ぽこ 太郎。 Discord読み上げBot「喋太郎」ご案内

ペットで稼ぐユーチューバー四天王【カワウソアティ】【柴犬モモ】【スコティッシュフォールドポムさん】【ぽこ太郎】

ぽこ 太郎

年齢確認 このページには18歳未満(高校生以下)の方に好ましくない内容が含まれる 可能性があります。 18歳未満(高校生以下)の方の閲覧を固くお断りいたします。 ご利用のブラウザはJavaScriptが無効になっている可能性があります。 ブラウザの設定を確認し、JavaScriptを有効にしてください。 ご利用のブラウザはjQueryが利用できない可能性があります。 ブラウザやセキュリティ対策ソフトの設定を見直してください。 ご利用のブラウザはCookieが無効になっている可能性があります。 ブラウザの設定を確認し、Cookieを有効にしてください。 現在表示中のページは小説家になろうグループの管轄ではない可能性があります。 アドレスバーを確認し、URLのドメイン部分が nl. syosetu. comである事を確認してください。

次の

ペットで稼ぐユーチューバー四天王【カワウソアティ】【柴犬モモ】【スコティッシュフォールドポムさん】【ぽこ太郎】

ぽこ 太郎

年齢確認 このページには18歳未満(高校生以下)の方に好ましくない内容が含まれる 可能性があります。 18歳未満(高校生以下)の方の閲覧を固くお断りいたします。 ご利用のブラウザはJavaScriptが無効になっている可能性があります。 ブラウザの設定を確認し、JavaScriptを有効にしてください。 ご利用のブラウザはjQueryが利用できない可能性があります。 ブラウザやセキュリティ対策ソフトの設定を見直してください。 ご利用のブラウザはCookieが無効になっている可能性があります。 ブラウザの設定を確認し、Cookieを有効にしてください。 現在表示中のページは小説家になろうグループの管轄ではない可能性があります。 アドレスバーを確認し、URLのドメイン部分が nl. syosetu. comである事を確認してください。

次の

スコスコぽこ太郎&うま次郎〜猫ちゃんねる〜|YouTubeランキング

ぽこ 太郎

ユーチューブ界で支持を集めているコンテンツは沢山存在する。 スポーツ試合分析 格闘技やサッカー 、大学生の日常動画、専門知識の共有 スーツ交通の鉄道、旅 海外旅、 、価値観 恋愛相談、人生相談 ざっと挙げてみるだけでこんなにも存在する。 その中でも、 ペット系ユーチューバーは最も参入障壁が低く、費用対効果が高いコンテンツだと私は考えた。 ペット系ユーチューバーの中には、自分のペットを撮り様々な企画を実践するで注目を浴びるユーチューバーも少なくない。 例を挙げて、紹介していこうと思う。 初めに紹介するのが、 白猫ポムさんである。 ポムさんという白猫の性格は、マイペースで大らか。 視聴者は「見ていて癒される。 」といったコメントを残す事が多い。 その特徴が顕著に表されているのが、上の動画である。 ポムさんと家族との関係、家族が外出している時のポムさんの様子が映し出され、猫を飼ったことがない人でも「 猫ってこんなかわいいのか。 」と思わせてくれるような作品となっている。 ちなみにポムさんの名前の由来は、フランス語で「リンゴ」は「Pomme ポム 」といい意味で、飼い主が直感的にこの子は「 ポム」だと思った事がきっかけである。 飼い主は大学生であるため、恐らく第二学国語がフランス語だったのだろう。 次に紹介するのが、カワウソ アティ。 カワウソというだけで、他のユーチューバーとの差別化を図れるだけでなく、企画が面白いのが、カワウソ アティ だ。 面白いと感じた企画を一つ挙げると、アティと共に飼い主がキャンプ場へ行き一日を過ごす企画だ。 視聴者側からすると、まさに の世界 サトシと といった感じを受ける。 人間とそれに使える動物 しかも希少種であるカワウソ が、自然の中でどう協力して、生活するのかに触れているこの作品は今後も注目を浴びていくだろう。 他のカワウソ系ユーチューバーは、 カワウソハナとコタロウ、 カワウソサクラが存在する。 前者は、カワウソをメスとオスで買っていて、後者はメスのカワウソをまさに彼女のように買っている不思議なコンテンツとなっている。 カワウソアティは、カワウソに関わる に関する内容まで扱っており、カワウソをこれから買っていたいという意向がある人にとっても有益なチャンネルとなっている。 3つ目に紹介するのが、柴犬 ハナ。 このチャンネルでは、飼い主 男性 が柴犬ハナをまさに娘のように育てている。 ユーチューバー内では柴犬というコンテンツは数多く存在し、まさに群雄割拠となっているが、その中でも柴犬ハナは他の追随を許さない作品だ。 投稿頻度が高く、人気を持続させるのが上手である。 また、特に目立った企画はせず、柴犬ハナの日常を映し出す動画には肩ひじ張った様子はなく、視聴者側てもほのぼのする作品となっている。 そして、として君臨するのが柴犬 モモである。 柴犬モモの投稿者はペット系ユーチューバー界の天才、表現力がずば抜けている。 このチャンネルの作成者は、1家族の女性である。 恐らく人気ユーチューバーのジョーブログやと比較しても収益は遜色ないと考えられる。 なぜなら、投稿頻度が高く、視聴数・動画数・登録者数が群を抜いているからである。 動画によって広告をつけたり、付けなかったりするものの、持続的に注目を浴びる作品を作成し続ける。 日本だけでなく海外からのファンが多く、中にはコメント欄が英語で埋まっている時も散見される。 柴犬ハナとは異なり、柴犬モモには投稿者の意向が色濃く反映されている。 夫が仕事で忙しく子供もいない事もあり、より一層柴犬ハナの事を孫娘のように扱い、その成長を深く喜ぶ姿。 柴犬モモと共にかった黒猫テンや空の存在など動画を見ているだけで飼い主の寂しさやペットに対する強い思いが感じられる。 ユーチューブの枠を超えた作品であり、この投稿者はまさに映画監督のようである。 最後に番外編。 今注目しているペット系ユーチューバー 「スコスコぽこ太郎〜猫ちゃんねる〜」 の2018年生まれ。 名前は「 ぽこ太郎」 失礼ながらこのネーミングセンスには、感動してしまった。 「ぽこ太郎」ってなんだよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 飼い主が「ぽこ太郎」を呼ぶ時、「ぽこ」とか「ぽこちゃん」なのである。 その度にどうしてもニヤニヤしてしまう視聴者の方は多いのではないだろうか。 2019年12月においてチャンネル登録者数は、驚異の7. 69万人。 他のユーチューバーの公表している収益を基におおよその収益を見積もると、60-80万程度の額が1か月に入ってくる計算になる。 ぽこ太郎は、一般のサラリーマンよりも日々稼いでいるのである。 なんかすごい悔しいwwwwwwwwwww まとめ このようにペット系ユーチューバー界には、様々なコンテンツが存在する。 犬や猫にとどまらず、中には カワウソといった希少種も存在し、ユーチューブ界はまさに 群雄割拠。 カワウソのように動物の珍しさで注目を集めるケースだけでなく、編集方法や企画力で勝負する事も求められる。 そんな中でも群を抜いて、活躍し、国内にとどまらず海外にもファンがいるチャンネルを紹介した。 白猫ポムさん、カワウソアティ、柴犬ハナ、柴犬モモ、ぽこ太郎、カワウソハナとコタロウ、カワウソさくら ぜひ、チャンネル登録の方よろしくお願いいたします。 rwandabox.

次の