浅田次郎 新刊。 浅田次郎ONLINE|講談社文庫|講談社BOOK倶楽部

浅田次郎 おすすめランキング (998作品)

浅田次郎 新刊

後日、頂いた質問の中から、抽選のうえ浅田次郎さんの回答がウェブで公開されます。 貴重な取材模様を少しだけお届けします。 (写真・文:編集部) 取材初日、まずは舞台となった北京飯店へ。 清朝時代からの歴史ある高級ホテルで、孫文など数々の歴史的人物が利用した壮麗なクラシック・ホテルです。 作中、張飛嶺(ちょうひれい)に発つ前、主人公・小柳と川津のふたりはここで落ち合います。 日中戦争下の万里の長城。 1938年秋。 流行探偵作家の小柳逸馬(こやなぎ いつま)は、従軍作家として北京に派遣されていた。 だが、突然の要請で、前線へ向かうこととなる。 検閲班長の川津(かわづ)中尉と共に、北京から半日がかりで辿り着いた先は、万里の長城、張飛嶺(ちょうひれい)。 そこで待っていたのは、第一分隊10名が全員死亡という大事件だった。 なぜ、戦場に探偵作家が呼ばれたのか。 従軍作家の目を通し、日中戦争の真実と闇が、いま、解き明かされる。 95年『地下鉄に乗って』で吉川英治文学新人賞、97年『鉄道員』で直木賞、2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞、06年『お腹召しませ』で中央公論文芸賞、司馬遼太郎賞、08年『中原の虹』で吉川英治文学賞、10年『終わらざる夏』で毎日出版文化賞、16年『帰郷』で大佛次郎賞など、数々の賞を受賞している。 その他著作に『日輪の遺産』『蒼穹の昴』『霧笛荘夜話』『マンチュリアン・リポート』『神坐す山の物語』『わが心のジェニファー』『獅子吼』『おもかげ』などがある。 【書誌情報】 発売日:2018年2月28日(電子書籍同日配信予定) 定価:本体1600円+税 体裁:四六判上製 頁数:304頁 装丁:片岡忠彦 装画:ケッソクヒデキ 初出:「小説 野性時代」2016年9月号~2017年10月号 発行:株式会社KADOKAWA.

次の

『天子蒙塵 第一巻』(浅田 次郎)|講談社BOOK倶楽部

浅田次郎 新刊

新刊自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。 ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!• ・買い逃すことがありません!• 現在発売中の最新号を含め、既刊の号は含まれません。 ご契約はページ右の「新刊自動購入を始める」からお手続きください。 配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。 ご契約中は自動的に販売を継続します。 不定期に刊行される「増刊号」「特別号」等も、自動購入の対象に含まれますのでご了承ください。 お支払方法:クレジットカードのみ 解約方法:マイページの「予約・新刊自動購入設定」より、随時解約可能です 続巻自動購入は、今後配信となるシリーズの最新刊を毎号自動的にお届けするサービスです。 ・発売と同時にすぐにお手元のデバイスに追加!• ・買い逃すことがありません!• ・いつでも解約ができるから安心!• 現在発売中の最新巻を含め、既刊の巻は含まれません。 ご契約はページ右の「続巻自動購入を始める」からお手続きください。 配信されるコンテンツによって発売日・金額が異なる場合があります。 ご契約中は自動的に販売を継続します。 不定期に刊行される特別号等も自動購入の対象に含まれる場合がありますのでご了承ください。 お支払方法:クレジットカードのみ 解約方法:マイページの「予約自動購入設定」より、随時解約可能です Reader Store BOOK GIFT とは ご家族、ご友人などに電子書籍をギフトとしてプレゼントすることができる機能です。 贈りたい本を「プレゼントする」のボタンからご購入頂き、お受け取り用のリンクをメールなどでお知らせするだけでOK! ぜひお誕生日のお祝いや、おすすめしたい本をプレゼントしてみてください。 お受け取りされないまま期限を過ぎた場合、お受け取りや払い戻しはできませんのでご注意ください。

次の

【浅田次郎】おすすめ小説!売れ筋人気ランキング名作ベスト10はこれ!

浅田次郎 新刊

表題作をはじめ、「鉄の沈黙」「夜の遊園地」「不寝番」「金鵄のもとに」「無言歌」の全六編が収められ、いずれもさまざまな角度から、戦争というものの苛酷さが照らし出されています。 これまで戦争体験者の作品が中心だった戦争文学というジャンルに戦後生まれの作家として新境地を開拓したこの本を、浅田さんはどのような思いを込めて書かれたのか、お話を伺いました。 それと同時に、一方で安保法制の問題が出てきて、新たなる戦争に対する危機感も出てきました。 そういう中で、この『帰郷』という本を出されることに、どのような思いをお持ちなのでしょうか。 別に殊更にタイミングを考えていたわけではないし、特段政治的な問題が頭の中にあったわけでもありません。 ぼくは、戦争を書き続けていくことが自分の仕事だと思っているので、それをただ淡々と続けてきて、それがまとまったのがたまたまこの時点だったというだけです。 ほんとうは、二〇〇二年の二編に続けて書いていって、戦争短編集として早めに出すつもりだったのが、『終わらざる夏』という大きな作品や、『天切り松 闇がたり』の第五巻(二〇一四)が入ったために、すこしあいだが空いてしまいましたが、小説のスタイルはあまり変わっていませんから、通して読むと十数年間の差を感じずにお読みになれると思います。 そうですね。 小説の技術的な違いがあるわけではないけれど、十数年のブランクのあいだに一つ変わったところがあるとすれば、それは自分自身の死生観でしょうね。 四十代と六十代とでは、死生観が明らかに違う。 六十代になると、自分の周囲の人間の死に接することが多くなるし、自分もやがて死ぬんだろうなとの思いをひしひしと感じるようになる。 それにしたがって、戦場で実際に命のやりとりをする場面を書くことについては臆病になります。 言い方を換えれば、死に対して正確であろうとする。 そういう気持ちが働いた結果、先に書いた二編のリアルさに比べて、やはり後に書いたほうがファンタジーっぽくなっているのかもしれない。 だけど、そうやっていろんな形の戦争観を提示することができたというのは、むしろ結果的によかったと思います。 結局、ぼくらが戦争を書くというのは、その世代からのバトンタッチなんです。 ですから、コレクションの編集作業に入るにあたって、外国の文学を入れるか入れないかの議論があったときに、ぼくは入れようと思ってもそれは無理だと思ったんですよ。 要するに、日本以外の国には、戦争にまつわる小説は少ないし、質もよくない。 それに比して、日本の戦争文学は、戦前期に検閲を受けていたものにもすぐれた作品があるし、戦争が終わって自由になってからはさらにすぐれた作品がたくさん出てきている。 人間の普遍的な悩みを描く文学 こうした土壌は、実は日本の自然主義文学の系譜から来ている。 自然主義文学というのは、つまるところ人間をありのままに書くことなのですが、同じ自然主義といっても、ヨーロッパと日本とではその意味するところがまったく違う。 十九世紀末にヨーロッパで起こった自然主義文学とは、簡単にいえば、キリスト教的な普遍主義から脱出しようという試みだった。 つまり、キリスト教、あるいは神の束縛から離れて人間を書こうじゃないかという運動なんです。 そうしたヨーロッパの自然主義文学の運動が明治期の日本に入ってきたわけですが、日本にはキリスト教はもとより、そもそも宗教の束縛なんてものはないから、自然主義文学を書こうとすると、結局、自分のことを書くしかなかった。 これが私小説といわれる純文学の源流になっている。 要するに、日本の純文学はヨーロッパの自然主義文学の誤解から始まったわけですよ。 そうして始まった日本の自然主義文学が、はたしてどれほど深く自分の内面を見つめていい作品を生み出せたか考えると、ぼくは首を傾げざるを得ない。 せいぜい自分の教え子の座っていた座布団に顔を押しつけて泣くぐらいの話でね(笑)。 あれは、キリスト教的な束縛を儒教的な道徳観に変えてみたらこうなりましたという、田山花袋の提示なんです。 その後、日本の自然主義文学運動は志賀直哉を代表とする白樺派が中心となってリードしていくのだけれど、白樺派というのは、当時の貴種の子息たちだから、当然、その悩みも貴種独特の悩みなわけです。 ぼくのような庶民の人間にはそれがほとんど理解できない。 逆に、ぼくがもっともよく理解できたのはプロレタリア小説なんですよ。 つまり、思想的なこととは関係なしに、プロレタリア文学には貧困とか病気といった人間の普遍的な悩みが描かれているので、これこそがよき文学である、と。 ですから、若い時分、自分が将来小説を書いていくとしたら、プロレタリア文学を基礎にして、その上に谷崎潤一郎の絢爛豪華なうそ話を咲かせてみたいというのが自分の小説家としての設計図だったんです。 いささか遠回りしましたけれど、戦争文学もまた、プロレタリア文学と同じく、国民の普遍的な悩みを描いている文学だということです。 そうです。 国民皆兵制度によって、軍隊に入れば、基本的にはどんな貧乏人でもどんな金持ちでも同じ扱いをされる。 そういう意味では、軍隊というのは大変公平な世界で、それゆえ、戦争文学として表現されたものには普遍性がある。 金持ちが書いても、貧乏な人が書いても、まったく公平な文学的価値を有するところに、戦争文学の普遍性があり、その価値はいまでも見出すことができる。 ぼくが戦争の小説を書くことで踏襲していきたいと思っているのは、その普遍的な形であって、別段戦争を語り継ぎたいわけではないんです。 だが、ゆえなく死んで行った何百万人もの兵隊と自分たちの間には、たしかな血脈があった。 /ジャングルの中や船艙(ふなぐら)の底や、凍土の下に埋もれていった日本人を、外国人のように考えていた自分が、情けなくてならなかった」とあります。 ぼくは、自衛隊にいたときにずっとそのことを考え続けていました。 おれたち自衛隊員とかつての日本軍の兵隊とは全然違うものなのか、いや、そうじゃない、きっとつながっているのだろう、ということを。 いまの日本人は、昭和二十年八月十五日でいったん線を引いて、それ以前はよその国のよその時代みたいな感覚で捉えていると思うんですよ。 ぼく自身もそういう教育を受けてきましたから、やはりそれ以前と以後とでは、善と悪みたいなきっぱりとした分け方をしていた。 ところが自衛隊に入ってからは、それほどはっきり分けられるものではない、やはりつながっている、と考えるようになったんですね。 この本の中の「夜の遊園地」の主人公の大学生は線引きをした典型例で、戦死した自分の父親までをも線引きしてしまった。 ところが無理矢理線引きしたものだから、自分のアイデンティティーの不確かさを抱えてしまう。 あの作品は、そういう彼が自己を発見していく物語なんです。 それ以前のいわゆる「戦争文学」とは大きく違って、一種の群像劇といえるようなダイナミックな物語になっています。 今回の『帰郷』もまた、短編ならではのきらきらした断片が織りあわされて、独特の雰囲気が醸し出されています。 戦争小説を書きながらしみじみ思うのは、ぼくらの前の時代の戦争文学を書いた人たちにはいろんな制限があったということです。 むろん、制限されているからこそ、その方法でしか表現できない利点もある。 では、戦後生まれのぼくたちが、彼らに比べてどんな利点があるかといえば、それは「自由」なんです。 戦争というものを固定化せずに、自由にいろいろなことを考えながら書いていける。 それが強みなんですよ。 最後の「無言歌」などは、その典型例ですね。 あれを書きながら、彼ら二人の背景にBGMが流れているとしたら、どんな曲が適しているのだろうと考えたときに、パッと浮かんだのがチャップリンの『モダン・タイムス』(一九三六)のテーマ曲として有名な「スマイル」なんですよ。 「スマイル」はいろんな人がカバーしていて、いろんなヴァージョンがあるんだけれど、ぼくが最後に行き当たったのがマイケル・ジャクソンの「スマイル」。 これはすばらしい。 だから、そうとは書いていないけれど、「無言歌」の潜水艦の中で流れているのは、実は、その六十年ほど後にカバーされたマイケル・ジャクソンの「スマイル」なんですよ。 こうした自由さをもって書くことは、さすがに前の時代の作家にはできなかっただろうと思います。 四十代で二親が死ぬ。 五十代で一緒に住んでいた家内の母が死ぬ。 それから、その間に友人が年に一人や二人は死んでいきました。 平均寿命まで生きられるというのは大きな間違いです。 人の生き死にはそうしたものと関係なしにやってくる。 そうした中で死生観が育っていくわけで、ひと言でいうなら、死というものが年齢を経るごとに現実味を帯びてくる。 そうやって自分の中で死生観が育っていって、定着していく。 そこで考えたのが、戦争で死ぬ人の多くは若い人だということです。 ただ、悲しいことに、若い人は死ぬのが怖くない。 自分の十九、二十歳のときを振り返ると、自衛隊の訓練は非常にきつかったから、死ぬんじゃないかと思ったことが何度もあったけれども、それはそれでいいやぐらいに思っていた。 それはまだ自分の中に死生観が定まっていないからなんですね。 死に対する恐怖があったのは五歳とか六歳のころで、そこを脱出すると、あまり恐怖感はない。 ところが、五歳、六歳のころに感じていた恐怖感が五十を過ぎてふたたび出てきた。 そこで、死生観というのを自分で意識的に育てていったわけです。 たとえば、冒頭の「歸鄕」という小説は、ある男が戦争から帰ってきたら女房が弟と結婚していたという話で、実はこれはよくあるストーリーです。 ただそれはストーリーにすぎなくて、この話は、生と死の狭間で揺れている男女が、たまたまめぐり合い、その二人が互いの過去を語ることによって、生と死のどちらに振れていくかというスリリングな心情を描いたものなんです。 だから、あえて女性のほうの過去には深くは触れてはいない。 もし、女性のほうにも触れたらきっと長編小説になるでしょうね。 リアルさの点において、一番ものをいっているのは自衛隊体験だと思います。 ぼくが自衛隊に入ったのは戦後二十五年くらいのときで、そのころはまだ旧軍人が大勢在職中でした。 そのため、陸軍の用語が日常用語で残っていましたから、軍隊用語に関しては、それが基礎になっています。 もし入隊があと十年遅かったら大分雰囲気は違っていたでしょうね。 さきほどの不寝番の制度も、立っている時間とか、何時に交代してという服務令に関しては、旧軍時代とぼくらがいた頃の自衛隊とまったく同じなんです。 ただし、現在は不寝番の制度は廃止になっている。 たとえば、資料を求めて軍事関係のものを扱っている神田の古書店に行くでしょう。 そうすると、いつも不思議に思うんだけど、そこには結構な数の軍事マニアがいる。 彼らは何かを勉強したり、調べたりしにやってきているのではなくて、ほとんどが純然たる興味で戦争のことを知りたがっている。 もちろん、そういう関心はいつの時代にも一定数あるものだとは思う。 その一方で、戦争文学のあり方が、将来どのように変形していくかは不可測かもしれない。 少なくともぼくらの世代は、直接の戦争体験はしていないけれど、父親が軍人であったり、母親が工場に勤労動員に行ったりした世代ですから、ある程度の戦争の実感がある。 それをベースにして勉強してきたわけですね。 ところが、ぼくより十歳下がったら多分そういったきっかけはなくなる。 ただ救いなのは、いま近代史を専門としている学者が、ぼくらが教わった歴史の先生たちに比べると非常にいい仕事をしていることです。 というのは、昔の学者は自分が戦争の実体験があるからどうしても心情的になるし、客観性が損なわれているところがある。 しかし、ぼくらと同世代あるいはその下の世代の人たちの書いた本には、そうした主観的な心情や思想を免れているから、実に客観的で実証的で、とてもいい成果が出てきている。 あれが出たときには、満州国をこういう見方をする人があらわれたんだと衝撃的でした。 今後、そういう客観的な研究がベースになるのは、続く世代が小説を書いていく上でも、とてもいいことだと思います。 冒頭に、この小説集に特段の政治的な問題は置いていないということでしたが、それでも現在こうした小説を出すことは否応なく時代とのかかわりが出てくると思いますが。 はっきりいって、この本は、戦争小説集というより反戦小説集です。 ただ、反戦という言葉は、実は不毛な言葉なんですね。 戦争に賛成すること自体がおかしいわけですから。 ところが、戦争は歴然としてある。 では、戦争の正体は何かといったら、突き詰めていけば、動物の闘争本能が進化しただけのものなんです。 放っておきゃ犬でも猫でもけんかする、ありんこでもね。 すなわち、戦争をすることは、本来、人間が長い年月をかけて培ってきた知性を放棄することなんですね。 だから、反戦という言葉は不毛ではあるけれども、人間的ではないとの立場から常に戦争を否定していかなければならない。 そのために何よりも必要なのは想像力だと思います。 そして、想像力を涵養(かんよう)するのにもっとも有効なものは小説を読むことです。 特に若いうちに小説を読んでいないと、想像だけでなく、創造することもできない。 若い世代の人たちにも是非この本を読んでいただいて、想像力と創造力を大いに涵養して欲しいものですね。 聞き手・構成=増子信一 「青春と読書」2016年7月号に掲載.

次の