ソフトバンク 機種変更。 ソフトバンクユーザー必見!機種変更で得する裏技教えちゃいます!|虹色スパイス

ソフトバンクで機種変更を2年以上経ってからすると損する?得する?

ソフトバンク 機種変更

トップ画像引用元: 契約から2年以上経ってからの機種変更なら損を防げる 結論から言ってしまうと、2年以上経ってから機種変更しても、基本的に得になることはありません。 また一方で、大きく不利益になることもありません。 つまり、 得も損もしないということです。 2年以上契約し続けたことで、何かしらのキャッシュバックや割引が発生すれば得になるのですが、ソフトバンクにはそのようなものは用意されていません。 2年以内の機種変更には要注意 ソフトバンクのみならず、大手キャリアでは2年以内に機種変更をしてしまうと、損になる可能性が非常に高くなります。 では、なぜ2年以内の機種変更は損につながるのでしょうか?その仕組みについて詳しく解説していきます。 2年以内の機種変更で損をするケースとは? 2年以内の機種変更で損をする可能性があるのは、 携帯電話の機種代金に対する割引サービスを利用している場合です。 具体的には、以下の割引サービスが該当します。 月月割• 半額サポート 現代のスマホは本体価格が10万円を超えるものも珍しくないため、これらの割引サービスを利用している方も多いと思います。 では、なぜ2年以内の機種変更で損をするのかについて見ていきましょう。 月月割は解約した時点で割引がなくなる 月月割は、契約の2ヶ月目~25ヶ月目までの間、機種代金を一定額割引してくれるサービスです。 割引額は機種によって異なりますが、多いもので半額以上割引してくれる場合もあります。 この月月割は、2019年1月31日に新規受付を終了しているのですが、それ以前に適用したものは終了まで有効なので、現在も利用されている方は多いはずです。 では、なぜこの月月割が損に繋がるのでしょうか。 それは、 月月割を途中で解約すると、その月以降の割引が効かなくなってしまうからです。 実際に損をするのはどのくらい? ここではiPhone XS(64GB)を月月割で購入し、14ヶ月目で機種変更した場合の残債の変化を見ていきます。 iPhone XSの本体価格は136,800円。 24回払いにすると、月の支払いは5,700円になります。 これに月月割を適用すると、月の支払いはなんと2,250円に。 通常時と比べると 月額で3,450円も安くなるのですから、非常にお得な割引サービスと言えるでしょう。 しかし、これがかえって災いとなるのです。 14ヶ月目で機種変更した場合の残債は以下のとおりです。 14ヶ月目に機種変更したこと以外は、何も条件を変えていません。 それにもかかわらず、4万円以上もの追加費用が発生してしまうのです。 このように月月割を適用していると、2年以内の機種変更で大きな追加費用が発生してしまいます。 これはできる限り避けたいですよね。 半額サポートの期間中なら機種変更はNG 画像引用元: ソフトバンクのもう1つの機種代金割引サービスである「半額サポート」。 その名のとおり、 機種代金が半額になるという非常に嬉しいサービスです。 月月割とは異なり、半額サポートでは機種に関係なく機種代金が実質半額になります。 よって、話題の新機種であっても、半額サポートの対象にさえなっていれば半額で購入できるということです。 日本で高い人気を誇るiPhoneの新機種も対象に含まれているので、半額サポートを利用してiPhoneを購入した方も多いでしょう。 しかし、 本サービスを利用している場合は、絶対に2年以内に機種変更をしてはいけません。 なぜなら、半額サポートの特典利用条件が以下のようになっているからです。 対象機種を24ヶ月利用後、25ヶ月目以降に「半額サポート」「機種変更先取りプログラム」いずれかの指定機種に機種変更すること• 機種変更の翌月末までに、加入時に購入した機種を査定完了し、ソフトバンクに回収してもらうこと。 その際、ソフトバンク指定の回収条件を満たすこと 2年以内に機種変更をするということは、1つ目の条件に違反することになります。 つまり、2年以内に機種変更するだけで、半額サポートの「機種代金を実質半額にする」という特典はなくなり、 機種代金を全額支払うことになってしまうのです。 月月割は機種変更をした月から割引がなくなりますが、半額サポートの場合はすべての割引がなくなります。 半額サポートを途中解約したあとの残債は非常に高い! iPhone XS(64GB)を契約から14ヶ月目に解約した場合の残債を計算してみました。 そして、特典利用条件を満たせば、26ヶ月目以降の支払いが免除となり、実質半額となる仕組みです。 しかし、2年以内に機種変更してしまうと、特典利用条件を満たせなくなるため、支払いは49ヶ月目まで続きます。 その結果、総額68,400円と非常に高額な追加費用が必要になってしまうのです。 48回払い、つまり支払いに4年間かかるということですから、中途の機種変更により、月額料金を払う期間が2年追加されることになります。 この点も精神的に良くないですよね。 よって、 半額サポートを利用している場合は、特段の理由がない限り、2年以内の機種変更は諦めた方が賢明です。 機種変更に2年契約や解約金は関係ない? ソフトバンクに限らず、携帯電話の契約ではもはやお馴染みの「解約金」。 更新月以外に解約してしまうと、この約1万円の解約金がかかってしまいます。 この解約金があるからこそ、「携帯電話の契約は2年」というイメージが定着したとも言えますね。 しかし、解約金はそのキャリアとの契約を「解約」するときにかかるものです。 よって、 機種変更には関係ありません。 月月割や半額サポートの利用期間には注意しなければいけませんが、更新月に関しては特に気にする必要はないということです。 次の章では、契約から2年以上経過した後の機種変更で、発生する恐れのある追加費用について解説していきます。 機種変更の時期に関係なく損するケースもある 前のページでは、「機種代金に対する割引を利用している場合は損をする恐れがある」ということについて解説してきました。 しかし、それ以外にも損をするケースがあるのです。 月月割や半額サポートに比べれば少額ではありますが、それでも防げるものは防ぎたいですよね。 仕組みさえわかってしまえば簡単に損を防げるものばかりです。 機種変更を考えている方は、これからご紹介するポイントに気を付けてくださいね。 プランの月額料金は基本的に満額!日割り計算はなし! これはソフトバンクに限らず、他の大手キャリアでも同じことなのですが、プランの月額料金は基本的に日割り計算できません。 例えば、8月3日に機種変更したとしても、これまで使用していた携帯電話の8月請求分は満額請求されてしまいます。 また当然ながら、機種変更後の新しい携帯電話の8月請求分も発生しますので、 機種変更した月は2台分の月額料金がかかることになるのです。 しかし、これには解決策があります。 請求締め日の翌日に機種変更すれば良いのです。 そうすれば旧携帯電話の月額料金はかかりません。 先程の例でいえば、8月1日に機種変更した場合、旧携帯電話の月額料金は7月分までで済み、8月分は新携帯電話の月額料金のみ請求されることになります。 ソフトバンクは請求締め日の制度が独特! ソフトバンクでは請求締め日に注意してください。 ドコモやauのほか、多くの格安SIMでは請求締め日を「月末日」に設定しています。 ところが、 ソフトバンクの請求締め日は月末日とは限りません。 以下3パターンが存在するのです。 契約から2年以上経過した後の機種変更では、得はないが大きな損を防ぐことはできる• 2年以内の機種変更では、月月割もしくは半額サポートを適用している場合、数万円以上の損になることも。 よって、おすすめできない• 2年以上経過した後の機種変更でも、月額料金は日割り計算にならない。 機種変更のタイミングには注意が必要 簡単にまとめると、 機種変更は契約から2年以上経ってからした方が大きな損を防げる、ということです。 ただし、2年が経過していても、締め日の存在は忘れないようにしましょう。 締め日の翌日以外に機種変更した場合、新・旧2台分の月額料金を請求されてしまいます。 最近のスマホは10万円を超えるものも多く、ほとんどのユーザーが割引サービスを利用しているはずです。 2年以内の機種変更にはくれぐれも気を付けましょう。

次の

ソフトバンクのおすすめスマホ 10機種比較ランキング【2020年7月】

ソフトバンク 機種変更

ソフトバンクで機種変更を行う際には 本人確認書類は勿論のこと 家族や会社、未成年など その使用状況によって 必要なものは異なってきます。 手続き上どうしても 書類を用意しなくては機種変更を 行えない事もあり その時にいざ準備をしようとしても 慌ててしまい 手間取ってしまう事も あるのではないですか? またもう1つ機種変更をする場合、 気になるのが 手続きを終え新しい機種を 手にするまでに費やす時間で、 その時の様々な状況によって 早くても1時間前後はかかり、 下手をすると 1日を費やしてしまう事もあります。 スマートフォンでは 機種を受け取ってから データ移行や設定を 行う必要があり それを全て終えるまで なんとも落ち着かない 気持ちになりますよね。 そんな 機種変更を ソフトバンクで行う場合、 必要なものはどういったものなのか? そして出来るだけスムーズに 機種変更を行うにはどうすればいいのか? それぞれの場面で 分かりやすく道案内したいと思います。 ソフトバンクの機種変更で必要なもの!パターン別に紹介 ソフトバンクで 機種変更する場合の パターンを四種類に大別し、 それぞれで必要なものや 方法を明記し、 機種変更を行う際に 出来るだけ簡単に よりスムーズに行えるように 分かりやすく 解説していきたいと思います。 本人が機種変更する場合の必要なものとは ここで紹介する本人とは、 成人した本人確認書類を 提出できる方をさしています。 本人確認書類と合わせて必要なものが ・ 使用中の携帯電話 ・ 印鑑 本人である場合には、 印鑑の代わりにサインでもOKです。 以上が本人が 機種変更を行う際に 必要なものです。 未成年が機種変更する場合とは!親の同意書が必要なの? 未成年である場合同意書は必要です。 ソフトバンクには 手続きを簡単に出来、指定したショップで 未成年でも単独で安心して契約できる どこでも同意書という特許出願済みの 簡略化したシステムがあります。 オンライン上で作成出来る同意書で、 同意者となる親権者・後見人・支払い名義人が 作成でき、 未成年者本人でも 作成する事ができます。 契約後の最終的な確認も 指定されたショップから電話連絡で 同意者が内容を確認出来る ようになっていて とても安心出来るシステムです。 どこでも同意書は オンラインや ソフトバンクショップで 同意者 保護者 でも 契約者本人 未成年 どちらでも 作成でき手続きは 指定されたソフトバンクショップでのみ 対応してくれるので、 わりとお手軽に 未成年であっても機種変更が 可能で安心してショップに任せられます! 家族まとめて機種変更したい!契約者以外でも委任状があればOK? ソフトバンクの機種変更で 家族まとめて 契約者以外の代理の人が 手続きをする場合、 委任状は必須です。 委任状を書く場合に、 契約者ご本人さまが 直筆にてご記入・押印ください。 (代理人欄も契約者記入)と 明記されているので、 代理人による書き込みは 受け付けてもらえない可能性が 高いので注意が必要です。 機種変更で 代理をOKにされているのは ご契約者の家族のみと 定義されていて それ以外は受け付けないように 定められています。 委任状はソフトバンクwebサイトに PDF形式のものと 手書きでの書き込み書式があるので そちらを参考にされると 割と簡単に作成できます。 その他の書類に関しては 必要不可欠で、 法人で手続きをする場合には 支払い方法や 機種変更の機種をどうするかで 法人印の有無が異なり注意が必要です。 ソフトバンクの機種変更でかかる時間はどれくらい? いざ機種変更をしようと思い ショップに赴き 手続きをした場合、 新しい機種を受け取って 終わるまでに下手をすると 1日を簡単に 食いつぶしてしまう事もあります。 ショップに行った場合には、 その時の状況に 左右される要素が多々あり、 時間帯による ショップ店員の対応人数の違いや 新機種による混雑で待たされたりと 予期せぬ時間を 浪費してしまう事もあります。 そんな状況に陥らないためには どうすれば一番最善なのか 時間を浪費せずに済む方法、 事前予約について 次で説明したいと思います。 機種変更の待ち時間を短くしたい!事前予約するべき? ショップに行って 予測できない時間を浪費せず ある程度計算ができる 機種変更を行うには、 ソフトバンクショップの 事前予約をする事をオススメします。 ある程度の情報が 対応するショップに伝わり、 機種変更も割とスムーズに行え、 時間的負担も最小限にして 余分な体力を消費せず、 機種変更におけるデータ移行や 設定などに割ける時間的余裕を 作ることができます。 電話やネット検索で 行きたいソフトバンクショップに 連絡すれば混雑状況によって 予約ができる時間が検索でき 都合の合う時間を おさえる事ができるので ぜひ事前予約をオススメします。 オンラインでの受付は24hですが、 問い合わせの受付や 審査の対応は 9:00〜21:00までで あくまでオンライン上で ひととおりの機種変更手続きを 済ませておき、 その後指定の場所に 新しい機種が 送られてくる段取りとなります。 好きな時に機種変更できる!オンラインの24時間受付がおすすめ オンラインを使っての機種変更は 24h対応しているのが魅力で、 比較的プランや機種が決まっていて、 迷いがない人にオススメしたい手段です。 比較的簡単に出来、 案内に従って手続きを済ませれば良く、 スムーズに機種変更を 行えるのが利点で 待ち時間を気にする必要もありません。 ただ即日、新しい機種を 手にすることは出来ませんが 煩わしさを感じる手続きは 済ませる事が出来るので、 待ち時間が気になる方や、 ある程度欲しい機種が決まっている方は 利用されると便利な手続き方法です。 人気機種で在庫を 確認するのにもうってつけで、 入荷を待つ手段としても オンラインショップをおススメします。 こちらでは心に決めたiPhoneを 機種変更するならオンラインをオススメする そのメリットとデメリットを解説しています! キャリア店舗でiPhoneを機種変更した場合の 契約方法を決めかねているなら、 この記事を参考にしてみてはいかがですか? いまいち理解出来ず不安を覚えるならこの記事を読むと安心です。 こちらでは、 ソフトバンクでiPhoneへの機種変更で 踏むべき段階を分かりやすく解説しています。 ソフトバンクで機種変更したい!どのタイミングがベストなの? 時期的には携帯のキャリアの中で キャンペーンを iPhoneの発表がある 比較的秋口に設定しているのが ソフトバンクの特徴で、 携帯の機種変更の 狙い目のシーズンと言えます。 それともう1つ 気を付けておくべきタイミングは、 2年ごとに来る 更新月との兼ね合いです。 この更新月を逃すと 一定の解除料がかかり 余分な出費となってしまいます。 更新月は マイソフトバンクや ソフトバンクショップで 確認できるので、 ご自身の更新月を 念頭に入れておくと 機種変更のタイミングを しっかりと把握でき 無駄に出費を増やさずに 機種変更できるので 一度確認する事をオススメします。 まとめ 機種変更と一言で言っても、 それぞれのシチュエーションで 用意すべき必要なものから 手続きまで 多少異なってきます。 出来るだけ時間をかけず、 スムーズに手続きを 済ませようとする場合、 事前に準備をするだけで 余分な時間を浪費せずにすみ 新しい機種を 手にする時間も早くできます。 スマートフォンが主流になってから、 機種変更で 本体を手にして その後に割く時間が ガラケー時代に比べ多くかかり、 データを確認するだけでも ひと作業しなければいけません。 機種変更を 一連で一通り終わらせるのに 出来るだけ労力を最小限に抑え、 納得のいくプランで契約し、 狙った機種で機種変更を終えるには、 手続きをする前に プランや機種をある程度決め、 疑問がある場合には ソフトバンクショップへ、 全て決まっている場合は オンラインショップへ 適材適所での手続きをオススメします。 新型iPhoneや 2年縛りに関する詳しい事が 知りたいあなたは 当サイトの詳細に説明した記事を ご参照ください必見です!.

次の

スマホ機種変更でアプリを確実に引き継ぐための2ステップ【iPhone・Android対応】

ソフトバンク 機種変更

ソフトバンクのおすすめ機種 1位:iPhone SE 第2世代 ソフトバンクでも iPhone SE 第2世代 が発売中です。 私も購入しましたが、高性能な割に価格が安く非常におすすめです。 7インチとコンパクトで、iPhone7や8のケースやフィルムも流用できます。 顔認証がなく指紋認証だけですが、マスクをしていることが多い現在ではこちらのほうが便利かもしれません。 シングルレンズカメラながらポートレートモードも搭載し、4K動画の撮影も可能です。 もちろん 防水や Felica(おサイフケータイ)にも対応しています。 カメラ性能はiPhone11などに比べると落ちますが、この価格でこの性能はかなりお買い得です。 iPhone11やiPhone XR・XSユーザーは買い直す必要はないかもしれませんが、 iPhone7までの機種を使っている方はぜひ買い替えましょう。 <端末代金>• 64GB:28,800円~• 128GB:32,040円~• 待望のコンパクト機種• 11Proと同じ高性能CPU• 価格が非常に安い• ポートレート・4K動画撮影可能• ホームボタン・指紋認証が復活• 防水・おサイフケータイ搭載• カメラはシングルレンズ• 顔認証なし• 発売から時期が経過しましたが、今でも一番おすすめです。 AQUOS sense3 plusよりも15,000円ほど安く、性能も高いです。 おサイフケータイにも対応しており、カメラ性能もPixel 3とほとんど違いがないです。 防水性能がPixel 3に比べて落ちるなど廉価版らしいところもありますが、価格差ほどの差はありません。 Pixel 3aとPixel 3a XLはサイズの違いのみですので、好みで選んで構いません。 ただし価格がかなり違うので注意してください。 Android端末を買うならPixel 3aまたはPixel 3a XLが断然おすすめです。 <端末価格>• Pixel 3a:36,720円• Google純正のスマホ• Pixel 3の半額程度で買える• 大きな性能差なし• おサイフケータイ対応• 全キャリアの回線に対応• 防水性能はPixel 3より落ちる• 端末価格が非常に安く、26,000円ちょっとで購入できます。 価格の安さが最大の魅力ですが、 カメラはレンズが2つあるデュアルレンズで一眼レフのようなポートレート撮影も可能です。 CPUはSnapdragon450なので高性能とは言えませんが、普段使いには十分でしょう。 防水・防塵はもちろん、 耐衝撃も特徴で故障しにくいのがあんしんです。 おサイフケータイも搭載しています。 ただし、 ワンセグや指紋認証には非対応なので注意してください。 一括26,640円の低価格スマホ• 普段使いに十分な性能• 富士通製で安心の国産スマホ• 防水・防塵・耐衝撃• おサイフケータイ対応• デュアルレンズカメラ搭載• 性能は最低限• 指紋認証・ワンセグなし• 他社で発売されているAQUOS sense3より高性能なモデルです。 AQUOS sense3はSnapdragon630、メモリーRAMは4GBですが、 AQUOS sense3 plusはSnapdragon636、メモリーRAMは6GBです。 個人的には、性能の割に少々価格が高い気がします。 もう少し価格が下がるまで待ったほうがよいかもしれません。 <端末代金>• 安心の国産スマホ• Snapdragon636+6GBのRAM• AI搭載カメラ• おサイフケータイ・防水対応• オーディオも進化• 0インチの大画面• 性能の割に価格が高い? 価格の安いiPhone SE 第2世代 が発売されましたが、カメラにこだわる方・大きな画面が良い方(動画をよく見る・ゲームをする)方はiPhone11にしましょう。 iPhone 11のカメラはレンズが2つの デュアルレンズカメラで、 「超広角」「広角」カメラが搭載されています。 夜景での写真撮影に強く、動画は 4K動画も撮影可能です。 個人的に気になるのが、 iPhone 11は6. 1インチと本体サイズが大きい点です。 片手での操作はギリギリで、女性や手の小さい方は難しいでしょう。 本体サイズは5. 8インチのiPhone 11 Proの方が小さいです。 <端末代金>• 64GB:89,280円• 128GB:95,040円• 2019年最新のiPhone• 11 Proより価格が安い• デュアルレンズカメラ搭載• 超広角撮影も可、夜景にも強い• 最高峰A13 Bionic搭載• 本体カラーがカラフルで豊富• 性能は11 Proに劣る• 先に発売されたXperia 1 802SOとほぼ同じ性能で、Snapdragon855、21:9の縦長画面、トリプルレンズカメラを搭載した Xperiaのハイスペック機種です。 もちろんおサイフケータイや防水・防塵にも対応しており、最近では少なくなったフルセグにも対応しています。 価格が高いのがネックでしたが、先日1. 5万円ほど値下げされました。 Androidのハイスペック機種ならこの機種がおすすめです。 <端末代金>• 有機ELの21:9縦長画面• ゲーム・動画視聴に最適• 高性能トリプルレンズカメラ• 最高峰Snapdragon855• 長寿命バッテリー• Xperiaの最新機種• 縦長画面に違和感あり?• SHARPが誇るハイスペックスマホで、 本体の軽さが最大の特徴です。 6インチ以上で防水対応のスマホでは 世界最軽量の141gしかなく、わたしも本体を持ちましたがモック(展示用のダミー品)かと思うほど軽かったです。 しかし、搭載CPUは 最新のSnapdragon855と超ハイスペック。 ディスプレイは 6. 4インチの有機ELディスプレイで、 おサイフケータイも搭載しています。 スペック上は平凡ですね。 ただし、SHARPの最新の高画素センサーや画質エンジンを搭載しており、非常に美しい写真が撮影できます。 また、SHARPのスマホらしく、 防水・防塵・おサイフケータイ・指紋認証・顔認証と多機能なのも特徴です。 <端末代金>• 最高峰のSnapdragon855• 高負荷作業でも熱くならない• 超長持ちバッテリー• 141gと非常に軽い本体• 4インチ有機EL画面• 防水・防塵・おサイフ対応• カメラは平凡• iPhone 11 ProとiPhone 11 Pro Maxはディスプレイサイズくらいしか違いがないので、画面サイズで選んで良いでしょう。 iPhone 11 ProはiPhoneの最新フラッグシップスマホで、最先端の技術が詰まっています。 カメラは3つのレンズが搭載された トリプルレンズカメラで、超広角や望遠での撮影も可能です。 搭載CPUは最高峰の「 A13 Bionic」で、性能は申し分ありません。 ただし、 価格は非常に高いです。 また、iPhone 11 Pro Maxは本体サイズが大きいので、片手での操作は難しいでしょう。 iPhone 11 Proの性能は通常の使い方ならオーバースペックなので、価格の安いiPhoneSEやiPhone11を上位にしました。 しかし、「やっぱり最新のiPhoneがいい」という方は迷いなくiPhone 11 Proシリーズを購入しましょう。 <端末代金>• iPhone 11 Pro• 64GB:127,200円• 256GB:145,920円• 512GB:172,320円• iPhone 11 Pro Max• 64GB:142,560円• 256GB:161,760円• 最新・最先端のiPhone• トリプルレンズカメラ搭載• 超広角・望遠での撮影も可能• 最高峰A13 Bionic搭載• 価格はかなり高い• 人気のPixelシリーズの最新機種で、キャリアで買えるのはソフトバンクのみです。 最高峰のSnapdragon855を搭載し、メモリーRAMは6GBと超ハイスペックです。 また、最大の特徴はカメラです。 前作Pixel 3はシングルカメラでしたが、 Pixel 4はデュアルカメラが搭載されました。 特に夜景は非常に美しいです。 ただし、 指紋認証センサーが廃止され、顔認証しか無いのがネックです。 顔認証は高精度ですが、顔の前に端末を持ってこないとロック解除できないのが少々不便でした。 また、 バッテリーの持ちが良くないとの声も多いです。 価格が高い割に弱点も多く、個人的にはPixel 3aの方がおすすめです。 <端末代金>• 人気のPixelシリーズの最新機種• Snapdragon855+6GBのRAM• 夜景に強いデュアルカメラ• 防水・おサイフケータイ対応• ワイヤレス充電Qi対応• 顔認証のみ・指紋なし• AQUOS R3のディスプレイは 「Pro IGZO」で10億色の描写が可能です。 もちろん 搭載CPUは最高峰のSnapdragon855で、 メモリーRAMは6GBです。 アウトカメラはデュアルレンズですが、写真用と動画専用に分かれています。 AIにより動画を自動で加工したり動画内の写真に切り取ることができるため、 動画をよく撮影される方におすすめです。 もちろん おサイフケータイや 防水・防塵・ ワンセグ・フルセグに対応しています。 ワイヤレス充電や顔認証もOKです。 ただ2019年夏モデルの機種では若干地味な存在で、個人的にはやの方がおすすめです。 5Gエリアはかなり限られていて日常的には使えないからです。 5Gエリアが広がるには1~2年かかると思いますので、対応スマホを買うのもそれからで問題ないでしょう。 今スマホを買うなら比較的安価な4Gスマホを購入し、5Gスマホは次の機種変更タイミングで良いと思います。 詳細: ソフトバンクのおすすめスマホ購入は公式サイトで! 以上、 ソフトバンクのおすすめスマホランキングの紹介でした。

次の