海外fx クレジット出金。 海外FX口座から出金する方法まとめ。銀行送金・クレジットカード

TitanFX(タイタンFX)の出金拒否(出金トラブル)・出金できないを分かりやすく解説

海外fx クレジット出金

普通にVISAでも可能。 上の表の海外FX業者の名前をクリックすると各海外FX業者の出金方法に飛びます。 Skrill(スクリル)も利用できません。 ネッテラーのサービス停止の理由は、提携先のマスターカードがサービス提供を打ち切ったことが要因でした。 XMももともと「XMカード」というデビットカードが送金や出金の際に使用できていましたが、そのサービスも今や使用できません。 それぞれ利用限度額を上限として利用できます。 【オンライン決済サービス】bitwallet、STICPAYなど bitwallet、NETELLER、Skrillなどのオンライン決済サービスの口座を持っている方は、各オンライン決済サービスの口座残高を上限として海外FX口座に入出金することが可能です。 入出金手数料を無料にしている海外FX業者が多く、資金は即時取引口座に反映されるのですぐに取引を始めることができます。 今ではbitwallet(旧mybitwallet)が一番手数料も安く、入金時間も1時間位と早いためおすすめです。 【仮想通貨】Bitpayなど 仮想通貨市場の規模の拡大と決済機能としての利用シーンが増えてきており、ビットコインで入出金ができる海外FX業者も増えました。 ですがその時の相場で仮想通貨がドルに換金されて反映されますので注意が必要です。 近年では仮想通貨で入金できても、仮想通貨FXでの取引ができない場合も多いです。 それでも取引口座に即時反映されるため、すぐに取引を始めることができます。 XMなどで出金できない場合 海外FX業者のXMなどで出金ができない場合、すぐにサポートセンターに連絡して確認しましょう。 しかし英語のカスタマーサポートとなるので、日本語で対応してもらいたいときはメールで連絡するか、コールバックをもらいましょう。 メールアドレス: コールバックとはライブチャットかEメールを使い、自身の電話番号と希望時間を明記してリクエストして電話を返してもらうことです。 コールバックなら日本語対応してくれているので、メールよりも緊急性がある場合におすすめです。 出金拒否もありうる点に留意すること 海外FX業者には詐欺などを起こす目的で業務を行っていると見せかけている悪い業者もいるため、出金拒否は起こり得ます。 しかし 真っ当な海外FX業者はまず出金拒否は起こしません。 当サイトでは出金拒否が起こり得ないFX会社を紹介しています。 ですが、出金ルールなどを間違えると出金拒否されることもあるので、以下もよく読んでおきましょう。 出金ルールを理解しておきましょう 海外FXでは入金に関しては特別なルールはありませんが、出金については一定のルールに従う必要があります。 原則として以下のルールがあります。 入金した時の入金額までは、入金方法と同一の方法でしか出金できません• 入金時の20万円まではクレジットカードでしか出金できない• 入金金額までは入金方法と同じ方法で出金しなければならない 入金した時の入金額までは、入金方法と同一の方法でしか出金できないルールがあります。 例えば、 クレジットカードで20万円入金したら、まず 同額分の20万円まで同じクレジットカードで出金しなければなりません。 クレジットカードで入金した場合、クレジットカードによる入金額以下の金額を銀行振込で出金することはできません。 これはクレジットカードのお金を現金化させないための施策でもあります(アンチマネーロンダリング法)。 国内銀行の受取手数料:2,500円程度(中継銀行から顧客の銀行口座への送金手数料) 海外FX業者は出金手数料を取りませんが、 別途5,000円程度の出金コストがかかることになります。 なお、ソニー銀行は海外送金の受取手数料を無料としており、ソニー銀行を送金先に指定すれば出金コストを半額に抑えることが可能です。 XM、AXIORY、TitanFX、LAND-FXではソニー銀行を送金先に指定することが可能です。 また 出金手続き後、着金までが 3~5営業日かかることから、コスト・手間・時間をセーブするために電子決済サービスで出金するケースが多くなっています。 海外FX業者も出金手数料を取るケースもある ほとんどの海外FX業者は基本として出金手数料を取りません。 が、中にはAXIORYのように200ドル未満(約2万円未満)の出金には、一律15ドル(約1,500円)の 出金手数料を徴収する海外FX業者もあります。 なお、TitanFXでは、投資家の資金はナショナル・オーストラリア銀行の信託口座に信託保全されているので、同銀行からの海外送金手数料として 1,700円かかります。 ビットコインでの出金手数料、着金時間 出金手数料:無料 着金時間:1時間以内 最近ではXMのように仮想通貨取引を提供している海外FX業者が登場しており、 ほとんどの海外FX業者が出金手数料を無料としています。 出金方法としてビットコインを利用する投資家が増えてきています。 出金手続きから1時間以内にビットコインウォレット(Bitpayなど)に着金する便利さも人気となってきています。 出金額がビットコインの価格変動に左右される ビットコインなどの仮想通貨はFX以上に価格変動が激しいことから、 出金時の価格次第では出金額に差が生じる可能性があります。 したがって、ビットコインで出金しようとする場合はビットコインの価格を確認してからなるべく有利な価格時に出金するようにしましょう。 ビットコインなどの仮想通貨の価格上昇・変動に関する関連記事も参考にしてみてください。 ビットコインでの入金・出金が可能な海外FX業者 ビットコインに対応している海外FX業者の数は限られています。 AXIORY、Hotforexなど。 XMは入出金対応に加え実際にビットコイン他全5仮想通貨の取引が可能となっており他の海外FX業者よりもリードしている状況です。 3米ドル+出金額の2. 特に、bitwallet(ビットウォレット)は入金、出金の手数料が非常に安く、即日反映されるためおすすめです。 多くのトレーダーが利用していることからも、bitwalletの利便性の良さがわかります。 こんにちは 現在海外口座を検討中でこちらのサイトにたどり着きました こちらを参考Axioryのデモ口座を使ってみました スタンダード口座とナノ口座でデモトレードが数日やってみましたが 明らかに約定スピードが違います スタンダード口座のMT4は一呼吸遅くなります ナノ口座は普通に感じます 私が現在使用しているオアンダの本講座MT4と比べての体感です コールセンターへ問い合わせましたら スタンダードとナノの約定スピードは同じでかつ デモ口座と本講座もスピードに違いはないとの回答でした 私はスタンダード口座で考えていましたので この遅さは気になります 実際に本講座トレードされているようなので 違いが体感できているのかどうか 宜しければ 教えていただきたいと思い 長文で失礼ですがお尋ねした次第です よろしくお願い致します 田中様、こんにちは。 当サイトの閲覧とコメントありがとうございます。 私はあまり遅延を体感することはないです。 ただ、マイナー通貨などが絡むと確かに遅いときもあったり、時間帯によってスピードが変化することもあります。 スタンダードと、ナノで同じサーバーなどを経由しているはずなので遅延などの変化はないはずなのですが、もしかしたらナノのほうを優先的に処理するようになっているのかもしれません。 と、上の体感はあくまでリアル口座での体感なので参考までに。 デモですと、やはり遅延はあると思います。 処理の問題で、絶対的にリアルのほうを優先していますし、スタンダードとナノだったら、おそらくナノを優先的にしているはずです。 あとはオアンダを使っているとのことでしたので、同じMT4でも国内の方が速いとかもあるのかもしれません。

次の

海外FX口座へクレジットカードで入出金

海外fx クレジット出金

海外FXを利用するにあたり、「利益が出ても本当に出金できるの?」「出金がめんどくさそう」と不安に感じる人も多いのではないでしょうか。 確かに、海外FX業者は日本に拠点がないため、出金に不安を感じてしまっても無理はないかもしれませんね。 しかし、海外FXの出金はそんなに複雑ではありません。 グローバルなサービスですので、世界中の投資家が利用できるよう様々な出金方法を用意しており、銀行送金のほか、オンラインウォレットやクレジットカードでの出金など、日本のFX会社にはない方法もあります。 海外FXの具体的な出金方法の仕組み・メリットを知れば、出金時の不安も軽減されるますし、大手海外FX業者がどのような出金方法を用意しているのか、注意するべきポイントは何かを知っていれば、海外FX業者を選ぶ際の選択肢も広がりますね。 そこで本記事では、海外FX業者から出金をする際の方法について、詳しく説明していきたいと思います。 海外FXの出金について知っておくべきこと 海外FXと国内FXの違いの1つに「出金方法の違い」が挙げられます。 海外FX業者の拠点はもちろん日本国内にはありませんので、口座なども海外に存在しています。 そのため海外FX業者から出金しようとする場合、 海外から日本国内に何らかの手段を使って送金しなければいけません。 また海外FXには出金に関して特有のルールというものも存在します。 さらには、海外FX業者の魅力の一つであるボーナスを正しく理解していないと、「出金を拒否された」と感じてしまう人もいますね。 そこでまずは、これらの点について解説したいと思います。 出金優先手順について 海外から国内へ資金を移動する際に問題になるのは、マネーロンダリング(資金洗浄)。 マネーロンダリングとは、犯罪行為で得たお金を別のお金にすり替え、正当な取引で得たように見せかける行為のことですね。 各海外FX業者はこのようなマネーロンダリングに関与しないように、共通のルールが設けられており、それは 「原則的に、入金に使った手段を用いて出金を行う」というものです。 しかし、FX取引で利益が発生し、入金額以上に出金する場合も当然ありますよね。 その時に関係するルールが 「出金優先手順」です。 出金優先手順について表でまとめると以下のような感じになります。 出金優先手順 1. クレジットカードの入金額に達するまではカードへ出金(5万円分) 2. ビットコイン入金額に達するまではビットコインでの出金(8万円分) 3. 残りの32万円分に関しては、bitwalletもしくは国際銀行送金で出金 入金以上の出金を行う場合は、自動的に優先順の方法で処理されます。 bitwalletと国際銀行送金に関しては、入金額以上の金額を出金可能ですね。 クレジットカードとビットコインに関しては、入金額以上の出金はできないということになっています。 ボーナス分は出金できない 海外FXの大きな魅力のひとつともいえる豪華なボーナスですが、ほとんどのFX会社では、このボーナスについては出金できません。 ボーナスは一般的に、口座内で FX取引のみに使用できるクレジット(ボーナス)として提供されています。 このボーナスはあくまでも取引に使用できるクレジットですので、この有効証拠金全額を出金することはできません。 もちろん、 ボーナスを使って得られた利益は出金できます。 その際、ボーナスが消失してしまうという会社もあるため、利用している各FX会社のボーナスについての扱いを確認しておきましょう。 海外FXの出金方法を徹底解説 海外FX業者からの出金方法は様々なサービスが用意され、その手段は多岐に渡りますが、中には日本からは使えない・使いにくいサービスも存在します。 そこで、ここでは主に利用される5種類の出金方法をピックアップ。 各主要海外FX業者がどのような出金方法に対応しているかも合わせて、それぞれの特徴などを説明していきたいと思います。 クレジットカード出金について 出金優先手順で先述したとおり、クレジットカードで入金された金額は原則クレジットカードを通じて出金されます。 ここで「クレジットで出金するってどういうこと?」と疑問に思う人もいるかもしれませんね。 では、クレジットカードの出金の仕組みについて解説していきましょう。 クレジットカード出金の仕組みと注意点 クレジットカード入金はショッピング枠として処理されますが、 出金はリファウンド(返金)として処理されます。 イメージとしては、クレジットカードを使って買い物をし、返品したときにカードの利用額がリセットされるのと同じですね。 トレーダーがFX業者にクレジットでの出金申請を行うと、FX業者からクレジット会社に出金額が送金され、クレジット会社はリファウンド(返金)処理を行います。 ショッピング枠のキャンセルですから、当然、決済した金額以上の返金はできません。 そのためクレジットカードの入金額に達した場合は、別の出金方法で出金されます。 また手数料が発生することはありません。 このクレジットカード出金については、他の出金方法とは違いクレジットカードで入金した場合にしか使うことはできません。 またクレジットカードで入金した場合は、入金額までは強制的にクレジットカードへの返金で処理されることになります。 そのため出金方法の選択肢のひとつと言うわけではなく、あくまでもマネーロンダリング防止のために用意されている出金手段となります。 また注意点として、クレジットカードで入出金を何回も繰り返すと言うのは、購入と返金を繰り返していることと同じになるため、カード会社から取引を拒否される可能性もあります。 カード会社によっても対応が異なるので、気になる方は直接カード会社に尋ねてみてくださいね。 bitwalletでの出金について bitwalletはインターネット上で管理する電子財布(オンラインウォレット)であり、クレジットカードや銀行振込などによる入金、日本国内の銀行へ送金できるサービスです。 bitwallet出金の特徴は、 対応しているFX業者であれば簡単に資金の移動ができる点ですね。 手数料も非常に安く、海外FX利用時の出金手段としては現在最もおすすめできるのが、このbitwalletによる出金。 ここではbitwalletの仕組みと手数料、メリット・デメリット、対応している海外FX業者を紹介していきたいと思います。 bitwallet の仕組み メジャーな海外FX業者のほとんどは、 bitwallet出金の手数料が無料となっています。 bitwallet出金で 手数料がかかるのはbitwalletから銀行口座へ出金するときのみですね。 すぐに必要でないお金はbitwallet上に保管して、必要になったら銀行口座に戻すという方法だと手数料を節約できます。 入金と出金方法をbitwalletにすれば 、 複数の海外FX業者への資金管理を一元化できるメリットもあります。 bitwallet出金の手数料 bitwalletの出金手数料は以下のとおりです。 出金手数料 銀行振込(国内) 824円(2019年3月時点) 国内銀行への着金まで2~3営業日程度 bitwalletから銀行口座への出金手数料は、2019年3月時点で824円となっています。 銀行送金などと比較しても圧倒的に低コストで出金ができますね。 アンリミテッドの条件としては、直近1年間の入金実績が3万ドル以上、かつ、直近1年間の入出金、送金回数実績が30回以上となっています。 これは海外FXを利用する上では特にハードルが高い条件ではなく、実際に私も下記の画像のようにアンリミテッド会員になっています。 私の場合直近1年間の入金実績が140,000ドル以上、回数実績が57回となっていますが、複数の海外FX業者を利用している場合は資金移動なども増えやすいため、アンリミテッドの条件は比較的容易にクリアできる内容ではないでしょうか。 これで国内銀行への利益などの出金手数料が半額の412円に抑えられる点は、かなりのメリットと言えますね。 海外FX業者 手数料 反映時間 無料 即時 無料 即時 無料 即時 無料 即時 無料 即時 無料 即時 上の表のように主要海外FX業者はほとんどがbitwalletに対応し、手数料も無料となっています。 実際の海外FX業者の出金処理は1営業日程度は必要です。 それに代わる手段として、別のオンラインウォレットを提供しているSticpayとの提携を発表しました。 また、新たに国内銀行振込にも対応する予定となっているようです。 利益分の出金には海外送金などを使う必要があります。 Sticpayでの出金について 先ほどAxioryの件で紹介したSticpayについて見ていきましょう。 Sticpayは2017年に香港でスタートした比較的新しいサービスですが、すでに数百万人の利用者を持つオンライン送金サービスです。 Sticpayから出金する方法としては国内銀行送金の他にもSticpayカードを使った出金もあり、 日本 国内の金融機関 銀行 を経由しないで資金が出金できるという特徴があります。 Sticpay出金 の仕組み Sticpayの特徴としては、出金方法の選択肢がbitwalletよりも多いという点でしょう。 主に国内銀行送金とSticpayカードを使ってATMから出金する2つの方法があります。 公式ホームページ上では告知されていませんが、オンライン上ではかなり話題となっています。 Sticpay社から「事態の解決に向けて動いているが、カード再開のめどがついていない」との連絡が一部の方にはあったようですね。 Sticpay出金の手数料 Sticpayによる国内銀行送金の手数料は以下のようになっています。 カード操作の種類 手数料 出金手数料 1. ただ、Sticpayカードは 13ヶ月目以降に毎月手数料がかかり、発行するための費用も必要という点は注意が必要ですね。 このあたりは公式ホームページで最新の情報を確認してみてくださいね。 現在は、新規カード発行とカード利用が停止になっており、再開するのを待つしかありません。 Sticpayカードが使えないと出金などは国内銀行送金に限定されてしまいますので、メリットが少なくなってしまいます。 Sticpay出金のメリット・デメリット Sticpayを使った出金に関してのメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。 海外銀行送金について 海外銀行送金は入金ではあまり利用されませんが、出金では比較的一般的な方法です。 ただ中継銀行、受取銀行などの 手数料が高額であり着金までに5~7営業日必要ですので、bitwalletなどのサービスを使う方法よりややメリットは少ないと言えますね。 海外銀行送金の仕組み 海外銀行送金はほぼ すべての海外FX業者が対応している出金方法です。 しかし前述の通り、海外の銀行から国内の銀行へ送金という形になりますので、どうしてもコストは高くなってしまいます。 そこでおすすめなのが国内受取銀行をソニー銀行にすること。 ソニー銀行にすると受取手数料が無料になりますので、他の銀行よりもお得に出金できますね。 海外銀行送金を利用する人は、ぜひソニー銀行口座の開設を検討してみてください。 私は現在までのところ海外FX業者からの入金を拒否された経験はありませんが、もし利用できなかった場合は楽天銀行など別の銀行を利用するようにしましょう。 海外銀行送金の手数料と対応FX業者 海外FX業者 海外FX業者側の送金手数料 トレーダー側の受取手数料 最低出金額 無料 中継手数料+受取銀行手数料(2500円程度) 1万円 無料(2万円以上) 中継手数料+受取銀行手数料 2万円以下の場合、別途1500円の手数料が必要 1700円 (20AUD相当額) 中継手数料+受取銀行手数料 記載なし 5000円程度 (45ドル相当額) 中継手数料+受取銀行手数料 記載なし 無料 中継手数料+受取銀行手数料 記載なし 無料 中継手数料+受取銀行手数料 1円 4000円程度 (35ドル相当) 中継手数料+受取銀行手数料 記載なし 海外FX業者によっては、FX業者側の送金手数料がかかる会社も複数あります。 そのような海外FX業者で海外銀行送金を行うと、手数料の総額がかなり高額になってしまいますので、他の方法で出金したほうが良いと言えるでしょう。 最もメジャーな海外FX業者であるXMのほか、FBSとGemForex、条件付きではあるもののAxioryも、FX業者側の送金手数料が無料ですので、中継銀行手数料と受取手数料のみで送金可能です。 受取銀行をソニー銀行口座にすれば受取手数料も無料になりますので、出金時のコストをかなり抑えることができますね。 海外銀行送金のメリット・デメリット 海外銀行送金のメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。 メリット デメリット ・すべての海外FX業者が対応している ・出金手数料が高額 ・着金までに時間がかかる 最も基本的な出金方法ですので、 すべてのFX業者が対応しています。 しかし、銀行をいくつも経由して着金するため、 高額な手数料が何千円単位で発生し時間もかかります。 国内銀行振込について 入金の際には非常に便利な国内銀行振込送金ですが、出金の際には、ほとんどの会社が使用できません。 これは海外からの送金に関しての規制が年々厳しくなっているためです。 規制が年々厳しくなっている 入金では国内銀行振込に対応していても、出金で国内銀行送金に対応しているFX業者はほとんどありません。 理由としては、マネーロンダリング防止と脱税などの犯罪防止が挙げられます。 金融機関は、海外から国内の銀行に着金するとすべての取引を税務署に申告する義務がありますが、国内銀行から振込をするだけでは申告の義務はありませんね。 この仕組みを悪用すれば、脱税に使われる恐れがあります。 そのため金融庁などから厳しい取り締まりがあり、2020年1月現在、国内銀行振込による出金に対応している大手海外FX業者は下記の4社 国内送金を明言していない業者もあり のみとなっています。 まとめ 入金よりも出金のほうが、年々仕組みや法律が変わり、非常に流動的です。 数年前までは普通に使えていた方法が使えなくなってしまったり、Sticpayカードのように突然利用停止になってしまったりということもありますね。 それと同時に様々なサービスが誕生しており、選択肢も広がっています。 コストを考えた場合、 やはり出金で一番おすすめの方法はbitwallet。 海外FX業者間の資金移動も楽にできますし、ただでさえ安い手数料が使うほどにさらに安くなる点も魅力的です。 ただbitwalletに対応していない海外FX業者もありますので、その場合は本記事を参考に各出金方法のメリット・デメリットなどを把握して出金手段を検討していただければと思います。

次の

XM(エックスエム)の出金方法まとめ。出金手数料・最低出金額・出金手順は?

海外fx クレジット出金

GemForexの出金方法 GemForexで現在利用できる出金方法は、銀行出金とビットコイン出金の2つのみ。 今からそれぞれの出金方法を詳しく見ていきます。 銀行出金 GemForexの出金方法は、銀行出金がおすすめ。 セキュリティーが堅牢で、安全に出金手続きができるからです。 ただしGemForexで銀行出金するには、個人情報登録をしておく必要があります。 個人情報登録では、 ご自身の氏名や電話番号メールアドレスだけでなく、出金先の銀行情報も詳しく記載します。 例えば銀行のSwiftコードや銀行の住所の英語表記などですね。 記載する内容の項目が多く、ちょっとめんどくさいです。 個人情報登録は、口座開設後の「マイページ」から行えます。 口座開設後にログインすれば、もっと詳細な情報が見れます。 出金できない銀行一覧 以下の銀行は海外FXの出金先にできません。 ゆうちょ銀行• じぶん銀行• みずほ銀行(インターネット支店のみ)• ジャパンネット銀行• 新生銀行• セブン銀行(SWIFTコードがない) 出金先の銀行なら「楽天銀行」か「住信SBIネット銀行」などのネットバンキングがおすすめ。 手続きがネットで完結しており、使い勝手が良く、海外送金の手数料も安いからです。 楽天ポイントを効率よく貯めたいなら「」、充実したサポートを受けたいなら「」を選びましょう。 ビットコイン出金 GemForexではビットコイン出金できますが、おすすめできません。 理由は、出金手続きのキャンセルができないから。 出金先の情報が間違っていると、出金したお金を全て失うことになります。 それに対し銀行出金であれば、手数料が発生しますが組み戻しでき、出金ミスによる損失を最小限にできます。 またビットコイン入金・出金では、ビットコインやウォレットなども管理もあり面倒です。 ビットコイン出金するくらいなら、手数料はかかりますが銀行出金を選んだほうがいいでしょう。 注意:bitwallet出金は現在使えない GemForexでは現在bitwallet出金が使えません。 2019年6月あたりから利用停止になりました。 理由は明言されていませんが、マネーロンダリング対策か、クレジットカードの現金化防止と考えられます。 bitwalletとは出金手数料が824円と安いことから、海外FXトレーダーの間で好まれていました。 今後bitwalletを含めたオンラインウォレットサービスは、海外FXで使えなくなる可能性が高いです。 bitwalletに変わる優秀なウォレットサービスを見つけられない限りは、銀行出金を選ぶのが無難です。 GemForex側の出金手数料は無料 GemForexの出金手数料は基本無料です。 海外FXでは出金手数料が有料なブローカーもあります。 その中で出金手数料を無料にしてくれるのは助かりますね。 ただし出金手数料が無料になるのは、GemForex側だけです。 銀行出金した場合は、銀行側で着金手数料とリフティングチャージが発生します。 手数料の相場は両方合わせて3,000円から5,000円ほど。 海外FXの出金手数料は高額なので、できるだけ出金回数を少なくしましょう。 日本以外の銀行口座で、月2回目以降の出金したとき• 1回もトレードせず出金したとき 出金手数料を節約したいなら、最低でも1回はFXトレードやりましょう。 ロット数を0. 1にしてトレードすれば、損失は4,500円以下に抑えられるはずです。 GemForexで出金するときの注意点 ここからはGemForex出金の注意点をお話しします。 出金するには、本人確認書類を提出する必要がある GemForexで出金するには、本人確認が必要です。 以下の3種類の写真をGemForexに提出しましょう。 身分証明書• 身分証とご本人の写った写真(セルフィー)• 住所証明書 GemForexが本人確認書類を求める目的は、マネーロンダリング防止のためと考えられます。 出金すると、付与されていたボーナスは消滅する GemForexのボーナスは、口座からわずかな資金でも出金するとゼロになります。 ボーナス0はすべての口座が対象。 たとえひとつの口座から出金しても、他の方とのすべての口座のボーナスがゼロになります。 GemForexはボーナスが大盤振る舞いなことで有名ですが、その分わずかな出金でもボーナスがゼロになってしまいます。 GemForexで出金する前は、できるだけボーナスを使い切るようにしましょう。 ボーナスの詳細は、の「トップページ」で確認できます。 関連記事: クレジットカード入金していたなら、クレジットカード登録が必要 GemForexでクレジットカード入金していた場合、出金時にクレジットカード登録をする必要があります。 これはマネーロンダリングやクレジットカードの現金化を防ぐため。 クレジットカード登録では、まず3種類の情報を入力します。 カード番号上4桁と下4桁• カード名義(例:YAMADA TARO)• カードの有効期限 さらに以下の2種類の画像もアップロードする必要があります。 クレジットカードの画像• クレジットカードと利用者本人が映った画像 クレジットカードは何かと悪用されやすいため、海外FX業者側もクレジットカードの入出金には厳密な審査を設けているわけですね。 クレジットカード入金だと、入金額分の出金は払い戻しになる GemForexでクレジットカード入金をしていると、入金額までの出金は払い戻しとなります。 例えばクレジットカードで10万円入金し、トレードで資金を30万円まで増やしたとしましょう。 出金するときはまず10万円を払い戻し処理して、残りの20万円を銀行出金・ビットコイン出金します。 クレジットカードの入出金が煩雑になるのは、クレジットカードの現金化を防ぐため。 出金手続きをシンプルに済ませたいなら、出金方法は銀行出金がおすすめです。 GemForexで出金拒否のリスクは低い 海外FXで1番怖いのが出金拒否。 たとえFXトレードで10万円を100万円に増やしても、その100万円が出金できなければ意味ないですからね。 結論から言うと、GemForexで出金拒否になるリスクは低いです。 実はGemForexは日本人だけを対象にサービス提供している海外FX業者で、日本人の間で評判を損ねるメリットがないからです。 GemForexの評判をツイッターで調べてみても、「スプレッドが広い・約定拒否になる」などのツイートはありますが、出金拒否のツイートはほとんど見かけません。 知名度の低いマイナーな海外FX業者を使うよりは、マシでしょう。 出金拒否になるケース GemForexで出金拒否になるケースは以下の通り。 事前連絡なしで大きなロット数での取引(5分以内で10ロットなど)• 高速スキャルピングトレード• ボーナス・ゼロカットを悪用した両建てトレード• 出金できない銀行を利用している(ゆうちょ銀行など) 基本的にGemForexの利益を大きく損なうトレードすると、出金拒否になる可能性が高くなります。 FXトレードではどんな手段を使ってでも利益を出せばいいはずなのですが、GemForexのようなB-book方式の業者は、勝率の高いトレーダーを追い出す傾向があります。 これはトレーダーが勝てば勝つほど、海外FX業者の利益が少なくなるため。 FXの利益率を向上させたいなら、TradeviewなどのA-book方式の海外FX業者を利用しましょう。 スプレッド・手数料を安く抑えられます。 詳しくはをご覧ください。 登録手続きが簡単で、すぐトレードできる(所要時間1分)• 1〜2万円の新規口座開設ボーナス()• レバレッジが1,000倍と高く、少ない資金でもハイリスクなトレードができる• 日本人利用者が多く、トラブル時に日本語で情報共有しやすい• 5万円入金すれば、専用EA・ミラートレードを利用できる GemForexは登録手続きが非常に簡単で、お名前とメールアドレスを入力すれば、すぐに口座開設してトレードを始められます。 またGemForexも日本人利用者が多いので、わからないことがあっても、ネットで検索すればすぐに解決できます。 さらにGemForexでは新規口座開設+本人確認で、最大2万円のボーナスがもらえます。 2万円の未入金ボーナスは破格なので、まだGemForexの口座を持っていない方は、今すぐ作りましょう! 2万円ボーナスを使い切ったら、次はに乗り換えてを狙いましょう。 新規口座開設ボーナスの詳細は、GemForexの「」をご覧ください。 参考: GemForexの記事一覧.

次の