プレーナー 仕上げ。 DIYの疑問 荒材とプレナー仕上げの違い

超仕上げについて 【羽目板屋どっとこむ】杉フローリング ヒノキ羽目板販売

プレーナー 仕上げ

塗装する前提なのかどうかも問題ですし、納得できるかはわかりませんが 無塗装だったらプレーナーは掛けても掛けなくても同じでしょうね。 粗ければ水を多く含む、しかし表面積が多く速く乾く。 プレーナー掛けた物とイーブンだろうと。 ただ、挽きっぱなしの粗木だと表面は細かな突起があるので、ごく表面の風化は早いでしょう。 その凹凸のせいで埃は残りやすいかもしれませんし、コケも生えやすいかもしれません。 どちらもシミは出来ますしコケも生えますが。 いずれにしても「杉」だと5年もすれば浮造りのように夏目が減ってくるので大差は無いかもしれません。 画像参) しかし粗木の方が繊維の毛羽立ちは増すでしょう。 誰も触れないところならどうでも良いことですが。 ただ、西日本と東日本で無垢材に対する考え方が違ったりしますので、そこはもう好みなのではないかと。 米杉 杉ではないことはご承知と思います ウッドデッキで汎用とされていますが、個人的には選別モノとホームセンターモノと、日本で使う以上大差は無い 無手入れ状態 と考えます。 どちらのウッドデッキも設置6年程度で補強に行ったことがあり、10年目には胴差し部で朽ちてきています。 (なので外壁だと、数十年交換しないなら何か処理が必要は思います) かといって国産杉でも色々ですが。 杉・心材 赤身のみ 芯去り・木目は出来るだけ詰んだもの。 もし本当に使いたいと聞かれたらこういう選択を薦めます。 それよりも低粘度エポキシで樹脂含浸して耐久性を上げてしまいたいですが。

次の

特集!月刊 梅江製材所 第37回 「超仕上げ加工」について

プレーナー 仕上げ

杉(すぎ)は主に建築材として柱などに使われてます。 主な特徴としては、反りの少なさ・ 加工のしやすさが挙げられます。 桧と比較すると安価になりますが、耐久性は劣ります。 下記商品ご購入の場合、お好きな長さにカットします。 *長さカットは、 100mm~ それ以下の場合は、要ご相談となります。 *幅カットは、長さ2500mmまでで、幅20mmまで対応します。 1カット ¥100(税抜き) *厚みカットは、幅50mmまでで、厚み20mmまで対応します。 1カット ¥100(税抜き) (ただし厚み20mmの場合は、長さ920mmまでの対応になります。 ) *90mm角、20mm角は、幅・厚みカットは対応しておりません。 カット商品については、受注後 3~7日程日数を頂戴する場合があります事を、ご了承下さい。 スギ板材 商品番号 長さx巾x長さ 税別価格 SI-1 3000 x 120 x 45 mm 1本単価 ¥1,800 SI-2 3000 x 105 x 45 mm 1本単価 ¥1,600 SI-3 3000 x 90 x 45 mm 1本単価 ¥1,400 SI-4 3000 x 120 x 27 mm 1本単価 ¥1,100 SI-5 3000 x 105 x 27 mm 1本単価 ¥980 SI-6 1950 x 120 x 45 mm 1本単価 ¥1,300 SI-7 1950 x 105 x 45 mm 1本単価 ¥1,200 SI-8 1950 x 90 x 45 mm 1本単価 ¥1,000 SI-9 1950 x 120 x 27 mm 1本単価 ¥800 SI-10 1950 x 105 x 27 mm 1本単価 ¥700 SI-11 920 x 120 x 45 mm 1本単価 ¥650 SI-12 920 x 105 x 45 mm 1本単価 ¥600 SI-13 920 x 90 x 45 mm 1本単価 ¥500 SI-14 920 x 120 x 27 mm 1本単価 ¥400 SI-15 920 x 105 x 27 mm 1本単価 ¥370 SI-16 3000 x 180 x 30 mm 1本単価 ¥1,700 SI-17 3000 x 180 x 24 mm 1本単価 ¥1,450 SI-18 1950 x 180 x 30 mm 1本単価 ¥1,100 SI-19 1950 x 180 x 24 mm 1本単価 ¥960 SI-20 920 x 180 x 30 mm 1本単価 ¥600 SI-21 920 x 180 x 24 mm 1本単価 ¥500.

次の

木材のプレーナー加工

プレーナー 仕上げ

プレス機 引き出しなど箱ものを組むときのプレスする機械。 上下左右一度にプレスできる。 組み立て機。 3点サンダー 粗いサンドペーパーと細かいサンドペーパーが同時にセットできるので、一度に両方使って加工できる。 いちいちペーパーを変える必要がない為、スムーズに作業ができる。 組み立て機 上から押さえるように、平行方向だけに加工できる。 扉などの組み立てに使用。 横切り メモリに合わせてカッターでカットする。 横サンダー 箱物の側面や、木口の仕上げに使う機械。 手で押さえるように使用します。 傾斜ルーター 角度をつけて斜めに穴をあけることができる機械。 引き出しの指をかける部分などに使用。 手押し 板の表面をきれいに平らに削る。 ダブルソー 2枚の刃で材木の両端を一度で切れるので、長さを決めてカットできる。 NCルーター プログラムの座標に沿って切り加工する機械。 木itの作成にも大活躍。 直線も曲線も可。 ほぞ取り機 ほぞ穴を作る機械。 扉などの組む時の加工に。 角のみで開けた穴に組む。 角のみ 角の穴をあける機械。 ぼそ取り機で作った突起をはめ込み、扉などの加工に使用する。 バーチカル 板を平らに削り加工する機械。 6枚の刃で円を描くように削る。 バーチカルである程度削ってからワイドサンダーで仕上げる。 ワイドサンダー 幅の広い板などをやすり掛けする機械。 ペーパーは1200mmまで対応できる。 バーチカルの仕上げに使用。 パネルソー ベニヤ板などを設置して、縦にカットする機械。 長さも2800cmまで対応可能。 薄い板も切ることができる。 ランニングソーの縦版。 高周波接着機 はぎ板を作るときに板同士を電気で接着させる機械。 普通の接着 ボンド よりも強力。 モルダー 刃は6枚までセットでき、一度に4辺を削れる機械。 フローリングのサネ 凹凸 を作る事ができる。 デジタルでプログラムに沿って動く。 二面プレーナー 上下を削って厚みを調整することができる機械。 下面をある程度削ってから厚みを決めて上面を削る。 ランニングソー ベニヤ板などを設置して、横にカットする機械。 長さも2400cmまで対応可能。 薄い板~重い板も切ることができる。 パネルソーの横版。 カットソー 木取りをする時に指定の長さにカットする機械。 長さをある程度決めて使用する。 製材機 丸太などの原木から角材や板などを作る機械。 大きいサイズの原木に使用。 製材機(小) 丸太などの原木から角材や板などを作る機械。 小さいサイズの原木に使用。 リップソー 幅を決めて、大量の材料をカットするときに使う機械。 カットされた木材が自動で流れていくので大量の材料をスムーズにカットすることができる。 上面プレーナー 上面を平らに削り加工する機械。 上だけ削りたいときに使用する。 横切り フラッシュの芯をカットして、枠を作るときに使用する機械。 あまり力をつかわなくても軽々できる。 プレス機 材料をプレスするための機械。 枠組みを上から押さえるようにして使う。 ホットプレス コンマ2の薄い天然木をベニアなどに貼ることができる。 熱を加えることで、反ったりしている材料の反りを直す機械。 突板もはることができる。 ギロチン 木を薄くカットする。 コンマ2。 ギロチンで薄く切った木をホットプレスでベニアに貼る。 サイザー 幅を決めてカットする機械。 また材料に溝を作ったり小穴をあける加工もできる。 手で押さえ、送りながらカットする。 エッジフォーマー エッジの形成。 引き出しなど、枠の外に貼った表面の板を枠に合わせて削る場合に使う機械。 組み立てた際にはみ出した分を合わせるのに使用。 ボーリング ダボの穴をあける機械。 自動で位置をきめ、穴をあける。 ボーリング(小) ダボの穴をあける機械。 手動で位置をきめ、上面と側面に穴をあけることができる。 ルーター(下) 面取り加工。 一面だけ加工でき、アール加工もできる。 刃を変えて様々な加工ができる。 アーデンルドルフ 数値をデータ入力して、自動で決められた長さと角度でカットできる機械。 ルーター(上) 刃物が上についているタイプ。 溝や穴あけ加工もできる。 手で押さえて使用する。 ワイドサンダー 600巾のワイドサンダー。 板状のものをサンダー仕上げする機械。 小さいものを削るときに使用する。 傾斜盤 角度をつけて、カット・加工できる。 引き出しの底板をはめる溝などを作れる。 ちょっとしたものなら傾斜盤でやると早い。 ロッキング 組加工部分をを一度にカ加工できる機械。 引き出しなどの「あられ組み」が一度にできる。 Wテル たんすの引き出しなどの蟻組み加工ができる。 手作業では難しい作業ですが、Wテルなら簡単にできます。 丈夫で長持ちするたんすになります。 ダブルソー 引き出しなどを作るときの長さ加工機械。 2枚の刃で材木の両端を一度で切れるので、長さを決めてカットできる。 ボーリング 穴あけ用機械。 側面と下面から一度にたくさんの穴をあけれる。 サンダー(小) 幅の小さいサンダー仕上げができる機械。 粗削りや、小さいもの用。 プロフィルサンダー 平らではなく、凹凸などの形状があるものでもサンダー掛けができる機械。 4cm以下の小さいもの用。 斜めにも使用できる。 ダブルサンダー 両面仕上げできる機械。 挟んで削る。 引き出しなど箱状に組んだものに使用。 5ジグボール盤 取っ手などの金具をつける場合の穴とたんすの鍵穴も含めて5つ空けることができる機械。 卓上ボール盤 キリで穴をあける機械。 1つの穴をあける。 印をつけて手動で合わせる。 グラス金具ボール盤 丁番をつける際の穴をあける機械。 ホールを作る。 とびらの金具を入れる溝。 おぎのこ(バンドソー) Mokkun製造に使用する。 木材を小さくカットする際に使用する。 Mokkunの端材をカットするときに使用する ハンマークラッシャー 木材を粉砕する機械。 Mokkun製造に使用する。 粗い一次粉砕用 粉砕加工機 Mokkun製造に使用する。 木材を細かく粉砕する機械。 使用するメッシュ(0. 1mm~2mm)によって、粗さを変更できる。 二次粉砕用 リボンミキサー Mokkun製造に使用する。 粉状の各種原料を均等に混ぜ合わせる機械。 でんぷんなどと混ぜる。

次の