ポケットwi-fi 2年。 Yahoo! Wi

ポケットWiFiを2年・3年の縛りなし・違約金/契約期間不問で使う方法

ポケットwi-fi 2年

AEON イオン が提供する格安SIMでお得なポケットWiFi あの誰もが知るイオンが、実は格安SIMを提供しているのは知っていましたか? 実は知らない人も多いと思います。 その理由は、サービス開始当初に人気が出すぎてユーザー数が激増したために、しばらく申し込みができない状況になっていたからです。 ただ、今では通常通り申し込みができるようになり、また順調にユーザー数を増やしています。 そんなイオンの格安SIMは、ポケットWiFiとして使うには最高の性能を持っているだけでなく、本当に最安値で利用することができます。 実際に月額を言うと480円から利用できてしまいます。 (1GBの場合) また、その格安SIMをSIMフリー端末のモバイルWiFiルーターにさして利用するだけで、決して遅くなく、スマホ並みにつながるネット環境が手に入ります。 しかし、他にも格安SIMはたくさんあります。 なのにも関わらず、イオンの格安SIMなのか、他の格安SIMよりもおすすめするのかをこれから詳しく説明します。 イオンの格安SIMのポケットWiFiをおすすめする5つの理由 イオンの格安SIMをつかったポケットWiFiをおすすめする理由はたくさんありますが、大きく伝えるとこの5つが一番の理由です。 10種類もプランがあるから、自分にあったプランを選べる!• 全国213店舗でサポートが受けられる!• 契約期間の縛り無し!もちろん違約金もゼロ!• 高速通信で繋がりやすいドコモのLTEが使える!• 他の格安SIMよりも速度の安定性が抜群! はっきりいうと、これが非常に大きな差であり、他社よりも選ばれる理由でもあります。 では、分かりやすいように、それぞれ比較をしながらご説明しましょう。 10種類もプランがあるから、自分にあったプランを選べる! 基本的に格安SIMのデータ通信専用のプラン数は3〜5つほどしかありませんが、イオンには10種類のプランがあります。 このプランの違いは、月間で使えるデータ通信容量の違いだけで、速度などに違いはありません。 よって、自分の利用にあったプランを選べるということになります。 もちろん、他の格安SIMにもプランを多数用意してくれているところもありますが、他にプラン数の多いDMM-mobileという会社でも9種類のプランしかありません。 どのような差があるのか見てみましょう。 MVNO イオン DMM 1GB 480円 480円 2GB 780円 770円 3GB 850円 4GB 980円 5GB 1,210円 6GB 1,480円 7GB 1,860円 8GB 1,980円 1,980円 10GB 2,190円 12GB 2,680円 15GB 3,600円 20GB 4,980円 4,980円 30GB 6,980円 40GB 9,980円 50GB 13,800円 どちらの会社も多数のプランがあるけど1〜2GB、8GB、20GBの4つ以外は全て被らないように、プラン設定がなされています。 さて、この容量のどれを選べば良いかというと、1〜2GBは写真や動画などをあまり閲覧せず、たまにパソコンでネットを見たりメールをしたりする人に向いています。 このDMMも格安SIMでは非常に人気がありますが、サービスは多い割に速度が遅いことがデメリットとして、よく紹介されることもしばしばあります。 ちなみに電波の安定性だけでいうと、IIJmioという会社が一番と言われていますが、それと同じようなバックボーンなので、かなり安定したネット環境を得ることができます。 ちなみに利用想定ギガ数は人により異なりますが、基本的には8GBあれば大丈夫かと思います。 ただ動画などをよく見たりする方は12〜15GBもしくはそれ以上にするのが好ましいです。 全国213店舗でサポートが受けられる! もうそのままで全国で213店舗で故障や料金プランの変更に伴ったアフターサービスが利用できます。 イオンモールなどは、実際にいろんなところにあり、週末になると家族で行ったりすることも多いかと思います。 そして旦那さんは荷物持ちになる前の時間を活用して、奥さんは旦那に子供を預けて、申し込みやわからないことを解消する時間に充てるなど、非常に利用しやすい環境と言えますね。 また何より、これだけ多くの店舗で利用できることから、安心感も非常に高いですね。 契約期間の縛り無し!もちろん違約金もゼロ! タイトルでも伝えている通り、契約期間による縛りはありません。 だから違約金なんかでお金を取られることもありません。 また、ダメだなー…と思った時の乗り換えも自由にできます。 本来ポケットWiFiは契約期間で違約金が決まっています。 WiMAXなら2年契約で1年未満に解約する場合は1万円ほど、Ymobileはもう少し多めにかかります。 また、家電量販店などの実店舗で契約した場合は端末料金を分割購入したという形で契約させられるので、端末の残債も請求されるので3万円ほどになったりもします。 イオンの格安SIMはこう言った心配がないので、安心して利用できますね! 高速通信で繋がりやすいドコモのLTEが使える! イオンの格安SIMは、人口カバー率100%のドコモの電波が使えるので、地下や山間部などの一般的なポケットWiFiでは繋がりにくい場所でも平気で繋がります。 もう繋がらないというストレスから解放されますね! 他の格安SIMよりも速度の安定性が抜群! 速度の安定性などを調べるには比較が一番です。 しかし、私は複数の格安SIMを持っていないので、機械系のマニアックな情報を紹介しているアスキーのサイトを調べさせていただきました。 その中に、格安SIMの最も人気のある3社で時間別の速度測定をしたページがありました。 ちなみに下りはダウンロードなどの速度、上りはアップロード時の速度です。 この中で一般的に大切な速度は、「下り速度」です。 そして、調査をしていた時間は、朝3時、昼12時45分、午後10時の3つの時間帯です。 朝3時は一番ネット利用者の少ない時間• 昼12時45分はお昼時でサラリーマンなどもスマホをよく触る時間• 午後10時は一般的にPCなどでのネット利用が増える時間帯 こういった理由から、この3種類の時間帯で調査をしています。 午前3時台は最も速いのはイオンの格安SIMです。 昼の12時45分は楽天モバイルが最も速いですが、RBBTODAYの計測ツールでは測定できないといったように電波の不安定さが見受けられます。 これは電波ものとしては致命的です。 午後10時台に関しては、さすがに利用する方も多いので、朝3時よりは遅めではありますが、光回線のマンションプランと同等の速度は出ています。 これら全てを総合して考えると、 イオンの格安SIMは電波として速度としての安定性は抜群に良いと言って間違いないです。 イオンの格安SIMでポケットWiFiを使うには? それでは、ここから具体的に格安SIMを使ったポケットWiFiを利用する方法をお伝えします。 WiMAXやYmobileのポケットWiFiを利用するには端末もセットなので契約するだけで大丈夫でした。 ただ少し格安SIMのことを調べたことがある方なら、そもそも端末を別で購入しないといけないんじゃないの?って方もいると思いますが、そこはご安心してください。 イオンの格安SIMは 端末と格安SIMをセットで契約することができます。 なので、この端末とセットで契約することで利用できます。 しかしこれは WEBでの申し込み限定です。 ちなみにイオンの格安SIMと同時で契約する場合は、本体料金が25,000円かかり、契約手数料として3,000円加算されるので、28,000円が初期費用として必要になってきます。 ただ、分割購入も可能なこと、一括購入した場合は端末の請求がないので、解約しようと思った時に煩わしい残債の決済がないので、後々得ができます。 2年縛りのないポケットWiFiを利用したい方はこれで決まりですね。 最高通信下り速度300Mbps• バッテリー連続使用最長24時間• 厚さは約1センチという薄さ• どれでも使えるSIMフリー この端末を使いたいからと格安SIMを利用される方もいるぐらいなので、性能や信頼性は折り紙付きです。 もちろん、私も格安SIMでポケットWiFiを利用するなら絶対に「Aterm MR04LN」を利用します。 また、この端末で利用出来る電波の兼ね合いにより、海外のSIMも利用できます。 よく空港でプリベイド式のSIMなどがありますが、そのSIMカードを挿すだけで、海外でWiFiが利用できます。 旅行などで安く使えるポケットWiFiは無いので、かなりお勧めできるポイントです。 もちろんですが、他の日本の格安SIMでも利用出来きます。 WiMAXやY! mobileではその端末はその会社でしか利用できませんが、もしイオンの格安SIMが合わないなーと思った時は別の格安SIMにすることもできます。 Aterm MR04LNの10,000円以上安く入手する方法 Aterm MR04LNの入手方法は、何もイオンの格安SIMとの同時購入だけではありません。 アマゾンや楽天などでも安く購入することができます。 そこで、価格. comで端末の料金を調査してみました。 この通り、最安値は18,980円でした。 しかし、更に安く買える方法は無いか調べたところありました。 その購入方法はアマゾンでした。 アマゾンであれば 更に2,480円も安く購入できます。 ヤフーオークションや楽天も調べましたが、中古でこの価格と同等だったので、それならアマゾンで新品をこの16,400円で購入する方が全然良いですよね。 それに新品だからバッテリーもMAXの状態から使えます。 なので、12,000円安く、さらにお得に購入するなら間違い無くアマゾンです。 イオンの格安SIMをAterm MR04LNで利用するまでの流れ もうここからは簡単です。 まず イオンで端末を同時契約して使うのか、 アマゾンでAterm MR04LN格安で購入して、イオンで格安SIMのみ契約して使うのか、どちらかを選びます。 どちらの方法を選ぶのかによって、若干手順が異なるので、確実に最後までお読みください。 イオンで端末を同時契約する場合の流れ• イオンの公式サイトから端末+SIMを選び、インターネットで契約を押す。 スマホの場合は、WiFiルーターのところから入ればあります。 カートに入れるを押す• イオンスクエアメンバーに会員登録する。 (電子マネーのWAONなどを使えるようにするもの) 会員メンバーでなければ新規登録を行ってください。 あとはそのまま手続きをする。 (利用したい容量プランを選択する)• 格安SIMと端末が届いたらSIMカードを挿しAPN設定を行う。 (めちゃ簡単) 端末の説明書に従い下記を入力するだけです。 接続できるか確認する。 (繋がらない場合はオプションのサポートを利用する)• 完了 基本的にはこの流れで大丈夫です。 設定も難しくなく簡単に済みます。 アマゾンで端末を購入する。 購入が完了したら、へいく。 公式サイトを下へスクロールし、下記写真のような画面の「料金プラン一覧はこちら」をタッチ。 データプランのところまでスクロールして、「インターネットでご契約」をタッチ。 データプランをご希望の場合をタッチする。 端末の対応しているSIMサイズの「マイクロ」をタッチする。 カートに入れるをタッチ。 購入手続きへをタッチ。 イオンスクエアメンバーに会員登録する。 (電子マネーのWAONなどを使えるようにするもの) 会員でなければ会員登録を行ってください。 あとはそのまま手続きを行い、必要なデータ容量のプランを選ぶ。 契約が完了• 端末と格安SIMの両方が届いたら、格安SIMを端末にさし、APN設定を行う。 端末の説明書に従い、下記を入力するだけです。 繋がるか確認をして繋がれば完了。 もし繋がらない場合は、イオンのサポートセンターへ電話しましょう。 設定の誘導を行ってくれます。 以上です。 最初は面倒に感じますが、後々快適な激安のネット環境が手に入ります。 私の個人的なおすすめのプランは、8GBの1,980円で利用出来るプランです。 たまに動画を見るなという方であればこれで事足ります。 週に1回はネットで映画を見るという方は12GBのプランにすることを推奨します。

次の

Yahoo! Wi

ポケットwi-fi 2年

AEON イオン が提供する格安SIMでお得なポケットWiFi あの誰もが知るイオンが、実は格安SIMを提供しているのは知っていましたか? 実は知らない人も多いと思います。 その理由は、サービス開始当初に人気が出すぎてユーザー数が激増したために、しばらく申し込みができない状況になっていたからです。 ただ、今では通常通り申し込みができるようになり、また順調にユーザー数を増やしています。 そんなイオンの格安SIMは、ポケットWiFiとして使うには最高の性能を持っているだけでなく、本当に最安値で利用することができます。 実際に月額を言うと480円から利用できてしまいます。 (1GBの場合) また、その格安SIMをSIMフリー端末のモバイルWiFiルーターにさして利用するだけで、決して遅くなく、スマホ並みにつながるネット環境が手に入ります。 しかし、他にも格安SIMはたくさんあります。 なのにも関わらず、イオンの格安SIMなのか、他の格安SIMよりもおすすめするのかをこれから詳しく説明します。 イオンの格安SIMのポケットWiFiをおすすめする5つの理由 イオンの格安SIMをつかったポケットWiFiをおすすめする理由はたくさんありますが、大きく伝えるとこの5つが一番の理由です。 10種類もプランがあるから、自分にあったプランを選べる!• 全国213店舗でサポートが受けられる!• 契約期間の縛り無し!もちろん違約金もゼロ!• 高速通信で繋がりやすいドコモのLTEが使える!• 他の格安SIMよりも速度の安定性が抜群! はっきりいうと、これが非常に大きな差であり、他社よりも選ばれる理由でもあります。 では、分かりやすいように、それぞれ比較をしながらご説明しましょう。 10種類もプランがあるから、自分にあったプランを選べる! 基本的に格安SIMのデータ通信専用のプラン数は3〜5つほどしかありませんが、イオンには10種類のプランがあります。 このプランの違いは、月間で使えるデータ通信容量の違いだけで、速度などに違いはありません。 よって、自分の利用にあったプランを選べるということになります。 もちろん、他の格安SIMにもプランを多数用意してくれているところもありますが、他にプラン数の多いDMM-mobileという会社でも9種類のプランしかありません。 どのような差があるのか見てみましょう。 MVNO イオン DMM 1GB 480円 480円 2GB 780円 770円 3GB 850円 4GB 980円 5GB 1,210円 6GB 1,480円 7GB 1,860円 8GB 1,980円 1,980円 10GB 2,190円 12GB 2,680円 15GB 3,600円 20GB 4,980円 4,980円 30GB 6,980円 40GB 9,980円 50GB 13,800円 どちらの会社も多数のプランがあるけど1〜2GB、8GB、20GBの4つ以外は全て被らないように、プラン設定がなされています。 さて、この容量のどれを選べば良いかというと、1〜2GBは写真や動画などをあまり閲覧せず、たまにパソコンでネットを見たりメールをしたりする人に向いています。 このDMMも格安SIMでは非常に人気がありますが、サービスは多い割に速度が遅いことがデメリットとして、よく紹介されることもしばしばあります。 ちなみに電波の安定性だけでいうと、IIJmioという会社が一番と言われていますが、それと同じようなバックボーンなので、かなり安定したネット環境を得ることができます。 ちなみに利用想定ギガ数は人により異なりますが、基本的には8GBあれば大丈夫かと思います。 ただ動画などをよく見たりする方は12〜15GBもしくはそれ以上にするのが好ましいです。 全国213店舗でサポートが受けられる! もうそのままで全国で213店舗で故障や料金プランの変更に伴ったアフターサービスが利用できます。 イオンモールなどは、実際にいろんなところにあり、週末になると家族で行ったりすることも多いかと思います。 そして旦那さんは荷物持ちになる前の時間を活用して、奥さんは旦那に子供を預けて、申し込みやわからないことを解消する時間に充てるなど、非常に利用しやすい環境と言えますね。 また何より、これだけ多くの店舗で利用できることから、安心感も非常に高いですね。 契約期間の縛り無し!もちろん違約金もゼロ! タイトルでも伝えている通り、契約期間による縛りはありません。 だから違約金なんかでお金を取られることもありません。 また、ダメだなー…と思った時の乗り換えも自由にできます。 本来ポケットWiFiは契約期間で違約金が決まっています。 WiMAXなら2年契約で1年未満に解約する場合は1万円ほど、Ymobileはもう少し多めにかかります。 また、家電量販店などの実店舗で契約した場合は端末料金を分割購入したという形で契約させられるので、端末の残債も請求されるので3万円ほどになったりもします。 イオンの格安SIMはこう言った心配がないので、安心して利用できますね! 高速通信で繋がりやすいドコモのLTEが使える! イオンの格安SIMは、人口カバー率100%のドコモの電波が使えるので、地下や山間部などの一般的なポケットWiFiでは繋がりにくい場所でも平気で繋がります。 もう繋がらないというストレスから解放されますね! 他の格安SIMよりも速度の安定性が抜群! 速度の安定性などを調べるには比較が一番です。 しかし、私は複数の格安SIMを持っていないので、機械系のマニアックな情報を紹介しているアスキーのサイトを調べさせていただきました。 その中に、格安SIMの最も人気のある3社で時間別の速度測定をしたページがありました。 ちなみに下りはダウンロードなどの速度、上りはアップロード時の速度です。 この中で一般的に大切な速度は、「下り速度」です。 そして、調査をしていた時間は、朝3時、昼12時45分、午後10時の3つの時間帯です。 朝3時は一番ネット利用者の少ない時間• 昼12時45分はお昼時でサラリーマンなどもスマホをよく触る時間• 午後10時は一般的にPCなどでのネット利用が増える時間帯 こういった理由から、この3種類の時間帯で調査をしています。 午前3時台は最も速いのはイオンの格安SIMです。 昼の12時45分は楽天モバイルが最も速いですが、RBBTODAYの計測ツールでは測定できないといったように電波の不安定さが見受けられます。 これは電波ものとしては致命的です。 午後10時台に関しては、さすがに利用する方も多いので、朝3時よりは遅めではありますが、光回線のマンションプランと同等の速度は出ています。 これら全てを総合して考えると、 イオンの格安SIMは電波として速度としての安定性は抜群に良いと言って間違いないです。 イオンの格安SIMでポケットWiFiを使うには? それでは、ここから具体的に格安SIMを使ったポケットWiFiを利用する方法をお伝えします。 WiMAXやYmobileのポケットWiFiを利用するには端末もセットなので契約するだけで大丈夫でした。 ただ少し格安SIMのことを調べたことがある方なら、そもそも端末を別で購入しないといけないんじゃないの?って方もいると思いますが、そこはご安心してください。 イオンの格安SIMは 端末と格安SIMをセットで契約することができます。 なので、この端末とセットで契約することで利用できます。 しかしこれは WEBでの申し込み限定です。 ちなみにイオンの格安SIMと同時で契約する場合は、本体料金が25,000円かかり、契約手数料として3,000円加算されるので、28,000円が初期費用として必要になってきます。 ただ、分割購入も可能なこと、一括購入した場合は端末の請求がないので、解約しようと思った時に煩わしい残債の決済がないので、後々得ができます。 2年縛りのないポケットWiFiを利用したい方はこれで決まりですね。 最高通信下り速度300Mbps• バッテリー連続使用最長24時間• 厚さは約1センチという薄さ• どれでも使えるSIMフリー この端末を使いたいからと格安SIMを利用される方もいるぐらいなので、性能や信頼性は折り紙付きです。 もちろん、私も格安SIMでポケットWiFiを利用するなら絶対に「Aterm MR04LN」を利用します。 また、この端末で利用出来る電波の兼ね合いにより、海外のSIMも利用できます。 よく空港でプリベイド式のSIMなどがありますが、そのSIMカードを挿すだけで、海外でWiFiが利用できます。 旅行などで安く使えるポケットWiFiは無いので、かなりお勧めできるポイントです。 もちろんですが、他の日本の格安SIMでも利用出来きます。 WiMAXやY! mobileではその端末はその会社でしか利用できませんが、もしイオンの格安SIMが合わないなーと思った時は別の格安SIMにすることもできます。 Aterm MR04LNの10,000円以上安く入手する方法 Aterm MR04LNの入手方法は、何もイオンの格安SIMとの同時購入だけではありません。 アマゾンや楽天などでも安く購入することができます。 そこで、価格. comで端末の料金を調査してみました。 この通り、最安値は18,980円でした。 しかし、更に安く買える方法は無いか調べたところありました。 その購入方法はアマゾンでした。 アマゾンであれば 更に2,480円も安く購入できます。 ヤフーオークションや楽天も調べましたが、中古でこの価格と同等だったので、それならアマゾンで新品をこの16,400円で購入する方が全然良いですよね。 それに新品だからバッテリーもMAXの状態から使えます。 なので、12,000円安く、さらにお得に購入するなら間違い無くアマゾンです。 イオンの格安SIMをAterm MR04LNで利用するまでの流れ もうここからは簡単です。 まず イオンで端末を同時契約して使うのか、 アマゾンでAterm MR04LN格安で購入して、イオンで格安SIMのみ契約して使うのか、どちらかを選びます。 どちらの方法を選ぶのかによって、若干手順が異なるので、確実に最後までお読みください。 イオンで端末を同時契約する場合の流れ• イオンの公式サイトから端末+SIMを選び、インターネットで契約を押す。 スマホの場合は、WiFiルーターのところから入ればあります。 カートに入れるを押す• イオンスクエアメンバーに会員登録する。 (電子マネーのWAONなどを使えるようにするもの) 会員メンバーでなければ新規登録を行ってください。 あとはそのまま手続きをする。 (利用したい容量プランを選択する)• 格安SIMと端末が届いたらSIMカードを挿しAPN設定を行う。 (めちゃ簡単) 端末の説明書に従い下記を入力するだけです。 接続できるか確認する。 (繋がらない場合はオプションのサポートを利用する)• 完了 基本的にはこの流れで大丈夫です。 設定も難しくなく簡単に済みます。 アマゾンで端末を購入する。 購入が完了したら、へいく。 公式サイトを下へスクロールし、下記写真のような画面の「料金プラン一覧はこちら」をタッチ。 データプランのところまでスクロールして、「インターネットでご契約」をタッチ。 データプランをご希望の場合をタッチする。 端末の対応しているSIMサイズの「マイクロ」をタッチする。 カートに入れるをタッチ。 購入手続きへをタッチ。 イオンスクエアメンバーに会員登録する。 (電子マネーのWAONなどを使えるようにするもの) 会員でなければ会員登録を行ってください。 あとはそのまま手続きを行い、必要なデータ容量のプランを選ぶ。 契約が完了• 端末と格安SIMの両方が届いたら、格安SIMを端末にさし、APN設定を行う。 端末の説明書に従い、下記を入力するだけです。 繋がるか確認をして繋がれば完了。 もし繋がらない場合は、イオンのサポートセンターへ電話しましょう。 設定の誘導を行ってくれます。 以上です。 最初は面倒に感じますが、後々快適な激安のネット環境が手に入ります。 私の個人的なおすすめのプランは、8GBの1,980円で利用出来るプランです。 たまに動画を見るなという方であればこれで事足ります。 週に1回はネットで映画を見るという方は12GBのプランにすることを推奨します。

次の

【2020年最新】プロが選ぶモバイルルーターのおすすめ機種はコレだ!

ポケットwi-fi 2年

カスタマーサポートセンター 自動音声 電話番号 0120-921-156 PHS不可 受付時間 24時間 年中無休 ワイモバイルのPocket WiFiの違約金 ワイモバイルのPocket WiFiは、 契約期間内もしくは更新月以外に解約をすると、以下のように違約金が発生します。 SoftBankのポケットWiFiを解約する方法 SoftBankのポケットWiFiを解約する際は、 店頭で手続きを行います。 解約にあたり、以下のものが必要となりますので、 必ず持参しましょう。 ・本人確認書類 運転免許証やパスポートなど ・印鑑 無い場合はサインでも可 ・ご利用中の端末とUSIMカード SoftBankのポケットWiFiの違約金 SoftBankの ポケットWiFiの解約料は、9,500円 税抜 です。 SoftBankは 2年以内もしくは更新月以外に解約をしてしまうと上記違約金が発生しますので、注意をしてください。 auのポケットWiFiを解約する手順 auの ポケットWiFiの解約先はauショップとなりますので気を付けましょう。 ちなみに、auのルーターはWiMAXの端末であり、正式名称は「au WiMAX」ですが、今回の記事では便宜上「ポケットWiFi」と呼称しています。 auのポケットWiFiを解約する場合、手続きは本人でなくても可能ですが、 誰が手続きに行くかによって、必要なものが変わってきます。 本人の場合 ・契約者本人の確認書類コピー ・代理人の確認書類 ・契約者記入済の委任状 委任状はからダウンロードできますので、代理人の方が解約手続きを行う場合は、事前に用意をしておきましょう。 また、au WiMAXのルーターは レンタルでなく購入するものなので、解約時に返却する必要はありません。 auのポケットWiFiの違約金 auもほかキャリア同様、 契約期間内もしくは更新月以外に解約をすると、9,500円 税抜 の違約金が発生しますので、タイミングには注意をしてください。 docomoのポケットWiFiを解約する方法 docomoのポケットWiFiは、 docomoショップのみで解約できます。 解約当日は、 ご利用中の「docomoUIMカード」を持ってdocomoショップへ行ってください。 万が一、docomoUIMカードが手元にない場合、 「ネットワーク暗証番号」か「本人確認書類」のいずれかが必要となります。 本人確認書類はコピー不可となっていますので、免許証かパスポートなどの現物を持って行きましょう。 docomoのポケットWiFiの違約金 docomoもほかキャリア同様、 契約期間内もしくは更新月以外に解約をすると、9,500円 税抜 の違約金が発生しますので、ご自身の契約日数を事前に確認しておくことが大切です。 UQ WiMAXを解約する方法 UQ WiMAXの解約は、 「電話」もしくは「書面郵便」にて行います。 UQコミュニケーションズの公式サイトや、家電量販店では解約ができませんので、注意してください。 電話で解約をする方法 UQ WiMAXを 電話で解約すると、即日解約となります。 月末や解約締切日など、解約の期限が迫っている方は電話での手続きがオススメです。 UQ WiMAXを電話で解約したい方は、下記連絡先に 契約者本人が電話をしてください。 UQお客様センター 電話番号 0120-929-8108 営業時間 9:00~21:00 年中無休 この際、本人確認として、「生年月日」「登録先住所・電話番号」をオペレーターに質問される場合があります。 書面郵便で解約をする方法 「UQ通信サービス解約届 個人」とのPDFファイルを印刷します。 印刷をした 解約届に必要事項を記入し、封筒に郵便ラベルを貼ってポストへ投函すると、切手代不要で解約届を送ることが可能です。 UQ WiMAXの違約金 UQ WiMAXには、 いつ解約をしても違約金のかからない「通常プラン」とは別に、 契約年数によって違約金の発生するプランが6つ存在します。 それぞれ契約年数や日数によって違約金の金額が異なりますので、わかりやすいよう、違約金の金額を表にまとめました。 ここではポケットWiFiを解約すべきポイントを4つご紹介していきますので、ご自身のご利用状況と照らし合わせてみてください。 通常、ポケットWiFiの解約には違約金が発生しますが、 契約更新月の間は無料で解約手続きができる仕組みとなっていますので、契約更新月が迫っている方はこのタイミングを逃さないようにしましょう。 そのため、ポケットWiFiは同じプロバイダで長期間利用するのではなく、 初回契約更新月を迎えたタイミングでほかプロバイダへ乗り換えることをオススメします。 多くのプロバイダでは新規契約者を対象に月額料金が大幅割引されていますし、乗り換えキャンペーンとしてキャッシュバックを受け取ることができたり、違約金を負担してもらえたりします。 どんなに対策をとっても速度が遅いまま改善しない ポケットWiFiは 古い機種を使い続けていると、高速通信接続エリアから外れてしまう可能性もありますので、定期的な機種変更がオススメです。 また、オンラインゲームや動画サービスのように大きなデータ通信を頻繁に利用する方は、 ポケットWiFiよりも光回線を契約したほうが快適にネット通信を楽しむことができます。 ご利用状況によってはポケットWiFiを解約し、光回線を新たに契約しなおすことも視野に入れておきましょう。 ただし、契約先をそのままに機種変更を行った場合、先ほども説明したようにルーターが新しくなったとしても月額料金は高くなってしまいますので、 安い料金で利用するためには現在のものを一度解約し、他社へ乗り換えることをオススメします。 ポケットWiFiを解約する際の注意点 解約をする際は、違約金の有無や端末代の残債など、費用面に注意が必要です。 ここではポケットWiFiを解約するときにかかりうる費用についてくわしく解説していきますので、ご自身の契約状況と照らし合わせてみてください。 契約更新月以外での解約は違約金がかかる さきほどもお話したように、解約は契約更新月以外に行うと違約金が発生してしまいますので、まずは ご自身が契約している料金プランの更新月を把握することが大切です。 この項目では主要キャリアの契約更新月と違約金を表でまとめましたので、チェックをしてみてください。 ご自身の契約先キャリアを確認し、更新のタイミングを間違えないようにしましょう。 端末代金の残債がある場合は一括払いしなければならない ルーターの端末代は多くの場合、 分割した金額を月額料金から割り引くかたちで相殺されます。 ここではSoftBankで42,480円 税抜 のルーターを36回払いにしたケースを想定し、月額料金からどのように割り引かれていくのかを表にあらわしましたので、参考にしてください。 SoftBankは「月月割」という名目で、ルーター端末代36回払いの1回分にあたる1,180円 税抜 が毎月割り引かれます。 割引プラン名は契約先で異なりますが、多くの場合ルーター端末代はこのように相殺されますので、 実質無料となるケースがほとんどです。 ただし、 契約年数は2年 24カ月 であっても分割回数が36回と設定されている場合、初回更新月に解約をすると、端末代の残債を一括払いする必要がありますので、注意してください。 解約月の料金は日割りされない ポケットWiFiは、 月の途中で解約をしたとしても利用料が日割りされません。 このように聞くと、解約を希望する月の末日に手続きを行うほうがお得なように思えますが、 キャリアによっては「解約締切日」が設定されている場合もあります。 例を挙げてみると、「GMOとくとくBB」で契約をしている方はその月の20日、「BIGLOBE WiMAX」で契約をしている方は解約日の16時までが当日扱いというように、それぞれ解約締切日が決められていますので、ご自身の契約先の情報をもとに、どのタイミングで解約をするとよいのか確認しておきましょう。 もし契約締切日が不明な場合は、 解約希望月の初旬(できれば1日)に手続きを行うと安心です。 解約後に残った「ポケットWiFi本体」の使い道 ポケットWiFiを解約すると、返還義務がない限り、手元に使用していたルーターが残ります。 ゴミとして処分することも可能ですが、買い取りで現金化したり格安SIMを挿して再利用したりできますので、解約後は以下の方法を検討してみてください。 業者やフリマ・オークションサイトで買い取ってもらう 下取り業者や電化製品のリサイクルショップなどに使用済みとなったポケットWiFiを持っていくと、 特別難しい手続きをすることなく、その場で買い取ってもらうことができます。 また、フリマやオークションは現金化するまで多少手間がかかりますが、 希望買い取り金額に近い価格で販売できるといったメリットがありますので、不要になったポケットWiFiは、どちらか都合のよい方法で売りに出すとよいでしょう。 格安SIMを挿して再利用する 使用済みとなったポケットWiFiは、 格安SIMを挿入すると再び利用できます。 その際、 SIMロックがかかっているルーターは、キャリア指定のSIMカードでなければ使用できませんので、注意が必要です。 まとめ ポケットWiFiは、同じ機種を長期間利用してもメリットがありませんので、 契約更新月が来るタイミングで他社に乗り換えたり、光回線を新規契約したりすることをオススメします。 契約期間中や更新月以外に解約をすると違約金が発生しますが、乗り換え先のキャッシュバックや違約金負担のキャンペーンを利用すると 実質負担金が無料で解約・乗り換えできますので、大変お得です。 オススメの乗り換え先は以下のとおりです。 ポケットWiFiに乗り換えたい方は、違約金19,000円を負担してくれる。 固定回線に乗り換えたいという方は、キャッシュバックも実施しており、違約金も負担してくれるもしくは。 auひかりは最大30,000円、ソフトバンク光は最大100,000円まで違約金を負担してくれますよ! また、光回線に乗り換える場合は、 現在ご利用中のスマホやタブレットと同じキャリアにすると安い料金で利用できますので、この記事を参考に、ご自身に合う乗り換え先を見つけてみてください。

次の