ぺいぺい 支払い。 PayPayの使い方!銀行口座の登録、チャージ方法、支払いする方法について!

レジでびっくりするPayPayの決済音「ペイペイ♪」を鳴らさない方法

ぺいぺい 支払い

話題のPayPay(ペイペイ)とは? PayPay(ペイペイ)とは、ソフトバンクとヤフーが設立した「PayPay株式会社」が運営する、スマホを使って支払うサービスです。 PayPayに対応しているお店で、現金ではなくスマホのPayPayアプリで支払いができます。 PayPayはモバイルSuicaなどのように、スマホ端末がおサイフケータイの機能に対応している必要はなく、スマホにインストールしたアプリに表示されるQRコードやバーコードを使って決済をするため、だれでも手軽に利用することができるのが特徴です。 昨年からキャッシュバックキャンペーンを実施していることもあり、PayPayに興味がある方も多いのでは? でも「ダウンロードしてみたものの使用方法がよくわからないので使っていない」、「使ってみたいけどどこのお店で使えるのかわからない」といった方もいらっしゃると思います。 アプリのバージョンによって、記事内の画面と異なる場合があります。 PayPayのアカウント登録方法 まず、以下からアプリをダウンロードします。 ダウンロード後、アプリを開くとアカウント登録画面が表示されます。 ここで電話番号と任意のパスワードを入力し、「新規登録」をタップします。 Yahoo! JAPAN IDで登録する場合は画面下にある「Yahoo! JAPAN IDで新規登録」をタップして、Yahoo! JAPAN IDの入力画面へ進みます。 電話番号で登録した場合は、SMS認証画面が表示されます。 登録した電話番号にSMSで4桁の入力コードが送信されますので、その4桁の認証コードを入力すれば登録完了です。 Yahoo! JAPAN IDで登録する場合もYahoo! にログイン後、電話番号の入力を求められますので、電話番号を入力します。 その後は電話番号で登録した際と同じ手順でSMS認証を行えば登録完了です。 お金のチャージ方法は? PayPayではアカウント登録をすることで最初から500円がチャージされています。 そのため少額の買い物であればすぐに使うことができますが、足りなくなった場合は「PayPay残高」にチャージします。 PayPay残高へのチャージは、以下のどちらかから行います。 Yahoo! ウォレットの預金払い用口座に登録されている金融機関口座• 本人認証サービス(3Dセキュア)に登録済みのYahoo! JAPANカード• セブン銀行ATMで現金をチャージ PayPayから直接、銀行口座を登録することはできませんので、事前にYahoo! アカウントを取得し、「Yahoo! ウォレット」で銀行口座の登録をしておいてください。 Yahoo! JAPANカードを利用する方法 トップ画面の左上にある「三」をタップし、画面右上の「詳細を見る」を選択します。 プロフィール画面の一番下にある「Yahoo! JAPAN IDと連携する」をタップすると、Yahoo! のログイン画面に遷移しますので、そこで設定を行えば連携完了です。 銀行口座からのチャージ方法 Yahoo! ウォレットに登録した銀行口座からPayPay残高にチャージする方法は、以下の通りです。 するとチャージ金額入金画面に遷移しますので、ここでチャージしたい金額を入力し、「チャージする」を選択すればチャージ完了です。 尚、クレジットカードからのチャージは先述した本人認証サービス(3Dセキュア)に登録済みの「Yahoo! JAPANカード」からのみ可能となっています。 セブン銀行ATMから現金をチャージする方法 セブン銀行ATMから現金をチャージする方法は、以下のとおりです。 まず、セブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」をタップし、開始用のQRコードを表示します。 近くのセブン銀行はアプリ内「近くのお店」から検索できます。 次に、PayPayホーム画面にある「チャージ」をタップし、「セブン銀行ATM」を選択します。 QRコード読み取り画面になるので、ATMに表示されたQRコードを読み取りましょう。 PayPayアプリに表示される4桁の番号をATM画面に入力し、チャージしたい金額をATMに入金したらチャージ完了です。 セブン銀行ATMでのチャージでは、おつりが出ません。 また、アプリに4桁の番号が表示されて10分以内に手続きを完了させる必要があるので、注意してください。 決済方法と支払い方法 PayPayの決済方法は2種類あります。 スキャン払い…レジにあるQRコードを読み込み、支払い金額を入力し、店員さんに確認してもらう方法• コード支払い…バーコードを表示させ、店員さんに読み込んでもらう方法 どちらの決済になるかはお店によって変わりますので、支払いの際に確認をし、ホーム画面右下にある支払い方法のどちらかをタップして行います。 支払い方法は次の3種類から選択できます。 PayPay残高• Yahoo! マネー• クレジットカード PayPay残高は前述したようにYahoo! ウォレットに登録した銀行口座、もしくはYahoo! JAPANカードからチャージしておくことで支払います。 Yahoo! マネーはPayPayと連携したYahoo! ウォレットに登録した銀行口座、もしくはコンビニで、現金でチャージしておくことで支払います。 クレジットカードはPayPayに直接、登録をしたクレジットカードからの支払いです。 これはチャージではなく、通常のクレジットカードでの支払いと同じように後からの請求になります。 支払い方法の選択(コード支払いの場合)は、ホーム画面でコード支払いをタップし、お支払い方法から、お支払い方法の選択画面で選択をします。 PayPayが使える店舗を探す方法 いざ使おうと思っても使える店舗がわからなければ使うことはできません。 使える店舗を探すには、ホーム画面にある「全国のお店一覧」をタップします。 すると今いる場所の周辺地図にPayPayが使える店舗がアイコンで表示されます。 PayPayが使えるお店はどんどん拡大しており、「PayPay」マークがあるお店ならば支払いに利用できます。 コンビニ• スーパーマーケット• ドラッグストア• 飲食店• 出前・宅配・デリバリーサービス• 居酒屋• 家電量販店• アパレル• 百貨店• 雑貨店• レジャー施設• ホテル、旅行サイト このようにさまざまなお店で利用可能。 ここで書いた以外でも使えるお店が街中にたくさんあります。 PayPay残高の有効期限や利用明細確認方法 PayPay残高の有効期限は2年間 残高にまったく増減がないまま2年が過ぎてしまうとどんなに残高があってもすべてなくなってしまう上、戻すこともできませんので注意が必要です。 最終利用日はホーム画面下にある残高をタップすれば、残高画面の中央付近に表示されます。 また同じ画面で下にスクロールしていけば、これまで使った利用明細も確認できます。 PayPayならではの特徴、メリットは? PayPayには3つの大きなメリットがあります。 定期的にキャンペーンを開催 サービス開始当初は「20%還元キャンペーン」で注目を浴びるなど、定期的にお得なキャンペーンを積極的に行っています。 加盟店が多い 便利なキャッシュレス決済ですが、加盟店が少ないと使いどころがありません。 PayPayは使えるお店が多く、日常的に利用するにはおすすめの決済サービスといえます。 家族や友人間で送金ができる PayPayは、決済だけではなくPayPayユーザー同士でお金を送金し合うことができます。 たとえば、飲食店やカラオケなどを複数人で楽しんだあとのお会計で割り勘する際にも、金額を入力して相手のバーコードを読み取るだけで完了。 一円単位で送金できるので、不要なトラブルも避けられます。 銀行振込と同じ感覚で使える機能なので、仕送りなどに利用することもできます。 銀行やコンビニを利用して振り込むのに比べ、手数料がかからないため節約にもなるのが魅力的なポイント。 送金額には上限がありますが、回数制限はないため使い勝手の良い機能といえるでしょう。 普通に現金で支払うよりもおトクなキャッシュレス決済。 キャンペーンを実施しているタイミングで、ちょっと使ってみたいなと思われる方は、ダウンロードされてみてはいかがでしょう。

次の

PayPayが使えるお店

ぺいぺい 支払い

この記事の目次• QRコードって何?どんな仕組みなの? 従来のバーコードは横方向(1次元)にしか情報を持ちませんでしたが、QRコードには縦軸と横軸があり、平面(2次元)で情報を記録します。 QRコードは主に正方形の形をしていて、小さな四角形の「ドット」を配列することで文字や数字を表現しています。 この方式を用いることで、バーコードの数十倍~数百倍の情報量を扱うことが可能になり、数字だけでなく英字、漢字、記号など、あらゆるデータを格納することができるようになっています。 QRコードにはバージョン(種類)があります。 バージョン1は四角い白黒の点(セル)が縦と横に21ずつ配置されています。 バージョンが1つ上がるごとに縦と横に4セルずつ増やされ、格納できる情報量が増えていきます。 QRコードの情報は専用のQRコードリーダーのほか、スマートフォン(スマホ)などに搭載されたカメラの画像処理機能で読み取ることができます。 バーコードのようにレーザーセンサーを用意する必要がなく、スマホや携帯電話で誰でも利用できるため、急速に世界中に浸透していきました。 QRコードは日本で誕生しました。 開発元のデンソーウェーブ様にインタビューを行った記事もあるので、こちらもよろしければご覧ください。 QRコードの様々な使われ方 QRコードには様々な使われ方があります。 製造現場では作業指示書にQRコードを付けることで作業ごとの詳細な所要時間や工数を明確化させ、進捗管理に用いられています。 また医療現場では、薬や入院患者のリストバンド、看護師のIDを3点照合するなど、投薬管理や医療過誤の防止に使われています。 QRコードはビジネスの現場だけでなく、身近な生活の中でも活用されています。 例えばQRコードがチラシやポスターに載っていれば、スマホの読み取りアプリで簡単にWebサイトにアクセスできます。 飛行機の搭乗券や野球観戦のチケットにもQRコードが印字されていて、入場確認に使われる事例もあります。 「QRコード決済」は「スマホ決済」のひとつ QRコードの仕組みは理解いただけたと思いますが、ここで「スマホ決済」についても触れていきたいと思います。 まず「スマホ決済」とは、スマートフォンを利用した決済方法の総称のことを指しています。 レジで現金を出すのではなく、スマートフォンを利用して決済をするということですね。 この「スマホ決済」を大きく区分すると、「非接触型決済(非接触IC決済)」と、「QRコード決済」の二つに分かれます。 非接触IC決済 SuicaやEdyなど、スマホに搭載されたNFC・FeliCa・Bluetoothなどを利用した決済方法のことを指します。 クレジットカードや電子マネーなどを登録したスマホを、専用端末にかざすことで決済が行えます。 そのため、店舗としては非接触ICを読み取る専用端末の導入が必要です。 QRコード決済 QRコード決済は、上記の「非接触IC決済」とは異なり、QRコードやバーコードを読み取って決済する仕組みのものです。 QRコード決済の仕組みや詳細については、後述いたします。 「スマホ決済」と言うと何となくスマホで決済のやりとりができる、というイメージですが、具体的には2つのものを指していると理解しておくことをお勧めいたします。 QRコード決済の仕組み 近年、スマホとQRコードを利用した決済サービスが登場しました。 日本では2014年頃からLINE payや楽天ペイにQRコード決済の機能が搭載されはじめ、PayPayやメルペイなど後発サービスも続々と登場しました。 まずお店側にとって、お金の流れはクレジットカード決済の導入とあまり変わらないと考えていて良いでしょう。 QRコード決済の決済方法 QRコード決済は、主に2種類の決済方法があります。 ユーザースキャン方式 まずは、店舗が提示するQRコードをお客様に読み取ってもらう方法。 店舗提示型コード決済と言いますが、当サイトでは「ユーザースキャン方式」と呼んでいたりもします。 お店にQRコードがあって、お客さんがアプリで読み取るパターンです。 ストアスキャン方式 もう一つは、お客様のスマホアプリに表示されたQRコードを店舗が読み取る方法です。 利用者提示型コード決済、いわゆる「ストアスキャン方式」です。 では、どちらを使えばいいの?という疑問ですが、 決済サービスの種類(事業者)によってそもそも用意されている方式が違います。 ユーザースキャン、ストアスキャン、どちらか選べる場合もありますし、1つしかできない決済サービスもあります。 また、ストアスキャンの場合だけ決済手数料が期間限定で無料になる(PayPayがそれにあたります)など、決済手数料が変わるパターンもあります。 なお「こういう形を取りたいのだけど、どのQRコード決済を入れればいいの?」とお悩みなら、一度当サイトのコンシェルジュへご相談ください。 お店のご希望をお伺いしながら、導入すべき決済サービスのご提案をすることが可能です。 QRコード決済を導入するメリット(ユーザー編) それでは、QRコード決済を導入するメリットをユーザーの立場になってみてみましょう。 現金いらずでスマートになる QRコード決済はスマートフォンを利用して決済を行います。 現金自体が不要になるので、会計時に財布からお金を出す手間も省けますし、わざわざ現金を口座から引き落とすといった作業も不要になります。 ポイント付与でよりお得に買い物ができる QRコード決済サービスの場合、QRコードサービスにクレジットカードを紐づけて決済を行うことが多くあります。 これだけ読むと、じゃあクレジットカードでいいのでは?と思うかもしれませんが、注目したいのが今流行の「ポイント二重取り」がQRコード決済なら出来るという点です。 たとえば、、楽天ペイに楽天カードを紐づけておけば、楽天カードのクレジットカード利用分+楽天ペイの利用分でポイント二重どりが容易にできます。 買い物をするだけでポイントがどんどんたまるので、ユーザーとしては大きなメリットですね。 QRコード決済を導入するメリット(店舗編) 次に、QRコード決済を導入するメリットを店舗の立場になってみてみましょう。 初期費用が抑えられる 従来のクレジットカード決済をするためには、クレジットカードの情報を読み取るCAT端末が必要です。 購入する場合は高いものだと10万円程度の初期費用が発生します。 一方QRコード決済は専用端末を購入しても4万円程度で済ませられます。 またスマホなどのタブレット端末を決済に用いることができます。 クレジットカード決済に比べると初期費用が抑えられ、小規模店舗にも導入しやすいと考えられます。 最近だとお客様に読み取ってもらう「ユーザースキャン方式」を選ぶことで、専用端末も不要になる場合もあります。 集客が期待できる QRコード決済サービスの中には、お客様向けに利用額に応じたポイント付与や、ポイントアップ・キャンペーンなどを行っています。 例えばお客様が「楽天ペイ」のQRコード決済機能(アプリ決済)を使うと、楽天スーパーポイントが付与されます。 このポイントは全て楽天が負担してくれるので、店舗にコストはかかりません。 お客様向けのサービスが豊富なQRコード決済を導入しておくだけで、ポイントを活用したいお客様を呼び込んだり、リピーターになってもらったりできる可能性があります。 お客様に直接アプローチすることも可能 QRコード決済サービスの中には、店舗を利用してくれたお客様に店舗独自のクーポンやセール告知を配信できるものもあります。 LINE Payの場合、QRコード決済を利用するお客様は必ずLINEアカウントを持っています。 支払いをきっかけにお客様にLINE@の友だち申請をしていただけば、メッセージやクーポン配信ができるようになります。 売上をデータ化できる QRコード決済の購入履歴や売上は、自動的にアプリに記録されます。 リアルタイムで売上管理ができるため、早め早めの対策を打ち出しやすくなります。 また月末の事務作業を減らすこともできます。 クレジットカード取り扱いの安全性が増す お客様のQRコード決済アプリに登録されている情報は、暗号化されてダイレクトにデータシステムに送信されています。 お店の端末には情報が残らない設計になっているケースがほとんどなので、お客様にも安心してご利用いただけます。 またQRコード決済の場合、クレジットカード決済のようにカードを店員が預かる必要はありません。 カード自体に触れることがないので、「カード情報を店員に盗みとられた」などと疑われるリスクを軽減することができます。 キャッシュレス・消費者還元事業でさらに集客力アップ 2019年10月~2020年6月までの9か月間期間限定で実施される「キャッシュレス・消費者還元事業」。 QRコード決済サービス会社の数多くが決済事業者として登録されています。 決済手数料の軽減やお客様への最大5%のポイント還元が店舗の負担なしで実施できるなど、まさに店舗にとっては今こそ導入のチャンスだといえるでしょう。 お客様に行われるポイント還元のおかげで、より集客力が増すことも期待できます。 関連記事: QRコード決済を導入するにあたり必要なもの 加盟店になったあと、店舗はステッカータイプ(置き型QRコード)を用意するか、スマホやiPadなどのタブレット端末に店舗用アプリをインストールして、QRコードの提示やお客様のQRコード読み取り等を行う必要があります。 店舗用アプリを用意する場合は、QRコード決済の利用にはインターネット環境が必要になります。 タブレット端末の場合は通信費がかかり、Wifiなどを利用する場合は導入店舗にインターネット環境を整備する必要があります。 QRコード決済 どれを導入すればいい? ここまで読んで、QRコード決済を店舗へ導入したいと思った方も多いと思います。 導入するにあたって問題になるのは、どのQRコード決済を導入するべきなのか、ということですが、正直なところ店舗によって課題も異なり、コレが一番良いQRコード決済!と断言するのは難しいところです。 とはいえ、数多くあるQRコード決済を店舗側でしっかり吟味してベストなものを選ぶ、というのも日々の運営を行いながらするのは難しいですよね。 当サイトのコンシェルジュへの無料相談を承っていますので、ぜひこちらもご利用ください。 まとめ QRコードの仕組みと、QRコード決済についてご紹介しました。 QRコード決済によって、お客様は日々の買い物がスムーズになります。 また、ポイントを活用するお客様を呼び込んで、店舗の集客率を上げる効果も期待できます。 導入費用も比較的安価に抑えられるため、この機会にQRコード決済導入を検討してみてはいかかでしょうか。

次の

お客様にペイペイ残高を『返金』する方法【PayPay for Bussiness】|キャッシュレスJAPAN

ぺいぺい 支払い

・PayPay残高 ・Yahoo! マネー ・クレジットカード PayPay残高はあらかじめ設定した銀行口座かヤフーカードからのみチャージ可能。 また、決済方法であるバーコードの読み取り方式は、 ・お店が掲示したQRコ ードをユーザーがアプリで読み取る「ユーザースキャン」方式 ・ユーザーがアプリに表示した バーコード(1次元バーコード、QRコード)をお店の方がレジなどで読み取る「ストアスキャン」 方式 上記の2通りが提供されます。 「PayPay」の登録については、新規利用登録をすると500円相当の「PayPay」電子マネーがもらえるキャンペーンは継続的に行われていますので、とりあえず登録してみても良いかと思います。 PayPay(ペイペイ)の特典 ユーザー PayPay(ペイペイ)を利用した際のユーザーの特典についてですが、 支払い金額に対して0. 5%か3%のPayPayボーナスが貯まります。 付与される割合は以下のように支払い方式によって変わります。 PayPay残高/Yahoo! ただし注意が必要なのは、小数点以下は切り捨てなので0. また、PayPayボーナスの有効期限ですが、残高の変動から2年となっているので、 継続的に利用している方であれば実質は無期限と考えて良いのではないでしょうか。 15追記) 過去にはポイントの上限が5,000ポイント(100万円利用相当)と設定されていましたが、PayPay(ペイペイ)は悪用が多発した事でかなり利用に制限がかけられています。 本人認証である3Dセキュアも導入され、その設定有無によって利用の上限金額が変わります。 本人認証をしないクレジットカードだと5,000円、本人認証をしておけば30日で50,000円迄。 さらに青いバッジがついている人は30日で250,000円迄に増えました!! 青いバッジについては、PayPay(ペイペイ)で取り決められた一定の条件に該当すると付くようです。 アカウントを選択して、自身の名前の横に青い上記の様なマークがつきます。 ただし付与される条件は教えてもらえないようですが、正しく利用していると付くようになるものと考えられまます。 送金できるのは銀行口座やヤフーカードからチャージ可能なPayPayライトだけで、買い物で得たPayPayボーナスは対象外。 今後は出金の機能もつくのではないかと考えられますが、まだ使えるようにはなっていません。 加盟店 キャンペーン特典ですが、「ユーザースキャン方式」では2021年9月末まで加盟店手数料無料です。 さらに先着30万店舗までは利用された金額の1%が還元される(2019年1月末迄)というものすごいキャンペーンが行われていました。 これをすることで加盟店がPayPayを進めるインセンティブができるのでバーコード決済では割と後発なので追い上げを図っているのでないでしょうか。 また、PayPayは中国のアリペイとも提携をしており、アリペイ登録者がPayPay加盟店で利用ができる為、中国人観光客の利用が見込まれます。 さらにボーナス500円分もすぐに付与されました。 右下のアカウントから「お支払い方法の管理」を開いて登録開始。 クレジットカードを追加を選びます。 カードをカメラで読み取ることで番号は読み込んでくれますので、それ以外の項目を入力。 途中、3Dセキュア(本人認証)登録をして、登録完了です。 本人認証の有無によって利用上限額が変わりますので、登録をお勧めします。 クレジットカードの登録はVISAとMasterCardのみです。 ただしヤフーカードについては、VISAとMasterCardとJCBが設定できます。 ヤフーカードについては他のクレジットカードとは違い、別にPayPay(ペイペイ)残高へのチャージもできます。 クレジットカードは複数設定ができますので、メインカードとは別でも設定をしておいて損はないと思います。 また、PayPay残高を使い切るにはぴったりの金額をチャージする必要が出てきます。 残高へのチャージについては1円単位で行えますので調整してみてください。 ただしヤフーとソフトバンクのリソースを活用できるので、顧客基盤がかなり強い事に加えて、100億円キャンペーンをはじめとする各種キャンペーンによって、かなり巻き返しているでしょう。 メリット 100億円キャンペーンで派手に目立ってしまいましたが、PayPay(ペイペイ)のメリットとして本来考えられるのは、 クレジットカードが使えないようなお店でもキャッシュレスで買い物ができるようになるということです。 具体的には、私の会社の近くのインド料理屋では現金のみしか使えませんでしたが、最近PayPay(ペイペイ)が利用できるようになりました。 QRコードをスマホで読み取る形式なので、お店としての導入コストがほぼないことから導入されたものと思われます。 今まで現金しか使えなかったようなお店でもキャッシュレスでの支払いができるようになってきています。 これはPayPay(ペイペイ)に限ったことではなく、スマホ決済全般に言えることですが、PayPay(ペイペイ)はソフトバンクの営業力があるので、 家の周りを見ても小さいお店への利用拡大がかなり進んでいます。 他には、導入期の現時点ではキャンペーンを多発しているので現時点ではこの波に乗っておいたほうがお得ということ。 通常の還元率はでも クレジットカードと合わせると1. また、アプリについても頻繁にアップデートされて、使い勝手も向上しています。 お店でコードを読み取ってくれる方式はいいですが、お店のQRコードを読み取る形式だと自分である程度はスマホを操作する必要がある。 加えて金額の入力間違いをする可能性もあるので、慎重にならざるを得ない。 スマホでスムーズに決済ができるという声もありますが、 クレジットカードや電子マネーが使えるのであれば、そちらの方が利用するにはスムーズに決済ができると感じます。 そして、私の考えるPayPay(ペイペイ)の最大のデメリット・・・、 くだらないと思われるかもしれないですが、 ネーミングがダサい!! 店で支払いをするときに、「ペイペイでお願いします」というのが少し恥ずかしいのと、様々な「〜ペイ」がある中で聞き間違いがあるのではないかと心配もしましたが、その点は特に問題なさそうです。 最後に、悪用が多発したということで悪い意味でも目立ってしまったPayPay(ペイペイ)ですが、そのせいか利用金額や条件がコロコロと変わり安定していません。 ある程度のところで定まるのかもしれませんが、なかなか運用が定まらないというところも今のと頃はデメリットとして捉えてしまします。 早く運用が固まることを望みます! (2019. 4追記) PayPay(ペイペイ)の100億円還元キャンペーンの第二弾が開催されますね。

次の