽自動車(1BOX)の購入を検討しております。 最終的にはやはり好みの問題となるとは思うのですが 参考意見を聞かせて頂ければなと思い質問投稿させて頂きました。 車の使用目的はほとんど仕事となります。 仕事の関係上、常時300kg前後の荷物(仕事道具)を載積し 使用する感じになります。 また高速道路の使用も多いため 4速AT車が良いなと思っています。 下記の車を候補に考えているのですが、下記車に関して詳しい方や 実際のオーナーの方の意見等が聞けたらと思います。 また、下記以外にもお薦めの車があれば教えていただけたらと 思います。 宜しくお願い致します。 ・ホンダ バモスホビオ プロ4WD 4AT ・ホンダ アクティーバン SDX-N4WD 4AT ・スズキ エブリィ ジョインターボ ハイルーフ 4AT ・ダイハツ ハイゼットカーゴ クルーズターボ ハイルーフ 4AT 以上を一応候補に考えております。 A ベストアンサー この4車種の中ではホンダのアクティとバモスが車の装備や出来の割には価格が高いですがそれなりに耐久性があります。 基本設計は古いですがスズキやダイハツよりエンジンなどは持つでしょう。 ただ4AT指定との事なので必然的にターボになると思います。 ホンダの1BOXターボ車はエンジンが縦置きになりオイル交換が荷室のふたをあけないとできません。 このメンテナンス性の為バモスや今はなきホンダZのターボ車はオイルメンテ不良での故障がほかの車に比べて極めて多いです。 よくカムシャフトを焼き付かせてくれます。 オイル交換ごとにkouyui728さんが荷室の荷物をほぼすべて降ろす手間を考えて不具合無いのならお勧めですがこれが億劫になるようでしたら避けたほうが良いです。 ハイゼットやエブリイはフロントシートの下にエンジンがあるので椅子を持ち上げればオイル交換等出来ます。 (椅子の後ろに少しスペースが必要ですが・・・) 荷物を積載する時はフロントシートを持ち上げたまま重たい荷物や固定設置する棚を作りシートに干渉しない設置方法を作った方が後々便利です。 後、重い荷物を積んだままの使用との事なのでオイル交換は5000kmごとが良いです。 特にハイゼットはオイル交換のインターバルが10000km毎位では12万キロほど走るとスラッジだらけで油圧不足による焼き付を起こします。 いろいろ整備していますがkouyui728さんの使い方ならエブリイをお勧めします。 ただ高速走行が多いならどちらかと言えばMTの方をお薦めします。 またホンダの2機種は4WDですが4WD指定なのですか? 軽1BOXの4WDはあまり燃費よくありません。 利用する環境にも拠りますが2WDにしたほうが無難だと思います。 この4車種の中ではホンダのアクティとバモスが車の装備や出来の割には価格が高いですがそれなりに耐久性があります。 基本設計は古いですがスズキやダイハツよりエンジンなどは持つでしょう。 ただ4AT指定との事なので必然的にターボになると思います。 ホンダの1BOXターボ車はエンジンが縦置きになりオイル交換が荷室のふたをあけないとできません。 A ベストアンサー 1年ほど前、アトレーを購入しました。 RSの4WDです。 エブリィワゴンの方が価格のわりには装備が良いので比較したのですが、どうも運転席の足元が狭いのが嫌な感じだったので、アトレーにしました。 バモスは後席のスライドができず、設計が一世代前のため評価外でした。 ホイールベースが目いっぱい取ってあるためか、高速時や強風時の安定性は非常に良くて、ムーブやワゴンRとたいして変わらない感じです。 以前乗っていたパネルバンのサンバーとは大違い。 エンジンは前席下にあるのですが音や熱も気になるほどではないです。 昔のワンボックス軽はけっこう根性のいる乗り物でしたが、今のは充分、乗用車として使えると思います。 また、走行性能は、結構トルクがあるので普通に走る分には高速道路や山道でも困ることはないです。 ただ、ターボ付きで重いので燃費は悪いです。 使ってみて困った点はこんなところ。 ・燃費のわりにタンクが小さい。 400km足らずで給油が必要。 ・燃料計が液晶6段階のデジタルなんで、少なくなった時にどのくらい少ないかがさっぱり判らない。 また、距離計もひとつしか同時に表示できない。 (これは最近のマイナチェンジでアナログのに変わったようです。 評判悪かったんだろうな) ・後席を畳んだときの出っ張りが結構ある。 (これはエブリィワゴンも同じ)…ハイゼットならないのですけどね。 ・ハンドルを沢山回さないといけない。 車体長のわりには回転半径が大きい。 まあ、とりたてて悪いところはありません。 1年ほど前、アトレーを購入しました。 RSの4WDです。 エブリィワゴンの方が価格のわりには装備が良いので比較したのですが、どうも運転席の足元が狭いのが嫌な感じだったので、アトレーにしました。 バモスは後席のスライドができず、設計が一世代前のため評価外でした。 ホイールベースが目いっぱい取ってあるためか、高速時や強風時の安定性は非常に良くて、ムーブやワゴンRとたいして変わらない感じです。 以前乗っていたパネルバンのサンバーとは大違い。 エンジンは前席下にあるのですが音や熱も気になるほど... Q エブリィワゴンPZターボ4WDが納車されました。 今までは2WDのFFで必要時はチェーンを付けてました。 エブリィワゴンの2WDはFRなので、後輪駆動が嫌で4WD フルタイム にしました。 しかし取説の4WDのページを見ると『FRベースの車なのでチェーンは後輪につけてください』みたいな事が書いてありました。 結局後輪!? 既に回答は出ているようですが、エンジンと直に繋がっているのが前輪か後輪かという差があります。 これらは基本(ベース)的には前輪または後輪のみで走ります。 それらが滑った(システムによっては滑りそう)ときに初めて後輪または前輪が駆動します。 ですからチェーンを巻くのであれば、常に駆動しているタイヤに巻かなければならず、エブリィワゴンであれば後輪ということになります。 運転の仕方の違いや注意点はありますか? 基本的には安全運転をしていれば駆動形式に違いで問題となることは早々生じません。 上り坂やコーナーで駆動輪が滑り易いので、FFなら前輪がFRなら後輪が滑り易いことになります。 FFの場合、当然ではありますが操舵は前輪ですから、滑っているタイヤで操舵をしなければなりません。 アクセルを緩めて対応します。 (ABSがあっても急ブレーキは禁物。 特にコーナーでは)FRの場合は操舵する前輪がきちんとグリップしていればという前提ですが、アクセルをちょっと踏み込んで逆ハンなどで乗り切れます。 これはスタッドレスタイヤを履いている場合の話。 一方で、チェーン走行であれば話がちょっと違ってきます。 チェーンは駆動輪に巻かれている訳で、操舵輪はFFでは滑りにくく、FRだと滑り易い。 つまり、FRでは上述の方法は使いにくい状況になります。 スタンバイ式の4WDはここで前輪に駆動を配分し、対応する訳です。 みなさん仰っていますが、スタッドレスタイヤを購入した方が自分自身、同乗者、周りの人の安全性を考えると賢明かと思います。 軽の13 inchであれば1本7千円前後、ホイール込みでも3万円台からあるはずです。 それで3~4シーズン使えます。 年間1万円台。 ホイールは使い回せますから、次回からはタイヤ代2万円台でOKです。 ご参考になれば幸いです。 FFベースとFRベースの4WDは違うのか? 違います。 既に回答は出ているようですが、エンジンと直に繋がっているのが前輪か後輪かという差があります。 これらは基本(ベース)的には前輪または後輪のみで走ります。 それらが滑った(システムによっては滑りそう)ときに初めて後輪または前輪が駆動します。 ですからチェーンを巻くのであれば、常に駆動しているタイヤに巻かなければならず、エブリィワゴンであれば後輪ということになります。 運転の仕方の違いや注意点はありますか? 基本的には安全... A ベストアンサー カタログスペック的にはサンバーでしょう やっぱり運転席の下に前輪があるのは有利なようです。 以下カタログスペックとリンクです。 subaru. mitsubishi-motors. nissan. suzuki. scrum-van. mazda. daihatsu. honda. html 荷室長1740ミリ 荷室幅1240ミリ 荷室高1200ミリ カタログスペック的にはサンバーでしょう やっぱり運転席の下に前輪があるのは有利なようです。 以下カタログスペックとリンクです。 subaru. mitsubishi-motors. nis... Q 4ナンバーの軽貨物バンに乗っていますが、滅多に荷物を載せない(載せてもたいした量ではない)ので 乗り心地とブレーキング性能を改善するべく乗用車用のタイヤを履かせたいと思っています。 goo. 2の回答で、タイヤの耐荷重能力が純正タイヤと同等なら車検に適合するとありますが、 145R12 6PR LTタイヤと同等以上の耐加重値を持った乗用車用タイヤはありますか? また、インチアップも可能とありますが、タイヤの外径の変化はどの程度までが許容範囲ですか? 現在乗っている車の車両重量は980kgで、最大積載量は350kg(4名乗車時250kg)です。 dunlop. 145R12-6PRの最大負荷能力は 「450kg」 です。 一方、乗用車タイヤは、「 ロード・インデックス値 」で表されることが多いものです。 bridgestone. html basic-ttl01 「 ロード・インデックス値 」が 「 80 」のものです。 この数値以上を持ったタイヤならば、どんなサイズであれ、現在の保安基準には適合します。 ただし、注意が必要です。 先の 「145~」の貨物用タイヤの 最大負荷能力は、「空気圧 350kPa」の時です。 乗用車タイヤのロード・インデックス値は、「 240kPa」を前提としてます。 ですので、今後購入された 「 ロード・インデックス 80以上 」のタイヤには、 必ず 「 240kPa」の空気圧を守らなければなりません。 その空気圧の時に、「 450kg 」の耐荷重能力が発揮できるのですから。 (ただ、軽貨物車で、350kPaなんて空気いれてるクルマに とんと出会いません。 当方、自動車修理工ですが。 ) あと、ホイールの強度に関して。 もともと貨物を積むのが本来の「軽貨物車」ですので、タイヤのみならず、ホイールにも強度要求されます。 アルミホイールの場合、 「JWL」マークが付いてることが必要です。 (厳密に言えば、JWL-T ですが、そこまでは求めないかも。 っていうか、このJWLでさえ認識されずに通っているのが現状です。 ) 質問者さんが どんな乗り方(滅多に荷物を載せない、載せてもたいした量ではない)されようとも、検査基準では、「 ロード・インデックス 80 」を満足していなければ、車検には通りません。 また、外径が変わるとスピードメータに誤差が生じます。 絶対に誤差があってはならない・・・というものでもありません。 プラス側に15%、マイナス側に10%まで許されてます。 (ほんのチョット前までは、マイナス側への誤差は一切ゆるされてませんでした。 tiresize. htm ・・・なサイトを参考に、検討してみてください。 4キロ」と考えてくださって結構です。 350kPaも同様です。 5キロ」と考えてください。 厳密にはチョット違いますが、まあ、ザックリと。 dunlop. 145R12-6PRの最大負荷能力は 「450kg」 です。 一方、乗用車タイヤは、「 ロード・インデックス値 」で表されることが多いものです。 bridgestone. html basic-ttl01 「 ロード・インデックス値 」が 「 80 」のものです。 この数... Q タイトル通りです。 今、ハイパワーのスポーツカーに乗ってます。 こいつも全国を駆け巡り、もう10万km・・・。 ちょっと攻めたり、ただのんびりと長距離を走ったり 全くストレスを感じさせない思い出深い愛車も そろそろ替え時かと思い始めました。 今まで色々とお金をかけ過ぎたのもあって、 次は軽でもいいかなぁ。。。 とも思っているのですが 結構、長距離を走ることが多いので悩んでます。 やはり、軽自動車だと長距離はキツイですか? 軽・コンパクトなら、 ビストロ、ミラジーノ、ミニクーパーを考えてます。 普通車と軽自動車両方を乗ったことがある方、 その違いの感想をよろしくお願いします。 また、同じような車の遍歴をお持ちの方、 軽はストレスになるかもしれないよ、とか 何でも結構です、ご意見をお願いします。 A ベストアンサー 用事のため軽自動車で500kmほど、一気に乗ったことがあります。 正直に言って「疲れました」普通車の倍ぐらい・・・(汗) 機関には問題はありません、これしきではタレることもなく、 常に一発で始動しますし、快調に動き続けていました。 高速道路を一般車と同じペースで走行していたのですが、 4500rpm弱の連続走行は、神経的にこたえます。 車体の直進性は危惧するほども無く、充分に安定しています。 しかし、追い越しのための加速はさすがにツライですね。 完了までの所要時間も長く必要ですので、その間の 後方への注意も怠るわけにはいきません。 何より怖いと思ったのが「トレーラーの通過」でした。 予想以上に風圧で、車体が巻き込まれるのです。 自分は乗用車タイプの車体でしたが、1BOXタイプだったら もっと影響を受けるだろうと思いました。 大型車で高速道路を走ると解りますが、やっぱり長距離は 車体の大きさと排気量だと思います。 大型でしたら600kmを一気に走り切っても平気ですから。 ほとんど疲れを感じることなく、快適なほどです。 やっぱり軽自動車は、市街地が一番だと思います。 高速道路を降りたとたん、ほっとしましたから(笑) 大型ですと高速道路を降りると、反対にこの先を考えて いささか気がめいるんですけどね・・・・ 用事のため軽自動車で500kmほど、一気に乗ったことがあります。 正直に言って「疲れました」普通車の倍ぐらい・・・(汗) 機関には問題はありません、これしきではタレることもなく、 常に一発で始動しますし、快調に動き続けていました。 高速道路を一般車と同じペースで走行していたのですが、 4500rpm弱の連続走行は、神経的にこたえます。 車体の直進性は危惧するほども無く、充分に安定しています。 しかし、追い越しのための加速はさすがにツライですね。 完了までの所要時間も長く必要ですの... Q 中古の箱バン AT を探しているのですが、その中で「パワステが軽くて使い勝手のいい箱バン」だと、聞き及んでいるホンダのバモス ターボは除きます とホンダアクティ、今現在乗られているユーザーの方々に是非お答えを頂戴したい質問があります。 どんな所を良いと感じて、反面どこを悪く感じましたでしょうか?? 走行性や装備・グレード・足回り・色・ギア 何でも結構です そして、ホンダバモスとホンダアクティはどこがどう違うのでしょうか?? 見た目はフロントが違うだけなのかと思いましたが…。 更に、軽自動車のATは荷物と人 例えば、満載の買い物カゴを4つ載せて運転席と助手席に一人づつ座った状態で を乗せて走ると坂道を登らなくなる アクセルべた踏みで速度が30キロしかでない とも聞き及んでおりますが本当なのでしょうか?? どうかユーザー様からの良心的且つ率直なご意見をお待ちしております。 尚、ホンダメーカー関係者の方、もしくはホンダバモスのターボにお乗りのユーザー様、また過去に乗っていたユーザー様からのご意見は今回、ご遠慮させて下さいませ。 宜しくお願い致します。 A ベストアンサー こんにちは。 仕事でバンに乗っています。 アクティの他いくつかのメーカーのバン、トラックにも乗りました。 アクティは荷物を積むこと優先にできています。 リヤシートも質素で左右一体でしか倒れず、リクライニングもありません。 (4ナンバー登録するにはリヤシート部分より荷室のほうが広くなければいけない) SDXだとリヤシートベルトとヘッドレストは付いていませんが、後付けが可能で、チャイルドシートの使用もできます。 (後付けはホンダだけ) ただし、リヤシートに関しては前席の下につま先が入るので、これができない他のメーカーのバンよりはワゴン代わりとして使えると思います。 タイヤはトラック用、サスも硬く乗り心地は硬いです。 乗用タイヤに交換すれば多少良くなりますが、車検で適合しなくなります。 初期型の「TOWN」(現行のホビオPRO相当)以外は助手席シートスライドなし。 リクライニングも3段階だけと質素ですが、そのかわりに折りたたんで広大な荷室にすることができます。 ちなみに、ハンドル、インパネ、メーターなどの違いは初期型と後期型によるもので、現在はバモスもバンも共通となりました。 バモス(PROを除くホビオ)は人が乗ることを優先に出来ています。 リヤシートは分割可倒、リクライニングもできます。 そのかわり、たたむと段差ができたり金具が露出したりして、段ボールを満載する仕事には使いにくいです。 (ベニヤ板などを敷いて段差を埋めることは出来ますが) ただし、バモスのリヤシートは他のメーカーより狭く、小柄な人なら気にならない(その分荷室が広い)のですが大柄な家庭では不満があると思います。 フロントシートもホールド性が良くなりますが、たたむことはできません。 後ろにリクライニングさせれば長尺物を乗せることが出来ると思いますが、汚れます。 タイヤは標準タイプがトラック用、SとUパッケージが乗用車用で、基本的に乗用タイヤを履いてもはみ出なければOKです。 (車検の検査官によっては意地悪されるかも) 乗り心地もバンより柔らかく、SとUパッケージは車高も低くなって安定しています。 ただし、ホンダは他メーカーのワゴンよりは硬めで、乗り心地よりも走行安定性優先に振っているようです。 我が家では5MTの4WDです。 パワーは必要最小限という感じで峠道でもまあまあ流れに乗れますが、余裕はないので運転テクニックが要求されます。 燃費は良く、チョイ乗りの悪条件でも(配達車なので、通勤車と違って過酷です)10を切ったことがなく、ちょっと遠乗りをすれば10.15モードの16kmを越えて17~18も出ます。 知人でターボ無し、4WD、4ATの組み合わせを買った人がいるのですが、あまりの遅さに速攻でバモスターボに買い換えました。 また、ターボ付き、ターボ無しに関わらず燃費はかなり悪いようです。 (この手の車はATの燃費が極端に悪いんです) 更にバモスターボはターボの熟成不足で、不具合が出る車が多いようです。 こんにちは。 仕事でバンに乗っています。 アクティの他いくつかのメーカーのバン、トラックにも乗りました。 アクティは荷物を積むこと優先にできています。 リヤシートも質素で左右一体でしか倒れず、リクライニングもありません。 (4ナンバー登録するにはリヤシート部分より荷室のほうが広くなければいけない) SDXだとリヤシートベルトとヘッドレストは付いていませんが、後付けが可能で、チャイルドシートの使用もできます。 (後付けはホンダだけ) ただし、リヤシートに関しては前席の下につま先...

次の