ドラゴン カー セックス と は。 [B! R

ドラゴンカーセックスとは?超上級者向けのまじきちな性癖について!

ドラゴン カー セックス と は

(エリート痔主ってなんだよ・・・) 皆様、はじめまして! エリート痔主ブロガーのリリンと申します。 普段は 「」という雑記ブログを運営しております。 中身は主に 痔に関する情報発信で、他にも色々なことを雑多に書いています。 今回は、ぽかべ姫のブログに寄稿させていただくという形で、とあるエロジャンルのお話をさせていただきます。 そのジャンルとは・・・ ドラゴンカーセックス 英語にすると、「Dragon Car Sex」です。 ・・・ さて、皆様の頭の中には、たくさんの「?」が浮かんでいることでしょう。 この「ドラゴンカーセックス」って、何だと思いますか? ちょっと想像してみてくださいね。 おのおのイメージできましたか? それでは早速、説明をさせていただきます。 絶対に音量を下げて聞いてください。 ・・・見ました?笑 どうしても見られる環境ではない!という方は、 ドラゴンカーセックスで画像検索するか、この記事のアイキャッチ画像をもう一度見てください。 ちょうどそんな感じのものです。 また、ドラゴンカーセックスの他には、派生として 車がトランスフォームしたり、 ドラゴンと車が擬人化したりするものも存在しますよ。 ドラゴンカーセックスはなぜ生まれたのか? さて、この意味不明すぎるエロジャンル 「ドラセク」がなぜ生まれたのか、という問いに関しては、ネット上でも諸説あります。 最も有力なのは、 欧米のR-18コンテンツに対する厳しすぎる規制に対しての風刺です。 つまり、ポルノ文化に対するお上の行き過ぎた規制に辟易していた欧米のエロクリエイターたちが、 「こんなもの作っちゃったけど規制できるの!?(規制してみろ!!)」 という意気込みで作ったものなんですね。 その中でも、なぜかドラセクだけがブレイクしてしまい、アンダーグラウンドで密かなブームを作ったのです。 なぜドラゴンカーセックスだけがブレイクしたのか? ドラセクがブレイクした理由は、はっきりいって分かりません。 しかし私は、これに対する一つの仮説を持っています。 それは「あらゆる特殊性癖の猛者がドラセクに群がった」という考えです。 ざっと上げてみますと・・・ ・ファンタジー姦 ・車フェチ ・機械姦 ・マグロプレイ ・相手の自由を奪うシチュエーション このあたりのジャンルを愛好している人々のことを指すと考えられます。 (・・・問題ないです。 全く理解できなくて何の問題もありません。 ) つまり、 自身の特殊すぎる性癖をどうすることもできず、ただただ自分の性的欲求に適合する作品を求めていた層が、ドラセクに群がっていったということです。 もちろん、これは私が知る限りの情報で考えた仮説に過ぎません。 実際には、もっと裏づけのある理由があるかもしれません。 なぜドラゴンカーセックスは高クオリティ作品が多いのか? ドラセクの分野では、イラスト・3D動画で 非常にクオリティの高い作品が多いです。 これは、 「ドラゴン」と「車」という2つの異なるものがもたらした相乗効果だと考えています。 まず「ドラゴン」ですが、これはあらゆるファンタジー作品における 王道の架空生物です。 そして、ファンタジーがゆえに クリエイターの想像力・造形力が存分に試されるものでもあります。 対して「車」は、無機物の人工物です。 しかし人工物であるがゆえに、車というものは 機能性・デザイン性を常に深く求められてきました。 つまり「ドラゴン」と「車」は対極にありながら、クリエイターにとってどちらも創作の難易度が高い対象であり、チャレンジしがいがあるのです。 結果、自身の作品で力試しをしたい・スキルアップをしたいというエロクリエイターが、こぞって参戦してきたのではないか?と予想できます。 「オレはこんなにカッコイイドラゴンと車を一緒に描けるんだぞ! (エロだけど)」 「私は3D動画でこれだけ精巧なドラゴンを動かせるんだ! (エロだけど)」 こんな感じでしょうか。 こぼれ話:理解してはいけない性癖がネットに溢れている さて、ドラゴンカーセックスという特殊すぎるエロジャンルについて語らせていただきました。 この記事の最後に、 ドラセクと同様に「特殊すぎる性癖」を紹介してみたいと思います。 ググってもかまいませんが、くれぐれも自己責任でお願いいたします。 はっきりいって、普通の人が見ても脳が拒否反応を起こすレベルです。 ・マトリョーシ姦 ・スフィンクス姦 ・眼孔姦 ・箱姦 ・脳姦 ・スカルファック ・・・もう一度言いますが、大丈夫です。 これらについては、理解できなくても何の問題もありませんので、大丈夫です。 それでは、以上でドラゴンカーセックスの説明を終わります。 いや~、久しぶりにここまでブッとんだ内容の文章を書きました。 刺激が強すぎてケツ穴が痛んできてしまいましたので、帰ってボラギノールを塗りたいと思います。 ではでは。

次の

[B! R

ドラゴン カー セックス と は

SFコンテストの優秀賞を受賞したトランス〜が刊行されたのが2018年11月のことだから、それから僅か半年ばかりの間で次作が出ているのはペース的には早い。 とはいえ、本作収録のうち4篇が過去に同人誌に収録されたものであったり、小説投稿サイト「カクヨム」に投稿されたものであるので(書き下ろし1篇)、まったく不思議なことではない。 その出自のばらばらさ故に、質に担保がされているのかちと疑問視していたところもあったのだけれども、これがきちんとどれもおもしろい! それも、トランス〜が元ネタをひねってひねってネット大喜利的なノリでひねり倒していく部分でのおもしろさだったので、いったいそれ以外のものを書いた時にどれほどのおもしろさを発揮できるものやら……と疑っていたところもあるのだけれども、本書収録の短篇でその高い実力を証明してみせたといえるのではないか。 特に最後に収録されている、とある特殊な同人アンソロジーに寄稿された「竜とダイヤモンド」が飛び抜けた逸品なので、せめて本記事の紹介ぐらいは読んでいってもらいたい。 全篇ざっと紹介する。 というわけで全5編をざっと紹介していこう。 まずは表題作である「流れよわが涙、と孔明は言った」。 全体の中でも特にハイテンポなギャグで、 『孔明は泣いたが、馬謖のことは斬れなかった。 』『硬かったのである。 』から始まる冒頭のスピード感が半端ない。 ちなみにこの孔明が馬謖を斬るという歴史的な元ネタは三国志。 優秀な武将である馬謖が諸葛亮の指示に背いたことで戦況が悪化したことをうけ、師であった孔明は馬謖を泣きながら斬った……という逸話だが、斬れないんじゃしょうがない。 なぜ斬れないのか……? というのは硬いからだが、なぜ硬いのか……? ということにはなかなか理由がもたらされない。 ノコギリを使っても斬れないし酸でも投石機でも万力でもきれない。 そんだけやったら何か馬謖も言ってきそうなものだがしゃべらないのが不気味である。 埋めても駄目で、半年後に掘り出すと普通にそのまま。 しかも次第に馬謖が増え、孔明は馬謖を刈る必要に迫られる。 はてはこうである。 「チー」 孔明は鳴いて馬謖を切った。 「ロン」 下家が牌を倒した。 「馬謖のみ。 十兆点」 「な、何ィー!?」 な、何ィー!? じゃないが。 馬謖を切っとるやろがい! とまあ非常にバカげた、短篇というよりかはコント集みたいになっているがそれはそれでおもしろい。 いちおうなんか並行世界だなんだが出てきて馬謖が斬れない理由もSF的に解決される。 スタート地点は野崎まど的であるが、ネタの転がし方の方向性が全然異なっている(野崎まどがスケールさせるのに対して、三方行成は横にゴロゴロ転がっていく的な……うまい表現が難しいが)点が、作家の個性的にはおもしろいところか。 続いて「折り紙食堂」。 食堂なのだが折り紙しか出てこない。 折り紙なので食べれないから食堂じゃないだろと思うのだが食堂なのである。 いちおう料理人がおり、折り紙をフライパンの上で焼いて料理してくれるのだが、料理したところで紙は紙なので食べられるわけもない。 アルキメデスの原理と呼ばれる物理法則の有名なエピソード(王冠のようなギザギザの形をした物体の体積を測るためにはどうしたらいいのかと王に依頼され、風呂でそれに対する解決を思いついた)があるのだが、基本的にはその誕生秘話のような構成になっている。 だが王は狂い気味だし、なぜか出てくるセリヌンティウスは完全に狂っているし、アルキメデスもイカレ気味で、知恵が出ないと何故か手が出る男として描写される。 『アルキメデスパンチ! アルキメデスキック! アルキメディアン・スクリューパイルドライバー! どうだ参ったかヒエロン王よ、殴る、蹴る、相手を固める。 』け、ケイローンさん……。 と、意味不明系が続いて読んでいて正直不安になってくるのだが続く2篇はシリアス寄り。 まず「人は死んだら電柱になる:電柱アンソロジー」から収録された「闇」。 世界は人が踏み入ると死んでしまう闇に包まれているが、死ぬと電柱になり、闇が照らされるので移動できる範囲が増えるという。 人が電柱になればなるほど遠くまでいって、別の村と遭遇できる。 だが、資源は貧しく、死に瀕した人間はベッドでは死なせてもらえず、電柱になることを期待され村から追い出されることになる。 闇の中へ行くには、ただひとつ、電柱を増やすしかないのだ。 人が死ぬと電柱になるというそれだけ聞くと完全にギャグ的なシチュエーションを、死と光で象徴的に結びつけ、世界を解き明かすことが自分自身の過去と信念を揺るがすことへと繋がっていく、エモーショナルな短篇に仕立て上げるその豪腕に驚かされる1篇だ。 最後はドラゴンカーセックスアンソロジーに収録された「竜とダイヤモンド」。 ドラゴンカーセックスアンソロジーって何……? ともっともな疑問を抱いているであろう人に説明すると、欧米の厳しい性的表現規制から性行為にまつわる描写が不可能になりドラゴンと車のセックスぐらいしか許されないのではないか……的に冗談のようにイラスト化されたりしたのが、ウケにウケてネットミームとして広まったもの。 無論ギャグなわけだが「竜とダイヤモンド」は大真面目にそこに取り組んでいる。 三文新聞から仕事を請け負うひとりの鹿人が、とある落ちぶれた貴族の少年と出会う。 彼は、警察には届けられないと語るヤバそうなダイヤを持っていて……とおいしいネタを嗅ぎつけて潜り込もうとするのだが、その少年の家には性交時にダイヤを生み出す竜がいるのであった。 「みょんみー」と鳴く竜の描写はめちゃくちゃ可愛いし、どのように生殖するのか、竜のオスとメスはどのように決まっているのかなど生物学的な描写の数々がやたらとおもしろい。 だが、そんなある程度竜の生態についての理解が進んでいるこの世界であっても、よくわからないことはまだまだある。 たとえば、少年の家の竜が突然車を相手に押しかかって性交(はできないので、そのポーズ)を始めたりといったことである。 物語では、はたしてなぜ、竜は突然車を性交し始めたのか? と、ギャグではなく大き真面目にその生態から考察が行われることになる。 単なるアンソロジーのお題に過ぎなかったはずのものが、作品の根幹をなす問いかけと不可分に結び合うことで、単体のファンタジィとして(上橋菜穂子の『獣の奏者』的に)読んでも相当な作品に仕上がっているのだ。

次の

ドラゴンカーセックス奇譚から人が死んだら電柱になる世界の話まで揃った奇想短篇集──『流れよわが涙、と孔明は言った』

ドラゴン カー セックス と は

インターネットで世界中に広まったということは、当然日本人にもこの「ドラゴンカーセックス」は広がりました。 実はこの日本人の誤解から、エロ規制が厳しい為に、「ドラゴンカーセックス」は生み出されたのではないか?と伝えられているのですが、アメリカのエロ規制はそこまで厳しくないようです。 エロに関しては妄想力の逞しい日本人も、触手ものや女体化、ケモナーなど変わったセックスのイラストやアニメは多いのですが、現実の性的嗜好はわりと大人しめです。 しかし、実はアメリカなど海外では異種間セックスの需要は多く、「ドラゴンカーセックス」は規制ではなく、本当に性的嗜好から生み出されたものだったのです。 ドラゴンと車のセックスのイラストを目にした日本人は、きっと理解出来なかったのでしょう。 もちろん、多くの人が異種間セックスに興奮する心理は理解できませんよね?何とか理解しようとした結果、「規制が厳しすぎるのかもしれない…」と納得しようとしたのかもしれません。 2018年に週刊少年ジャンプの読み切りとして登場した、高山としのりさんのマンガ「性癖が力になる世界」は、そのあまりにもバカバカしい内容から、ツイッターなどでも話題になりました。 簡単にストーリーを説明すると、主人公の三卜(みうら)はある日不良に絡まれている、片思いの相手「いいんちょう」を助けようとしますが惨敗して意識を失います。 その時、謎の光が現れ、特殊な力を使える世界に飛ばされてしまいました。 その世界は、自分の性癖の特殊さを叫ぶことで、力の強さを出すことが出来る世界。 足裏好きの三卜はその特殊性癖のおかげで、今度はいいんちょうを助けることが出来ますが、その特殊さ故にドン引きされてしまいます。 三卜の性癖の強さは学校中に広まり、2年の特殊性癖で学年を仕切っている、ドラゴンカーセックス鬼塚という先輩と対決することになりました。 もちろん、ドラゴンカーセックスに欲情出来る、特殊性癖の力は強く、三卜は苦戦するのですが、最後は足裏フェチとしての口撃で勝ちます。 このように、マンガのネタになるほど、ドラゴンカーセックスはかなりマニアックな性癖なのです。 男性の性欲が無くては、人類の子孫繁栄はありません。 性欲が女性に向いてくれるのであれば、理解はしやすいのですが、そうでない場合は色々と大変ですよね。 本能やある種トラウマなどから、性癖や性的嗜好が出来上がるのですが、昔から特殊性癖のジャンルはわりとあるのです。 HENTAI(変態)とは、日本人のエロに対しての不名誉な共通語です。 飽くなきエロに対する探求心への賞賛でもありますが、江戸時代の春画(しゅんが:現代のエロ本)には、葛飾北斎の描いた「蛸と海女」という、蛸に襲われる女性が登場しているのです。 いわゆる触手ものや、獣姦ものから、フェチものまで幅広い日本のエロですが、世界でも特殊な性的嗜好を持つ人々は多いのです。 ここでは、ドラゴンカーセックスのような特殊性癖を紹介します。 性癖には、女性を凌辱して興奮するサディズムもありますが、それが高じると理解の範疇を越えてしまうものもあります。 その為、欲情を感じる人は極少数になりますが、ネットにより箱姦(はこかん)と呼ばれるジャンルが最近じわじわと広まりつつあります。 箱姦は、魔法などで箱化されてしまった女性を犯す、または凌辱するというものです。 箱化の時点で、一般人にはすでについていけない世界ではありますが、顔だけは普通の状態で身体だけが箱化してしまうものや、顔も含めて立方体化されてしまうものもあるのです。 願望としては、支配欲や征服欲からくるものでしょうが、箱化して身体は固くなったようなイラストなのに、乳首やアソコは都合よく使えるようになっていることから、ある種自由を奪う拘束状態を表しているのでしょう。 マトリョーシカは、ロシアの民芸品の人形です。 大きい人形の中から小さい人形が出てくるものですが、ここからどうしてその発想になるのか、更に分からない鬼畜な性的嗜好が、「マトリョーシ姦」です。 現実的に全くあり得ない状況ですが、マトリョーシ姦とは、妊婦の胎児を犯し、更に妊娠したその胎児を犯しと繰り返していくというジャンルのことです。 普通の人は、「は?」としか言葉が出てこない性癖ですよね。 ロリコンよりもっと小さな子に欲情する、ペドフェリアと呼ばれる性的嗜好の人もいるのですが、そのような人達の妄想から出てきたと言われています。 いくら性癖だとしても、願わくば願望や妄想のまま、絵で満足していて欲しいものです。

次の