ニュー イヤー コンサート 2020。 2020ニューイヤーコンサート

2020ニューイヤーコンサート

ニュー イヤー コンサート 2020

新たな年を寿ぐ、ウィーン・フィルの華麗なワルツとポルカ。 21世紀の指揮者道を邁進するネルソンスが、ニューイヤー・コンサート初登場。 毎年1月1日に行なわれるウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート。 クラシック音楽の中でも最も有名で、ウィーンの誇る黄金のムジークフェラインザールからTVとラジオを通じて世界90カ国以上に放送され、5億人が視聴するというビッグ・イベント。 1939年に始まる75年以上の歴史を誇るこのコンサートでは、音楽の都ウィーンを象徴するシュトラウス一家のワルツやポルカが演奏され、その高額のチケットは世界一入手困難と言われています。 2020年は、ボストン響音楽監督、ゲヴァントハウス管楽長を兼任するアンドリス・ネルソンスが初登場。 ウィーン・フィルとは2010年10月にモーツァルト:交響曲第33番、ドヴォルザーク「新世界より」他で初共演して以来、すでに80回近く共演を重ねており、数少ないウィーン・フィルの定期公演の常連指揮者の一人となっています。 日本公演も含む海外ツアーやザルツブルク音楽祭にも出演し、2017~19年にはベートーヴェンの交響曲全曲を演奏・録音し、さらに記念イヤーのベートーヴェン・チクルスを任されるなど、厚い信頼を寄せられているネルソンスが、新たな時代のウィンナ・ワルツとポルカを華麗に、かつ鮮烈に紡ぎ出します。 演奏曲目は、定番の「美しく青きドナウ」「ラデツキー行進曲」などに加えて、生誕250年のベートーヴェン、没後150年のヨーゼフ・シュトラウスなど、2020年のさまざまなアニヴァーサリーなどテーマ性を織り込んだ多彩な作品で構成され、しかも同コンサート初登場が9曲と新鮮味十分です。 鮮明な映像と音声は、たくさんの花で美しく彩られたウィーン・ムジークフェラインの黄金のホールで繰り広げられる音楽の饗宴を生々しく楽しむ贅沢を与えてくれます。 <アンドリス・ネルソンス> 1978年ラトビア・リガ生まれ。 音楽家の両親のもと、幼少期よりピアノ、トランペット、声楽を学び、数多くの賞を受賞。 ラトビア国立歌劇場のトランペット奏者を経て、マリス・ヤンソンスらに師事。 ラトビア国立歌劇場、英国バーミンガム市響の首席指揮者を歴任し、現在は米国ボストン響音楽監督、独ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管楽長。 オペラ指揮者としての手腕も評価されている。 ポルカ「花祭り」 作品111 ヨハン・シュトラウス2世 5. ワルツ「シトロンの花咲く国」 作品364 ヨハン・シュトラウス2世 6. オペレッタ「軽騎兵」 序曲 スッペ 8. ワルツ「もろびと手をとり」 作品443 ヨハン・シュトラウス2世 10. ワルツ「楽しめ人生を」 作品340 ヨハン・シュトラウス2世 15. トリッチ・トラッチ・ポルカ 作品214 ヨハン・シュトラウス2世 16. 【演奏】 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 指揮:アンドリス・ネルソンス 【録音】 2020年1月1日、ウィーン、ムジークフェラインザールでのライヴ・レコーディング.

次の

2020年のウィーン・フィルのニューイヤー・コンサート、収録後わずか10日にして、本日全曲配信スタート

ニュー イヤー コンサート 2020

ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団• ニューイヤーコンサート• ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のオーケストラアカデミー• 音楽教育 passwort:klassik• 音楽後継者の養成• ウィーン・フィル舞踏会• メディア・ポータルサイト• New Year's Concert 2020• The 2020 New Year's Concert under Andris Nelsons can be now be pre-ordered as CD, DVD, Blu-ray or LP at the Vienna Philharmonic Webshop. Born in Riga in 1978 into a family of musicians, Andris Nelsons began his career as a trumpeter in the Latvian National Opera Orchestra before studying conducting. He was Music Director of the City of Birmingham Symphony Orchestra from 2008-2015, Principal Conductor of the Nordwestdeutsche Philharmonie in Herford, Germany 2006-2009 and Music Director of the Latvian National Opera 2003-2007. This season, the BSO and Nelsons embark on a major tour throughout Asia, giving their first concerts together in Seoul, Taipei, Hong Kong and Shanghai. Vienna Philharmonic Over the past several years, Andris Nelsons also conducted the Vienna Philharmonic in Subscription Concerts in Vienna as well as on tour in Europe, North America and Asia. Recordings Andris Nelsons has an exclusive recording relationship with Deutsche Grammophon, which has paved the way for three landmark projects. Nelsons and the BSO partner on recording the complete Shostakovich symphonies and the opera Lady Macbeth of the Mtensk District. The fourth and most recent instalment was released in February 2019. Each of the first three releases of the cycle have received Grammy Awards for Best Orchestral Performance, the third additionally winning in the Best Engineered Album, Classical category. Nelsons and the yellow label also have embarked upon a critically acclaimed project with the Gewandhausorchester that sheds new light on the symphonies of Bruckner, and pairs these distinctive symphonic pieces with works by Wagner. The most recent instalment was released in May 2019. When Andris Nelsons raises his baton for the New Year's Concert on January 1, 2020, it will mark the first time that he has conducted this prestigious concert. The partnership between the Vienna Philharmonic and the Vienna City Gardens for the floral arrangements throughout the Golden Hall of the Vienna Musikverein, has been in place since 2015. Once again this year, to the delight of concertgoers and viewers of the television broadcast around the world, the Vienna City Gardens, along with the Austrian gardeners and florists, will produce the arrangements which light up the Golden Hall in a resplendent sea of blossoming floral color. Philharmonic Version of the Radetzky March Johann Strauss' Radetzky March, op. 228, was first performed in a Vienna Philharmonic New Year's Concert on January 1, 1946. Josef Krips was the conductor, and according to a memorandum in the Vienna Philharmonic archives, the march was performed before the Blue Danube Waltz as a first encore.

次の

ニューイヤー・コンサート2020 アンドリス・ネルソンス&ウィーン・フィル(2CD) : New Year's Concert

ニュー イヤー コンサート 2020

NHK番組表・トップページ 東京の番組表 トップページ このサイトはラジオとテレビの1週間先までの番組表と、過去8日分の番組表をご覧になることができます。 このページでは、お知らせ情報、おすすめ情報、番組表を見るためのナビゲーション(チャンネルの選択、ジャンルの選択、地域の選択)を提供しています。 お知らせ: このインターネット番組表は各チャンネルの1週間先までの番組表がご覧になれます。 内容が表示されてないものは、まだ詳細が決定されていない番組です。 もう少しお待ちください。 NHK番組表の使い方については[]をご覧ください。 ラジオまたはテレビを対象として、番組をジャンルで検索することができます。 総合と、Eテレで放送している番組の内容は、地域によって異なる場合があります。 このサイトで提供している機能、各ページの説明、ブックマークの付け方、以上3つについての説明が記載されています。 番組は緊急ニュースなどにより、放送時間や内容が変更になることがありますのでご注意ください。 この番組表の私的な利用以外は、NHKの許諾が必要です。

次の